業界研究

【スタートアップ企業とは】ベンチャーとの違いや特徴を紹介

スタートアップ企業とは設立間もない企業


就職先の選択肢は幅広く、その中のひとつとしてスタートアップ企業があります。スタートアップ企業は設立間もない企業であり、老舗企業にはない魅力が数多くあります。新しいことや革新的な仕事に挑戦したいと考え、スタートアップ企業に注目している人も多いでしょう。しかし、スタートアップ企業という名称自体は知っていても、実際にどのような企業を指すのか、明確に把握できていない人は多いです。

スタートアップ企業への就職を目指すのであれば、まずは実態について正しく知り、その上で就職に必要なことを考えなければなりません。スタートアップ企業とはどのような企業を指すのか、正しい認識を持ち就職するために必要なことを学んでいきましょう。

スタートアップ企業とベンチャー企業は同じではない

スタートアップ企業とよく似た企業形態として、ベンチャー企業があります。これらは全く同じというわけではなく、違いがあるため混同しないよう注意が必要です。スタートアップ企業は、設立してすぐの若い企業を指していいます。対してベンチャー企業は、ベンチャーキャピタルから投資を受けている企業を指し、スタートアップ企業と重なる場合も多いです。

ベンチャーキャピタルからの投資を受けている若い企業はスタートアップ企業であり、ベンチャー企業となります。スタートアップ企業=ベンチャー企業というわけではなく、あくまで投資を受けているかどうかが分かれ目です。自己資本や株式によって運営している若い企業は、単にスタートアップ企業に該当します。

自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

自己分析をして適性があるのか確かめよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

スタートアップ企業の特徴

null

スタートアップ企業への就職を目指す際は、企業の特徴を知っておくことが大切です。スタートアップ企業=若い企業という認識は間違いではありませんが、他にも特徴があります。スタートアップ企業ならではの特徴もあり、他の企業とどのように違うのかを把握しておくことが大切です。どのような点に優れているのか、また、どのように事業を展開しているかを知っておきましょう。

革新的で新しいビジネスモデル

スタートアップ企業は単に設立してすぐの企業というだけではなく、革新的なビジネスモデルを持っていることが大きな特徴です。市場にはない商品やサービスを提供しているのがスタートアップ企業ならではの特徴といえます。

スタートアップ企業は、新しい商品やサービス、ビジネスモデルを持っており、これまでにはない事業展開を進めています。トレンドの最先端をいく企業ともいえるため、新規事業に魅力を感じて就職を目指す人も多いでしょう。流行を追うのではなく新たに作り出すのがスタートアップ企業であり、誰よりも先を走ろうと常に革新と挑戦を繰り返しています。

社会貢献を強く意識している

スタートアップ企業は単に自社の利益だけを優先しているわけではなく、社会貢献の意識を強く持っています。社会貢献を意識して、世の中に本当に必要なものを生み出している企業が多いでしょう。単に利益が上がればいいわけではなく、社会貢献を根本に考えているため、時代に寄り添ったビジネスを展開している企業も多いです。

必要とされるものを斬新な形で生み出しているのがスタートアップ企業の特徴であり、魅力といえます。社員も社会貢献の意識が強い人材が多く、世の中のために何ができるかを考えて仕事に取り組んでいる人も多いでしょう。

成長の速度が早い

誰もやっていないことを事業として展開するのがスタートアップ企業であり、成長力が高いのも大きな特徴でしょう。スタートアップ企業は爆発的なスピードで成長しますが、それは市場で争う相手が少ないことが理由です。誰も手をつけていない分野に乗り出して事業を展開しているため、その分野では一強の存在となることが多く、素早く利益を回収して大きく成長します。企業の成長を一緒に実感できることや爆発的な速度での成長を経験できることは、スタートアップ企業ならではの魅力でしょう。

目まぐるしいスピードで事業が展開されるため激務になることも多いですが、その分仕事のやりがいは大きいです。その分野の第一人者になるのがスタートアップ企業であり、成長を目指しやすい風土が備わっていることも特徴のひとつです。

出口戦略への意識が強い

スタートアップ企業は爆発的に成長しますが、いつまでもその成長が続くわけではありません。最初はほぼ独占状態にあった分野でも、利益が出ることが分かれば、他社もどんどん参入して激しい競争に巻き込まれます。競争になった際は、土台が強く備わっている老舗企業のほうが有利になることが多く、スタートアップ企業は早期撤退を考えます。

しかし、撤退するといってもただその分野から退くわけではなく、出口戦略としてM&Aなどをおこなって、十分に利益を獲得してから撤退することが多いです。爆発的な成長がいつまでも続かないことを社員は理解しているため、常に出口戦略や撤退を意識し、新たな分野の開拓を狙うのも大きな特徴です。

若い人材が多い

新規事業の立ち上げから出口戦略の実施、新たな事業の立ち上げと、目まぐるしいサイクルでスタートアップ企業は展開していきます。常にチャレンジを繰り返す挑戦的な風土にあるため、社員も若い世代が多く社長や役員全員が20代や30代という企業も少なくありません。

新しいことに臆せず挑戦できる若い力が備わっており、エネルギッシュな職場も多いでしょう。入社後すぐに何らかの役職に就けることもあり、若いうちからチャンスが巡ってきやすいのも大きな特徴です。

スピード感のある仕事ができる

一般的な企業の場合は、何か新しいことをしようと提案するときに、上司の承認が必要になります。特に老舗の大企業であればあるほど承認を得なければならない上司が多く、承認を得るまでに時間を要することでしょう。

しかし、スタートアップ企業の場合は、提案から承認までがとても速いことが多いです。社員が少なく、経営者もすぐ近くで一緒に働いていることが多いためです。身近な立場の経営者に提案し、すぐに採用されて動き出すことも珍しくありません。全社員がムダな動きをすることなく、スピード感をもって仕事ができます。

スタートアップ企業で求められる人材

スタートアップ企業で求められる人材

就活を成功させるためには、業界や企業について理解を深める必要があり、その企業で求められる人材を把握することも重要です。企業ごとに求める人材は異なりますが、スタートアップ企業ならではの求められる人物像があります。

スタートアップ企業は革新や挑戦がキーワードになっており、その他の企業とは求められる人材も違うため注意が必要です。成長力が高く魅力溢れたスタートアップ企業に就職するためにも、どのような人材が求められているのか正しく把握しておきましょう。

即戦力

スタートアップ企業は若い世代でも役職に就けることが多いですが、これは実力主義の考えを持つ企業が多いためです。常に革新を求めて成長を目指すスタートアップ企業では、実力があり、即戦力として活躍できる人材が求められています。新卒の就活では、就職後の成長を期待したポテンシャル採用が多い傾向にあります。

もちろん、就職後に成長できるだけの高いポテンシャルを持っていることも大切ですが、スタートアップ企業では実力がなければそもそも高評価を得るのは難しいことを理解しておきましょう。企業が求める実力を提示し、その上でポテンシャルも提示できれば、より高い評価を獲得できます。成長意欲ではなく、確かな実力を示すことが就職を決めるカギです。

チャレンジ精神が旺盛

革新と挑戦が求められるスタートアップ企業では、チャレンジ精神が旺盛な人材が求められます。消極的、保守的では高評価を獲得するのは難しいため、積極性があり革新的な考えを示すことが大切です。常に新しいことに挑戦しようとする気持ちを持つのは、スタートアップ企業において非常に重要なことであり、必須の考えともいえます。ひとつのことに固執したり、固定概念を打ち破れないでいたりすると新規事業で活躍するのは難しいでしょう。

物事に広く興味を持ち、恐れずに挑戦できる人材が、スタートアップ企業では高く評価されます。新しい環境に柔軟に対応でき、挑戦をやめない向上心の高さが必要です。

トレンドに敏感

スタートアップ企業は、これまでの市場にはない商品やサービスやビジネスモデルで事業を展開するため、トレンドの意識も重要です。トレンドに敏感で常に最先端をいこうとする探求心の強さやアンテナの広さを持った人材が、高く評価されます。トレンドに敏感とは、ただ流行りを追いかけるだけではなく、高い情報感度を持っていることでもあります。

情報収集力が高く、正しい方法で情報を活用できる人材が、スタートアップ企業では求められるでしょう。世の中には膨大な情報が溢れていますが、その中から本当に必要なもの、今後必要となるものを見つけ出せる優れた嗅覚を持っていることが大切です。ただ流行り物が好きなだけではなく、流行を察知し自ら生み出すことが求められると考えましょう。

スタートアップ企業で働く際の注意点

スタートアップ企業で働くのはとてもチャレンジングで魅力的ですが、同時に注意しなければならない点もいくつかあります。とくに大企業を研究してきた人は、あまりの違いに戸惑ってしまうことでしょう。

他の企業なら当然あるはずのもの・ことが、スタートアップ企業には存在しないといったデメリットもあります。スタートアップ企業への就職を検討している就活生は、次のような注意点を踏まえつつ、企業研究も欠かさないようにしましょう。

企業として安定していない場合が多い

スタートアップ企業の内情は、事業を始めたばかり、または始める前の段階のどちらかです。そのため、その事業が軌道に乗って成功するのか、あるいは軌道に乗せられず失敗してしまうのかが現時点では分かりません。うまく成功すればよいですが、失敗すると資金難からの給料減や未払い、最悪の場合は倒産の憂き目にあうこともあります。

また、会社資金が事業を最優先に使われるため、給与水準が低い・福利厚生が皆無など、会社員であれば普通に受けられる恩恵が受けられない可能性もあるでしょう。このように、一般的な企業と比較すると安定していない場合が多いです。

業務量が多い可能性が高い

スタートアップ企業は少数の人員で構成されていることが多いため、一般的な企業のように業務を分担することができません。基本的に「総務」「人事」「営業」等の部署分けは、されていないケースが多いです。

部署ごとの業務割り振りができないため、自分のことは自分でやる=社員ひとりひとりがいくつもの役割を兼任しなければなりません。これにより、おのずと業務量が増え、長時間労働になりやすい傾向があります。昨今では「ノー残業デー」や「プレミアムフライデー」が推進されていますが、スタートアップ企業は、これらとは無縁な場合が多いことを理解しておきましょう。

成長著しいスタートアップ企業に就職しよう

null

スタートアップ企業は高い成長力を持っているのが特徴であり、既存の企業にはない魅力が多くあります。常識にとらわれない新しいビジネススタイルに魅力を感じる人は多いでしょう。スタートアップ企業の最大の特徴は、設立から成長、事業撤退までのスピードが非常に早いことです。

スタートアップ企業への就職を目指す場合は、撤退後まで考えておく必要があります。就職の時点で撤退時のことまで考え、どのようにキャリアを積むのかを意識した上で就職を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ