公務員試験と学歴の関係について

公務員になる為には、民間企業の選考とは異なり原則、申込全員筆記試験を受験する事になります。
ですので、高卒であろうが大卒であろうが学歴が限定されるといった事はありません。しかし本当に学歴は必要ないのでしょうか。

公務員の試験の受験資格と試験内容について

 

99d22ef06245a3ce1305ddb23bd28c49_s
公務員には身分保障があり、その任免は民主的に行われなければならないとあります。
そして、採用にあたっては公開平等の試験で、もっぱら能力のみに基づいて任用する、と定められている為、受験資格は主に年齢となります。

ただし、場合によっては大卒など特定の条件を有している場合等、年齢以外からも試験の種類によっては受験する事が出来ます。

  • 大卒か高卒に分けられる!!教養・専門試験が特に重要

試験では、教養試験、専門試験、論作文、そして面接試験が行われます。その中でもっとも重要なのが、教養試験と専門試験です。
試験の難易度は、最終学歴を目安とした大学卒業・高校卒業程度といった具合に分類される場合があります。

しかし、学歴要件を意味する事ではなく、試験問題のレベルを目安として示しているだけになります。

公務員試験は種類が多く難易度が高い!!

 

公務員の試験において最大の特徴ともいえるのが試験科目の種類の多さです。
教養試験、専門試験合わせて30科目はある為、それに論文や専門記述という試験が課される場合もあります。
全ての範囲を網羅する事自体が難しいですので、当然難易度が高い試験であると感じる人は多いでしょう。

これだけ広範囲になる為、勉強に費やす時間と勉強の方法や進め方が非常に大切になります。
又、一般的には教養試験の方が勉強しやすく、専門試験では経済学やなじみの薄い法律系の知識も必要な為、難易度は高くなりがちです。

12