英語を使う面接での自己紹介のポイント3選

外資系などでは、英語で面接が行われることもありますよね。そんな英語の面接でも最初に行われるのはまず自己紹介でしょう。ですからこの自己紹介で印象がきまると言っても過言ではありません。

ここでは、確実に印象を良くするために、英語の面接での自己紹介のポイントについて紹介します。

英語を使う自己紹介のポイント1,時間をもらったことへのお礼を言う

 

girl-835057_640

英語の面接での自己紹介では、英語力を見せることが大切になります。

その英語力とは何もペラペラ英語を話せるかどうかということが重要視されているわけではなく、多少たどたどしくても、英語のコミュニケーションに対して抵抗がないかどうかということが重要視されているのです。

  • 英語でのコミュニケーションにも抵抗がないことをアピールすること

ですから、面接で自己紹介をもとめられた段階で、いきなり自己紹介に入るのではなく、時間をもらったことへのお礼を言い、英語でのコミュニケーションにも抵抗がないということをアピールするようにすると印象が良くなるのです。

したがって、「Thank you for giving your time for me」「Thank you for giving the opportunity to talk to me」などといってから自己紹介を始めるようにしましょう。そんなちょっとしたことですが、意外に効果は大きいです。

英語を使う自己紹介のポイント2,自分の強みをアピール

 

英語の面接での自己紹介では、ついつい名前や大学名や専攻や学んできたことだけいって相手からの質問をまってしまうのですが、それでは弱いですし、あまり話も盛り上がりづらいです。

英語面接での自己紹介で相手からの印象を良くしていくためには、自己紹介の段階で自分の強みをアピールするようにしていきましょう。

  • 序盤で自分の強みを伝えればその後の評価につながる!!

特に外資系の面接ではそうした強みが非常に重要視されていますから、序盤でそれを伝えることは効果が大きいです。

自分の強みはここです。私にその強みがあると思ったのはこういうエピソードがあるからです。という文面の英語を用意しておくと良いでしょう。

英語でのコミュニケーション能力を考えても、そのように自分から話していった方が評価してもらえることでしょう。

英語を使う自己紹介のポイント3,雑談を振られたら一言で返さない

 

【質問に答えるだけ!】自分の強みがわかる自己分析マニュアル!

就活において、最も大切な自己分析。しかし、やり方を間違えれば大きくつまづいてしまいます。今回、たった36個の質問に答えるだけで、あなたの性格や適職を教えてくれる自己分析シートをご用意。これを使えば、ESや面接が有利になります。

今すぐ無料ダウンロード

12