自己PRで”責任感が強い性格”を話す時の注意点

自己PRで責任感が強いというのは間違いなく良いことですし、好印象を与えます。
ですからそれを自己PRでアピールしたいと思っている方も少なくはないでしょう。
ですが、そこにはある注意点もあるのです。
ここではそんな自己PRで責任感が強い性格をアピールする際の注意点を紹介します。

自己PRで責任感が強い性格を語る際の注意点1,ストレスの発散方法も紹介する

 

gahag-0022771653-1
責任感が強いということは、間違いなくいいことなのですが、言いかえればストレスをためやすいということのアピールでもあるのです。
ですから、きちんとストレスをためない人物であることをアピールするために自己PRで責任感が強いことをアピールするなら、ストレスの発散方法があることも併せて紹介していってください。

  • 責任感が強いというのは同時に病気になりやすい印象を与えやすい

ストレスからうつ病やその他の病気を発症する方のほとんどが、責任感が強いがゆえに、困難な状況から抜けだすことができなくなり、そういう病気になってしまっているのです。
ですから、会社側としても自己PRで責任感が強いということだけアピールされても不安なのです。
責任感は強いけど、ストレスは上手く流すから病気の心配はないのだ、と、安心させてあげないとなりません。

自己PRで責任感が強い性格を語る際の注意点2,きっかけをアピールする

 

また、責任感が強いというのは、なかなかうまくアピールしていくことができません。
責任感があると言われてもなかなか信じることが出来ないからです。
ですから、自己PRで責任感が強いことをアピールするためには、「どうしてそういう責任感が身についたのか」という責任感のきっかけのエピソードを話していかないとならないのです。

  • きっかけが分かると信憑性が高まる!

きっかけがわかるようになると、その責任感にも信憑性が出てきます。
「こんな出来事があったからこうなんだ」と言われると人は信用するものなのです。
そういうことがあるので、自己PRで責任感が強いことをアピールする際には、その責任感のきっけのエピソードを話すと良いということになるのです。
しっかりきっかけのエピソードを用意しておきましょう。

【穴埋め形式で簡単!】説得力のある自己PRが作れるジェネレータ!

自己PRは、書類選考や面接では鉄板の質問。「自分のアピールだから大丈夫!」とついつい油断してしまいすが、伝え方を間違ってしまうと面接官の反応も良くありません。そこで、穴埋めしていくだけで自己PRが完成するジェネレータを紹介!この1冊を使えば効率的に説得力のある自己PRを作ることができ、選考の通過率も上がるでしょう。

今すぐ無料ダウンロード

12