公務員が懲戒免職された時に起こり得ること

新卒で公務員になろうと頑張っている就活生も少なくないと思いますが、公務員になった場合に最も注意すべきなのが懲戒免職と呼ばれる罰則です。
この懲戒免職は公務員であることを剥奪される最大の罰則ですので、公務員になった後の行動が非常に重要になると言えます。

公務員にとっての懲戒免職とは?

 

puzzle-693873_640
公務員になった場合、一般企業のように倒産などは一切ありませんし、給与や賞与といった賃金や定年退職時の退職金も確実に出るため非常に安定して続けることが出来る仕事と言えます。
そのため毎年公務員になりたいと考える新卒者は多いのですが、毎年懲戒免職になる公務員も後を絶たないと言えます。
公務員にとっての懲戒免職とは、簡単に言えば一般企業における解雇と同等の処分のため、懲戒免職を言い渡された時点で公務員としての身分を剥奪され公務員を辞めることになるといえます。

  • 公務員にとっての懲戒免職とは最大の罰則!!!

そのため懲戒免職は公務員の処分の中でも最大の罰則だと言えますし、懲戒免職を言い渡されると言うことは、公務員として相応しくない行動をとったという証明にもなると言えます。特に近年では公務員の行動に対する処分が厳罰化していますので、公務員ということを忘れた行動は慎むべきだと言えます。

公務員が懲戒免職になった場合のリスクとは?

 

公務員が懲戒免職になる場合、そこには必ず公務員として相応しくない何らかの行動があったことを意味します。例えば飲酒をして警察に捕まった場合や、公務員の身分を悪用した場合など、懲戒免職になる理由は多々あるといえます。
もちろんどの行動が懲戒免職になるかは国家公務員の場合は人事院、地方公務員の場合は人事委員会や厚生委員会に任命権者が申請を行なうことで懲戒免職が認定されれば免職となります。
その場合、年齢が20歳を超えていた場合には氏名や公務員であったときの職名が公表されることになるため、懲戒免職を受けたことが世間に広く伝わることになります。

  • 公務員は民間企業に再就職しにくくなる!!

そのことによるリスクは、言うまでも無く再就職が行ないにくくなるということで、一般企業の場合は不祥事で解雇されても名前などを公表することは無いのですが、公務員の場合は公表される可能性が極めて高いということを理解しておく必要があります。
しかも懲戒免職されて2年間は国家公務員の場合は国家公務員に再就職出来ませんし、地方公務員の場合も地方公務員として再就職は出来ない決まりとなっています。

懲戒免職された場合の退職金は?

 

【公務員志望向け】国家から地方まで徹底研究!公務員対策ガイド

毎年民間企業との併願も考える人が多いほど人気の公務員。しかし、民間と比べて志望者の約6割が「情報が少ない」と感じており、有効な情報を得るのに苦労しているようです。そこで、国家から地方まで徹底研究できる公務員対策ガイドを作成しました!これを読めば「採用区分」や「詳しい仕事内容」について理解でき、魅力的な志望動機が作成できるでしょう。

今すぐ無料ダウンロード

12