身だしなみ

説明会で服装自由の場合の身だしなみ|企業の意図や注意点をご紹介

服装自由の説明会の身だしなみに悩む人は多い

説明会では服装自由と指定されていることもあり、この場合どのような身だしなみが適切か悩んでしまう人は多いでしょう。就活では説明会に限らず、OB訪問やインターン、選考など、ほとんどすべての場でスーツが基本とされています。

そのため、服装の指定がない場合はスーツで参加するのが鉄則であり、それ以外の服装だとマイナスの印象を与えてしまう可能性が高いです。しかし、服装自由と指定されている場合は例外であり、企業から自由と言われている以上、私服でもいいのではないかと考える人も多いと思われます。就活では身だしなみは特に重要視されているポイントです。服装自由の場合はどのような格好が望ましいか知っておきましょう。

服装自由の説明会で私服はありか

説明会で服装自由と指定された場合、何を着るべきか悩んでしまいます。悩む理由としては、自由だからこそ私服でもいいのか、それとも自由でもスーツを着るべきかというものです。そもそも就活で私服はありなのかと考える人も多く、結局何を着ればいいのか分からないと悩む人は多いです。服装自由の身だしなみを考える上でポイントになるのが「私服はありかなしか」でしょう。私服といっても幅広いため、どのような身だしなみがベターなのか考えることが大切です。

基本はオフィスカジュアル

説明会で服装自由と言われた場合、基本的には私服を着ても問題ありません。自由と指定されている以上、スーツが絶対ではないので私服でもOKと考えましょう。ただし、私服といってもラフな格好ではなく、基本的にはオフィスカジュアルが求められています。

オフィスカジュアルとは、スーツからややカジュアルダウンした服装です。オフィスで着ても違和感のない私服とも言え、定義の幅は広いです。どこからどこまでをオフィスカジュアルとするかは難しいですが、ジャケットとパンツに襟シャツなど、シンプルな着こなしを心がけることが大切です。

トップス

null

オフィスカジュアルのトップスは、ジャケットがおすすめです。カラーは、ビジネスシーンらしく、ブラックが定番です。基本的にオフィスカジュアルの色は、モノトーン系を選ぶようにしましょう。派手な色合いの服装は、悪目立ちしてしまい、良い印象を与えられません。

シャツは、襟付きの白がベストです。Yシャツ、ポロシャツなどを選び、その下のインナーは、カラフルな色を避けてください。白色のシャツであれば、透けて見えてしまいます。

トップスがパーカーとTシャツでは、カジュアルすぎるため、ビジネスシーンにふさわしくありません。襟なしであれば、カットソーを選びましょう。また、トップスは目につきやすいため、清潔感にも気を配ってください。

ボトムス

ボトムスは、肌がみえすぎるアイテムを選ばないようにしましょう。ミニスカート、短パンなどはNGです。ジーンズやハーフパンツを許容にしている企業もありますが、説明会では避けた方が良いです。

男性であれば、ボトムスは、チノパンかスラックスがよいです。ベルトは、靴のカラーに合わせましょう。ダボダボとした大きなサイズのボトムスではなく、タイトなアイテムがオフィスカジュアルにふさわしいです。

女性は、スカートやパンツがベターです。ワンピースでも構いません。スカートやワンピースは、丈の長さに気を付けましょう。短すぎるものは避けてください。カラーは、ブラックやブラウン、ネイビーなどがおすすめです。それ以外では、淡いパステルカラーやボルドーなど落ち着いた色合いがおすすめです。

足元は、サンダル、ヒールの高い靴、ブーツ、スニーカーなどを避けます。これらはカジュアルすぎるため、ビジネスシーンにふさわしくありません。

男性は、レザーシューズを選びましょう。シンプルな色合いで、装飾などのない種類がおすすめです。そしてカラーは、ベルトの色と合わせましょう。

女性であれば、パンプスがおすすめアイテムです。落ち着いた色合いのパンプスを選び、ストッキングも同様にシンプルなカラーが良いです。ヒールは、3~5㎝が目安です。7cmをオーバーするようなアイテムは、選ばないようにしましょう。足元は見られないと考えている人もいるかもしれませんが、細かい部分もチェックされていると認識しておきましょう。

鞄は、リクルートスーツを着用している時のアイテムで問題ありません。プライベートで使用しているカジュアルなバッグは、悪目立ちしてしまいます。素材はレザーで、シンプルな色合いの鞄がおすすめです。

ブランド物で上品すぎるアイテムや安っぽい素材のバッグは、ビジネスシーンでは避けましょう。鞄の大きさは、A4サイズの書類がすっぽりと入る種類がベストです。小さすぎるアイテムは避けてください。

鞄にたくさん物を入れる人は、ポケットが多くついているなど、収納性を意識して購入しましょう。女性の方が男性よりも、鞄に対して自由な傾向がありますが、有名ブランドのバッグは避けた方が無難です。

迷ったらスーツが無難

null

服装自由と指定された場合は私服でもOKですが、オフィスカジュアルは範囲が広いため、結局どのような格好をすればいいか分からないと悩む人も多いでしょう。また、いくらOKとは言え、就活の場で私服を着ることに違和感を覚えて不安に思ってしまう人もいます。

私服での参加に不安が残るのであれば、スーツで参加しても問題ありません。服装自由は、あくまで私服でもOKというものであり、スーツでの参加を認めないということではないことは覚えておきましょう。実際に服装自由でもスーツで参加する人は多く、場合によってはスーツを着た人のほうが多いこともあります。また、就活中は当日に別の企業の予定が詰まっていることもあるため、それに合わせてスーツで参加するのもおすすめです。

企業ごとに規定が違う

説明会で服装自由と指定された場合、企業によって規定が異なるので注意しなければなりません。例えば金融などの堅い職業の場合はオフィスカジュアルでもフォーマルさが求められ、服装自由でもスーツを着たほうがいい場合も多いです。

また、アパレルや美容系の業界であれば、さらにカジュアルな私服でもOKとされています。これらの業界の場合は私服を見てセンスや個性なども判断するケースが多いため、スーツで参加してしまうと個性をアピールできず、選考で不利になる可能性もあります。

業界、企業ごとに服装の規定が違うため、参加する説明会ごとに服装を考えることが大切です。同じ服装自由でも意味合いが異なるため、参加先に合わせて当日の服装を選びましょう。

清潔感を心がけることが大切

私服やスーツに関わらず、すべての服装で清潔感を意識しなければなりません。清潔感を出すには、服にしわやヨレ、汚れがないかを確認し、臭いをチェックすることも大切です。ネクタイや靴、ベルトなどの小物にも気を配りましょう。

服装は全体をトータルして判断されるため、細部まで徹底して整えることが大切です。スーツでも私服でも、清潔感がなければ好印象を与えることができないため、常に清潔感を意識した身だしなみを心がけましょう。

説明会で服装自由とする企業の意図

説明会で服装自由とする企業の意図

説明会であえて服装自由と指定する企業はありますが、基本的にはスーツ着用、あるいは指定なしが多いです。就活での服装はスーツが基本であり、これは学生も企業も同じ認識です。服装自由はイレギュラーな指定とも考えられ、その裏にはさまざまな意図が隠されています。企業が服装自由とする理由は複数ありますが、企業ごとに意図が異なるため注意が必要です。なぜあえて服装自由の指定をして説明会に参加させるのか、その理由を知っておきましょう。

学生の個性を見たい

企業が服装自由とするのは、身だしなみから学生の個性を見たいと考えているからです。企業の採用活動では、学生の個性、人柄を見ることを重要視しており、選考で聞かれるさまざまな質問も、基本的には人間性を知るためにされています。

幅広い観点から学生への理解を深めたいと考えているため、あえて服装自由とし、どのような服装をするかによって個性を判断しています。ひとくちにオフィスカジュアルの私服といっても、人によって何を選ぶかは異なり、見える個性も違ってくるでしょう。

また、スーツを選んだ場合でも、自由と指定された上で無難にスーツを選ぶことから、真面目、慎重などの個性が判断できます。服装は個性を色濃く表す部分なので、そこから学生を評価したいと考える企業は多いです。

TPOを考えられるかを知りたい

TPOを考えられるかを知ることも、説明会で服装自由と指定する意図のひとつです。服装自由といっても、オフィスカジュアルが基本と決められているように、就活ではその場に合った服装を心がけることが求められます。

就職後も重要なことであり、何事もTPOを考えて行動しなければなりません。その場に合った身だしなみ、行動、振る舞い、発言ができなければ、社会人として円滑に周囲を関係を築くことができないため、これができているかを企業は見ています。

TPOに合った服装ができていなければ、社会人としての意識が備わっていないとしてマイナスの印象を与えてしまうので注意が必要です。TPOを考えることは、社会人としての常識でもあるため、服装から常識力を見ているともいえます。

服装にこだわりがない

服装からさまざまなことを判断したいと考える企業は多いですが、すべての場合で評価されているとは限りません。企業によっては単純に服装にこだわりがなく、何を着ていようが問題ないとしている場合もあります。

普段通りの服装で、リラックスして気軽に参加してほしいと考える企業もあり、この場合は、服装によって評価が左右することはほとんどありません。もちろん、こだわりがないといっても、どの程度まで許されているかは企業によって異なるため、無難に考えるならオフィスカジュアルで臨むことが大切です。

こだわりがない以上、オフィスカジュアルでも当然問題はありません。業界に限らず、服装にこだわりのない企業は存在するため、事前に企業について調べておくことが大切です。

説明会で服装自由の場合の注意点

説明会で服装自由と指定された場合、オフィスカジュアルであれば基本的には問題ありません。しかし、カジュアルと付いているため、ラフな服装でもいいと勘違いする人が多いので注意が必要です。カジュアルといっても、オフィスで着ていても違和感のない服装を指すため、基本的にはフォーマルの要素が含まれていなければなりません。服装自由の際の注意点を知り、正しい着こなしで説明会に参加しましょう。

ジーンズは避ける

カジュアルと聞いてジーンズを思い浮かべる人も多いでしょうが、これはラフな格好に該当するためNGです。色が濃く綺麗に見えるものもありますが、デニム素材自体がカジュアルに見えてしまいます。パンツはチノパンやスラックスなど、フォーマルよりなものを選ぶことが大切です。

また、色もベージュや黒、紺色、グレーなど、控えめなものを選びましょう。チノパンやスラックスでも、色が派手だとカジュアルに見えてしまい印象が悪くなります。デザインとカラー、両方で印象は決定するため、落ち着いたデザイン、カラーを選び、フォーマルさを意識することが大切です。

夏場は短パン・サンダルなどにも注意

説明会は夏場の暑い時期におこなわれることも多いですが、短パンやサンダルなどのアイテムもNGです。短パンは素材やカラーなどに関係なくラフなアイテムなので、必ず丈の長いパンツを履きましょう。また、サンダルについては規定が難しく、女性の場合、シンプルなデザインでフォーマルさがあるものならOKな場合もあります。

ただし、サンダルという形そのものがカジュアルと考える企業も多いため、基本的には避けたほうが無難でしょう。男性の場合、サンダルは種類に関係なくすべてNGです。夏は特にラフになってしまいやすいため、私服に合わせる靴に十分に注意しましょう。

カバンは控えめなデザイン

null

身だしなみではカバン選ぶも大切であり、シンプルで控えめなデザインを選びましょう。オフィスカジュアルの場合は、スーツ着用時に使っているカバンではなく、もう少しカジュアルなものを選んでも問題ありません。基本的には革のカバンで、黒や紺色、茶色など、落ち着いた色合いのものがおすすめです。

また、リュックはカジュアルに見えるため避けたほうが無難です。社会人でもスーツにリュックの人は多く、企業によってはOKとしている場合もあります。しかし、就活ではリュックではなく手持ちのカバンがふさわしいので気を付けましょう。

髪色・髪型は普段の就活と同じ

服装は身だしなみ全体を指して言われる言葉なので、服や持ち物だけではなく、髪色や髪型などにも注意が必要です。髪色・髪型については普段の就活と同じで、清潔感を持って整えることが大切です。

私服だからといって、髪を染めたり、奇抜な髪型、アレンジをしたりするとマイナスの印象を与えてしまいます。女性は、私服を着る際も髪が長すぎる場合はまとめておいたほうが無難でしょう。いかに私服とは言え、すっきりとまとめた方が顔が明るく見え、清潔感も感じさせます。

説明会が服装自由でも身だしなみは見られている

説明会で服装自由と指定された場合に、何を着てもいいわけではありません。服装自由でも、就活である以上身だしなみは意識して整えなければならず、企業も服装からさまざまなことを判断しています。

服装自由の場合は私服で参加しても構いませんが、就活における私服はオフィスカジュアルに限定されています。普段着で参加してしまうと、TPOに合った身だしなみができていないなど、マイナスの印象を与えてしまうので注意が必要です。

説明会での印象は選考に影響することも多く、身だしなみ次第で、有利にも不利にもなります。就活は全体を通して評価されていますので、説明会でも気を抜くことなく身だしなみを整えて、服装自由にも上手に対処しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ