インターン

インターンは就職に有利なのか|メリットと就活に活かすポイント

インターンで就職を有利にしよう

インターンは就職を有利にする重要なイベントであるため、積極的に参加することが大切です。インターン参加者は年々増加しており、積極的に参加している人ほど内定獲得率も高まっています。インターンの参加によって得られるメリットは大きく、少しでも就活を有利に進めたい人は参加すべきといえるでしょう。

もちろん、ただ参加すればいいわけではなく、有意義な時間にするための工夫をして参加先もこだわって選ぶことが大切です。インターンはさまざまな種類があり、どれに参加するかで得られるメリットは異なります。有利に就職を決めるためにも、インターンについて理解を深めておきましょう。

インターンとは

インターンは、企業での仕事を経験するプログラムです。すべての就活生に参加が義務付けられているものではありませんが、選考に無関係ではない企業もありますので、積極的に参加することをおすすめします。

インターンにはさまざまな種類があり、一日で完結するものや、長い期間参加して先輩たちと一緒に実務を進めるものもあります。中には、宿泊先でレクチャーを受けるインターンもあります。インターンには、「スキルを磨きたい」「会社について深く知りたい」など、目的をもって参加するとよいでしょう。企業によっては、参加するために選考もありますし、随時受け入れている会社も存在しています。日程を調整して、できるだけ参加するようにしましょう。

インターンが就職に影響する理由

インターンに参加すれば就職で有利になると言われていますが、実際に何が影響するのか正しく理解できていない人も多いです。インターンの経験を就職に活かすためには、まずはインターンの参加が就職にどのような影響を及ぼすのかを知っておかなければなりません。参加によって得られるメリットを知り、インターンの必要性の高さを知っておきましょう。

選考で有利になりやすい

null

インターンの参加は選考に影響しやすく、就職でも有利になりやすいです。インターンは希望者だけが参加するものであり、参加している=志望度が高いと判断されます。インターンで採用担当者に顔と名前を覚えてもらえば選考でも優遇してもらえるケースが多く、より有利な状態で就活をスタートさせられます。

また、インターンの取り組みで好印象を与えることができればさらに評価を高めた状態で選考を受けられるため、合格率も高くなるでしょう。企業によっては、インターン参加者に限り別枠での選考ルートを用意することもあります。企業ごとに対応は異なりますが採用担当者に覚えてもらいやすいため、選考にプラスの影響をもたらすでしょう。

企業への理解が深まる

インターンは職業体験を通じた学生の成長を目的としており、企業や仕事を知ることを目的に開催されています。企業ごとに実施内容は異なりますが、企業への理解を深められる点は共通しており、これも選考にプラスの影響を与える理由のひとつです。就活を攻略するためには、業界や企業、仕事への理解を深めることが大切であり、どれだけ正しく把握できているかで企業は志望度や仕事への熱意をはかっています。

インターンであればより細部まで企業や仕事を知ることができ、他では手に入らない貴重な情報も入手できます。貴重な情報を活用することで企業への理解度の高さを示しつつ、他の学生との差別化も図りやすいです。インターンで学んだ内容がそのまま選考の対策に繋がるため、就職でも有利になりやすいでしょう。

スキルが身に付く場合もある

インターンでは実際に企業の仕事を任されることもあり、仕事の経験を通じてスキルが身に付けられる場合もあります。新卒ではポテンシャル重視で採用が決定することが多いですが、スキルがあれば高評価を得やすいです。スキルがある上でポテンシャルを示せれば選考を有利に進めやすく、内定獲得率も格段にアップするでしょう。

実際に仕事を経験することで、企業の仕事で必要なスキルはもちろん、社会人として必要な基礎スキルも身に付きます。参加した企業だけではなく就活全体でも有利になるため、スキルの向上がもたらすメリットは大きいでしょう。実際の仕事を任されない場合でも疑似体験できることは多く、成長しやすい環境が整っています。

選考に直結することもある

インターンの扱いは企業によって異なり、場合によっては選考と直結して考えられていることもあります。インターン参加者だけを別ルートで選考することはもちろん、そもそも選考を受ける条件としてインターンへの参加を義務付けていることもあります。

インターンは学生の学びを目的としていますが、完全にボランティアでおこなわれているわけではありません。インターンの開催には少なからずコストがかかるため、インターンを採用活動の一環と考えている企業は多いです。インターンは、参加状況だけではなく活動中の取り組みが選考の評価に繋がることもあります。熱心に取り組めば選考を有利に進められる可能性が高く、就活の成功率も格段にアップするでしょう。

種類別インターンに参加するメリット

種類別インターンに参加するメリット

インターンは、どの種類に参加するかで得られるメリットは異なります。インターンは大きく1DAY、短期、長期に分けられ、それぞれで実施される期間や内容は異なるのです。それぞれに参加するメリットはあるものの、得られるものは異なるため、何を得たいのかを考えて参加先を選ぶことが大切です。

同じ企業が開催している場合でも、種類によって内容は大きく異なるため、それぞれの違いを正しく把握しておきましょう。

1DAY:気軽な企業研究

1DAYは1日だけの参加となるため、気軽な企業研究程度に考えましょう。説明会よりは詳しく企業を知ることができるため、気になる企業があれば積極的に参加することが大切です。企業や仕事についてはもちろん、業界についての説明が受けられることもあるため、就活初期での参加が特におすすめです。

参加のハードルが低いため、気軽に複数社でも参加できるのもメリットのひとつでしょう。企業によっては職場見学を兼ねていることもあり、実際に働く社員を見ることで就職後のイメージも膨らませやすいでしょう。企業との相性を測る場としてもおすすめであり、複数参加して企業同士を比較し、志望先を絞り込むのにも役立ちます。

短期:企業を詳しく理解する

短期のインターンは3日~1週間程度のものが多く、1DAYよりさらに詳しく企業を理解できることが特徴です。グループワークを通して業界や企業、仕事を実践的に体験できることも多いです。簡単なものであれば、実際の仕事を任せてもらえることもありますが、基本的にはワークによる演習が多いと考えましょう。

ワークで得られるものは多く、取り組み次第ではスキルが磨けることもあります。また、最終日にはフィードバックを受けられることも多いため、成長材料のひとつになるでしょう。1DAYよりも実践的で深い内容になるため参加のハードルはやや高くなりますが、その分得られるものも大きいです。

長期:実務経験を積む

長期インターンは数週間から数ヶ月、場合によっては半年以上にわたっておこなわれることもあります。長期では実務経験が積めるのが大きなメリットであり、実際に企業の一員としてさまざまな仕事を任せられます。仕事を通じて企業への理解を深められるのはもちろん、スキルも磨けるため、就職にも活かしやすいでしょう。

また、社会人に囲まれた環境に身を置くことで社会人としての自覚も芽生えやすく、就活への意欲を高めやすいこともメリットのひとつです。長期インターンは得られるメリットが大きい分参加のハードルが高く、学業との両立が難しい場合も多いです。

大手企業とベンチャー企業のインターンの違い

大手企業とベンチャー企業では、インターンの内容が異なる傾向にあります。まずベンチャー企業のインターンは、「ビジネス」「働く」といったことを学べる場です。参加することで知識を増やせるインターンともいえるでしょう。また、期間は3日以上など、長めに設定されている場合が多いことも特徴です。
一方、大手企業のインターンは、どのような業務をおこなっているのかなど、業界や会社について座学で学ぶものが一般的です。期間も短めなことが多いでしょう。自分の中で働きたい企業や業界が決定されているのであれば、大手企業のインターンがおすすめです。

就職に直結するインターンとは

インターンの中には就職に直結するものもあり、これに参加すればより有利に就職を決められます。インターンは採用活動とは無関係と公表する企業も多いですが、実際には採用活動の一環として実施されていることがほとんどであることは理解しておきましょう。就職に直結するインターンの特徴を知り、就活への影響の大きさを理解しましょう。

基本は長期インターン

企業によってインターンの位置づけは異なりますが、就職に直結するものは基本的には長期のインターンです。これは、長期インターンは実務を任されることが多いからであり、仕事ぶりを見て評価を決定するからです。インターンの時点で十分活躍できていれば、就職しても即戦力として活躍できることが見込めます。

仕事ぶりを見てから採用を決定できるため企業としても採用リスクは低く、教育のコストを削減できる分採用メリットも高いです。もちろん、長期インターンに参加すれば必ずしも就職に直結するわけではありません。選考に関係する場合でも、働き方次第では就職に結びつかないこともあります。

インターン中の活躍で内定が決まることも

長期インターンで実務をおこなって活躍ぶりが評価されれば、インターン中に内定が決定するケースもあります。企業は自社で活躍できる人材を逃したくないと考えるため、早めから囲い込みをおこない、採用に乗り出すことも少なくありません。

もちろん、内定が出たからといっても必ず就職を決めなければならないわけではなく、辞退して他の企業を目指すことも可能です。就活をして広く企業を見た上でもう一度その企業に応募し、選考を受けることもできます。一度内定が出ていれば自由応募でも優遇される可能性はあり、場合によってはすぐに採用されることもあります。

インターンを就職に活かすポイント

インターンから得られるメリットは大きく、参加すれば就職を有利に進めやすいです。しかし、参加さえすればどのような場合でも有利になるとは限らず、方法を間違えれば経験が活かしきれないこともあるので注意が必要です。

インターンで就職を有利にするためには、参加時から工夫が必要であり、経験を活かそうとする意識が大切です。貴重な経験を無駄にしないためにも、インターンを就職に活かすポイントを知っておきましょう。

参加する理由を明確にする

インターンを就職に活かすためには、参加する理由を明確にすることが大切です。何となく参加するのはNGであり、参加しなければならない理由は何かを考えておきましょう。インターンは自由参加であり、絶対に参加しなければならないものではありません。実際、インターンに参加せずに内定を獲得する人も多いです。

貴重な時間を割いて参加する以上、明確な理由を持ち、モチベーションを高く持って臨むことが大切です。明確な参加理由がなければ、そもそもインターンの選考で不合格になる可能性もあり、参加すら叶わなくなってしまいます。インターンに参加しなければ、その時間を使ってできることも多くあるため、貴重な時間を削ってでも参加する強い理由を見つけましょう。

インターンの目的を設定する

インターンは学びの場ですが、何を学び、身に付けられるかは自分次第です。目的意識なく参加しても何も得られないまま終わってしまうため、インターンで何を得たいのか、明確な目的を設定しておきましょう。インターンに求めるものは人によって異なり、スキルを身に付けたい人もいれば、業界や企業への理解を深めたいと考える人もいます。

スキルを身に付けたい場合は実務経験が積める長期、理解を深めるなら短期や1DAYのように、目的に応じて参加する種類も違ってきます。目的と参加する内容がマッチしていないと、得られるメリットが半減するので注意が必要です。得たいものを明確にして、目的が実現できるインターン先を選びましょう。

服装に気を付ける

インターンでは、普段着のようなカジュアルなファッションは避けるようにしましょう。ミニスカート、ジーンズ、カラフルな色合いのアイテムなどは控え、シンプルかつカジュアルすぎない服装を選ぶと、相手に好印象を与えられます。

女性であれば、メイクやネイルにも注意が必要です。濃い目のメイクや派手なネイルは、ビジネスシーンにふさわしいとはいえません。ピアスなどの装飾品も避けましょう。企業側から注意されることはないかもしれませんが、普段着のような服装をしている人に対して、よい印象を抱くことはほとんどありません。社会人としての自覚を持ち、服装に細心の注意を払いましょう。

インターンを上手に就職に繋げよう

インターンへの参加は就職で有利になることが多く、少しでもスムーズに就活を進めたいという人は積極的に参加すべきです。インターンは1DAY、短期、長期と種類があり、それぞれで得られるメリットは異なります。また、企業によって実施する内容も異なるため、細部までチェックして、どれが自分に適しているかを判断し、インターン先を決めることが大切です。

より大きなメリットを得るためには、インターン先の選び方が重要であり、参加する理由や目的を明確にする必要があります。漠然とした気持ちで参加しても、メリットは得られない可能性があるので注意が必要です。目的意識を持つことが大切なので、インターンから得たいものを明確にして参加先を決めましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ