職種研究

【人気の仕事】共通する特徴や就職するためのポイント

人気の仕事となる基準は人によって異なる


ナビサイト等で求人情報を見ていると、よく「人気のお仕事特集」というテーマで求人が紹介されていることがあります。実際に閲覧してみると、人気の仕事の割には、職種内容が自分にはしっくりこなかったという経験はありませんでしょうか。これは、おかしいことではありません。一概に人気の仕事といっても、職種や分野によって適性は違いますし、人の好みは様々なので、興味を持つ職種の基準は人によって異なります。

とはいえ、人気というからには、人気である要素は確実に存在します。今回は、そんな人気の仕事に共通する特徴について解説していきます。また、人気の仕事に就職するためのポイントも一緒に紹介しましょう。

人気の仕事となる要因は給料・やりがい・異性からの視点

やはり、仕事をする上で優先的に重視してしまうのは金銭面の条件です。ただし、給与だけを重視して就職活動をしてしまうと、自分が本当にやりたかった仕事に就職することは難しくなってしまいます。とはいえ、お金だけが重要ではないと承知した上でも、給与がなければやる気ややりがいにも大きく影響が出てしまうので、これらのバランスが取れた職種が望ましいといえます。

自分との相性が良い企業にたどり着くためには、自問自答を繰り返し、企業研究を重ね、自分が自己実現できる企業を見つけ出す必要があります。また、このように理想的な職種や条件の仕事というのは、他の就活生からの人気も高く、いわゆる人気の仕事の1つでもあります。

やりがいや達成感を感じる仕事というのは、本人のやる気にもつながり、仕事への楽しさを覚えやすいものです。女性ならではの柔らかで優しい雰囲気を活かしたいという人には、おもてなしを重視する職種や、接客業や販売業などが人気の傾向にあります。まだ就業したいと思える分野が見出せない人は、視点を変えて人気の職種を探してみることもおすすめです。

女性に人気の仕事

null

女性に人気の仕事は専門職が多い傾向にあります。専門職に就職するためには早めに準備しなければならず、学校選択の段階から将来を決めておかなければなりません。

人気の仕事だからといって急に目指せるわけではないので、早めに行動することを意識しておきましょう。ここからは、女性に人気の仕事についてご紹介していきます。

看護師

看護師は女性人気が非常に高く、職業全体で見た男女比も圧倒的に女性が多いです。看護師になるためには看護の専門学校や大学を卒業しなければならず、国家資格の取得が必要です。看護師はハードな仕事ですが、給料が高いことでも知られています。

給料が高い分、仕事にはスキルが必要であり、強い責任感も求められます。患者の命を預かる仕事であるためミスは許されず、身体的にも精神的にも過酷な環境に立たされることも少なくありません。しかし、仕事をする上でやりがいを感じる場面も多く、人の役に立ちたいという人や献身的な人に人気の仕事です。

営業・一般事務

女性に人気の仕事1つめは、営業職や一般事務職です。営業職は、お客様と会話を交えながら商品の提案し、契約を成立させなくてはいけないため、コミュニケーション能力が求められる仕事です。商品情報や契約書の内容をお客様に説明する力も求められます。覚えることは多いかもしれませんが、人と話すことが好きな人や、プレゼン力を発揮したい人には向いている職種です。また、目標達成をすればインセンティブとして給与に加えて手当が支給される企業もあります。

一方、一般事務職は、サポートすることに達成感を感じる人に向いています。営業職の人が取ってきた案件の書類作成のサポートや、売上のまとめ、資料作成など、社内で働きながら事業を支えるポジションです。細かい部分まで丁寧に見ることができる人や、会社のサポートや仲間のサポートをすることが好きな人におすすめです。

ブライダルコーディネーター

ブライダルコーディネーターは、結婚式という人生の記念日を一緒に創り上げる仕事です。具体的には、結婚式のプラン提案や、プログラムの組み立て、衣装決めなど、結婚式に関わる全てのサポートをしていきます。お祝い事や幸せに関わる仕事なので、達成感ややりがいも強く、人気の職種となっています。また、お客様を笑顔にする仕事なので、人を幸せにする仕事に就きたいと思っている人には大変おすすめの仕事です。

一方で、1つの式を全体的に支えていく分、計画性を持って業務を進めなければいけなかったり、企業によっては幾つもの案件を抱えながら同時に業務をこなしていったりと、細かい部分まで管理していく力が求められる仕事でもあります。華やかな業界ではありますが、業務は多岐に渡るので、営業力や事務的な業務力も必要となります。

男性に人気の仕事

null
男性に人気の仕事は、女性とは違って資格が必要とされるものは少ないです。基本的には総合職扱いの仕事が多く、一部専門職が混ざっています。専門職ではないものの魅力に溢れた仕事であるのは確かで、多くの人に認知された知名度の高い企業も多く該当するでしょう。

男性の場合は職業ではなく実際の企業に焦点に当てたものが多く、人気の仕事も有名企業のものがほとんどです。仕事の内容はもちろん、どのような企業が当てはまるかも想像しながら、男性に人気の仕事を確認していきましょう。

広告代理店

広告代理店は華やかなイメージで知られている仕事であり、業界を代表する企業であればほとんどの人が知っているでしょう。華やかなイメージの反面、実際の業務は泥臭くハードなものが多いですが、大変さも含めてやりがいと捉えられることが多いです。

広告代理店はマスコミやIT、出版など複数の業界にまたがって仕事をするため、活躍できる領域が広いのも人気の理由です。規模の大きい仕事であれば国内中に自分の手がけた仕事が出回ることもあり、目に見えて仕事の成果が確認しやすくもあります。仕事の規模が大きいこと、反応が直接的に確認しやすいことなど、やりがいの大きさが人気の理由です。充実感を求めてハードな仕事に積極的にチャレンジする人も多いです。

商社

商社も仕事の規模ややりがいから人気の仕事であり、特に総合商社の人気が高いです。総合商社は商社業界だけではなく日本を代表する企業も多く、国内外で広く活躍しています。海外でも仕事ができるという活躍のフィールドの広さに惹かれる人も多く、語学力を活かした仕事をしたいと商社を目指す人も多いです。

商社は事業領域が広く規模が大きいことが特徴ですが、それだけではなく給料の高さも魅力です。数ある業界の中でも商社はトップクラスに給料が高く、これも強い人気を裏付ける根拠になっているでしょう。給料が高い分仕事はハードですが大変さは給料に十分反映されており、長く続ければ年収1,000万円超えを目指すのも夢ではありません。

メーカー

メーカーは、世の中に何かを生み出すことにやりがいを感じる人に向いている人気の職種です。世の中の暮らしに役立つものを作りたいと考える人は、メーカーでの就職も考えてみるとよいでしょう。ただし、メーカーと一言で言っても、幅広い分野が存在するので、業種や業界は多岐に渡ります。大きな機械の部品を製造することもメーカーですし、大きな機械を組み立てて販売することもメーカーの役割です。

また、メーカーは、その商品の設計を考える人もいれば、買ってくれる顧客を見つける営業職もあり、多種多様な職種が広がっていることも特徴です。その他にも、日本国内の販路だけで国内に重点的に販売していく企業もあれば、海外に広く展開するほど大きな事業を抱えている企業もあります。このように、規模の大きさは企業によって様々なので、求人を調べるときは会社情報もよく見るようにしましょう。

公務員は男女ともに人気

null

男女で人気の仕事は大きく異なりますが、公務員はそれぞれで人気が高く毎年志望する人は多いです。公務員といっても仕事の種類は幅広いですが、人気の理由は安定性の高さにあるでしょう。仕事を選ぶ上で安定性は重要なポイントであり、数ある仕事の中でも公務員は抜群の安定性を誇っています。

民間企業でも安定性の高い仕事はありますが、競争にさらされている以上100%安定しているとはいえません。もちろん、物事に絶対はないので公務員でも100%安定しているとはいえませんが、それでも民間よりは安定性が高いでしょう。高い安定性に加えて長く続ければ高給取りを目指すことも可能であり、経済的なメリットを求めて公務員を目指す人は多いです。

人気の仕事に就職するには

人気の仕事は就職のハードルが非常に高いため、念入りに対策をおこなわなければなりません。就活を成功させるのは難しく、どれだけ準備を徹底できるのかが攻略のカギですが、人気の仕事の場合はさらに徹底した対策が必要なことを理解しておきましょう。

ただ憧れを持っているだけでは選考を勝ち抜くことはできないため、具体的な対策をおこなって選考に備えることが大切です。高いハードルも準備次第で乗り越えることができるため、就職のために何をすべきか知っておきましょう。

業界・企業研究を念入りにする

人気の仕事に就職するためには、仕事についての理解を深めることが大切です。特に業界・企業研究は必須であり、どれだけ理解を深められるかで選考でのアピール力は格段に違ってきます。新卒の採用は能力よりもポテンシャル重視の傾向が強く、これは人気の仕事でも同じです。

仕事への興味ややる気、熱意を伝えることが大切であり、企業はこれらを測るために業界や企業への理解度をチェックしています。業界や企業について細部まで理解していれば、それだけ興味が強く熱意も高いと判断されます。業界についての知識は企業を知るためのベースになるため、まずは業界を知り次に対象となる企業を知ることが大切です。業界内にはたくさんの企業があるため、同業他社との違いを明確にしてその企業ならではの魅力を調べておきましょう。

志望動機を明確にする

就活では志望動機も重要視されているポイントであり、仕事への熱意や成長の意欲などが見られています。志望動機はただ仕事を志望する理由やきっかけを伝えるだけではなく、いかに就職したい気持ちが強いのかを売り込むことが大切です。

上手にアピールするためには、業界を志望したきっかけ、企業を志望する理由、仕事で活かせる自分の個性の3点を意識しましょう。業界を志望したきっかけは志望動機の根本になり、これがなければ仕事への熱意は伝わりません。企業を志望する理由は、他の企業との差別化を図るポイントになります。その企業でなければならない理由を具体的に述べることが大切です。仕事で活かせる自分の個性は採用メリットの提示なので、どのように個性を活かして企業に貢献できるかを具体的に伝えましょう。

関連する資格を取得する

資格は選考でも使える大きな武器になるため、仕事に関連するものは積極的に取得しておきましょう。専門職を志望する場合は応募条件として該当資格が必要ですが、必須資格がない場合でも仕事に関連するスキルを提示できれば、高評価を獲得しやすいです。

たとえば広告代理店や商社では海外でも事業を展開している企業が多いため、語学力があれば評価される可能性が高いです。語学力の資格がなくても、その他の内容でアピールできれば内定を勝ち取ることは可能ですが、資格があればより内定獲得率は高まります。持っていると役に立つ資格やスキルを先回りして取得しておけば、選考を有利に進めやすくなるでしょう。

徹底した準備で人気の仕事に就職しよう

人気の仕事は男女で大きな違いがありますが、どれも就職の難易度が高い点は共通しています。人気の仕事への就職は一筋縄ではいかないので、仕事への理解を深めて徹底して選考の対策をおこなわなければなりません。

就活は事前準備をどこまで徹底できるかが攻略のカギであり、生半可は対策では内定の獲得が難しいことは理解しておきましょう。人気の仕事への就職はハードルが高いですが、就職できれば喜びも大きいです。念入りな対策で人気の仕事への就職を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ