自己PR

【自己PRの例文を紹介】より伝わりやすくなる書き方も解説

例文を参考に自己PRを作成しよう

自己PRの作成に悩む人は多いですが、イメージが膨らまない場合は例文を参考に考える方法もおすすめです。例文をそのまま引用する行為はいけませんが、参考にする程度なら問題はなく、ポイントを取り入れて作成することで、自己PRのアピール力を高められます。

自己PRは履歴書やエントリーシートだけでなく、面接でも重要度が高いため、特に念入りに作成しなければなりません。アピール力が低くなってしまうと、自分を強く売り込むことができず、選考でも不利になってしまいます。

自己PRは自身の採用メリットを示すものであるため、自分の個性や魅力をふんだんに盛り込んで作成することが大切です。書き方のポイントを把握して、選考を勝ち抜ける自己PRを作成しましょう。

企業は自己PRで何を見るか

自己PRで高評価を獲得するには、企業が何を求めているか把握する必要があります。就活ではさまざまな質問をされますが、それぞれに質問の意図があり、評価のポイントがあります。高い評価を獲得するためには、質問の意図を正しく読み取り、評価の基準に合わせてアピールすることが大切です。自己PRで見られているポイントを把握して、アピールすべきポイントを見極めましょう。

自己分析の程度

自己分析は就活の基本と言われており、自己PRではこれがどれだけできているかが見られています。自己PRは自分を売り込むためのものですが、上手にアピールするためには、自分自身を正しく理解しておかなければなりません。

自分を正しく把握するのは意外と難しく、自己分析をしっかりおこなっていなければ、正しい自分像を掴めていないことも多いです。上手に自己PRができている=自己分析ができていると判断され、就活の基本がきちんとできていることから、真剣度などが評価されます。

自己分析がきちんとできていなければ就活への真剣度が低いとされ、企業への志望度も低いと思われます。自己PRは志望度を左右する重要なポイントでもあるため、自己分析を徹底しておこない、上手にアピールしなければなりません。

学生の個性・能力

自己PRは自分を売り込むためのものであり、アピールした内容から学生の個性や能力などが判断されています。就活ではさまざまな質問がされますが、それらはすべて学生について知るためにおこなわれています。どのような人柄、人間性を持ち、能力があるのかを見極めて採用を決定するのが企業の採用活動であるため、個性や能力が見られる自己PRは特に重要な質問です。

自分を売り込むことは大切ですが、上手にアピールできなければ間違った人間性が伝わってしまう可能性もあるので注意しなければなりません。また、アピールに選んだ題材からも人柄などが見られています。アピール内容を自由に選べるからこそ、人柄や個性が表れやすいことは理解しておきましょう。

企業との相性

企業との相性も自己PRで見られているポイントであり、学生がアピールする内容と企業が求める人材像が一致しているかが重要視されています。企業にはそれぞれ求める人材像があり、同じ業界、職種であっても、どんな人材を求めるかは異なります。

企業との相性は特に大切な部分であり、これを重要視する企業も少なくありません。仮に高い能力、優れた人柄を示せたとしても、相性が悪ければ、評価には値しません。自己PRは内容から相性の良し悪しが判断されているため、アピール方法について検討しなくてはいけないのです。

自己PRの書き方

自己PRの内容だけではなく、どのようにアピールするかも大切です。同じ内容でも書き方によっては与えられる印象が異なり、場合によっては評価が違ってくることもあります。

上手にアピールするためには、書き方を工夫することが大切です。自己PRはほんの少しの工夫で印象が大きく変わるため、書き方のポイントを把握し、じっくり考えて作成しましょう。

アピール内容を最初に提示

自己PRは、冒頭で結論を述べることが大切です。最初に結論を述べることで伝えたい内容を明確にすることで、話をスムーズに進められます。また、最初に能力を提示すれば、アピールの方向性を定めることもでき、途中で内容がぶれてしまう心配もありません。

結論を後回しにしてしまうと結局何を伝えたいのかが最後まで分からず、アピール力が低くなってしまいます。履歴書などは冒頭だけを読んで判断することもあるため、最初にしっかりアピールしておかなければ、評価すらしてもらえない可能性もあります。結論は必ず最初に提示して、明確にアピールすることを心がけましょう。

明確な根拠を述べる

自己PRは説得力が重要であるため、結論を補強する根拠を提示することが大切です。いかにインパクトを持たせたアピールができても、それが本当のことだと証明できなければ、アピール力は低くなってしまいます。根拠としては、能力を実際に発揮したエピソードを述べるのがおすすめです。

具体的な根拠を提示することで説得力を高めることができ、アピール力も高まります。根拠を伝える際の具体的なエピソードは、自分らしさを発揮できるポイントとも言えます。個性が伝わる根拠を述べて、自己PRのアピール力をさらに高めましょう。

仕事でどのように活かせるか

自分の能力を提示した後は、最終的にはそれが仕事でどのように役立つかを伝えることが大切です。自己PRは採用メリットを示すものであるため、仕事での活かし方を述べておかなければ、メリットを十分に伝えることができません。能力が企業の仕事でどのように活かせるかを、できるだけ具体的に伝えることを心がけましょう。

実際の仕事に絡めて具体的に述べることで、仕事の理解度の高さのアピールに繋がり、志望度が高いと判断してもらえます。また、活躍の方法を述べることで、成長意欲の高さなどのアピールにも繋がるため、仕事に絡めて能力を伝えるのは非常に重要です。

自己PR作成時の注意点

次に、自己PRを作成する際の注意点を2つ紹介します。自己PRを考える際についついやりがちなことや、無意識にやってしまいそうなことを挙げました。自分ではそのつもりがなくても、一貫性のない内容になってしまったり、矛盾した内容になってしまったりするケースはあります。

結果的に相手に違和感を覚えさせるような内容にしてしまい、印象が悪くなってしまっては、選考では大きく不利になるので十分に注意してください。では注意点について紹介していきましょう。

自慢を述べるだけになってはいけない

自己PRは、自慢大会でありません。ただ能力を披露するだけや、受賞歴や成績を述べるだけでは相手に伝える内容としては不十分です。どんなに学歴や経歴が立派でも、「この人はただ自慢をしているだけで中身がない」「能力をどのように弊社で活かしたいのか分からない」と思われてしまっては、せっかくの自己PRも台無しです。

「私はこれだけのすごい能力を持っている」「私はこんなに大きな成果を出してきた」という事実を通して、自身の持っている魅力をアピールする場です。相手を納得させるためには、頑張ってきた結果、そこから何を得て、どのように社会に役立てたいのかを伝えなければなりません。

短所と異なるものにしない

短所と異なる自己PRは控えましょう。短所と長所は表裏一体の関係です。自分の苦手な部分が得意な部分と裏表が一致しない内容になってしまうと、矛盾が発生してしまいます。例えば、集中するのが苦手だという短所を持っている人が、経理職を志望して、ミスなく正確に処理する能力があると述べてしまうと、矛盾した内容になってしまい一貫性のない主張になります。そうなってしまうと信ぴょう性がない内容になり、結果的に説得力に欠けます。

他にも、販売職を志望しているのに人と話すのが苦手だという人や、プロジェクト管理職を目指しているのに計画性がないことが短所だという人は一貫性がありません。「このような短所があるからこそ、このように活躍することができる」というように、短所と得意な部分の裏表の関係を意識した上で、自己PRや短所は考えていきましょう。

自己PRの例文

null

例文を参考にすることで、どのようにアピールを進めればいいのか、全体像を把握できます。志望する職種ごとにアピールのポイントは異なるため、それぞれの違いを意識して、例文を確認していきましょう。

①営業

私は相手に寄り添って人の話を聞き、本音を引き出す傾聴力があります。大学時代はサッカー部で副キャプテンを務めていました。キャプテンは自分でぐいぐい引っ張るタイプであり、それについていけず不満を漏らす人も多くいました。
私はチームメイトと個別に話し合い、相手の気持ちに共感することで、本音を引き出し、それをキャプテンや監督にも共有することで、チーム内の関係の改善を図りました。本音を共有することで、それぞれに思いやる気持ちが生まれ、チームワークはさらに良くなりました。
貴社では、お客様に寄り添い丁寧に話を聞くことで本音を引き出し、望みを叶える提案により契約を勝ち取りたいと考えています。

営業の例文では、傾聴力があるとアピールされています。冒頭で能力が語られており、より印象的なアピールになっているでしょう。また、単にコミュニケーション能力とするのではなく、相手の気持ちに寄り添い、本音を引き出す傾聴力と限定的に伝えることでより明確に能力を伝えられています。

例文では大学時代の経験から根拠が提示されており、説得力にもなります。仕事での活かし方も具体的に説明されており、営業という職種の特徴を踏まえたアピールができているでしょう。

②事務

私は物事を順序立てて処理し、スムーズに作業を進められます。大学では居酒屋のキッチンでアルバイトをしており、忙しい業務を切り盛りしていました。目の前の作業にいっぱいいっぱいになるのではなく、一歩引いて考え、今すべきことはないかを考えることで、優先順位を意識して行動する癖を身につけました。
常に優先順位を意識することで、大量の予約が入ってもうまくさばき、お客様に迷惑をかけることなく、業務をこなしました。貴社でもすべきことを常に意識して、最優先事項から素早く処理し、事務作業を円滑に進めることで、全体業務をサポートしたいと考えています。

事務の例文では、物事を順序立てて処理し、スムーズに作業が進められるとアピールされています。事務職の仕事は多岐にわたり、業務量が多いこともしばしばですので、職種に合った能力がアピールできているでしょう。

アルバイトの経験から、能力が身についていることが証明できており、説得力を持ったアピールができています。さらに仕事での活躍の方法も具体的に示されており、実際に働き、活躍する姿をイメージできるでしょう。

③総合職

私は多くの人の意見を吸収し、全員の納得が得られる案を提案できる協調性があります。大学時代はボランティア活動をしており、被災地での支援活動などを行いました。私の所属しているグループでは、募金活動と現地での直接支援で意見が分かれましたが、私は希望者がそれぞれに分かれて活動を行うべきだと主張しました。
募金グループと直接支援グループに分かれて活動することで、様々な観点から支援を行い、グループとして意欲を高めて活動にあたれました。貴社では個人としてではなく、グループとして仕事を進めることを意識し、全員の力を統合することで、大きな目標の達成を目指したいと考えています。

総合職の例文では、協調性がアピールされています。協調性といっても特徴はさまざまですが、例文では補足説明をすることで、能力をより明確にアピールできています。総合職の仕事内容は多くの人と関わる仕事が多いため、集団の中でバランスが取れる協調性は、特に評価される題材でしょう。

ボランティア活動の経験から、実際に能力を発揮したことが伝わり、根拠もしっかり提示できています。仕事での活かし方も、仕事への取り組み方を踏まえて伝えられており、活躍する姿がイメージしやすいでしょう。

例文を参考に自己PRでは根拠や仕事での活かし方を述べよう

自己PRについて、より伝わりやすくなる書き方や、説得力のある表現のコツなどをご紹介しました。企業を納得させることができる自己PRを作成するためには、企業が求める人物像に近く、会社との相性が良い人材であると思われるような内容にしなければなりません。そのためには企業研究はもちろんのこと、自分自身をしっかりと把握している必要があります。

まだ自己分析がしっかりとできていないという人は、自分自身とじっくり見つめ合い、自身の魅力を見つけ出してください。書類選考や面接は、自分のことをアピールする場でもありますから、必ず自己分析をした上で説得力のある自己PRを作成し、企業を魅了させることができるような内容に仕上げていきましょう。

 

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ