業界研究

【ベンチャーとは】特徴やメリット・デメリットを紹介

ベンチャーとはどのような企業を指すのか

ベンチャーの意味を正しく理解できているでしょうか。「ベンチャー企業」「社内ベンチャー」など、ビジネスではベンチャーという言葉が頻繁に使われており、就活の際に耳にすることも多いです。ベンチャー=新しい企業、IT系の企業と漠然としたイメージを持つ人がいるかもしれませんが、正確な意味はあまり知られていません。

これらの認識も間違いではありませんが、すべてがベンチャーに該当するとは限らないため、注意が必要です。ベンチャーの意味を正しく理解し、特徴を知ることで就活をスムーズに進めることにつながります。頻繁に使用されるベンチャーとはどのようなものなのか、実態を知って理解を深めましょう。

自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

ベンチャー企業の基本定義


ベンチャーとは何かを理解するためには、ベンチャー企業の定義を理解しておくことが大切です。ベンチャー企業は就活だけではなくビジネスでも頻出のワードですが、実は明確な定義はありません。ベンチャー企業は和製英語であり、海外におけるベンチャーとは意味が少し違っているため注意が必要です。明確な定義こそありませんが、ベンチャーと呼ばれる企業は、共通した特徴を持っています。どのような特徴を持つ企業がベンチャー企業なのかを知り、基本的な意味を理解しましょう。

新興企業

日本におけるベンチャー企業の多くは、新興企業の意味で使われます。創立して間もない企業で、高い成長を続ける注目の企業に対し、ベンチャー企業と表現することが多いでしょう。対象が新興企業であるため、月日を重ねてベンチャーから一般企業へと変化する場合もあります。

もともとはベンチャー企業であり、現在では業界を代表するリーディングカンパニーへと成長した企業も少なくありません。新興企業=新しい企業の意味ですが、明確な年数は特に決まっておらず、創立5〜10年程度が目安です。単に創業から歴史が浅いというよりも、創立したばかりなのに世間から大きく注目を集めている、成長を予感させる企業=ベンチャー企業と考えたほうが分かりやすいでしょう。

新技術・サービスを提供している

新技術やサービスを提供する若い企業も、ベンチャー企業と呼ばれます。ベンチャーには「冒険的」という意味もあるため、革新的なビジネスを起こす企業は、ベンチャー企業に該当します。IT業界=ベンチャー企業とイメージされやすいのはこの点にあり、IT業界は先端技術、新しいサービスを用いることが多いことからベンチャー企業の割合が高くなっています。

もちろん、「新技術・サービス」を提供することがベンチャー企業の条件であるため、IT業界以外でもベンチャーに該当する企業は多くあります。また、IT業界の企業でも、既存の技術やサービスを提供する場合は、ベンチャー企業には該当しません。業界や企業ではなく、企業が扱う技術、サービスが対象になると考えましょう。

ベンチャーキャピタルから投資を受けている

ベンチャー企業は、ベンチャーキャピタルから投資を受けている企業も該当します。ベンチャーキャピタルとは、新興企業に対して投資をおこなう投資機関、企業であり、海外ではベンチャー=ベンチャーキャピタルそのものを指します。ベンチャー企業は新興企業であり、資金力が不足していることも多いため、事業を起こすには投資を受けなければなりません。

しかし、銀行からの融資は、明確な事業プランや実績がなければ難しいことも多く、まったく融資をしてもらえないこともあります。資金力の悩みを解決するのがベンチャーキャピタルであり、銀行よりも融資を受けやすいのが特徴です。また、ベンチャーキャピタル以外でも、個人から投資を受けて設立した企業もベンチャー企業と呼ぶことがあるため、定義の幅は広いです。

ベンチャー企業と似ている企業・組織との違い

ベンチャー企業の定義は幅広く、多くの企業が該当します。そのため、どれがベンチャー企業なのか判別するのが難しい場合も多いですが、さらにベンチャー企業に似た企業・組織もあるため注意が必要です。ベンチャー企業に似たものでは、「スタートアップ企業」や「社内ベンチャー」が挙げられます。これらは性質、言葉は似ていますが、詳細な意味は異なります。それぞれとの違いを正しく把握し、ベンチャーとは何か、さらに理解を深めましょう。

スタートアップ企業は短期間で急成長を目指す

ベンチャー企業とスタートアップ企業は、よく同じ意味合いで使われ、明確な定義はありません。ベンチャー企業の一カテゴリーとしてスタートアップ企業と表現されているのが、現状です。

ベンチャー企業のなかでもスタートアップ企業はどのような特徴があるのでしょうか。スタートアップと表現される企業は、通常のベンチャーよりも短期間で新しいビジネスモデルやサービスを提供し、急激な成長と出口戦略を狙う傾向が強い特徴があります。

社内ベンチャーは法人登記なし

社内ベンチャーは、既存の企業内での新しい部署、新しい技術やサービスの研究、開発、提供を目指す部署を指します。ベンチャーという言葉がついていますが、あくまで社内の一部の部署に限られるため法人登記はなく、企業ではありません。ベンチャー企業は企業全体が挑戦的な風土にあり、新技術やサービスの提供をメイン事業に据えていますが、社内ベンチャーは企業内の一部に限られます。

企業のメインの事業は別に構え、特定の部署のみ新しい分野に挑戦するという意味合いが強く、社内でも飛び道具的な位置づけとイメージすると分かりやすいでしょう。社内ベンチャーはサブの位置づけになることが多いため、ひとつのプロジェクトだけで終了することも多いです。

ベンチャー企業の特徴

ベンチャー企業は「新興企業」「新しい技術・サービスを提供している」などの特徴を持っていますが、これらはあくまで定義上の特徴に過ぎません。さらに理解を深めるためには、企業としてどのような特徴、性質を持っているのかを理解することが大切です。ベンチャー企業は革新的な企業が多いため、他の企業とは違った性質を持っています。ベンチャー企業特有の特徴は、ベンチャー企業ならではの魅力とも言えるため、就職するメリットを考えてみましょう。

成長力が高い

ベンチャー企業は、成長力が高い企業が多いです。世の中にない技術やサービスを提供するため、市場の需要とマッチした場合、爆発的に成長することも少なくありません。企業の成長を強く実感できる環境にあるため、企業と一緒に自身の成長も目指しやすいのが特徴です。老舗の企業でも成長力は少なからずありますが、幅は狭く成長も緩やかです。

企業の成長を経験できることは、大きなメリットでしょう。ただし、成長力が高い反面、失敗する可能性もあるため企業選ぶには注意しなければなりません。成長の可能性が高い=誰も挑戦していない分野であるため、確実に成長できる保証がないことは理解しておきましょう。

トレンドの最先端を走る

ベンチャー企業は新しい技術やサービスを提供していることから、トレンドの最先端を走っています。トレンドを追いかけるのではなく、自らトレンドを作り出すこともあり、何かの真似をすることはできません。模倣ではなく、オリジナリティに溢れた事業であるため、個性やアイデアを発揮したい人にもおすすめの企業といえます。

トレンドの最先端を走るには、市場をしっかりと分析する必要があり、現状のトレンドや将来性をしっかり見極める力が必要です。単に誰もやっていないことをやるのではなく、やっていないこと、かつ世間から求められるものを目指さなければなりません。トレンドを生み出すのは難しいですが、その反面、常に最先端に立ち続けることができるのはベンチャー企業だからこその特権といえます。

出口戦略を意識している

企業によって経営の方針は異なりますが、ベンチャー企業は出口戦略を意識していることが多いです。出口戦略とは、技術やサービスを使って企業が成長した場合、それをどのような形で終わりに向かわせるかということです。技術やサービスも、提供当初は話題になり、多くの需要を集めますが、時代の流れによって需要は変化し、いつまでも需要がキープされるわけではありません。

加えて後追いの企業も登場するため、供給過多になって利益は落ち込んでしまいます。ベンチャー企業は最高の状態で事業を終了させることも目的のひとつであり、他社への売却やM&Aなどを目的にしていることも多いです。短期的に事業を起こし、成長、売却、起業のサイクルを繰り返すことも多いため、出口戦略はベンチャーならではの重要なポイントといえます。

若年層が多い

社員も若年層が中心になっていることが多いのも特徴です。代表取締役をはじめ役員クラスが全員20代というケースもあり、若いうちから役職を得られるのも、ベンチャー企業ならではの特徴でしょう。若年層が多い理由は「トレンドの最先端に立つこと」「新技術・サービスの提供を目指すこと」など、挑戦的な風土にあることが関係しています。

また、短期的な事業を意識した「出口戦略」も、若年層がメインになることに関係しているでしょう。若いうちから高い役職に就き経験を積めるため、キャリアアップのために一時的にベンチャー企業に勤める人も多いです。ベンチャー企業に勤め続けるだけではなく、転職に役立てるために、ベンチャー企業で経験を積む人もいます。

ベンチャーの代表的企業

国内でも多くのベンチャー企業が活躍しています。先ほど紹介したベンチャー企業の特徴に当てはまるケースが多いですが、それに加えて、ユニークな成り立ちや特色ある社風など個性的な企業も非常に多いです。以下では、代表的なベンチャー企業を紹介します。

DeNA

モバイルゲームの開発・配信をはじめ、エンターテインメント、Eコマースなどインターネットビジネスを展開するDeNA(ディー・エヌ・エー)は1999年に創業しました。「インターネットやAIを活用し、永久ベンチャーとして世の中にデライトを届ける」をビジョンに掲げています。

DeNAが考える永久ベンチャーとは「常に新しい価値の提供に挑戦し続けること」です。近年ではAI分野に投資を進め、新たなビジネスチャンスを探っています。2011年には横浜ベイスターズを買収、新たに横浜DeNAベイスターズとしてスタートさせ、話題となりました。

DMMドットコム

ビデオ通販・動画配信サイトなどで急成長を遂げたDMMグループは、ビジネスに対して「領域とわず、なんでもやる」との姿勢を掲げています。「規模の大小、ジャンル問わず、未来を感じるビジネスにはまず投資」と表明しており、水族館、金融領域、オンラインサロン、地方創生など非常に多種多様な事業を展開しています。19年時点では、40以上の事業を手掛けています。

多様な人材を登用しており、個々人がビジネスチャンスがあれば、どのような分野でも挑戦できるという魅力があります。若手企業家への出資、外部からの新企画買い取りといった制度もユニークです。

サイバーエージェント

インターネット広告、ゲーム事業などを展開するサイバーエージェントは、「21世紀を代表する会社を創る」をミッションとする成長意欲の高い企業です。「若者の台頭を喜ぶ」「年功序列は禁止」「スケールデメリットは徹底排除」「挑戦した敗者にはセカンドチャンス」などとベンチャーの特徴を表すようなミッションステートメントが並びます。

2016年4月に開局したテレビ・ビデオエンターテインメント「ABEMA」は、5000万以上ダウンロードを達成するなど新たな事業の柱として期待されています。

グリー

グリーはモバイルソーシャルゲームの先駆けである「釣り★スタ」など、モバイルゲームのトップランナーです。「現状に甘んじない。さらに高い目標をめざす」「常に前向きに挑戦する。成功するまでやり続ける」といった行動規範を定めており、成長意欲の高い人材を求めていることがわかります。

任天堂のスイッチへの参入や、フェイスブックやLINE向けメッセンジャーゲームの開発・運営も行っており、ゲーム領域におけるビジネスの新たな可能性を模索しています。バーチャルのキャラクターの「VTuber」に特化したライブエンターテインメント事業も手がけています。

メルカリ

フリマアプリで一世を風靡したメルカリは、新たな価値を提供した点でベンチャーらしさが光る企業です。設立は2013年とかなり新しい企業ですが、サービスの利便性が支持を得て知名度が急拡大しています。近年台頭しているシェアリングエコノミーサービスの代表的な存在ともいえます。

成功をおさめているメルカリを軸に、同社が注力している事業は主に二つあります。一つはサービス拡大しているスマホ決済・QRコードメルペイです。もう一つはアメリカにおけるフリマサービスです。

ベンチャー企業で働くメリット

就職を考えるときに、大企業ではなくベンチャー企業に絞って就職活動をする人もいるでしょう。大企業もベンチャー企業も、それぞれ特徴やメリットがあります。大企業に向いている人、ベンチャー企業に向いている人、総合的に考えて自分がどちらに向いているのか判断することが重要です。

年功序列ではなく成果主義

大企業や歴史のある会社では、年功序列制度が重視されている場合が多いです。年功序列の場合、勤続年数が長く、年齢が高いほど上の立場になります。一方のベンチャー企業では、年齢や経験よりも、仕事の成果に重点を置く傾向があります。その人がどのような仕事をしているか、どのような成果を残したかが評価のポイントです。

創立してから、あまり年月が経っていない企業も多いため、社員の年齢もそれほど差がないと考えられます。ベンチャー企業で実績を残したいなら、自ら積極的に行動して成果を出すことが重要です。一人一人に対する責任が大きくなりますが、その分やりがいを感じられるでしょう。スキルアップや成長するチャンスも多くなります。

新しいビジネス・事業に挑戦できる

ベンチャーは、トレンドやサービスを新たに作り出すことが大きな目標なので、そうした機会に関わる場面は増えます。大企業では既存のサービスや製品を軸として事業を進めていますが、ベンチャー企業では0からまったく新しいビジネスを立ち上げたり、これまで例にないビジネスモデルなど、よりダイナミックな事業に携わることができる可能性があります。

ベンチャー企業は、新たなビジネスの種を常に探しています。大企業との連携を模索したり、外部からの意見も積極的に取り入れています。新たなビジネスを提案し、ビジネスチャンスが認められれば、自らが責任者となって事業化させるチャンスもあります。経営陣への直接提案などの制度を設けている企業も多いのも魅力です。

経営者との距離感が近く学べるものが多い

ベンチャー企業では、経営者と社員が、隣のデスクで仕事をすることも珍しくありません。フレンドリーな社風の会社なら、経営者との距離もより近く、普段から言葉を交わす機会も多くなります。大企業では、経営者や取締役など立場が上の人と関わる機会は、なかなかありません。直接経営者と話をすることで、様々なことが学べるチャンスがあります。仕事に対する考え方や、アイディアなど参考になるはずです。

自由な雰囲気の企業が多いので、経営者に対して自分の意見や考えを発言しやすい環境にもなっています。年齢や経験に関係なく評価をしてくれるので、色々な経験ができ、自分のスキルアップにもつながります。どんどん学んで、新しい知識を吸収したい人に向いています。

安定性が高くない

大企業や歴史ある企業に比べると、倒産する可能性が高いのがベンチャー企業です。新しい事業やサービスを作り出すことが目的である特性上、うまく収益を得られずにビジネス化に失敗するケースがあるからです。事業経験の乏しさや経営計画が甘いといった理由で、うまくビジネスが軌道に乗れず、倒産に追い込まれるケースがあります。

起業できるスキルが身につく

ベンチャー企業は一般的に一つの事業規模がそれほど大きくありません。損益分岐や今後の展望などといった事業の全体像を把握できるのも、ベンチャーならではといえます。大企業では一つの事業の一部しか任されないことも多いので、そうした経験が積めることはベンチャーの大きなメリットです。

また、市場調査や枠組みづくりといった新規事業の立ち上げに加えて、事業開始後の黒字化までの事業促進に携わることも多くあります。その過程で学ぶスキルは、起業に必要なスキルそのものです。これらを経営者と協力したり助言を受けながら進めることができ、経営マインドが身に付きます。

ベンチャー企業で働くデメリット

意欲的に、また成長を実感しながら働けるベンチャー企業ですが、もちろんデメリットもあります。デメリットを理解したうえで、ベンチャー企業の個別の企業研究をしたり、選考に臨むようにしましょう。

研修制度が充実していない

大企業の特徴のひとつに、研修制度がしっかりと整っているということがあります。それに比べて、ベンチャー企業では、新卒に対する研修などが用意されていないことも多く、イチから仕事のやり方や方法を教えてもらうのではなく、自ら実践で仕事をしながら分からないことを調べていくという考えが主流となっています。

手順を教えてもらいながら仕事を進めていく方がやりやすい人、説明よりも実践的に仕事を覚えたい人など様々なタイプの人がいますが、ベンチャー企業では自分から分からないことを調べていく人が活躍できる傾向があります。最初は戸惑うこともありますが、新しい知識を取り入れていくことが好きな人には、やりがいを感じられる部分もあります。

仕事への意欲が高くチャレンジ精神が必要

ベンチャー企業は「新しいもの・こと」を扱うのが基本のため、チャレンジ精神が不可欠です。新しいことや環境にも物怖じせず積極的に挑戦できないと、ベンチャー企業で活躍するのは難しいでしょう。ベンチャー企業は扱う商材だけではなく、企業自体も新設であるため、社内の環境や制度が整っていないことも多いです。

新しいことにどんどんチャレンジし、自分で仕事や企業を作り上げていかなければならないため、やるべきことは数多くあります。どのように仕事を進めるべきかというマニュアルもないため、自分で考え、行動しなければなりません。既存のものに頼っていても大きな成功は望めません。

ハードワークの可能性がある

従業員は一般的に少なく、ハードワークになる可能性があります。年功序列でなく実力主義をとっている企業が多いので、身体面だけでなく、常に結果を求められる精神的なプレッシャーもハードワークと感じる理由の一つです。

残業が比較的多いこともハードワークに感じる理由です。一人ひとりの裁量や責任も重いので、仕事量が多いという理由もありますが、「残業しても成長したい」「より多くの仕事をしたい」と仕事への意欲を高い人がいることも原因です。また、社内制度や収益モデルが整っていない場合もあるので、残業代が満額支払われないケースもあります。

安定性が高くない

大企業や歴史ある企業に比べて、倒産する可能性が高いのがベンチャー企業です。新しい事業やサービスを作り出すことが目的である特性上、うまく収益を得られずにビジネス化に失敗するケースがあるからです。事業経験の乏しさや経営計画が甘いといった理由で、うまくビジネスが軌道に乗れず、倒産に追い込まれるケースがあります。

ベンチャーとは何かを知って就職の選択肢に入れよう

就職先の選択肢は幅広く、ベンチャー企業もそのひとつです。ベンチャー企業への就職を目指すなら、まずは「ベンチャーとは何か」を正しく理解しなければなりません。ベンチャーの企業は幅広いため、多くの企業が該当しますが、共通した特徴を持っている企業も多く、向いている人も限られます。

ベンチャー企業を正しく理解していないと、選考で落とされる、あるいは就職後に苦労する可能性が高いため注意が必要です。ベンチャーは特徴的な企業だからこそ、相性の良し悪しが色濃く表れます。相性が悪いと、どれだけ実力があっても活躍するのは難しいです。ベンチャーとは何かを正しく理解し、自身の適性も把握した上で、本当に自分に合った就職先を選びましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ