身だしなみ

【リクルートスーツとは】ビジネススーツとの違いや選ぶ際の注意点

リクルートスーツとは何かを理解できていない人は多い

就活ではリクルートスーツを着るのが基本ですが、そもそもリクルートスーツとはどんなものなのかを理解できていない人は多いです。スーツは就活時の服装の基本となるため、細かい部分まで理解を深めておかなければなりません。同じスーツでも、選び方を間違えればマイナスの印象を与えてしまう可能性もあるため、購入時には十分注意が必要です。

就活では単にスーツを着ていればいいわけではなく、きちんとリクルートスーツを着用していることが大切です。リクルートスーツはもっともフォーマルなものであり、就活を進める上での基本の服装となります。リクルートスーツとは何か、基礎的な部分からきちんと把握し、細部までこだわって身だしなみを整えていきましょう。

リクルートスーツとは

そもそもリクルートスーツとはどんな定義になっているかですが、一般的には就活で着用するスーツとして認識されています。就活にふさわしい落ち着いたデザインや色味のスーツをリクルートスーツと言い、また、着こなしそのものを指してリクルートスーツと呼ぶこともあります。

スーツにはさまざまな付属品がありますが、リクルートスーツとして着る場合には、それらは基本的には付けずに着用しなければなりません。ネクタイピンなど、一部許されているものはありますが、カフなどの華美になる装いはNGとされています。

シンプルなスーツを、シンプルなまま着こなすことがリクルートスーツのマナーであり、スーツにおけるもっともフォーマルな着こなしだと考えておきましょう。

ビジネススーツとの違い

リクルートスーツとは何かをさらに深く知るためには、ビジネススーツとの違いを理解しておくことも大切です。スーツにはさまざまな種類があり、リクルートスーツからプライベートで着れるカジュアルなスーツもあります。

フォーマルさという点では、リクルートスーツにもっとも近いのはビジネススーツであり、これは一般的な社会人が着ているスーツを考えましょう。リクルートスーツとビジネススーツには、実はさまざまな違いがありますので、その違いを把握しておくことが大切です。

色合い

リクルートスーツとビジネススーツでは色合いに違いがあり、基本的にはリクルートスーツのほうが落ち着いた色味になります。リクルートスーツでOKとされているのは、基本的には黒や紺色、グレーなどのダーク系の色であり、明るい色はNGとされています。

ビジネススーツの場合は、これらの色に加えてベージュなど少し明るめの色でもOKとされており、選べるスーツの幅は広いでしょう。また紺色やグレーといっても、色の濃淡はさまざまであり、リクルートスーツでOKとされているのは、基本的には濃い色です。

ビジネススーツの場合は薄い色でもOKであり、ややカジュアルに見えるものでも着用可能です。もちろん、どの程度のスーツまでOKとされているかは企業によって異なりますが、基本的にはビジネススーツでは明るい色もOKであることは覚えておきましょう。

価格帯

リクルートスーツとビジネススーツでは価格帯にも違いがあり、リクルートスーツは1~5万円程度の比較的安価な値段です。対してビジネススーツの場合は価格帯が非常に広く、オーダースーツなどの場合は数十万円かかることもあります。

価格帯の違いは収入による面もありますが、それだけではなく消耗度が関係しています。ビジネススーツは上質なものが多く、長く着てもすぐには消耗しないつくりになっていますが、リクルートスーツは安価であるため消耗しやすいものが多いです。

生地の質感などに大きな違いがあり、ビジネススーツのほうが上質なものが多いことは理解しておきましょう。リクルートスーツは消耗が激しいため、長期間着るのには不向きで、あくまで就活期間に限定したスーツと言えます。

着こなし方

着こなし方もリクルートスーツとビジネススーツでは違っており、これは付属品による着飾りなども含めた違いがあります。リクルートスーツの場合は何もつけずにシンプルなまま着るのが基本ですが、ビジネススーツの場合はカフなどを付けて着飾ることが可能です。

また細部のアイテムについても違いがあり、リクルートスーツに合わせるのは基本的には黒色のアイテムですが、ビジネススーツなら茶色などもOKです。就活では身だしなみは細部まで見られているため、靴やカバンなどもスーツに合わせて革製品、かつ黒色を選ばなければなりません。

しかし、ビジネススーツの場合は、スーツごとに合わせて着こなしを変えることができ、ややカジュアルに見えるアイテムでも合わせてOKとされています。

リクルートスーツを選ぶ際の注意点

就活を始めるためには、リクルートスーツを購入しておく必要がありますが、購入時にはさまざま注意点があります。リクルートスーツとビジネススーツには違いがあるように、スーツもただ着ていれば好印象が与えられるわけではありません。スーツの選び方次第では身だしなみの印象が悪くなる可能性もあるため、リクルートスーツとしてふさわしいものを選ぶことが大切です。

基本は無地

リクルートスーツは基本的には無地のものを選びましょう。無地がもっとも無難であり余計な印象を与えずに済むため、マイナスに働く心配もありません。色は黒や紺色、グレーなどの色を選び、落ち着いて見えるものを選ぶことが大切です。リクルートスーツでも色によって与える印象は異なり、黒は真面目、グレーは明るい、紺色は爽やかな印象を与えやすいです。

もちろん、必ずしもその通りの印象になるとは限りませんが、イメージ付けはしやすくなるため、志望先や自分の特徴と合わせてどの色にするかを決めましょう。落ち着いた色を選んでいる場合でも、無地でなければ派手に見えてしまい、マイナスの印象を与える可能性があります。どの色を選ぶ場合でも、生地は必ず無地にしておきましょう。

ストライプなど柄付きはNG

スーツの中にはストライプなど柄付きのものもありますが、リクルートスーツとしてはNGです。少しでも柄があるとカジュアルに見えてしまい、就活ではふさわしくないと判断されてしまいます。近くで見なければよく分からない、目立たないデザインのものもありますが、いくら目立たない場合でも柄付きはNGだと理解しておきましょう。

面接官は学生の身だしなみを細部までチェックしており、どれだけ目立たないものでも柄が入っていることが見抜かれてしまう可能性が高いです。就職後であれば、柄付きのスーツでもOKな場合もありますが、少なくともリクルートスーツとしてはNGです。スーツに売り場に売っている場合でも、リクルートスーツとしては不向きですので選ばないよう注意しましょう。

光沢があり過ぎるものは避ける

スーツを選ぶ際には、生地の光沢にも注意が必要です。光沢のあり過ぎるものは目立ってしまい、カジュアルに見えるためリクルートスーツとしては不向きです。無地で暗い色を選んでいたとしても、光沢が強すぎるものを選んでしまうと、身だしなみの印象は悪くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

光沢のあるスーツを着ているビジネスマンは多いですが、これはあくまでビジネススーツとしてのマナーが適用されているためOKになっているに過ぎません。学生の場合は就活ならではのマナーが適用されるため、さらに身だしなみの規定はさらに厳しくなります。

女性は短すぎないスカート丈

女性がリクルートスーツを着る際に気をつけたいのは、スカート丈です。面接で椅子に座った際に、スカートが短いと面接官が目のやり場に困ってしまいます。立った状態で、膝が全部または半分隠れる程度の長さにしましょう。座った際の長さは、膝上5cm程度が理想です。

普段着と同じ感覚でスカート丈を合わせると、マナーを疑われかねません。また、スーツに合わせるストッキングや靴にも注意が必要です。ストッキングは伝線などに気をつけて、肌の色に合わせましょう。靴は基本的にパンプスです。ヒールが高すぎないシンプルなデザインを選んでください。

リクルートスーツは就職後も着れる

リクルートスーツは基本的には就活の短期間で着用するスーツと定義されていますが、実は就職後に着ることも可能です。実際に就職後にも就活時と同じスーツを着ている人は多いため、購入時には就職後も使えるかどうかを意識しながら、選ぶことが大切です。

また、リクルートスーツが活用できるのは、就活のシーンだけとは限りません。就活以外でも着用することはありますので、どのようなシーンで活用できるかを知っておきましょう。

就職後1~2年着る人は多い

リクルートスーツは就職後1~2年程度着ている人が多く、若手のうちは着用していても問題ないと言えます。もちろん、年齢を重ねてもリクルートスーツを着ていてもマナー違反になるわけではありませんが、不自然な印象を与えてしまう可能性もあります。

リクルートスーツは短期間の着用を前提とした安価で消耗の激しいスーツのため、見た目に問題なく着れる期間が、就活から就職後1~2年程度です。傷んできたと感じた場合は新調して、身だしなみを常に清潔に保っておかなければなりません。

基本的には消耗するまでは使えますので、就職後もしばらくは使うと考えて、社会人として着ていてもおかしくないものを選ぶことが大切です。

冠婚葬祭にも役立つ

リクルートスーツは就活時に限定して着用するものと考える人は多いですが、実は冠婚葬祭の場でも着用は可能です。高校生など制服がある場合は、冠婚葬祭はすべて制服で参加できますが、大学生になると制服がないため、社会人同様スーツを着て参加しなければなりません。

そこで活躍するのがリクルートスーツであり、落ち着いたデザイン、色のものを選んでおけば、どんなシーンでも使いまわすことができ、非常に便利です。特に使い勝手がいいのが黒色のスーツであり、スーツを複数着購入する場合は、黒色を1着持っておくといいでしょう。リクルートスーツは実は非常に便利なものですので、就活に臨む以前から、早めに購入しておくのがおすすめです。

慣れたらビジネススーツに切り替えよう

社会人になってもしばらくはリクルートスーツを着用していてOKであり、いつまでに新しいスーツを購入しなければならないという決まりはありません。そのため、消耗するまではリクルートスーツを着ていても構いませんが、ある程度社会人生活にも慣れてくれば、ビジネススーツへの切り替えを検討しましょう。

社会人にとってスーツは非常に重要なものであり、リクルートスーツからビジネススーツに切り替えることでも、仕事に対しての意識は変わります。リクルートスーツではまだまだ新米という印象がありますが、ビジネススーツを着ていれば、一人前の社会人に見えやすいです。スーツを変えるのはひとつの節目でもあるため、仕事にも慣れたと感じれば、ビジネススーツの購入も検討しておきましょう。

リクルートスーツは色や素材に注意して選ぼう

就活ではリクルートスーツを着て臨むのが一般的ですが、スーツにはさまざまな種類があります。就活時に着ているスーツが、すべてリクルートスーツになるわけではなく、就活にふさわしい落ち着いたデザイン、色味のスーツを選ぶことが大切です。

リクルートスーツとはスーツそのもののデザインや特徴だけではなく、着こなしまで含めて定義されています。どんなスーツでも、フォーマルに着こなせていなければ、リクルートスーツにはならないので注意しなければなりません。

リクルートスーツとは何かを理解するのは、就活の基本ですが、これができていない人は意外に多いです。基本的な部分をしっかり把握して身だしなみを徹底して整え、フォーマルな服装で就活に取り組みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ