研究職志望者が自己PRで押さえるべきポイント

研究職志望者が自己PRで押さえるべきポイントをお教えします。
理系学生が就活において研究職を目指す場合、履歴書やエントリーシートなどの応募書類、それから面接時の自己PRにはいったいどんなことをあげたらよいのでしょうか。
また、一般就活生との違いをどんなところにおいて、企業に訴えればよいのでしょうか。

研究職志望でも一般職同様に自己PRの基本はおさえること!!

 

family-run-business-645614_960_720
一般総合職ではなく、研究職志望であったとしても、企業への自己PRはまず基本をおさえることが重要です。
研究職でも一般総合職の就活生と同じように、自分の強みや性格をきちんと把握できるように、自己分析からスタートしましょう。
その自己分析を行う際、次の項目を念頭に置くと考えやすくなります。
それは、
・忍耐力
・コミュニケーション能力
・熱意
・将来性
です。

  • 入社後、具体的にどんな活躍ができるのかを語ること!!

それでは、まず忍耐力をみていきましょう。
一番目に忍耐力ですが、企業側が選考を重ねて、その上で採用するのはもちろん、働く人が欲しいからです。
採用活動に予算をかけて、せっかく採用した人材が数カ月で辞めてしまうのは、企業側には損失です。忍耐力をPRしましょう。
熱意や将来性をきちんと伝えられるコミュニケーション能力が大事です。
研究職志望の就活生が自己PRする際、コミュニケーション能力の重要性は後述するとして、次に見るのは熱意です。
志望する企業にはどんな事業分野があるのか、どんな職務があるのか、それを分かっている上での志望にこそ意味があり、ここで働きたいといった熱意につながるのです。また、将来性も自己PRの上では大切です。
企業側は、研究職志望の就活生にありがちな、学習能力が優れているだけでは採用しません。入社後、具体的にどんな活躍ができるのか、ここを語れるかがポイントとなります。
そして、これらをいかに分かりやすく伝えられるかといったコミュニケーション能力が非常に重要となります。
研究職志望とはいえ、疑問であることをしっかり発言したり、その解決案を提案したり、そうした人との会話は必要不可欠だからです。

研究職志望で必須なのがやはり”研究能力”!!

 

【穴埋め形式で簡単!】説得力のある自己PRが作れるジェネレータ!

自己PRは、書類選考や面接では鉄板の質問。「自分のアピールだから大丈夫!」とついつい油断してしまいすが、伝え方を間違ってしまうと面接官の反応も良くありません。そこで、穴埋めしていくだけで自己PRが完成するジェネレータを紹介!この1冊を使えば効率的に説得力のある自己PRを作ることができ、選考の通過率も上がるでしょう。

今すぐ無料ダウンロード

12