企業説明会における質問のポイントと例

企業説明会では質問をした方が良いということは分かっていても、いざ質問しようするとどのようなことを聞いたらよいのか分からないものですよね。そこで、そんな方のために、企業説明会での質問のポイントと、おすすめの質問例を紹介します。

質問

企業説明会の質問のポイント1.個人的な意見を聞く

 

企業説明会では、そこでしか聞けない意見を聞くというのがまず1つ目の大切なポイントです。例えば、「どのような新入社員が求められてるか」という質問であれば、おそらくどこかで聞けるのではないかと思いますよね。したがって、それだけではなく、その質問に一つのスパイスを加えた内容にするようにしましょう。

  • 質問内容を一工夫する

企業説明会では、採用担当者個人の意見を聞くように質問内容を工夫するのが望ましいです。例えば「会社としてではなく、現場として、採用担当の○○様個人として、どのような人材に来てほしいと思っていますか?」というような質問に昇華させるのです。

そうすることによって確実にその企業説明会でしか聞くことのできない意見となりますし、非常に効果的な質問になりますよね。このように、企業説明会の質問では、個人的な意見を聞くという切り口があることを覚えておきましょう。

企業説明会の質問のポイント2.具体的に答えやすい内容にする

 

企業説明会では答えにくい質問をするというのは、あまりマナーが良くありません。そのため、採用担当者が答えやすいように、質問内容を具体的にすると、良い質問になります。これが、企業説明会での質問の2つめのポイントです。例えば、上記の例を参考にすると、「個人的にどのような人物に来てほしいと思っていますか?」という質問では、具体的には答えにくいですよね。

  • 1つの質問で確実に欲しい答えを手に入れる

そこで質問をこのように具体的にしましょう。「個人的にどのような人物に来てほしいと思っていますか?性格的な面でお答えいただければ幸いです。(もしくは能力的な面でお答えいただければ…)」と具体的に答えやすいように質問をするのです。

このように質問することで、1つの質問で確実に欲しい答えが手に入れられるようになるでしょう。そうして効果的な質問へと昇華されるのです。企業説明会は時間も限られていますから、多くは聞けません。有意義な時間にするためにも、質問を具体的にするというポイントも忘れずに覚えておきましょう。

【完全保存版】就活で面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。

企業説明会におけるおすすめの質問例

 

【実は内定への近道】合説をフル活用するための攻略シート!

「まだやりたい仕事がみつからない」「もっと企業研究をしたい」と思う人に合説はうってつけの場です。しかし、中には「合説に参加したけどいまいちだった」という声も。そこで合説をフル活用するために必要なノウハウが詰まった「合説攻略シート」を作成しました!これを読めば、合説をフル活用するための正しい準備と当日の立ち回り方がわかるため、「合説でしか手に入らない情報」が得られるだけでなく、これまで見逃していた「業界や企業」に出会える機会も増えるでしょう。

今すぐ無料ダウンロード

12