初年度のボーナス事情について

新卒で入社して初めて貰えるボーナスはとても楽しみです。
しかし4月に入社して、初年度のボーナスはいつ貰えるのか、幾らくらい貰えるのかと疑問を持つ人も多いでしょう。
今さら上司に面と向かって訊けない初年度のボーナスについて知っておきましょう。

ボーナスが貰える初年度の条件とは

 

dandelion-729693_960_720
4月に新卒として入社して、夏になると世間はボーナスの話題になっています。
ところが新入社員は初年度とありボーナスのことが気になっても中々口に出せないものです。
ボーナスに関しては給与とは違い、法律で規定されているものではなく、あくまでそれぞれの会社の采配に任されています。
もしも会社の経営が悪化した場合、支給金額を減らされたり、最悪の場合ボーナスが出ない、とうこともあることを心得ておきましょう。

  • ボーナス支給の条件として査定期間がある!

そしてボーナス支給の条件として、査定期間というものがあります。
上半期と下半期の査定期間で、従業員に対する評価に応じてボーナスが支給されます。
新入社員は査定期間が足りない、若しくはまだ一人前に仕事ができる状態ではないことから、初年度のボーナスは規定通りの満額は貰えないと思っていた方が良いでしょう。

初年度の新入社員はいつボーナスを貰えるのか?

 

新卒として4月に入社した場合には、公務員と民間企業とで違いがあります。
公務員の場合は、初年度の夏からボーナスが支給されます。
但しまだ社会人になったばかりですので、貢献度が低いことから当然金額が低くなります。

  • 7月は寸志程度!ボーナスがでるのは冬から

民間企業の場合、試用期間が3ヶ月とすると本採用となるのは7月からとなります。
査定期間がないことから、初年度の夏のボーナスは支給されないと思った方が良いでしょう。
支給されてもほんの「寸志」程度で、5万円程というところもあるのです。
しかし中には民間企業でも業績が良く、初年度でも特例として夏のボーナスが支給されることもあります。
初年度の夏のボーナスに関しては、「貰えればラッキー」程度に考えておき、あてにして浪費しない様にしましょう。

初年度の冬のボーナスの額とは?

 

【質問に答えるだけ!】自分の強みがわかる自己分析マニュアル!

就活において、最も大切な自己分析。しかし、やり方を間違えれば大きくつまづいてしまいます。今回、たった36個の質問に答えるだけで、あなたの性格や適職を教えてくれる自己分析シートをご用意。これを使えば、ESや面接が有利になります。

今すぐ無料ダウンロード

12