身だしなみ

【就活コートの選び方】レディースのおすすめデザインをご紹介

就活におすすめのレディースコートとは

就活は冬場におこなうことも多いため、寒い時期を乗り越えるんはコートが必要ですが、レディースだとコートの選択肢も多いです。男性に比べて女性のほうが服の選択肢は多く、それは就活においても変わりません。ただし、すべてのコートが着用OKとされているわけではないため、どんなコートを着るかが重要です。就活は身だしなみも評価の対象であり、コートもチェックされているポイントのひとつです。

選択肢が多いことで、就活でもさまざまな着こなしが楽しめますが、反面就活で使えるものは限られているので注意しなければなりません。種類の多いレディースのコートだからこそ、悩んでしまう学生は多いです。女性はどんなコートを選べばいいのかを知り、冬場の就活も上手に切り抜けましょう。

【39点以下は危険度MAX】
あなたの就活偏差値を診断しておこう!

今年の就活はコロナの影響もあり、先が見えない状況が続いていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、内定を勝ち取れないのは同じです。

そこで活用したいのが、就活偏差値診断ツールの「就活力診断」です。
24の質問に答えるだけで自己分析や企業理解、就活マナーなどの中で、何が不足しているのかグラフで見る化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業からの内定を勝ち取りましょう。

就活で着用可能なレディースコート

レディースのコートにはたくさんの種類があり、冬場でもさまざまなファッションが楽しめますが、すべてが就活で着用OKなわけではありません。就活ではファッション性よりもフォーマルさが求められており、着用しているコートによっては身だしなみが整っていないとして、マイナスの印象を与えてしまいます。コートの種類としてはたくさんありますが、就活で着用OKなものは少数に限られています。どんなコートはOKなのか、またNGなコートはどんなものかを知っておきましょう。

トレンチコート

秋口や春先など、少し肌寒い時期に重宝するトレンチコートですが、これは就活ではOKとされています。トレンチコートは基本的にはフォーマルなコートと認識されていますので、プライベートで着ているものを、就活用に使用しても構いません。

フォーマルとカジュアルの両方に使える便利なアイテムですので、持っておくと便利でしょう。トレンチコートも種類によっては厚手のものもありますが、基本的にはやや薄手のものが多く、真冬に使うのは難しいものがほとんどです。

真冬以外でも肌寒い時期はあるため、細かい体温調整をするためにも、トレンチコートはおすすめです。もちろん種類によっては真冬でも使えるモデルもあり、活用できるシーズンは幅広いと言えます。

チェスターコート

チェスターコートもフォーマルなコートのひとつであり、これも就活では着用OKとされています。チェスターコートは男性でも着れるデザインであるため、就活用のコートとしてはもっともフォーマルだと言えるでしょう。

チェスターコートはプライベートでも使えるアイテムであり、厚手のものも多いため寒さが厳しい時期の就活に役立ちます。チェスターコートはスーツ売り場だけではなく、普通のアパレルブランドでも売っており、派手過ぎないシンプルなデザインであれば、それを着用しても問題ありません。

大切なのは見た目に派手でないこと、そしてコートの形そのものです。真冬の就活には厚手で重めのコートは必需品と言えますので、トレンチコートと合わせて持っておくと便利でしょう。

ダッフルコートなどはNG

就活で着用するコートはフォーマルさが大切であり、ダッフルコートなどカジュアルに見えるものはNGです。基本的に、ショート丈のコートはカジュアルに見えるためNGと考えましょう。もちろん、ロング丈でもダッフルコートのように形そのものがカジュアルなものはNGです。真冬の寒い時期だと、機能性を重視してダウンコートやモッズコートなどを着たくもなりますが、これらも就活ではNGとされているので注意しましょう。

暖かさを求めるのは大切ですが、就活ではそれ以上にフォーマルさを意識しなければなりません。コートは意外に見られているポイントであり、他の人と違っていると目立つので注意が必要です。基本的にはトレンチとチェスターで、その他のコートは着用できないと考えておくといいでしょう。

就活におけるレディースコートの選び方

コートを選ぶ際にはOKとされているデザインの中から選ぶのはもちろん、そのほかに見ておきたいポイントがあります。コートの形としては問題なくても、細部の作りなどによってはNGな場合もあるため、どんなコートであればマイナスの印象を与えないかを知っておかなければなりません。就活で着用するコートは、単にマナーを守るだけではなく、機能性を考えて選ぶことも大切です。上手なコートの選び方を知って、使い勝手のいいものを購入しましょう。

色はベージュ・紺・黒など

就活のコートは色も重要であり、基本的には黒や紺色など、落ち着いた色を選ぶことが大切です。デザインが良くても、赤や黄色など派手な色になってしまうと、それだけでカジュアルに見えてしまいマイナスの印象を与えます。

また、男性の場合であれば黒や紺色のみOKですが、女性の場合はベージュも着用可能です。トレンチコートなどはベージュのものが多く、コートでありながら軽やかな印象を与えることができます。

黒や紺色などのコートは、落ち着いた印象を与えることはできますが、重たい印象もあるため、場合によっては暗いと思われる可能性もあります。ベージュであれば、全体的に明るい印象を与えやすいため、どんな印象を与えたいかによってコートの色も変えてみるといいでしょう。

丈はジャケットの裾が出ないよう長め

就活時に着用するコートは裾の長さも重要であり、基本的には少し長めのものを選びます。基準はジャケットの裾よりも少し長い程度がよく、ジャケットよりも短いと不格好に見えるので注意しましょう。ジャケットの裾と同じくらいだと、ショートコートの部類になってしまい、カジュアルな印象を与えてしまいます。

フォーマルなコートは、少し長めの丈となっているため、裾の長さにもチェックしておきましょう。また、短すぎるのはNGですが、反対に流すぎるのもNGです。裾が膝にかぶるほどのロング丈だと、カジュアルな印象を与えてしまいます。長い場合も短い場合も、長さが極端になるのはよくありません。ゆったりとした長さで、自然に見えるものを選びましょう。

ライナー付きがおすすめ

コートは機能性も重要であり、より長いシーズンを通して使いたいならライナー付きのものがおすすめです。軽いコートだと春や秋、重たいコートだと真冬などピンポイントでしか使いづらいですが、ライナー付きであればさまざまなシーンで使えます。

気分を変えるためにコートを数着持つというのもいいですが、コートはどうしても値段が高くなってしまうため、何着も購入するのは難しいです。ライナー付きのものであれば、少なくとも1着あればシーズンを通して使えるため、経済的にもお得です。

すぐに取り外してカバンなどに収納できるものであれば、より温度調整もしやすく便利でしょう。機能的なコートを持っていれば、寒い時期の就活もはかどりますので、機能面も見ながらコートを選ぶのがおすすめです。

就活でおすすめのレディースコート

レディースのコートを選ぶポイントを知れば、実際の商品を見ながらどんなものがあるのかを知っていきましょう。レディースのコートにはさまざまな種類がありますが、特におすすめなものを3つに絞ってご紹介します。

アイテムごとにさまざまな違いがあり、価格なども異なるため、それぞれの特徴を細かくチェックしながら参考にしてみましょう。コートはさまざまなブランドから発売されていますので、どんなブランドがあるのかを知っておくことも大切です。

おすすめ①

AOKIの【スタイリッシュライン】ジャージーダブルトレンチコートは、ミドル丈でフォーマルさのあるトレンチコートです。ベーシックなベージュのカラーであり、就活だけではなく就職後にも活用しやすい1着です。ベージュでもやや明るめで顔映りがいいため、明るい印象、爽やかな印象を与えやすいでしょう。

営業など、コミュニケーション能力が求められる仕事であれば、より好印象も与えやすく、おすすめです。機能性にも優れており、撥水性が高いため雨や雪など、急な天気の変化にも対応できます。春先や秋口などの少し肌寒い時期から真冬まで、幅広いシーンで活躍するコートです。

おすすめ②

はるやまのViVifleursチェスターコートは、スタイルアップを望めるすっきりとしたデザインが特徴です。縦長のシルエットで全体的にすっきりと見えやすく、色もネイビーと落ち着いているため、爽やかな印象を与えやすいです。チェスターコートでありながら、ふんわりとした仕上がりになっており、見た目にも軽やかで重たい印象を与えるのを防ぎます。保温性も高く、真冬の就活にもおすすめの1着です。

就活だけではなく、就職後にも使いやすいシンプルなデザインであり、着こなし次第ではプライベートに使うこともできます。さまざまなシーンで活躍する万能なコートであり、寒い時期を乗り越えるための必需品と言えるでしょう。スタイリッシュで機能性の高いコートでありながら、価格もリーズナブルなのも大きな特徴です。

おすすめ③

洋服の青山の【Super100's】スタンドカラーコートは、フォーマルとカジュアル両方で使える活躍シーンが広いコートです。スタンドカラーコートも、シンプルなデザインのものが多く、落ち着いた色であれば就活でも着用可能です。

腹部のベルトは取り外しも可能であるため、さまざまな着こなしを楽しめます。ウール素材のため保温性も高く、寒い時期でも温かく過ごすことができます。また、襟も立てたまま、畳んで着用と着こなしの幅が広く、シーンに合わせて与える印象が変えられるのも大きな特徴です。1着でさまざまな印象を与えやすく、使い分けができる便利なコートと言えるでしょう。

就活におけるコートの取り扱いマナー

就活で着用するコートは、デザインや色など、コートそのものにこだわる必要がありますが、実はマナーはそれだけではありません。コートのマナーとしては、取り扱いにも注意が必要であり、取り扱いのマナーができていなければ、マイナスの印象を与えてしまいます。

コートは正しいものが選べているだけではなく、きちんと着こなし、上手に扱えてこそ好印象が与えられます。コートの正しいマナーを知って、細かい振る舞いからも好印象の獲得を目指しましょう。

着脱は企業の外でする

コートを着たまま企業に入るのはNGであり、建物に入る前にコートを脱がなければなりません。これはコートは防寒着で外で着るものとされており、室内で着るのは間違いと認識されているからです。

また、コートを脱ぐのは外からの汚れを室内に持ち込まないという配慮のためでもあります。真冬などはコートを脱ぐのは寒いですが、そのまま建物に入るのはNGであるため、事前に脱いでから入りましょう。

面接などが終了し、企業から出るときにも注意が必要です。このときもコートは建物の外に出てから着用しなければなりません。室内でコートを着てしまうとマナー違反となってしまうため、コートの着脱はすべて外でおこなうと思っておきましょう。

脱いだコートは折りたたむ

コートは脱げばそのまま持ち歩くのではなく、簡単に折りたたみ、手にかけて持つことが大切です。脱いだままでぐちゃぐちゃにして持っていると見栄えが悪く、マイナスの印象を与える可能性も高いので注意しましょう。

また、コートを雑に扱っていると、物を大切にしないなどの印象を与え、がさつに思われる可能性もあります。コートは綺麗に折りたたむ必要はありませんので、端だけ揃えるなど、見た目が綺麗になるようにたたみましょう。

このとき、コートを裏返してたたんでいると、より好印象を与えることができます。コートの外側は汚れているという認識になりますので、裏返してたたむことで、室内に汚れを持ち込まないという配慮を示すことができます。

面接ではカバンの上に置く

脱いだコートは手にかけて持ち運び、そのまま面接の会場内まで持ち込むことも多いです。部屋にコート掛けが用意されており、そこにかけるよう指示されればそれを使いますが、そうでなければ、基本的にはコートはカバンの上に置きます。

椅子に掛けたり、床に直接置くのはNGであり、マイナスの印象を与えてしまうので注意が必要です。カバンの上に置く際にも、ぐちゃぐちゃにならないよう綺麗に置くことが大切です。折りたたんで手にかけたものを、そのままそっと置けば形も崩れないので問題ないでしょう。面接終了後はコートを取って手にかけ、入室時と同じ状態で持ち運びます。このときコートを広げてしまわないよう注意しましょう。

おすすめのレディースコートで冬場の就活を乗り切ろう

レディースのコートにはたくさんの種類があり、就活で使えるものも男性と比べれば多いです。しかし、選択肢が多いからこそ注意が必要であり、本当に就活に使えるものはどれなのかを、きちんと把握しておかなければなりません。

コートも身だしなみのひとつであり、チェックされているポイントのひとつです。企業の外で着脱するとは言え、たたんでいる状態からコートのデザインなどは見られており、実際に着ている姿が見られている可能性もあります。

コートは一番上に着ているため、当然目立つポイントであり、目にもつきやすいので注意が必要です。おすすめなども参考にしながら、就活にふさわしいコートを選び、寒い時期の就活も上手に乗り越えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ