公務員試験で気になるニュースを聞かれた時の対処法

公務員試験の面接では、「最近気になるニュースはありましたか?」と質問されることも少なくありません。
民間企業でも面接の際に同じことを質問される可能性はありますが、公務員試験の場合にはどの様な対策を立てておくべきでしょうか。

公務員試験での話題の選び方

 

gahag-0017743519-1
公務員試験で面接の際に、「最近気になっているニュースはありますか?」と質問された場合、どの様な話題を選べば良いのか迷うものです。
ニュースといっても政治・経済・芸能・スポ―ツなど様々ですが、「公務員にふさわしい話題」を選ばなければと思ってしまいがちです。

  • 社会の動きに注目しているという姿勢を見せる事

中には地方公務員ならば、その自治体に関するニュースを選んだ方が良いというノウハウもありますが、好印象を与えようという魂胆が見え見えになってしまいます。
この場合、トップニュースよりも社会的な話題を選んだほうが無難となります。
例えば「建設会社の杭データ偽装」や「マイナンバー」などで、逆に避けた方が良いのは芸能関係となります。
常に社会の動きに注目しているという姿勢を見せる事が大切なのです。

気になるニュースに対し自分がどう思ったかが重要

 

公務員試験で「気になるニュース」を質問された場合、無難な内容にこしたことはありません。
しかし最も需要なのは、そのニュースについて自分がどう思ったかということです。
面接官からは「あなたはどう思いますか?」「あなたならどうしますか?」などの次の質問が来ることは間違いありません。

  • 自分でどこまで掘り下げて感想を言えるかで評価が決まる

自分でどこまで掘り下げて感想を言えるかで評価が決まるのです。
公務員試験ですから「自分ならこうします」と答えられれば一番良いでしょう、その為にはそのニュースの背景を良く知っておく必要があります。
日頃から自分で興味を持っているジャンルのニュースを幾つか選んで調べておきましょう。
なるべく多くの人が知っていそうな話題を選ぶことで、面接官の食いつきも良くなります。

公務員試験で思想に関する話題はNG

 

【公務員志望向け】国家から地方まで徹底研究!公務員対策ガイド

毎年民間企業との併願も考える人が多いほど人気の公務員。しかし、民間と比べて志望者の約6割が「情報が少ない」と感じており、有効な情報を得るのに苦労しているようです。そこで、国家から地方まで徹底研究できる公務員対策ガイドを作成しました!これを読めば「採用区分」や「詳しい仕事内容」について理解でき、魅力的な志望動機が作成できるでしょう。

今すぐ無料ダウンロード

12