自己PRで粘り強い性格をアピールする方法

自己PRで粘り強いというのは、上手くアピールすることができれば、良い自己PRのアピールポイントとなります。
ですが、それを上手くアピールできている人はあまりいないように見受けられます。
そこでここでは、粘り強いところを自己PRで上手くアピールする方法について紹介します。

自己PRで粘り強い性格をアピールする方法1,言葉を言い換える

 

rose-572757_960_720
自己PRで粘り強いという言葉は、自己PRでは比較的にかぶりやすい言葉です。
結論は最初に述べるというのが自己PRの鉄則ですから、粘り強いという言葉を使っていては、最初がかぶってしまうということになります。最初がかぶってしまうと、それだけでなんとなく「書いていあることも似たようなことでしょう?」と印象がよくなくなってしまいます。
それでは自己PRが勿体ないです。

  • 粘り強い性格を別の言葉に言い換えてアピールすると良い!

では自己PRでは、粘り強いという言葉は、どのような言葉で言いかえるのがベストなのでしょう。
それは、「ストレス耐性に強い」ですとか、「折れない心がある」ですとか、「簡単にあきらめることができない性格」ですとか、そういう言い方をしていくとよいでしょう。いい方なんていくらでもあるものです。

自己PRで粘り強い性格をアピールする方法2,根拠を明確にする

 

粘り強い性格だからこそ得た経験もあるでしょう。
その得たものを自己PRで紹介することで、また粘り強く頑張ってくれるだろうなということを感じてもらえるようになります。
粘り強く頑張っても何も得なかったというのであれば、次もまた頑張ってくれるかどうかはわかりませんよね。
ですから自己PRでは粘り強い性格だからこそ得られた経験で何を学んだのか必ず紹介していきましょう。

  • 粘り強い性格だからこそ得られた経験や結果などをアピールしよう!

粘り強いところの証明のエピソードと併せて紹介していくとスムーズに紹介していくことが出来るようになるでしょう。
「こんな困難があったけどこの粘り強く頑張りました。それにより○○を得ました。だからこれからも粘り強く頑張れます。」というような展開でエピソードを話していくようにしてください。

【穴埋め形式で簡単!】説得力のある自己PRが作れるジェネレータ!

自己PRは、書類選考や面接では鉄板の質問。「自分のアピールだから大丈夫!」とついつい油断してしまいすが、伝え方を間違ってしまうと面接官の反応も良くありません。そこで、穴埋めしていくだけで自己PRが完成するジェネレータを紹介!この1冊を使えば効率的に説得力のある自己PRを作ることができ、選考の通過率も上がるでしょう。

今すぐ無料ダウンロード

12