志望動機

インターンの志望動機の書き方|内容の考え方や例文3選をご紹介

インターンの志望動機で悩む人は多い

志望動機は就活には欠かせないものですが、インターンと本選考では書き方のポイントが異なります。志望動機は単にインターンを志望した理由を述べるだけではなく、自身を売り込まなければなりません。さまざまな観点から評価されているため、念入りに考え、作成することが大切です。上手な書き方をマスターし、インターン選考を突破できる志望動機を作成しましょう。

インターンで志望動機が重視される理由

上手に志望動機を作成するためには、まずはなぜ重要視されているのか、その理由を知っておくことが大切です。インターンの選考では志望動機に限らず、さまざまなことが聞かれます。しかし、数ある質問の中でも、志望動機は特に重要視されており、選考の合否への影響も大きいです。

参加意欲を見るため

インターンで志望動機が重要視されているのは、参加への意欲を見るためです。インターンは職業体験を通じて成長を促すものであり、学生の学びの場として用意されています。企業としても同じ参加するなら経験を通して学べる人、大きく成長できる人に参加してほしいと考えており、それらを判別する基準として参加への意欲が見られています。

参加への意欲が低ければ成長できる可能性が低いと見なされ、評価を下げられてしまうので注意しましょう。また、仮に意欲が高いとしても、志望動機でしっかりアピールできなければ、意欲が低いと思われてしまいます。実際に高い意欲を持つだけではなく、志望動機を通じて上手に伝えることを意識しましょう。

企業への理解度を見るため

null

企業への理解度を見ることも、志望動機が重要視される理由のひとつです。アピール力の高い志望動機を作成するためには、インターンの実施内容から企業の事業展開など、知っておくべきことはたくさんあります。志望動機のアピール力が低ければ、企業研究ができていない=理解度が低いと見なされるので注意が必要です。

企業への理解度とは、知識だけではなく、企業への志望度や優先度、興味関心の高さなどを表しています。理解度が低ければ志望度なども低いと見なされ、評価のマイナスになるので注意しましょう。

伝える能力を見るため

志望動機はインターンへの参加意欲や企業への理解を伝えて、自分を売り込むものです。何かを相手に伝える能力は、社会人にとっての基本的かつ重要な能力であり、企業は志望動機からこれを見ています。いかに志望度が高いかを上手にアピールできる=情報伝達力が高いと判断され、高評価を獲得できます。

社会人は報連相の徹底や会議での説明など、誰かに何かを伝えるシーンが非常に多いです。自分で理解しているだけではなく、全員に情報を共有し、集団として仕事を進めることが求められるため、伝える能力が高ければ高評価にも繋がります。

インターンの志望動機の考え方

インターンの志望動機の考え方

志望動機を作成するためには、まずは大まかな内容を考えなければなりません。志望動機は細かい書き方だけではなく全体の内容を考えるのも難しく、ここでつまづいてしまう人も多いでしょう。内容で悩んでしまう人も多いですが、志望動機を考える際には、いくつかの方法、手順があります。どのように考えればいいかを知り、志望動機の全体像を作り上げていきましょう。

参加したい理由を自己分析

インターンに参加する際に重要になるのが、なぜ参加したいのかです。インターンへの参加によって、就活を有利に進めやすくなるのは確かですが、絶対に必須なわけではありません。必須でないことをなぜおこなうのか、その理由を自己分析して明確にしておきましょう。

志望動機に使うのであれば、就活に有利になるからという以外の理由も考えておきましょう。就活に役立つから参加したいと考える人は多いですが、参加を決めたからには、他にも理由があるはずです。きっかけ部分を深堀りして、自分の中でなぜ参加したいのかを見つけておきましょう。

将来やりたいことが決まっている場合

将来自分がどんな仕事をしたいか、どのような職種に就きたいか、どんな業界でどのように活躍したいか、などやりたいことがはっきりと決まっている場合は、それを軸にして志望動機を作成しましょう。なぜその業界・職種に興味を持ったのか、どのようなきっかけがあったのかを詳しく述べます。

どのような経験があったのかを具体的に説明し、それについての自分の考えも述べることで、どのような人物なのかがよく分かります。その人の経験は、他の人にはない特別なものです。他のインターン希望者との差別化をはかり印象に残るような志望動機になるようにしましょう。学生生活の中で学んだことや、アルバイトなどを通して自分自身の経験を深堀してみてください。

将来やりたいことが定まっていない場合

インターンシップに参加してみたいけど、また将来のビジョンや目的が具体的に明確になっていないという人も多いはずです。自分は何がしたいのかを探すためにインターンシップに参加したいという理由でも、立派な志望動機になります。また、いくつかの業界で迷っているため、自分に合っているか確かめたいという場合もあるでしょう。

そのような時には、なぜそのインターンシップを選んだのかを改めて考えてみましょう。なぜこの業界を選らんだのか、なぜその企業を選んだのか、と自分自身に「なぜ?」と質問をしてそれに対する答えを出していきます。何度も質問を繰り返すことで、より具体的な志望動機が分かってくるはずです。漠然としたイメージではなく、なるべく具体的な詳しい理由を述べるとよいでしょう。

求める人材像を企業研究で知る

null

志望動機を考える際には企業研究も重要です。志望企業がどのような人材を求めているのかを把握し、求める人材像からアピールする内容を考えていきましょう。インターンは学生のためのものですが、企業も実施するからには採用活動に役立てたいと考えています。

学生を受け入れ、何らかのイベントを実施するだけでもコストはかかり、加えて参加費は無料なので、費用を回収することはできません。企業は費用の回収として優秀な学生を見つけることを目的にしているため、インターンでも経験を通して成長でき、かつ優秀な学生に参加してほしいと考えます。求める人材像に一致していれば、企業から注目してもらえるため、志望動機も評価される可能性が高いでしょう。

OB・OG訪問をするのもおすすめ

企業のインターンシップに参加したいと思うなら、社員として働いているOBやOGに直接話を聞くのもおすすめです。実際に企業で仕事をしている生の声を聞くことができ、とても有効です。

インターンシップの志望動機を書く際にも、役立つ情報を手に入れられるでしょう。働いている社員はどのような人なのか、社内の雰囲気や社員同士の関係はどのような感じなのか、企業の詳しい雰囲気などは実際に働いてる人にしか分かりません。

選考では、どのような点が重視されるのかも聞くことができます。また、企業研究をおこなう際に、分からないことがあれば直接質問してみましょう。インターンシップの志望動機についてのアドバイスも、もらえるかもしれません。

実施内容から得られるものを考える

ひとくちにインターンといっても、実施内容はさまざまであり、企業によって何をおこなうかは異なります。内容が違えば、当然そこから得られるものも違ってくるため、志望先の企業のインターンから何が得られるかも考えておきましょう。インターンは成長を目的として参加するため、得らえるものを把握することは大切です。

自分が得たいものが得られる企業のインターンに参加することが大切であり、その一致を示すことができれば、志望度も高いと評価されます。求めるものと企業で得られるものが違っていると、理解度や志望度も低いと判断されかねないので注意しましょう。

インターンシップの内容を具体的に把握しておく

企業研究で企業の事業内容などを調べるだけでなく、インターンシップについても確認しておきましょう。インターンで何をするのか、詳しい内容を把握しておくことも大切になります。インターンシップの募集要項をよく読み、インターンシップでおこなう業務の内容や、どのような目的なのかを調べておきましょう。

インターンシップの具体的な内容を知らずに志望動機を作成しても、内容と合っていなかったり、的外れな志望動機になってしまうことがあります。同じ企業でも職種によって、インターンシップで求められる人材は異なります。

どのような職種でどのような業務を体験するのか、どんなスキルが身に付くのかなどを調べて把握しておきましょう。インターンシップの募集要項を読んでも分からない場合には、同じ業界の企業を参考にしてみたり、インターネットの口コミなどを見てみると、有益な情報が載っているかもしれません。インターンシップの内容で自分が特に魅力を感じた点を、志望動機として書くことができます。

インターンの志望動機の書き方

志望動機は全体的な内容を考えることも大切ですが、細かい書き方を工夫することも大切です。同じ内容でも書き方ひとつで与えられる印象は違い、評価にも差が出ます。高評価を獲得するためには、細部まで気を抜かずにこだわって作成しなければなりません。内容だけではなく、書き方によっても志望動機のアピール力は変わります。上手な書き方を身につけて、さらにアピール力を高めましょう。

参加を決めたきっかけを述べる

インターンの志望動機では、最初になぜ参加しようと思ったのかを述べることが大切です。志望動機は、企業を志望する理由やきっかけを伝えるものであり、これが最も重要な点です。インターンへの参加を決めた理由を最初に提示することで、志望理由を明確に示すことができ、より印象的なアピールがしやすくなります。

理由を後回しにしてしまうと、結局なぜ参加を決めたのかが伝わりづらくなり、志望度も曖昧にしか伝わりません。最初に提示すれば、志望する理由という前提を伝えた上でアピールができ、さらに補足した説明もしやすくなります。最初でインパクトを出すためにも、必ず結論から述べて主張を簡潔にしましょう。

インターンで身に付けたいことを提示

インターンは企業ごと、実施内容ごとに得られるものが異なるため、それらを踏まえて何を得たいのかを提示しましょう。得たいものを明確にしておけば、自身の成長のために参加を決めたということが伝わり、参加理由に正当性を持たせることができます。

また、成長意欲の高さも伝わるため、より好印象を獲得しやすいでしょう。実施内容から得られるものを把握し正しく提示できていれば、インターンへの理解度の高さも伝わり、さらに評価される可能性は高まります。事前に企業の案内をよく確認して、志望動機に取り入れましょう。

エピソードは数字や行動を具体的に記載する

自分の今までの経験や過去のエピソードを志望動機で書く場合には、なるべく具体的に述べると相手に伝わりやすくなります。その際には数字や自分自身がした行動を書くとよりイメージしやすい文章にできます。例えば、学生時代のサークル活動の経験を書きたい時には、サークルに在籍していた人数や、大会で何回優勝したなどを盛り込むことで具体的になります。

漠然と「試合に勝ちました」と書くよりも、「2年連続優勝しました」などと数字を使う方が効果的です。エピソードについても、ただ出来事を書くだけでなく、その場で自分はどう思ったのか、そしてどんな行動をしていき、どんな結果になったのかなど、どのような状況だったのかが分かるようにすると、自分をアピールできます。

インターンの志望動機例文3つ

志望動機の考え方や書き方を把握した後は、さらに例文を確認して全体のイメージを膨らませていきましょう。インターンの受け入れをおこなっている業界は多岐にわたるため、どの業界を志望するかによって志望動機の書き方は異なります。業界、企業ごとの特徴を踏まえて作成することが大切なので、それぞれの違いに注目しながら志望先ごとの例文を確認していきましょう。

メーカー

私は何かを作り、それが多くの人に愛され、長く残るという仕事に興味を持ち、貴社を志望しました。貴社の製品は子供の頃から使っており、どのように作られているのかと疑問に思っていました。
インターンではモノづくりの現場を知り、製品の魅力の秘密やそれを多くの人に流通させるポイントなどを学びたいと考えています。開発、生産から販売までの一連の流れを知ることで、メーカーという業種への理解をさらに深めたいと思っております。

メーカーの例文では、何かをつくり、多くの人に使われ長く残るという仕事に興味を持ったと、志望理由が述べられています。メーカーのモノづくりというポイントを捉えた志望理由であり、志望度の高さをアピールできているでしょう。

銀行

私は企業の経営をサポートすることで、経済を支えるという、日本全体の成長を担う重要な役割を持つ仕事に興味を抱き、貴行を志望しました。貴行では、企業への融資だけではなく、企業誘致にも強みがありますので、インターンを通してさらに強みを知って、さらに理解を深めたいと考えています。
また、銀行業界全体についても知り、お金の流れや企業への融資や誘致のノウハウなども、積極的に学びたいです。銀行業界全体と貴行の特徴それぞれを知り、仕事を進めるためのノウハウなどを身に付けたいと考えています。

銀行の例文では、企業の経営をサポートし、日本全体の成長を担う役割を持つ仕事に興味を抱いたと、志望理由が述べられています。最初に志望したきっかけが述べられており、次にインターンで得たいもの、就活への活かし方へと繋げられており、文章構成は問題ないでしょう。

また、細かいポイントではありますが「貴社」ではなく「貴行」としているのも重要です。銀行では面接など口頭で伝える場合は「御行」、書面で記載する際には「貴行」となるので、これも間違えないよう覚えておきましょう。

IT

私は身近に使われているアプリが、どのように開発されているかを知りたいと思い、御社を志望しました。御社ではランキングトップに入るアプリが数多くリリースされており、開発力に強みがあります。
インターンを通して人気のアプリを生み出せる秘密や実際にアプリをつくるためのプログラミングのノウハウ、仕事の進め方などを学びたいと考えています。プログラミングの基礎を学べば、就職活動までにさらに勉強してスキルを高め、能力をきちんと身につけた上で、貴社選考に臨みたいと考えています。

ITの例文では、アプリがどのように開発されているのか知りたいことが、志望理由として述べられています。些細な疑問ですが、最初にきっかけを提示できていますので、文章構成としては問題ありません。

また、ランキングトップに入るアプリを数多くリリースしているなど、企業独自の強みを含めて伝えることで、理解度の高さを示せています。インターンで得たいことも明確にされており、就活への活かし方にも言及できています。さらに、就活に向けてスキルを高めると述べることで、成長意欲も伝わり、より好印象を与えられるでしょう。

志望動機でインターンへの意欲を伝えよう

志望動機はインターンの選考でも重要なポイントであり、何を伝えるかで評価は大きく違ってきます。また、どんな内容で伝えるかだけではなく、どのように伝えるかも重要であり、書き方次第で評価も違ってくると理解しましょう。志望動機は単にインターンを志望する理由が見られているわけではなく、参加を決めたきっかけやインターンから得たいものまで、幅広く見られています。

細部まで評価の対象となっているため、入念に考え、作成することが大切です。志望動機を上手に作成すれば、選考でも好印象を与えることができ、インターンへ参加できる確率も上がります。アピール力を高めた志望動機で選考を攻略し、志望先のインターンに参加して、就活に役立てましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ