最終面接から内定結果の連絡が来るまでの期間〜遅いと感じた時に知っておくべき一般的なタイミングや連絡方法について〜

最終面接が終了後、合否結果の連絡が来るまでの期間を明言してもらえなかった場合や、結果の連絡がなかなかすぐこなかった場合など、ずっとモヤモヤと結果が気になってしてしまうものですよね。特に第一志望の会社である場合は、これで就活が終わるのですから無理もありません。

いつ、最終面接の合否連絡がくるかは、企業によって違う。

実際のところでいくと企業のその時の採用選考状況や、採用面接後の内定を出すか出さないかの会議のフローなどによってまちまちなのです。例えばですが、企業によって、内定結果を出すにあたってこんなフローになっています。

  • 大企業で、就活解禁日に一斉に面談を実施するため、2週間ほど全員が終わるまで内定を出さ無い
  • ボーダーラインの学生については全ての面接が終わってからボーダーライン上の学生内で判断する
  • どんなに良い学生でも経営会議で合否の意思決定をしなければいけないため必ず1週間以上かかる
  • 中小、ベンチャー企業等で非常に良い学生であり絶対に採用したいから当日に連絡をする
  • 大企業ですでに最終面接前に採用することが決まっていて、面接後すぐに合格の連絡がくる

などなど、企業の規模やスタンスなどによって非常にまちまちであります。そのため、必ずしも結果連絡が早いから合格、遅いから不合格ということはありませんが、ここでは、最終面接後に内定の連絡が来るまでの一般的な期間をご紹介します。

最終面接後の連絡は3日~5日程度が一般的!!

202b5e0a199ac681d2fc37ba709b0ef9_s
最終面接後に内定の連絡がくるまでの期間として、もっとも一般的なのが、3日から5日程度です。

どこの会社でも3日から5日程度では連絡しようと努力しているようです。
ですから、最終面接を終えてから、内定の場合は1週間以内の期間で連絡がくると思っていれば良いでしょう。

もちろん最終面接ですから、内定をだすと決めてからも、会社内の事務的な手続きなどで連絡が遅れてしまう場合もありますが、それでも内定の場合には1週間以内には連絡が来ると思っていいでしょう。

早い時には最終面接後の翌日に連絡が来ることもある

最終面接で内定が出ている場合ですと、早い時には翌日に連絡が来る可能性があります。もっとも一般的な期間は、3日から5日程度とはいえども、最終面接の感触があまりにもよければ、その場で即断するという方もいるでしょう。

経営者クラスが行うであろう最終面接ですから、そのように一瞬で結果が出ることも珍しい話ではないのです。

  • 他社に流れないようにするために早めに連絡する場合がある!

もし内定が出ていたら、なるべく早く連絡して、就活生側の意思をもう一度確認したいと思いますよね。

内定を出しているのに、それを連絡するまでの期間があまりにも伸びてしまい、そのせいで他社にその方が流れてしまったら最悪です。

ですから、最終面接で内定が出ている場合には、最短で翌日に連絡が来ることもあるということは覚えておいて下さい。

即日、合否結果を連絡する場合は最初から決まっているケースも

最終面接を企業がどういう位置付けで実施しているかにもよりますが、最終面接を最後のネガティブチェック、つまり本当に会社として受け入れがたい理由がなければ内定を出すという立ち位置になっているケースも多いです。その場合は、最終面接終了後、即日に連絡がくるということもなくはないです。

企業から電話がかかってくる際は合格の可能性が高い

企業側から電話で採用の連絡がくる際には合格の可能性は高いはずです。というのも、逆にわざわざ電話で不合格の連絡を伝える場合は、企業のファンに継続的になってほしいと考えている企業や、今まで例えばインターンシップに参加していたことがあるなど連絡を頻繁にとっていた関係性でないと起こらないでしょう。

また、企業側としても採用通知をしただけでなく、内定承諾を得なければ採用人数を確保することはできません。内定の連絡をする時に、なぜ内定になったかという意図を説明することや、是非入社して欲しいというアプローチをするためにも直接電話をかけるケースが多いでしょう。

  • 最終面接後はいつでも電話に出られるようにしておくこと!!

ですから、最低でもこの期間は電話は常に出れるようにしておき、メールなどもすぐに返信できるように、定期的にチェックするようにしておきましょう。
この期間の間に油断して、連絡を取り逃してしまうと、それで内定から不採用になる可能性だって少なからずありますから。

メールや郵送だから不合格、ということも無いので要注意

確かに電話で結果の連絡がきた際には合格の可能性は高いのは事実ですが、メールや郵送だからといって確実に不合格ということはありません。理由としては例えば、採用数が非常に多い場合です。例えばですが、800名ほどの採用を計画をしている会社があるとしましょう。その場合は基本的には800名への合格通知では承諾率を考えると足りないため、企業にはよりますが実際には3倍ほどの内定を出しているケースも多いのが実情です。大学受験もそうでしたよね。

特にですが、郵送という形の場合は送付するコストもかかることから、どちらかというと合格のケースの方が多い様です。そういう意味ですと、メールが一番不合格の可能性が高い、というのは実際そうかもしれませんね。

 

12