職種研究

行政サービスマネージャーとは|就職する方法や必要な能力をご紹介

行政サービスマネージャーを知ろう

行政に関わる仕事のひとつとして、行政サービスマネージャーがあります。行政サービスマネージャーは挑戦しやすい仕事でありながら待遇がいい場合も多く、隠れた人気の高い仕事といえます。

しかし、実際にどのような仕事をしているのか、どうすれば就職できるのかを知らない人は多いでしょう。行政サービスマネージャーになるためには、まずは仕事の基本的な理解が必要です。行政サービスマネージャーへの理解を深め、就職を目指しましょう。

行政サービスマネージャーとは

行政サービスマネージャーの仕事は多岐にわたりますが、行政サービスにおける手続きや支援などが主な業務です。また、福祉施設の運営やマネジメントをおこなうこともあり、行政関係の仕事に幅広く携わる仕事といえるでしょう。

ひとくちに行政サービスマネージャーといっても仕事の内容は人によって違うため、働く場所によって仕事内容が大きく変わります。

行政サービスマネージャーの魅力

行政サービスマネージャーは人気のある職業ですが、それはさまざまな魅力によって裏付けられています。仕事の魅力を知ることは、就職のモチベーションを高めるために重要であり、細部まで理解しておくことが大切です。

仕事の魅力=仕事の特徴でもあるため、これを知ることでさらに行政サービスマネージャーへの理解も深まるでしょう。他の職業にはない行政サービスマネージャーならではの魅力を知り、仕事への理解をさらに深めましょう。

高卒でも就職できる

行政サービスマネージャーは、高卒から就職が可能です。行政サービスに関わる仕事と聞くと、少なくとも大卒以上の学歴が必要とイメージする人は多いでしょうが、行政サービスマネージャーは学歴は関係ありません。

仕事の経験や能力さえ認められれば、誰でも就職できます。大卒の場合は学部や学科に関係なく就職が可能であるため、誰もが目指せる職業として人気が高いです。

給料が高い

行政サービスマネージャーは給料が高いことも大きな魅力であり、平均的な年収は500~700万円程度です。国内全体の年収で見ても平均か、平均よりやや上程度の水準であり、経済的に安定した仕事だといえるでしょう。

もちろん、就職してすぐに500万円程度の年収がもらえるわけではありませんが、年収の伸び率は高いため将来性のある仕事です。仕事を決める上で給料は重要なポイントになります。行政サービスマネージャーとしてのやりがいを業務や給料面で感じながら仕事を続けられるでしょう。

転職もしやすい

行政サービスマネージャーは長く続けやすい仕事ですが、別のキャリアを求めて転職を考える人もいるでしょう。行政サービスマネージャーの場合、行政関係の仕事をしていることから信用度が高く、転職でも有利になりやすいのも魅力のひとつです。

新卒で就職する場合、就職後の活躍を期待したポテンシャル採用が多いですが、転職の場合は基本的に過去の実績や経験を重視し、実力主義で採用が決定します。転職市場での価値は、仕事の経験によって決まることが多いです。行政サービスマネージャーは高く評価されやすく、より有利な条件で転職しやすい傾向にあります。行政サービスマネージャーとしてのキャリアだけではなく、その他の分野でのキャリアを築きやすいことも魅力のひとつといえるでしょう。

行政サービスマネージャーのなり方

行政サービスマネージャーになるためには、行政関係での実務経験が必要です。必要期間は明確には決まっていませんが、1~5年程度必要なので、新卒でいきなり行政サービスマネージャーになることはできません。

仕事で経験を積まなければならないため、最短ルートを目指す場合は、まず行政関係への就職を目指しましょう。実務経験は長ければ長いほど就職でも有利になりやすく、能力が認められれば最初から好条件で採用される可能性もあります。必要期間は人によって異なりますが、数年程度は下積み期間と考えてスキルアップを目指しましょう。

行政サービスマネージャーに必要な能力

行政サービスマネージャーに必要な能力

行政サービスマネージャーになるためには、高卒以上の学歴と実務経験が必要ですが、これらが揃っていれば誰でも簡単になれるわけではありません。行政サービスマネージャーの仕事をする上で必要な能力を身に付けておくことが大切です。実務経験と並行して必要なスキルを磨くことを意識し、最短ルートでの就職を目指しましょう。

コミュニケーション能力

行政サービスマネージャーは行政手続きや施設の運営、管理など人と関わる業務が多いため、コミュニケーション能力が必須です。サービス業としての側面も持ち合わせているため、人と関わることが好きな人に向いている仕事といえるでしょう。

コミュニケーションに必要なのは傾聴力です。相手が何を求めているのか、何を伝えたいと考えているかを察知してうまく引き出すことが求められます。利用者は行政手続きのやり方が理解できていないことも多く、求められる手続きをおこなう必要があります。コミュニケーション能力はどのような仕事にも必要ですが、行政サービスマネージャーにおいては特に重要視されることを理解しておきましょう。

情報管理能力

幅広い業務を扱うことが行政サービスマネージャーの仕事の特徴ですが、機密事項も多いです。そのため、情報が外に漏れないよう徹底した注意を心がけて行動しなければなりません。行政上の情報は重要なものが多く、個人情報を扱うことも多いです。

情報の漏洩は行政全体に不利益を与えるだけではなく、特定の個人にまで迷惑をかけてしまう可能性もあるので注意しなければなりません。機密事項を周囲に話さないことはもちろん、データの取り扱いにも気を配る細かい配慮が求められます。情報の管理は重要かつ、もっとも基本的な能力ともいえるため、必ず身に付けておかなければなりません。

責任感

行政に関わる仕事は、地域住民の生活に直接影響を及ぼすことも多いため、些細なことでも責任感を持って取り組まなければなりません。仕事を途中で投げ出したり、適当に手続きを進めてしまったりすると、手違いが起きて多くの人に迷惑をかけてしまう可能性もあります。行政という全体だけではなく、地域住民個人の生活にも関わる大切な仕事なので、責任感を強く持って何事も最後までやり遂げる意識を持つことが大切です。

行政サービスマネージャーは魅力的な仕事

行政サービスマネージャーは実務経験さえあれば高卒でも就職可能であり、待遇も優れた魅力的な仕事です。多くの人にチャンスが開かれている分競争率も高いですが、仕事への理解をしっかりと深めて求められる能力をきちんと身に付けていれば、就職できる可能性はあります。

魅力的な仕事の反面、重要度の高い仕事でもあり、情報管理の徹底や責任が重くのしかかる仕事であることは理解しておきましょう。誰でも慣れる=簡単な仕事というわけではなく、ハードな仕事であることは確かです。行政サービスマネージャーになるためには、数年単位の実務経験が必要です。行政関係の仕事をしながら能力や知識を身に付け、行政サービスマネージャーを目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ