面接対策

【自己紹介のテンプレ】就活の面接で話す内容や例文をご紹介

自己紹介はテンプレを参考にするのがおすすめ

面接で求められる自己紹介に苦手意識を持つ人は多いですが、テンプレを頭に入れておけば、スムーズに答えられます。自己紹介は自分を自由にアピールできる場ですが、自由度の高さゆえに何を言えばいいのか分からず困る人も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、テンプレと使った自己紹介です。テンプレに従ってアピールすれば、よりスムーズに自分のことを知ってもらえます。自己紹介のテンプレを把握して、上手な自己紹介をおこないましょう。

自己紹介が大切な理由

面接では自己紹介を求められることが多いですが、これには意味があります。面接官は事前に提出した履歴書やESなどを見ながら選考を進めるため、手元にある書類と目の前の学生が一致しているかを確認します。

事務的な確認の意味でも自己紹介は大切ですが、重要な理由はこれだけではありません。自己紹介は面接全体に関わる部分でもあるため、なぜしっかり考えて伝えなければならないのかを理解しておきましょう。

第一印象が決まる

面接の流れは入室して着席後に自己紹介、あるいは自己紹介をしてから着席することがほとんどです。自己紹介は面接で最初に自分について伝える場であり、そこで何を伝えるかによって第一印象が決定します。第一印象は非常に重要であり、この良し悪しで合否が決定するといっても過言ではありません。

一度ついた印象は簡単に覆すことはできず、基本的には大きく変わらないまま面接は進みます。第一印象で悪印象がついてしまうと、その後の面接でもマイナスの印象を持たれ続けてしまい、評価を下げられる可能性が高いです。対して好印象を与えられれば、好意的な雰囲気で面接を進められることが多く、評価も高まりやすいので合格にもぐっと近づくでしょう。

面接の最初のアピールになる

自己紹介は面接の最初におこなうものであり、この時点から評価はスタートしています。面接における最初のアピールになるため、ここで好印象を与えることができれば幸先のいいスタートになり、合格率も高くなるでしょう。

自己紹介で好印象を与えられれば第一印象がよくなり有利になることは確かですが、それだけではなく、内容次第ではこの時点から評価を高めることは可能です。面接は質疑応答の形式で進み、面接官の質問に対してそれに合った形で答えなければなりません。聞かれる内容次第でアピールできる範囲は決定しますが、自己紹介では自分が思うままに自由にアピールできるのも大きな特徴です。自由にアピールできるため、内容次第で得られる評価は大きく変わると考えましょう。

面接での質問に影響する

自己紹介でアピールした内容はそこで終わりになるわけではなく、興味を持ってもらえれば面接でさらに詳細まで深堀りしてもらえることも多いです。面接ではさまざまな質問をされますが、それはすべて学生のことを正しく理解するためにおこなわれています。

事前に決められた質問も多いですが、面接中に気になったことを深堀りするケースも多く、自己紹介は話のとっかかりを作る点でも重要なポイントです。深堀りされるということは、それだけ興味を持たれているということであり、上手に回答できればより記憶にも残りやすく、高評価も得やすいです。特にアピールしたいことがあれば、自己紹介に含めて深堀りしてもらえるように布石を打つことも面接攻略のテクニックといえます。

36の質問に答えて自分のタイプを把握しよう

自分がどのようなタイプなのかを知るためにおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

自己紹介のテンプレ

自己紹介は、どのような内容でアピールすべきなのでしょうか。自己紹介は自由にアピールできますが、自由度が高いからといって何でも伝えていいわけではありません。あまりに突飛な内容だとうまく伝わらないことも多く、場合によってはふざけていると判断されマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。テンプレを知って最低限伝えるべき内容を知り、自己紹介の核となる部分を理解しておきましょう。

氏名と出身大学

自己紹介は面接での最初のアピールになるため、自分を表す内容で伝えることが大切です。しかし、単なるアピールとしてではなく本人確認の意味もあるため、氏名と出身大学名など、基本的な情報は忘れずに伝える必要があります。アピールばかりに気を取られてこれらの情報を飛ばしてしまうと、そもそも自己紹介にならないので注意が必要です。

正しく自己紹介をおこなわないことで、質問の意図が読み取れていない、自分勝手にアピールしようとしているなどのマイナスの印象を与えてしまいます。自分らしさを発揮して印象的な自己紹介を心がけることも大切ですが、氏名と出身大学名は必ず必要なものなので、最初に伝えましょう。

学生時代に取り組んだこと

面接官は目の前の学生がどのような人物で、どのような経験をしてきたのかを知りたがっています。過去の経験からどのような人物なのかが判断されるため、自己紹介では学生時代に取り組んだことを簡潔に含めることが大切です。過去の経験は重要視されますが、それは幼少期までさかのぼったものではなく、あくまで直近の出来事についてです。

就活で問われる過去のことは大学時代に限定されるため、大学生活の中で何を経験したのか、何に取り組んだのかを伝えましょう。学生時代の取り組みは人によって異なり、必ずしも勉強や大学に関係している必要はありません。勉強や部活動以外にアルバイトやその他課外活動でもアピールできるため、最も力を入れたといえるものを伝えましょう。

面接への意気込み

面接への意気込みも重要なポイントであり、自己紹介でやる気を示すことでより好印象を与えやすくなります。意気込みといっても大げさでなものである必要はなく、その時に感じた気持ちを正直に伝えれば基本的には問題ありません。また、学生時代の経験やそこから得たものとリンクさせて意気込みを語るのもおすすめです。

例えば学生時代に部活動に取り組み体力に自信がある場合は、「部活動で培った体力を活かして、面接も全力疾走で取り組みます」などが考えられます。過去の経験と面接への意気込みをリンクさせれば、より印象的なアピールになり、記憶にも残りやすいでしょう。意気込みは歯切れよく締めるのに最適ですので、最後は意気込みで終えることが大切です。

テンプレを使った自己紹介の例文

テンプレの内容を知れば、実際に面接で使う自己紹介を考えてみましょう。テンプレの内容に沿って当てはめていけば自己紹介は完成しますので、すべて当てはめることができれば、一度声に出してみることが大切です。頭で考えているのと実際に口に出してみるのでは感覚が違うことも多く、口に出せば違和感が残ることもあります。例文も参考にしながら自己紹介の内容のブラッシュアップをおこない、違和感の残らないスムーズな自己紹介を作りましょう。

例文①

○○大学経済学部から参りました○○と申します。私は大学時代部活動に取り組み、サッカー部でキャプテンをしていました。プレイヤーとしてはもちろん、チームを引っ張るリーダーとして常にチームのことを考え、ひとりひとりと全力でぶつかることで、チームワークを高めました。チームの結束力を高めることでチームとしての力も上がり、最後の大会でベスト4まで勝ち上がれたのは私にとっての誇りです。部活動の経験を活かして、面接にも真剣に向き合い全力でぶつかりたいと思います。本日はよろしくお願いします。

例文の①では、サッカー部のキャプテンであったことが語られています。部活動の中で与えられた役割をきちんとこなしていることが伝わり、アピールの中から誠実で真面目な印象も与えられているでしょう。また、部活動での経験と面接での意気込みもうまく関連付けられており、より印象的なアピールができています。面接への意欲の高さも伝わり、志望度をうまく伝えられている自己紹介といえるでしょう。

例文②

○○大学文学部英米文学科から参りました○○と申します。大学時代は英米文化について学び、ゼミでの研究に没頭しました。ゼミではアメリカの肥満と社会構造についてを学び、実際に現地に足を運んでフィールドワークをおこなうなど、体験して学ぶことを大切にしました。フィールドワークで得られるものは多く、ゼミの経験から何事にも恐れずにチャレンジできるようになりました。自分らしさを精一杯アピールしたいと思いますので、本日はよろしくお願いします。

例文②では、ゼミでの研究に没頭したことがアピールされています。どのような内容を学んだかに言及していますが、細部までは語らず、あくまで概要だけを伝えているのが大きなポイとです。自己紹介はあくまで話のとっかかりを作るもので、ここですべてを伝える必要はありません。ゼミでの研究内容は後から聞かれる可能性も高く、うまく布石が打てているといえるでしょう。ゼミでの経験は研究内容よりも過程に焦点が当てられており、面接官に興味を抱かせつつ、自分らしさをもうまくアピールできています。

テンプレを使った自己紹介の注意点

自己紹介はテンプレを使っておこなうとスムーズに進めやすいですが、必ずしも成功するとは限りません。テンプレを使っていても、話の内容や組み立て方によってはマイナスの印象を与えてしまうこともあるので注意が必要です。

高評価を獲得するためには、注意点を把握してマイナス評価のリスクを避けることが大切です。自己紹介の注意点を理解して、テンプレの正しい使い方を考えましょう。

緊張したときは短縮する

面接では緊張することも多く、事前に伝える内容を考えていても本番になると頭が真っ白になってしまうことも多いです。テンプレを使って自己紹介を考えていると、テンプレ通りに伝えなければならないと思いがちですが、緊張して分からなくなった場合は無理をする必要はありません。

無理にすべてを伝えようとすると、何を伝えたいのかが分からなくなり、かえってうまくアピールできないということも多いです。自己紹介では、最低限のことさえ伝われば問題ありません。緊張で内容を忘れた場合は、無理のない範囲で自己紹介を終えましょう。

30秒~1分を目安にする

自己紹介は伝える内容も大切ですが、全体の長さも大切です。基本的には30秒~1分以内が望ましく、これ以上にも以下にもならないよう注意しましょう。30秒以下になってしまうとボリュームとしては非常に少なく、自分らしさをうまく伝えることができなくなります。
場合によってはアピールする意欲が低く、選考へのやる気も感じられないと評価されることもあるので注意が必要です。

長すぎる場合は退屈な印象を与えてしまい、伝えたいことがうまく伝わらないこともあります。短く簡潔にまとめて伝える能力に乏しいと思われる可能性があり、マイナス評価にも繋がりかねないので注意しましょう。

ネガティブな内容は避ける

自己紹介では自分らしさを伝えることが大切ですが、ありのままに伝えようとしてネガティブな内容にならないよう注意しなければなりません。誰しも長所と短所の両方があり、それぞれを正しく認識して伝えることは大切です。

しかし、自己紹介で自ら短所を伝える必要はありません。誇張してよく見せようとする必要はありませんが、無闇にネガティブな内容で伝えるのもよくありません。自分のいい部分に焦点を置き、明るい内容で伝えることを心がけましょう。

自己紹介のテンプレでスムーズに答えよう

自己紹介は面接において必須であり、スムーズに答えるためにも事前に内容を考えておくことが大切です。自由に伝えられるため内容に悩む人も多いですが、迷ったときはテンプレを使って伝えるのがおすすめです。

テンプレ通りにアピールすれば、マイナスの印象を与える心配はなく、よりスムーズに自己紹介をおこなえます。自己紹介では自分を知ってもらうのはもちろん、その後の質問に繋げられることが大切です。魅力的な自己紹介で面接官の興味を惹くことができれば、面接で深堀りされさらに自分の魅力を伝えられます。

テンプレに従って魅力的な自己紹介を考えれば、高評価も獲得しやすくなるため、念入りに考えて面接での最初のアピールを成功させましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ