営業職のキャリアプランについてのまとめ

文系コースを通ってきた学生はほとんどが営業の道に進むと言われています。
営業に憧れはあるもの、頑張った先のキャリアプランが見えない、なんて事はよくあるものです。ここでは代表的なキャリアプランの例を交えて紹介していきます。

営業職のキャリアプラン1,基本は管理職の道へ

 

bsVER88_sumafosoushin15145714
営業は主任→係長→課長→部長という流れが一般的です。主任や係長は主にプレイヤーでありながらマネジメントスキルが問われます。ここで仕事の責任が大きく増します。そして6年?7年でプレイヤーとマネジメントスキルを身につければ、課のトップの課長に昇格します。課長になれば組織のリーダーとして部下の教育、マネジメント、経営戦略、管理などプレイヤーから少しづつ退きます。

  • 面接でキャリアプランを聞かれたら将来性ある返答を心掛けよう

そして部長が役員へ昇格、または退職となれば部長の席が用意されます。ここまでは基本ですが、面接で「3年後、10年後のキャリアプランは?」と質問をされます。
これは「長期的に勤めてくれる人材か」を見極める為の質問なので企業研究が最も重要になります。
事業内容を把握して「セールス力を身につけて今後力を入れられる新規事業の立ち上げに携わり、会社の成長に貢献できる様になります。そこで結果を出し?」という将来性あるキャリアプランの返答を心掛けましょう。

営業職のキャリアプラン2,独立への道

 

営業として長年結果を出したが、会社の規模や経営状況によって課長までが限界、なんて事はよくある話です。
そこで企業に雇われる事に限界を感じて、より可能性が広がる独立の道に歩むキャリアプランもあります。
基本的に、どの仕事でも必ず営業力やセールス力が根本に必要になります。

  • やりがいも大きいためキャリアプランも検討しておくこと

そして独立した当初で最も重要になるのが営業です。営業のスキルや能力、またフットワークの軽さなどが独立当初では大事になります。
現在独立して成功している人の下積み時代を知ると、皆「成功の基本はどれだけ営業するか」と口を揃えて言うでしょう。
独立すると、会社に給料を決められるのではなく、自身の成果がストレートに収入として返ってくるので、やりがいも大きくこういったキャリアプランも考えておくと良いでしょう。

営業職のキャリアプラン3,大手企業への転職への道

 

【質問に答えるだけ!】自分の強みがわかる自己分析マニュアル!

就活において、最も大切な自己分析。しかし、やり方を間違えれば大きくつまづいてしまいます。今回、たった36個の質問に答えるだけで、あなたの性格や適職を教えてくれる自己分析シートをご用意。これを使えば、ESや面接が有利になります。

今すぐ無料ダウンロード

12