履歴書

バイトの経験は履歴書に書くべきか|職歴記入時に注意すべきこと

バイト経験は履歴書でアピールできる?

就活では大学時代の経験をアピールしますが、履歴書でバイト経験は使えるのか、疑問に思う人もいるでしょう。履歴書は多彩な項目からアピールが可能であり、志望動機や自己PRをはじめ、自身を売り込める項目は多くあります。バイト経験は仕事の経験でもあるため、企業での仕事に絡めてアピールはしやすいですが、バイトと正社員では勝手が違います。

同じ仕事をする場合でも、バイトと正社員では責任の重さが違うため、まったくの別物といっても過言ではありません。そのため、バイト経験は就活に活かせないとイメージされることもあります。しかし、経験が絶対に活かせないわけではありません。就活では過去の経験を幅広くアピールできるため、履歴書でバイト経験をアピールするにはどうすればよいのか知っておきましょう。

バイト経験は履歴書の職歴欄に書けるのか

バイト経験を履歴書でアピールすると考えた場合、思い浮かびやすいのは職歴欄でしょう。新卒用の履歴書でも職歴欄は用意されているため、ここにバイト経験を書くことは可能です。ただし、問題は職歴欄にバイト経験を書いて、職歴として評価されるか、高評価に繋がるかです。履歴書は自由に作成できるため、どこに何を書くのも自由ですが、就活に活かすにはそれが評価されなければなりません。バイト経験を職歴欄に書いた場合、企業はどのような評価を下すのか知っておきましょう。

職歴=正社員で働いた履歴

履歴書における職歴とは単に働いた期間を指すのではなく、「正社員として働いた履歴」を指します。バイトは、企業の採用において職歴とはみなされないため注意しなければなりません。これは長期間働いた場合でも同じであり、働いた期間に関係なく「雇用形態」によって職歴になるかどうかが異なります。

バイトの経験を職歴に書いてしまうと間違った記載があると判断され、評価を下げられる可能性があるため注意が必要です。企業の採用活動では、バイトと正社員は別枠で考えられているため、働いた期間に関係なくバイト経験は職歴には書かないほうが無難でしょう。

新卒は職歴欄に「なし」と記入する

新卒の場合、基本的には職歴欄は「なし」と記入して提出しますが、バイト経験を書くことで自己PRに繋がることもあります。長期間同じバイトで働いていた場合は、豊富な知識やスキルがあると判断され、職歴に書いても問題ないケースもあります。しかし、本来は職歴=正社員の履歴であるため、企業によっては書き間違いと判断され、評価を下げられる可能性があることは理解しておきましょう。

職歴の評価は企業によって異なるため多少リスキーではありますが、プラスに働くこともあります。ただし、バイト経験が職歴と認められた場合でも、必ずしも評価されるとは限りません。経験を見た上でスキルが足りないと判断されると、マイナスの評価になる可能性があることも理解しておきましょう。

バイト経験を履歴書でアピールするには

バイト経験を履歴書でアピールするには、バイトから得たものや志望先との関係など、条件が複数あります。そのため、アピールするのが難しく感じられますが、実は関係性が薄い場合でも、まったく使えないわけではありません。履歴書には複数の項目があるため、職歴への記載が無理でも、別の場所に記載することは可能です。バイト経験を履歴書でアピールするにはどうすればよいのかを知り、例も参考にしながら実際のアピール方法を考えてみましょう。

自己PRの題材で使うのが一般的

バイト経験は職歴ではないため、自己PRでアピールするのが一般的です。自己PRなら、どのようなバイトを経験したかに関係なく、アピールが可能です。志望先との関係が深い場合はもちろん、ほとんど関係がない場合でも、方向性次第では題材に使えます。自己PRでバイト経験を題材にするときに大切なのは、アピールのメインではないと理解することです。

就活で評価されるのは経験そのものではなく、経験から何を得て、それが企業の仕事でどのように活かされるかです。バイトで経験したことを並べるだけでは評価の対象にはならず、選考でも不利になってしまいます。経験自体ではなくそこから得たものを重視し、仕事への活かし方を意識してアピールしましょう。

バイト経験の自己PR例文

ここからは、バイト経験を自己PRで書く場合の例文を見ていきましょう。バイト経験を書く際のポイントをつかんだとしても、実際の例文を見ないとイメージが湧かないという人も多いのではないでしょうか。

ここから紹介する例文は、自己PRを書く上でのポイントを踏まえつつ、アルバイト経験をアピールしているものです。これらを参考に、ぜひアルバイト経験を自己PRする文章の流れを押さえてください。そして魅力的な自己PRを作成しましょう。

例文①

私は優先順位を考えて行動し、常に余裕を持って物事を完遂できます。大学時代は居酒屋のキッチンでアルバイトをしていました。アルバイト先は忙しく、常に動き続けなければなりませんでしたが、私は動く前にやるべきことを考え、プランを組み立ててから効率的に仕事を進めました。
優先順位を意識することでスムーズに仕事は終わり、他の人のサポートにも周り、全体の仕事も円滑に進めました。貴社でも優先順位を考えて効率的に行動し、余裕を持って仕事をやり遂げることで、ミスの見直しや新しい仕事にもチャレンジしたいと考えています。

例文では、優先順位を考えて行動することで効率的に物事を進められることがアピールされています。バイトの経験はあくまで題材として使われており、経験そのものはアピールの主体にはなっていません。バイト経験を通して能力をどのように培ったか、発揮したかが伝わり、信用度を高められているでしょう。また、企業での仕事の活かし方にも言及されており、具体的な仕事の進め方を述べることで働く姿をイメージさせることができ、これも好印象です。

例文②

私は周囲への気配りを大切に、チームのムードメーカーとして仕事をすることができます。学生時代は結婚式場でサービスのアルバイトをしていました。一時期、経験豊富なアルバイトのスタッフがたまたま一度に辞めてしまったことがあり、経験の浅いスタッフだけで対応しなければならなくなりました。その時期は細かなミスが連続し、スタッフルームでは険悪な空気になり、お客様からも細かいクレームが相次ぎました。
スキルが低いのはすぐには解決できないとしても、気持ちの焦りや苛立ちがお客様に伝わること、そういった気持ちが余計にミスを招くことを何とか止めたいと 思いました。そこでまずは自分から、スタッフへの声のかけ方、良い点を褒める、使った道具は次の人が使いやすい状態で戻す、みんなのやる気を上げるような声 がけをインカムで言う、などを実践しました。結果、アルバイトスタッフに活気が生まれ、お客様からのアンケートでも高い評価をいただけるようになりました。 貴社でもチームの一員として、チームを活気づけ、成果が出せるよう貢献したいです。

自己PRですので、冒頭で自分のアピールポイントを明確にしておきましょう。このアピールポイントは、志望企業が求めるものでなくてはなりません。今回はチームのムードメーカーとして活躍できるということですが、どのような企業も基本的にチームプレイで仕事を進めるため、広い企業で受け入れられる内容といえるでしょう。アルバイト中に何が起こり、どう考え、何をおこない、そしてどのような結果になったのか、わかりやすくまとめられています。

例文③

私は責任感を持ち、仕事を正確に進めることが得意です。私は学生時代、データ入力のアルバイトをしていました。インターネット上で情報を集め、それを指定された表に正確にまとめるという仕事です。始めたころは仕事を単調と感じ、淡々と続けるのが辛いと思うこともありました。そこで、その仕事にどのような社会的な意味があるのかインターネットで調べました。
結果、その仕事はアルバイト先企業の商品が消費者のニーズを満たすために必要であることを知りました。「自分の仕事が誰かへの貢献につながる」という気持ちを持ったことで責任感が生まれ、「誰よりも速く正確に仕事がしたい」と思うようになりました。3年目には、アルバイトスタッフの中で最も効率良く正確に仕事を進めたということで、表彰を受けました。貴社でもあらゆる仕事に責任を持ち、正確な仕事をすることで貢献していきたい所存です。

この例文もこれまで同様、最初にアピールポイントが明確に書かれています。その後の展開もわかりやすいでしょう。実際にアルバイトでどのような成果が出せたのか、そして入社後にその経験をどう活かしたいのか、といった点が明確にまとめられています。

バイト経験を履歴書に書く際の注意点

バイト経験は使い方次第で履歴書でも十分にアピールできますが、注意しなければならないことがあります。バイト経験は仕事をしている姿をイメージしやすいため、自己PRの題材には優れていますが、落とし穴もあるため注意しなければなりません。注意点を正しく把握して、自己PRに上手に活用しましょう。

短期でやめたものは書かない

バイト経験をアピールする際は、基本的に長期間続けていることが大切であり、すぐに辞めたものは書かないようにしましょう。短期で辞めてしまったものをアピールすると、「やる気がない」「意志が弱い」などの印象を与えてしまい、評価を下げられてしまいます。また、すぐに辞めたものだと経験をアピールすることすら難しく、そもそも自己PRの題材として不向きです。

明確な期間の決まりはありませんが、最低でも半年以上は続けたものならマイナスの印象を与えずに済むでしょう。どれだけ志望先と関連性の高いバイトでも、すぐに辞めているとそれだけでマイナスの印象を与えます。志望先の業界と相性が悪いと思われる可能性もあるため、関係性が深い場合は特に注意が必要です。

複数のバイトのアピールは要注意

学生時代を通して複数のバイトを経験し、幅広い知識やスキルを身に付けた人もいると思われますが、この場合も注意が必要です。多くの経験をしているのは素晴らしいことであり、それが仕事に活かせるなら評価もされやすいです。しかし、複数のバイトを転々としていることで、「集中力がない」「飽き性」など、マイナスの印象を与えてしまう場合もあります。

経験次第ではプラスに働きやすい反面、継続期間や経験したバイトの数によってはマイナスになる可能性もあることは理解しておきましょう。複数のバイト経験をアピールするには、なぜバイトを転々としたのか、明確な理由を提示することが大切です。続けられなかったのではなく、あえて複数のバイトに挑戦したと伝えることでマイナスの印象を避けられます。

バイトの経験は履歴書の自己PR欄でアピールしよう

履歴書でもバイト経験はアピールできますが、基本的には自己PR欄でおこなうことが大切です。バイトの種類や続けた期間、経験した内容によっては、職歴でアピールできる場合もありますが、これらの条件を満たすケースはまれです。また、条件は満たしていても、企業によっては職歴欄にバイト経験が書いてあるだけでマイナス評価にされることもあります。

職歴欄でのアピールはリスクが高いため、評価を下げる心配の少ない自己PRで用いるのが無難でしょう。自己PRなら、志望先と関係のないバイトでもアピールは可能です。バイトから何を得て、それが志望先の仕事でどのように役立てられるかに言及し、上手に自己PRをおこないましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ