面接を辞退する際の5つのポイントとメール・電話での伝え方ノウハウ【例文】

入社する企業を決めるにあたって複数社の選考に参加することは当然あるかと思いますが、説明会や面接・面談を重ねていくごとにその企業との相性が見えてくる場合も多々あるでしょう。そんな中で、企業から案内を受けた面接を辞退するということは当然よくある出来事です。企業側も当然そういった面接辞退・選考辞退というものは認識していますので大きく心配することはありません。(もちろん、例えばインターンシップ先や、バイト先をはじめ、いろんな関係がある場合はマナーとして望ましくありませんが。)

そこで、ここでは面接を辞退する際に考えておくべきポイントや、具体的にメール・電話での伝え方を例文付きで解説していきます。実際、自分が興味がなくなってしまったのは仕方ない一方で、企業の採用担当も人間です。良い形で面接を辞退することも今後の社会人になった際も人間関係の構築やマナーという意味でも重要です。しっかりおさえていきましょう。

面接を辞退する際に気をつけるべき5つのポイント

 

ここではまず、面接を辞退する際のNGポイントをまとめていきます。あなたが面接を辞退すると決めて、この記事を読んでいる場合は改めて確認してみてください。

  • 企業側は面接辞退は想定内

企業は内定承諾者を出すために、内定通知者、最終面接参加者、1次面接参加者、などそれぞれのフェーズごとに目標人数がいて、辞退率というのはすでにシミュレーションに入っているものです。そのため、辞退されることは想定内ですので、マナーを守って辞退することは問題ありません。

  • 出来るだけ、早く連絡を入れる

企業に出来るだけ早く連絡を入れましょう。企業側も特に個別面接では会社の重要な社員の時間を確保しているため、その日程調整や面接の時間を無駄にさせることは企業側にとってデメリットです。

  • ドタキャン、当日無断欠席は絶対してはいけない

自分が期待して待ち合わせしていた予定に対して無断でキャンセルされたら良い気分はしませんよね。確かに面接辞退の連絡は気が重いのはわかりますが、これは社会人になっても絶対にやってはいけない行為です。

  • 面接官一人の雰囲気だけで辞退は決めてはいけない

特に大企業にはありますが、社員全員が自分と相性が合うことなんてありえません。あなたの今までの学校、部活などそうでしょう。面接官一人の雰囲気だけで決めてしまうと、人の印象だけで入社先を決めることになってしまうため危険です。

  • 面接を辞退する際は、辞退理由を含め、しっかり意志を決めて伝える

面接辞退の連絡をする際にはしっかりと自分の意志を伝えることが重要です。辞退の理由等を聞かれることもあるためしっかり準備しておきましょう。具体的な辞退の仕方については後ほどご紹介します。

面接を辞退する際の理由を聞かれた際のポイント

面接辞退の連絡を入れた際に、企業側からなぜ辞退するのかを問われることも多いでしょう。企業は確かに選考辞退者が一定数出ることは想定内ではあるものの、とはいえ選考を通過させている人を企業の意図ではなく逃すのは惜しいため、理由を聞いてくるでしょう。

もちろんですが、理由を聞いているのは、今後の選考の参考にしようという、アンケート的な要素もあるものの、大半はその人を引き留めるためです。そのため、理由の伝え方を間違ってしまうと引き止めに強くあってしまう可能性もあるため、辞退理由の伝え方も一つのポイントになるでしょう。ここでは辞退理由の伝え方としてのポイントを3点ご紹介します。

 

面接を辞退する際の理由の答え方1,他社から内定がでたから

startup-594127_640
面接を辞退する際の理由として、もっとも適切と言えるのは、「他社から内定が出たから面接を辞退させて頂きたい」と伝えることです。

他社から内定が出たのであれば、相手ももう何も言えませんし、お互いに余計な時間を費やすことなく、面接を辞退することができて、結果的にマナーがよくなるでしょう。

面接を辞退したいという理由は、何も必ず伝えなければならないというルールはありませんが、聞かれているのに濁すのは失礼です。

  • 面接を辞退する理由に迷ったら他社からの内定が出たと答える!!

他社から内定が出たという理由は、なかなか言いづらいとは思いますが、言わない方がよほどマナーが悪いので、面接を辞退する理由に迷ったら、この理由で面接を辞退したいと伝えるようにしていきましょう。

その際、内定先の企業まではいうことはありません。そこまで聞かれることもないでしょう。
もし万が一聞かれたら、業界だけ、適当な業界をあげて答えておけばよいでしょう。

面接を辞退する際の理由の答え方2,やりたい仕事と違うのに気付いた

面接を辞退する理由として、「自分のやりたい仕事・志望していた仕事内容と違うことに気が付いた」という理由も、お互いに余計な時間を使うことがなくなり、マナーの良い理由となるでしょう。

やりたい仕事と違うといわれたら、会社側としてはもうそれ以上何も言うことはできませんよね。面接を辞退したいという理由にそういうことをあげられたら、「そうですか」というよりほかありません。

  • 比較的早い選考段階ならこの理由は効果的!

ただ、この理由の場合は、比較的早い段階の面接を辞退する際の理由でないと、「いまさら?」と思われてちょっとマナーが悪くなるので、その点は注意が必要です。

ですから、最終面接や役員面接など、比較的選考が進んでいる状態で面接を辞退する際には、他社から内定が出たという理由で辞退した方が無難ではあるでしょう。

12