筆記試験

就活の適性試験対策|出題内容や効果的な勉強方法をご紹介

就活の適性試験に苦労する人は多い

就活では適性試験がおこなわれることが多く、これにつまづいてしまう人は多いです。適性試験は対策なしでは攻略するのが難しいため、事前にしっかりと準備をしておかなければなりません。しっかり対策をしたつもりでも、いざ適性試験に臨めば攻略できないということも多く、勉強方法にも工夫が必要です。

適性試験は選考の前半におこなわれることが多いため、早くから対策をしておかなければなりません。適性試験で不合格となれば、当然次の選考には進めないため、就職のチャンスを逃してしまいます。適性試験は試験内容への理解を深めた上で、適切な対策をすることが大切です。上手に対策して適性試験を攻略し、選考をスムーズに進めていきましょう。

就活ではなぜ適性試験がおこなわれるか

適性試験の攻略を目指すためには、そもそもなぜ選考の一環として適正試験がおこなわれるのか、その理由を知っておくことが大切です。適性試験は必ずしもおこなわれるとは限りませんが、多くの企業が導入している選考方式です。

多くの企業が導入しているということは、それだけ企業でも重要視するポイントがあると言えます。なぜ企業は適性試験を重要視しているのか、企業が考えるポイントを知って選考そのものへの理解を深めていきましょう。

企業との相性を確認するため

選考で適性試験がおこなわれるのは、企業との相性を確認するためです。適性試験は能力や性格などを測るものであり、それらの結果から企業との相性をチェックしています。仕事をする上では相性は非常に重要であり、これは学生と企業、お互いにとって大切なことです。

どれだけやる気があっても、企業との相性が悪いと活躍できない可能性が高いです。仕事は単に能力があればできるわけではなく、仕事への適性があり、適切な方法で能力を発揮できなければなりません。

能力の高い人でも、向いていない仕事では活躍するのが難しく、早期にやめてしまう可能性があります。採用にはコストがかかっているため、すぐにやめられるのは企業としても損失です。相性を確認し、自社に適した人材を採用したいと考え、適性試験をおこなっています。

ふるい落とし

適性試験は学力を測るテストでもあるため、結果は点数で表示されます。適性試験の点数によって足切りをする企業は多く、応募者のふるい落としのためにおこなわれることが多いです。企業には多ければ何百人、何千人と応募者がくるため、少しでも人数を絞り込んでおかないと、採用活動のコストが高くなってしまいます。

もっとも簡単に判断できるのは、共通の指標で基準を決めて合否を分けることであり、その役目を適性試験が担っています。適性試験で一定以上の点数が取れなければ、その時点で不合格となるため、最低限度の点数を獲得しなければなりません。

就活の適性試験の内容

適性試験を攻略するためには、どんな内容でおこなわれるのかを知っておくことが大切です。企業ごとに適性試験の内容は違いますが、大まかに考えれば共通している部分は多いです。

基本的な内容を理解していれば、どんな対策をすればいいのかが分かり、選考の攻略にも繋がります。どんな内容でおこなわれるのかを理解し、それぞれの特徴を把握することが、適性試験攻略の第一歩です。試験内容についての理解を深め、事前の準備に役立てましょう。

言語・非言語

適性試験では学力を測る試験がおこなわれます。内容は言語と非言語、言い換えれば国語と数学です。言語の問題では長文読解などの文章問題が多く、基本的には論理的思考力が問われます。

非言語の問題はさまざまですが、数学的な考え方を問われることが多いです。言語と非言語は単純に合計したものが評価になるわけではなく、どちらがどれだけとれたのかも評価の対象となっています。企業ごとに求められる能力は異なるため、言語と非言語、どちらの点数を重要視するかは一概には言えません。

性格検査

適性試験には能力だけではなく性格検査もあり、この結果によって企業との相性が測られています。性格検査は基本的には選択問題であり、何を選択したかによって評価が違ってきます。能力検査のように明確な点数はありませんが、性格的な特徴が表れるため、この結果を重要視する企業は多いです。

性格が企業に合わないと判断されれば評価を下げられてしまう可能性は高く、場合によっては能力検査の点数がよくても不合格になることもあります。また、性格検査の結果は、その後の面接でも参考にされることが多いので注意が必要です。性格検査での解答内容と面接で答える内容が矛盾していると嘘をついていると判断され、印象が悪くなってしまう可能性があります。

英語が追加されることもある

能力検査は基本的には言語と非言語ですが、企業によってはこれに英語が追加されることもあります。英語が追加される場合は、国語、数学、英語の3科目になるため、さらに念入りに対策をしておかなければなりません。

英語は基本科目ではありませんので、基本的には業務で英語を必要とする企業でのみ適性試験に追加されます。もちろん、英語を使うからと言って必ずしも英語の科目があるとは限りませんが、追加される可能性は高いので注意しましょう。

商社や旅行会社、航空業界などでは、英語力が問われる可能性が高いため、これらの業界を志望する場合は事前に対策が必要です。また、グローバル企業の場合は英語が必要となることが多く追加になる可能性が高いため注意しましょう。

就活の適性試験の種類

適性試験は企業ごとに内容が異なりますが、それだけではなく試験そのもの種類も違います。適性試験は実は1種類ではなく、さまざまな種類があり、どれが出題されるかによって問題の傾向が違ってくるので注意が必要です。

企業によっては自社オリジナルの問題を出題することもありますが、それは稀なケースであり、基本的にはどの企業でも出題される種類は似ています。適性試験でメジャーな種類は大きく3つに分けられますので、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

SPI

SPIは適性試験の中でももっともメジャーなものであり、採用している企業は多いです。基本的には言語と非言語ですが、場合によっては英語の問題が出題されることもあります。SPIの難易度はそれほど高くはありませんが、問題数がやや多いのが特徴です。

適性試験は制限時間が決められているため、短時間で多くの問題を解かなければなりません。問題のレベルとしてはそれほど高くないため、問題の形式に慣れさえすれば、高得点を取るのはそれほど難しくないでしょう。SPIはどこで受けるかによっても、内容が少しずつ異なります。自宅や企業で受ける場合もあれば、テストセンターと呼ばれる適性試験専用の会場で受けることもあるのです。

玉手箱

玉手箱も適性試験として採用している企業が多く、SPI同様にメジャーなものです。玉手箱も言語と非言語、企業によって英語が出題され、問題数が多いのが特徴です。短時間で大量の問題を解かなければならないため、全問解答するだけでも非常に難しいでしょう。

難易度はそれほど高くはないものの早く解かなければならないため、素早く、かつ正確な解答が求められます。玉手箱はパターンが決まっており、同じパターンの問題が連続して出題されるため、しっかり対策しておけば高得点を獲得するのはそれほど難しくはありません。

TG-WEB

SPIや玉手箱ほど多くはありませんが、TG-WEBも適性試験としてはメジャーな種類のひとつです。言語と非言語、場合によっては英語が追加されると基本はほかの試験と共通していますが、最大の違いは難易度にあります。TG-WEBは非常に難しく、難関の適性試験です。

しっかり対策しておかなければ全く解答できないということも多く、特に念入りな対策が必要な種類だといえるでしょう。TG-WEBには従来型と新型があり、それぞれ特徴が違っています。従来型は問題数が少なく、高難易です。新型は少し難易度は落ちますが、問題数が多いです。どちらの場合でも、難易度が高いことには変わりありませんので、事前にしっかり対策をしておきましょう。

適性検査で落ちる人の特徴

適性検査で落ちる人の特徴

適性検査は基本的に、選考の初期におこなわれることが多いです。その理由は、先述の通り、企業が相性を見たりふるい落としを早めにしたりすることで、採用活動を効率的に進めたいと考えるからです。

そのため、適性検査で落ちてしまえば、面接などのさらに先の段階に進むことができなくなってしまいます。適性検査で何度も落ちてしまえば、当然焦ってしまうでしょう。実は、適性検査に落ちやすい人には特徴があります。これらの特徴を押さえ、適性検査に確実に合格できるよう、十分な対策を講じていきましょう。

準備不足

適性検査で落ちる人の特徴として、「準備不足」がまず挙げられるでしょう。適性検査の問題には傾向がありますので、その傾向に沿って十分に対策していれば高得点が狙えますが、準備不足であれば得点できません。

適性検査の中には、「知識さえあれば解ける」「やり方さえ知っていればスムーズに解ける」という問題も一定数含まれています。準備してきている学生は当然それらが解けますので、準備不足の学生との差は広がってしまうのです。

最も危険なのは、就活中は忙しいため、準備不足のままで複数企業の適性検査を受けてしまうことです。当然、どの適性検査でも合格は難しく、せっかくのチャンスを無駄にしてしまうことになります。就活がスタートする前から余裕を持って計画を立て、十分に準備することが大切です。

分からない問題に時間をかけ過ぎる

適性検査で落ちる人は、「分からない問題に時間をかけ過ぎる」という傾向もあります。適性検査には制限時間があるため、いくら問題を解く実力があったとしても、時間内に解けなくては意味がありません。適性検査は一問ごとの難易度はそこまで高くありませんが、問題数に対して時間が短めに設定されている傾向にあります。

十分な実力があっても、時間配分を間違えてしまえば失敗に終わってしまうでしょう。特に、分からない問題に出会ったときが要注意です。時間をかければ解けると思うと、粘ってしまいがちです。しかし、そこで時間を使い過ぎてしまい、それより後の問題に手が付かなければ、実力未満の点数しか取れません。分からない問題に出会ったら、ある程度であきらめる決断も大切です。

性格検査の回答が矛盾している

適性検査で落ちる人の特徴として、「性格検査の回答が矛盾している」こともあります。適性検査では、300問近くの性格検査にも答えることになりますが、それらへの回答に矛盾がないかどうかという点も見られているのです。

採用されたい学生の側からすれば、自分のことをより魅力的に伝えたいと考えるのが自然でしょう。しかし、ここで事実と違う回答を繰り返した結果、回答に矛盾が生じてしまう可能性があるのです。

性格検査には正直に回答していくというのが基本です。もちろん、企業の求める人材像にある程度合わせて回答するということも大切ではあります。その場合も、実際の自分と相違がないよう、一貫性のある回答をしましょう。そもそも実際の自分と相違がある回答をしないといけない企業では、就職後に苦労します。

また、性格検査の中には、学生が正直に回答しているかどうか確かめるため、「ライスケール」と呼ばれる設問も導入されています。「これまでに一度もウソをついたことがない」など、強い言い切りの設問が用意され、これに「Yes」で回答してしまうと、ウソをついていると判断されてしまうのです。

適性試験の勉強方法

適性試験に合格するためには事前の勉強が必須ですが、勉強してもなかなか合格できないと悩む人も多いです。合格できない場合は、勉強のやり方を間違えている可能性があります。適性試験を攻略するにはいくつかのポイントがあり、それらを踏まえて勉強することが大切です。上手な勉強方法を知り、事前対策を念入りにおこないましょう。

苦手分野を徹底して勉強

適性試験はいかに得点率を上げるかが重要なため、苦手分野を徹底して勉強することが大切です。得意分野についてはそれほど勉強の必要はなく、場合によってはほとんど勉強せずとも正解できることも多いです。しかし、苦手分野があると当然得点率が低くなり、これが不合格になってしまう理由と言えるでしょう。

得意分野を伸ばしてもそれ以上得点は伸びないため、勉強方法としては効率的ではありません。得意分野よりも苦手分野に目を向けて勉強することで、不正解を減らして得点率を高めることができます。苦手だと感じる部分をマークして、徹底して勉強することが大切です。効率的に勉強するためにも、まずは苦手を見つけることから始めましょう。

何度も繰り返す

適性試験の出題傾向は試験の種類によって異なりますが、基本的にはどれもパターン化されています。問題の細部については違っているものの、大枠の部分はパターン化されているため、何度も繰り返して勉強し、パターンを覚え込むことが大切です。

問題のパターンを覚えることができれば、短時間で多くの問題を解答することができ、点数も上がりやすいです。適性試験は時間が決められているため、いかに効率よく解答できるかが高得点のカギを握っています。正解が分かっても、1問に時間をかけていたのでは高得点を取るのは難しく、スピーディーに解答することが大切です。

過去問を解く

適性検査の対策としては、過去問を解くことが基本といえます。これまで何度か触れてきた通り、適性検査には独特な問題傾向があります。そのため、その問題傾向に慣れ、実際の試験の難易度に触れておくことも必要といえるでしょう。

SPIなど、特定の適性検査を対象にした問題集であれば、基本的には過去問を踏まえて作成されています。実際の過去問のほか、このような対策問題集を解くことも、過去問を解くのと同様の効果が見込めるでしょう。

注意すべきは、自分が目指す業界で、過去どのような適性検査が実施されたのかを事前に調べておくことです。せっかくSPIの対策を実施しても、玉手箱やTG-WEBが実施されたために上手く結果がでなかったらもったいないでしょう。過去問をホームページ上に公開している企業もありますので、事前に調べておくようにしましょう。

時間を意識して解く

適性試験は時間との戦いでもあるため、事前対策の段階から時間を意識して勉強しておくことが大切です。適性試験は問題の難易度としてはそれほど難しくないことが多いため、考えれば分かる問題がほとんどです。

しかし、高得点を獲得するには解答スピードを上げることが重要であり、慣れていないと簡単なところでもミスをしてしまいます。早く解答しなければという焦りからミスをし、点数を落としてしまうことも多いため、素早く解答することに慣れておくことが大切です。

普段の勉強から時間を意識して取り組んでいれば、短時間で解答する癖がつき、本番でも焦る心配はありません。時間感覚を身に付けるためにも、タイムを計りながら勉強するなど、常に時間を意識しておきましょう。

適性試験は事前準備で攻略できる

適性試験でつまづいてしまい、苦手意識を持つ学生は多いですが、これは対策次第で攻略することができます。適性試験で不合格になるのは、きちんと対策ができていない、あるいは勉強方法を間違っていることが考えられます。

闇雲に勉強するのでは効率が悪いため、正しい方法を知って効率よく勉強することが大切です。就活中は忙しいことも多いため、まとまった勉強時間を取るのは難しいです。電車移動中など、時間を見つけて勉強することを心がけましょう。

適性試験の合否を分けるのは、事前準備です。事前にどれだけ準備できたかが、選考結果に直結するため、しっかり対策をおこない、適性試験の突破を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ