公務員試験を教養のみの科目で受験する際の考え方

公務員試験では通常、筆記試験に教養試験と専門試験の両方を課すケースが一般的とですが、教養のみという条件で試験を受験することも可能です。
一見して教養のみのほうが公務員試験が簡単に感じられますが、実際はどうなのでしょうか。
ここでは公務員試験の教養の見の場合についてご紹介します。

公務員試験の教養のみは専門科目よりも対策が困難

 

learning-164331_960_720
公務員試験を突破する王道の戦略として、専門試験で8割の得点を獲得し、教養試験を5割から6割で突破するというものがあります。
専門試験はしっかりと対策を積むことで得点を挙げることができますが、教養試験はその性質上対策が難しく、得点を伸ばすことができないといわれています。
そのため、教養のみの試験は一見して簡単なように思えますが、むしろ対策が難しいといえるのです。

  • 教養のみの試験では数的処理の配点が多いので要注意!

教養のみの試験では、数的処理という科目を絶対に死守する必要があります。
それぞれ各科目から1問か2問程度しか出題されない公務員試験で、数的処理は5問から7問も出題されます。専門試験が課されない分、数的処理で得点できるかどうかというのが、教養のみの公務員試験では大きな差を生み出すことになるのです。

公務員試験の教養のみは出題科目が幅広い

 
  • 自然科学や人文科学から出題される!

教養のみの公務員試験では、自然科学や人文科学の分野からまんべんなく出題されます。
しかし、各科目の出題数がごくわずかなため、それぞれを深く対策しようとするのはあまりに非効率で現実的ではありません。
そのため、学生の時に得意であった科目を中心に対策していくことになるのです。

  • 得意科目が機能するわけではない

しかしながら、得意科目があるからといって安心することはできません。
教養のみの公務員試験では、1科目あたり数問しか出題されないため、もし自分の得意科目の問題が難しかった場合、得意科目で正解できないということが考えられるのです。
得点を稼ぐ予定の科目で得点できなかった場合、それ以降の計画が一気に崩れることになり、最悪の場合ボーダーラインに達しないことも考えられます。

12