就活その他

【海外就職の方法】日本の就活との違いやメリットをご紹介

海外就職に憧れる人は多い

海外就職に憧れる人は多く、新卒から海外で働きたいと考える人ももいるでしょう。海外で就職と考えると、ハードルが高く社会人経験を積んでからでなければならないと思われがちですが、実はそうではありません。社会人経験のない新卒であっても、海外就職は可能であり、海外でキャリアを積み成長することもできます。

ただし、海外での就活は日本とは勝手が違っているため、注意しなければならないことも多いです。日本と同じ感覚で就活を進めていると失敗する可能性が高く、就職できない場合もあります。海外就職を目指すなら、世界の就活事情を知ることも大切です。就活の方法や必要な能力を知り、憧れの海外就職を実現させましょう。

海外就職と日本の就活との違い

海外就職を実現させるためには、まずは就活の特徴を知る必要があります。日本でも海外でも、社員として雇用されるには就活をしなければなりませんが、活動の特徴は大きく違います。ひとくちに海外といっても幅は広く、地域によって細かな違いはありますが、スタンダードな条件は同じです。先進国においては日本の就活こそが特殊であり、海外はある程度似た特徴を持っています。日本と海外の就活の違いを把握し、どのように就活を進めるべきか理解しておきましょう。

日本はポテンシャル重視

日本の就活はポテンシャル重視で採用が決定する傾向にあり、就職時にはそれほど高い能力は求められません。就職後に成長し活躍できる見込みがあるなら、就職時点での能力が低くても採用される可能性があるため、誰でも大企業に就職するチャンスがあります。ポテンシャル採用の場合、注目されているのはスキルや実績ではなく、成長力や人柄です。

特に人柄重視で採用を決める企業は多く、企業の風土と合っているか、職場でうまくやっていけるかが評価のポイントになります。もちろん、ポテンシャル重視だからといって、実力がまったく評価されないわけではなく、資格や能力があるなら加点はされます。しかし、能力だけでは決定打にならず、あくまで人柄が重視されやすいと理解しておきましょう。

海外は即戦力重視

ポテンシャル重視の日本に対し、海外は基本的に即戦力重視で採用が決定します。社会人経験の有無に関係なく、実力、実績、スキルが求められ、能力が低いと判断されるとどれだけ人柄がよくても不採用です。その人個人よりも、バックグランドが重要視される傾向にあるため、新卒の場合は学校の成績も見られます。

日本でも学歴の影響は多いですが、あくまで大卒か否か、偏差値の高い大学かどうか程度であるケースが多いです。海外の場合は大学のランクはもちろん、そこで何を学び、どれくらいの評価を獲得したかも参考にされます。日本以上に学歴や勉強の成果が就活に影響するため、就活対策のためにもしっかり勉強し、大学時代から何らかの実績を残さなければなりません。

海外の就活時期は個人で違う

日本は新卒一括採用で同じタイミングで就活が始まりますが、海外の場合は個人で就活のタイミングが違います。就活開始のタイミングは決まっておらず、それぞれのペースで就活をおこなうため、早い場合だと大学に入学してすぐに就職の話が持ち上がることもあります。他の学生と就活のタイミングが違うため、すべて自分のペースでおこなえるのが特徴ですが、反面自分で積極的に活動しないと、就職先は決められません。

日本の場合は全体で一気に動き出すため、就活に意識を切り替えやすいですが、海外の場合は自分で就活を意識する必要があります。自由なタイミングでおこなえるからこそ、自分の意思でチャレンジすることが大切であり、高い意欲を持っていないと就活のタイミングを逃してしまうことも多いです。

海外就職する2つの方法

海外就職を実現させるには、その方法を知らなくてはいけません。海外就職の方法は大きく2つあり、それぞれで特徴が大きく違っています。どちらも結果的には海外で働くことは可能ですが、就職するまでの流れや就職できる企業も異なります。違いを正しく把握して、どちらが自分に合っているかを考えてみましょう。

現地企業に採用される

海外就職するなら、現地企業に直接採用されるのが一般的です。現地に渡り就活をし、採用されると雇用となります。就活の特徴は違うものの、就職までの流れは日本と同じであり、就活をする場所が違うに過ぎません。日本と同様にいきなり正社員で採用されるのではなく、アルバイトから入って正社員になる方法もあります。

日本からいきなり海外に行って現地で採用されるのは難しいため、まずはアルバイトから始める人も多いくいます。アルバイトで働ける業種は限られていますが、飲食店などのサービス業なら採用されやすいです。現地で生活環境を掴み、語学力を鍛え、生活が落ち着いてから本格的に就活を開始するのもひとつの方法です。

日本企業に海外駐在員として採用される

いきなり海外企業に採用されるのが難しい場合は、日本企業に海外駐在員として採用される方法もあります。この場合、就職の方法は大きく2つで、国内で就職して海外駐在員になる場合と、日本企業の海外支社に直接採用される場合があります。海外支社でも採用活動をおこなっている場合はありますが、基本的には現地の人が優先的に採用される傾向にあるため、日本人が採用されるのは難しいです。

また、支社では採用活動はおこなっていない企業も多いため、基本的には国内で就職して海外駐在員になるのが一般的でしょう。海外駐在員になるには、国内で数年間働き異動の辞令を待たなければなりません。希望は出せますが、すぐに叶えられるとは限らないため、海外で働くまでは時間がかかると理解しておきましょう。

海外就職までの手順

海外就職を果たすには、全体的な手順を知りましょう。海外の企業から内定を獲得し、承諾によって就職が決定するという流れは同じですが、海外で就職するなら他にもやるべきことが多くあります。国内で就職する場合と違い、海外だと就職までにかかる手間や踏むべき手順の増加は理解しておかなければなりません。手順の把握により、就職までのイメージが掴め、就活も効率的に進めやすくなるでしょう。

基本の就活方法は日本と一緒

海外と日本で就活の特徴は違いますが、基本的な就活の方法はほとんど変わりません。志望する企業を見つけて履歴書(resume)を提出し、面接(interview)をおこない、内定をもらって就職が決定します。企業によって採用のスケジュールや選考の内容も異なり、筆記試験が課せられる場合もあれば、グループディスカッションをおこなう企業もあります。

日本と同様に複数回の選考を経ての内定決定が多いため、海外で選考を受ける場合は、滞在費も頭に入れておかなければなりません。もちろん、直接海外に行かず、ビデオ面接をおこなう企業も多く、海外から募集する場合は特にこの措置を取られることが多いでしょう。企業ごとに対応は違うものの、内容は同じため、日本の就活同様に事前の対策が大切です。

インターンを経ることが多い

海外は即戦力重視の実力主義であるため、採用が決定するまでにインターンをおこなうケースが多いです。書類選考や面接を経てインターンをおこない、それが最終選考になっていることもあります。インターンが選考に組み込まれている場合は、働きぶりが厳しくチェックされており、少しでも可能性がないと判断されると、その場で不合格になるケースも多いです。

インターンで実力を発揮し働きが認められることで、内定は決定します。選考の段階から仕事の成果が求められるため、どのような仕事か事前に把握しミスなく仕事をこなさなければなりません。受動的な態度では評価されずらいため、自ら積極的に行動し仕事を取って評価を高めていく必要があります。

内定後ビザの取得

海外で働くためには就労ビザを取得しなければなりませんが、これは内定後です。現地で選考を受ける場合は観光ビザで滞在し、その後就労ビザに切り替えて現地での生活に移ります。就労ビザは就職先が決まっていないと取得できないため、内定をもらった企業から就職の証明書を発行してもらわなければなりません。

また、現地に生活拠点を移す際にも、ビザが発行されるまでの期間を考慮して、スケジュールを組むことが大切です。就労ビザが取得できないために、仕事を開始できないこともあるため、内定後はビザの取得から仕事の開始までのスケジュールを念入りに話し合っておきましょう。国によってビザ取得にかかる手間は異なりますが、就職先が決まっているなら基本的に問題はありません。

海外就職するために必要なこと

海外で就職するには、「就職先を決める」「就労ビザを取得する」の2点が必要ですが、実際に仕事を始めるには他にも必要なことがあります。海外の就活は日本とは勝手が違いますが、仕事の特徴も日本とは大きく異なります。海外で仕事をするなら現地の環境に慣れる必要があり、これも就職するために必要です。スムーズに仕事を開始するためにも、何が必要なのかを把握して事前準備を徹底しておきましょう。

語学力を身に付ける

海外で就職するなら語学力は必須であり、これは最低条件です。語学力が乏しく、コミュニケーションが取れないと、それだけで就職は厳しくなります。就職後に現地で仕事をしながら語学力を磨くという方法もありますが、就活時点でまったく現地の言葉が話せないと大幅に不利なため注意が必要です。

語学力として必要なのは基本的は英語ですが、可能なら現地語も身に付けておきましょう。英語圏で就職するなら英語だけでも問題ありませんが、他の言語もできると採用時にプラスに働くことが多いです。英語圏以外の場合は、英語と現地語の両方が使えることで、高評価を得やすくなります。英語だけでも就職可能な場合は多いですが、プラス現地語が話せると有利になるため、可能な限り取得を目指しましょう。

現地の環境を知る

海外で就職するなら、現地の環境の把握も大切です。国が違うと文化も違い、生活の環境や人間関係も大きく変化します。特に文化には注意が必要で、日本では当たり前のことも海外では非常識であり、マナー違反になる場合もあるため注意しなければなりません。文化を知るだけではなく、生活拠点となる地域の治安や周辺施設、物価なども調べておきましょう。

日本の治安は基本的に良好ですが、海外は同じ国でもエリアによって治安が大きく異なることも多いです。また、広い国だと国内でも地域ごとに文化が異なり、これも注意しなければなりません。現地の環境を正しく理解して、すぐに馴染めるようにしておきましょう。

海外就職するメリット

海外就職は国内での就職よりも手間がかかり、求められるものや必要なことも多くなるため、ハードルが高いです。国内で就職するだけでも大変なため、海外で就活をすると、さらに苦労も多いでしょう。しかし、就活のハードルが上がる分、日本の企業では得られないメリットもあります。海外就職で得られるメリットを知り、高いハードルを越えるためのモチベーションにしましょう。

日本とは違うキャリアを積める

海外就職は、日本とは違うキャリアを積めることが大きなメリットです。日本と海外では就活の特徴が違うように仕事の特徴も違っており、キャリア形成も大きく異なります。海外でしかできない仕事も多くあるため、その国、地域だからこそ得られるキャリアを積むことで、国内で再就職する場合でも大きな強みになるでしょう。

海外でのキャリアにより、同じ国、あるいは別の国に転職することも可能であり、仕事の選択肢はさらに広がります。日本は島国で他の国と切り離されているため、海外就職のハードルは大きいですが、大陸で地続きになっている国はそれほど難しくありません。海外で次々と特有のキャリアを積み、日本ではできない成長を遂げられることが大きなメリットです。

早期に出世できる可能性がある

海外は実力主義が基本のため、働き次第では早期出世も可能です。日本ではポテンシャル重視の傾向が強いため、企業での評価も年功序列が多く、いかに成果を上げても出世するには時間がかかります。海外では年次に関係なくできる人からどんどん出世できるため、より仕事に打ち込みやすい環境にあるといえるでしょう。

もちろん、出世しやすい反面、成果を残すことができないといつまで経ってもポジションが上がらないと理解しておきましょう。日本のように年数を重ねることである程度の役職がもらえることはなく、実力がないと定年まで入社時のポジションもあり得ます。また、成果が残せないと解雇の対象にもなるため、夢がある分ハードルが高いと覚えておかなければなりません。

海外就職で可能性を広げよう

海外就職に憧れを持つ人は多く、新卒の時点から海外に目を向ける人もいるでしょう。海外就職は国内での就活に比べるとハードルは高いものの、新卒でも不可能なわけではありません。就職する方法は複数あり、個人の努力次第で憧れの実現は可能です。海外の就活の大きな特徴は、「即戦力重視」で「実力主義」です。

日本の就活とは真逆の性質でハードルも高く感じやすいですが、一方で実力が認められると、年齢に関係なく就職や出世ができます。メリット・デメリットは当然ありますが、海外就職に十分な魅力があることは確かです。国内での就職と同様に事前準備が大切なため、海外就職の方法を正しく理解し、万全の状態で臨みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ