就活で合同説明会に参加する際の注意点

就活する中では、一つの企業が単体で行う会社説明会だけではなく、多くの企業が一か所で行う合同説明会に参加することもあるかもしれません。今回は就活で合同説明会に臨む際の心構えと注意点について考えていきたいと思います。

37

就活の合同説明会での注意点1.参加目的を明確に持つ

 

就活で合同説明会に参加する方も多いでしょう。そこでありがちな失敗が、「とりあえず行くだけ行ってみよう」というパターンです。合同説明会は、それまで就活してきた中で知らなかった企業について知るきっかけという位置づけでもありますから、参加することに少なからず意味はあります。しかし合同説明会に参加する目的を明確に持っておくことが大切です。

  • 合同説明会は企業説明会とは異なる

企業説明会と合同説明会は大きく異なる点があります。
◆企業説明会
すでにその企業に興味を持っている学生が参加しているので、会社に関する具体的な説明もされる
◆合同説明会
参加した学生が偶然みつけて説明を聞きに来る可能性もあるため、担当者はその企業のことをほとんど知らない人にも会社のことを知ってもらうための説明をする可能性が高い

  • すでに知っている情報しか得られない可能性もある

合同説明会では1対1のような場合はともかく、大勢で一緒に説明を聞くような場合には、すでに自分が知っている情報しか話が聞けない場合もあり得ます。もちろん、採用担当者と話せる良い機会になるかもしれませんし、他にも新しい発見があるかもしれませんから、参加することには意義があります。ただし同じ就活であっても、企業説明会と合同説明会ではその目的が完全に同じではないという点を知っておくことが大切です。

就活の合同説明会での注意点2.効率よく回る

 

就活で初めて合同説明会に参加する場合は特に、大きな広間で各企業がブースを並べて開催されていることに驚いてしまうかもしれません。実際に、会場に入ってからどのブースから回っていこうか考えていては時間も無駄にしてしまいます。そのため、合同説明会の当日、どのように回るかを事前に考えておく必要があるのです。

  • 参加企業の中から興味がある会社を絞っておく

パンフレット等に記載の参加企業の中から事前に興味がある会社を絞っておきましょう。その中で話を聞きたいところから順番に回っていってもいいですし、当日空いている順番に回っていってもいいでしょう。

  • できるだけ時間を無駄にしない

ただし、迷って時間を無駄にすることだけは避けましょう。合同説明会は就活の中でまだ出会えていない企業を効率よく見つけるための一つのきっかけにすぎません。効率よく利用して、できるだけ時間の無駄を減らすように心掛けてください。。

就活の合同説明会での注意点3.確認するべきポイント

 

【メールの例文も多数ご用意】失敗しない就活マナー

メール文面の作成や電話の応対、面接での振る舞いなど、これまであまり意識してこなったことが重視される就活。この不安を一気に解消する資料をプレゼントします。そのまま送れるメール例文付きなので、もうその都度調べる必要はありません!

今すぐ無料ダウンロード

12