内定承諾の電話をする際の伝え方

内定承諾を電話で伝えようと思った時、どのように伝えたらよいのかどうか迷うものですよね。どうせならやはり印象良く伝えたいと思うものですから、迷うのも仕方ないことでしょう。そこでここでは、内定承諾の電話をする際の注意点と伝え方の例文を紹介いたします。

内定承諾の伝え方1,相手が忙しい時間帯はさける

 

iphone-410324_640
まず、内定承諾を伝える電話をするタイミングについてご紹介いたします。内定承諾を電話で伝える際には、相手が忙しいであろう時間帯をさけるという注意点があります。
内定を承諾されるのは間違いなく相手にとってはすごくいいことなのですが、忙しい時間帯にかかってくると、そういう電話でも印象が悪くなったりします。もちろんただ印象が悪くなるだけではなく、忙しい時間帯にかけても、なかなか相手が捕まらずに、内定承諾を伝えられないまま何回も電話をかけるという事態になりかねません。

  • 電話をかけるのは11時から14時の時間帯がベスト

そうならないためにも、内定承諾の電話は、相手が忙しいであろう始業直後やお昼ごろや、会議がはいるであろう夕方ごろの時間帯をさけて、11時頃や14時頃にかけるようにしてください。
すると電話をかけても迷惑になりませんし、相手にも内定承諾を喜んでもらえることでしょう。

内定承諾の伝え方2,お礼と抱負を簡潔に述べる

 

内定承諾を電話で伝えようとすると、ついつい「是非内定をお受けしたいと思い連絡させて頂きました」などの事務的な答えだけになってしまいがちですが、そのように事務的な答えだけを伝えるのでは、やはり印象は良くなりません。
内定承諾をわざわざ電話で伝えるのですから、どうせなら印象の良い言葉で伝えたいものです。

  • 感情を込めて伝えること!

メールに比べて電話で伝えるというのは確かにちょっと照れもあったりするものですが、それでもお礼や抱負を述べられないのであれば、まだメールの方が印象が良くなりますから、電話で伝えるのであれば、かならずお礼と抱負を述べるようにしていきましょう。
あまり長いものでなくても良いので、きちんと言葉に感情を載せて伝えてください。それだけでぐっと印象は良くなりますから。

12