アパレル業界で評価される自己PRのポイント

アパレル業界で評価される自己PRのポイントをご紹介します。
アパレル業界は、一般的な企業とはまたちょっと違った特徴があります。それは自己PRなどで評価されるポイントにも影響してくるのです。そこでここではそんな、アパレル業界で評価される自己PRのポイントについて紹介させて頂きます。

アパレル業界の自己PRのポイント1,笑顔が他人から褒められたことを話す

 

fashion-902652_960_720
アパレル業界では、見た目というのは武器になります。
アパレルの社員というのは、そこのブランドの顔とも言えますから、出来れば見た目がいい方が良いに決まっています。ですが、その見た目が良いというのは、何も素顔が可愛いとかきれいとかそういうことだけではありません。人を引き付ける笑顔があれば、それはすごく大きな武器となるのです。ゆえにそれは自己PRで評価されるアピールポイントとなります。

  • 面接の最中も笑顔を心掛ける必要がある!!

笑顔を自己PRのアピールポイントとするためには、面接も笑顔でこなしていく必要があります。
笑顔がアピールポイントと言われているのに、面と向かって話している時にまったく笑顔がないようであれば、それは矛盾していますよね。
ですからそうならないように、笑顔で面接をするように心がけましょう。

アパレル業界の自己PRのポイント2,接客を褒められた経験を述べる

 

接客を褒められた経験というのも、アパレルへの自己PRとしては評価されやすい点です。
たとえ将来的に本社で勤務したいと考えていても、いきなり本社勤務なんていうことはそうそうありません。
ですから基本的には接客から始まります。ですから接客が得意だというのはとても良い自己PRになるのです。

  • 接客の際にどのように工夫した結果褒められたのかを話すと効果的!

ただ褒められたというだけでなく、それを自己PRとしてアピールする際には、接客の際にどういう工夫をしていたかも話すようにしてください。
その工夫により褒められるようになったというエピソードであれば、より接客に対する姿勢や能力が伝わり、アパレルに評価されやすくなります。
ですから、接客で褒められた経験をアピールする自己PRで用意するエピソードは、そういう工夫の伝わるエピソードが吉です。

【穴埋め形式で簡単!】説得力のある自己PRが作れるジェネレータ!

自己PRは、書類選考や面接では鉄板の質問。「自分のアピールだから大丈夫!」とついつい油断してしまいすが、伝え方を間違ってしまうと面接官の反応も良くありません。そこで、穴埋めしていくだけで自己PRが完成するジェネレータを紹介!この1冊を使えば効率的に説得力のある自己PRを作ることができ、選考の通過率も上がるでしょう。

今すぐ無料ダウンロード

12