OB訪問の日程調整メールにおける3つマナー

OB訪問の日程調整メールには、いくつか気をつけておきたいマナーがあるのはご存知でしょうか。そういうマナーに気を付けることは、就職活動においてもすごく大切なことです。そこで、OB訪問の日程調整におけるメールのマナーについて紹介します。

OB訪問日程調整メール

OB訪問の日程調整メール~日程は提示してもらう~

 

基本的にOB訪問での日程調整は、向こうから提示された日時に合わせるようにするというのが一番マナーが良いです。OB訪問をお願いするメールで、「もしよろしければご都合の良い日時をいくつか頂戴できれば・・・」と伺い、そのまま頂いた日時で、「ではその日の○○時でお願いします」というだけで日程調整が終わるので、たった2通でメールを負えることが出来ます。

OB訪問におけるメールのマナーとしては、できるだけ少ないメール数で話を進めるというのがあるので、相手に日時を提示してもらうのが一番良いのです。

  • ただし指定してくれた日時を断りにくい

ただしこれには一つ注意点があります。それが、相手の指定してくれた日時を断りにくいということです。こちらの都合が基本的にはいつでもつくという場合はこの基本的なマナーを守って日時を提示してもらうのが一番ですが、そうでない場合はこちらから提示した方が良いでしょう。

OB訪問の日程調整メール~こちらから提示する際はいくつか提示

 

OB訪問の日程調整メールをする時には、相手が指定してくれた日時を断わるかもしれないくらいこちらが忙しいのであれば、こちらから提示する方が良いのですが、その時にも注意したいマナーがあります。それが、いくつか日時を指定するということです。

  • 何通も何通もメールするのメールするのはNG

一日だけ日時を指定して、それを断わられたらまた一日だけ提示して・・・とやっていたらいつまでも日程調整ができずに、何通も何通もメールすることになりますよね。

OB訪問の日程調整する際のメールは少ないメール数で行うという、OB訪問の日程調整メールのマナーと反してしまいます。こちらからOB訪問の日時を提示する際には、かならず複数日程提示するようにしていきましょう。

OB訪問の日程調整メール~先の予定にしすぎない~

 

【質問に答えるだけ!】自分の強みがわかる自己分析マニュアル!

就活において、最も大切な自己分析。しかし、やり方を間違えれば大きくつまづいてしまいます。今回、たった36個の質問に答えるだけで、あなたの性格や適職を教えてくれる自己分析シートをご用意。これを使えば、ESや面接が有利になります。

今すぐ無料ダウンロード

12