履歴書

履歴書の主な販売先|種類の種類や上手な選び方をご紹介

履歴書は複数の販売先がある?

null

就活で履歴書は必須のため、必ず手に入れなければなりませんが、どこで販売しているのか疑問に思ったことはないでしょうか。履歴書の販売先は実は幅広く、複数あるためどこで購入すべきか悩む人は多いです。どこで購入するかで評価に影響しないかと不安に思う人は多く、できるだけきちんとした場所で購入したいと考える人も少なくありません。

しかし、きちんとした場所で購入するにしても、まずはどこで販売しているのかを知る必要があります。履歴書は就活で必須であり、場合によっては何十枚も使うため、どこで購入できるか知っておくことが大切です。履歴書の販売先を知り、どこで購入すべきか、どの履歴書がもっとも就活に適しているのかを知っておきましょう。

履歴書の主な販売店

履歴書の販売先は複数あり、商品の取り扱いの多い店舗なら、今やどこでも手に入れることができます。履歴書の販売先は幅広いですが、主なものは「スーパー・コンビニ」「オフィス用品・文房具店」「大学生協」などが挙げられます。

結論からいうと、履歴書はどこで購入しても問題なく、購入先が評価の対象になることはありません。しかし、どこで購入するかによって、手に入る履歴書の種類は異なるため、販売店ごとの違いは知っておきましょう。

スーパー・コンビニ

履歴書を扱っているスーパーやコンビニは多く、主に文房具のコーナーで陳列されています。コンビニでは取り扱いのある店舗、ない店舗がありますが、スーパーならほとんどの場所で置いています。

スーパーやコンビニで買ったからといって、評価を下げられるわけではありませんが、扱っている履歴書の種類が少ない可能性が高いため、注意しなければなりません。履歴書は1種類ではなく、発行元や用途によって記載する内容が少しずつ異なります。

履歴書の選択肢が少ないため、新卒の就活に合った履歴書が手に入るとは限りません。緊急で履歴書が必要な場合は便利ですが、そうでないなら他の販売店で探すのもおすすめです。

オフィス用品・文房具店

オフィス用品・文房具店は扱う履歴書の種類も多く、もっともおすすめの購入先といえます。履歴書を扱っていないことはまずなく、履歴書作成に関係する事務用品もまとめて購入できるため、就活準備を効率的に進められます。

履歴書の購入先ではもっともおすすめですが、あくまで履歴書の種類が多いから、事務用品も一緒に購入しやすいからに過ぎません。オフィス用品・文房具店で購入すると、きちんとした場所で買っている気にもなりますが、どこで購入しようと履歴書の評価は内容で決定します。

きちんとした場所で買ったからと、内容を適当にしてしまうと、当然評価は下げられます。購入先はプラスにもマイナスにもならないため、どこで買っても内容にこだわって作成することを心がけましょう。

大学生協

null

大学生協では一般的な履歴書と大学指定の履歴書、2種類が売られていることが多いです。大学によってはどちらか一方しか売っていないということもありますが、履歴書が手に入ることは確かなため、学校に行く用事があるなら、おすすめの購入先です。

大学生協で購入した場合は、若干割引をしてもらえる可能性もあるため、経済的にもお得でしょう。割引と言っても数円程度がほとんどですが、何度も購入することを考えると、少しでも割引してもらえるに越したことはありません。

就活中はバイトの時間を取ることが難しく、就活の準備や交通費でかなりのお金がかかります。就活資金を貯めておくのは大切なため、できるところから節約して、資金をしっかり蓄えておきましょう。

大学HPからダウンロード可能な場合もある

大学によっては大学のHPから履歴書をダウンロードできる場合もあります。データでダウンロードした履歴書は、印刷して使用することも可能ですが、印刷する用紙には注意が必要です。ぺらぺらのコピー用紙で印刷してしまうと、適当な印象を与えてしまう可能性があり、場合によっては不利に働くこともあります。

印刷するなら上質紙がおすすめですが、いちいち紙を用意し、印刷するのは手間がかかるため、手書きで作成するなら、基本的には購入して使ったほうが良いでしょう。ダウンロード版はパソコン作成の場合に使用し、志望先に合わせて作成の方法を使い分けることが大切です。

場合によってはPDFでのダウンロードになり、印刷して手書きでしか使えない場合もありますが、編集できる形式なら、パソコン作成の場合のみに用いましょう。

販売されている履歴書の種類

販売されている履歴書は大きく4つの種類に分けられ、それぞれで特徴が異なります。どれも履歴書であるため、基本的な内容は同じですが、細部に違いがあるため注意しなければなりません。細かい違いだからといって気にせず使用していると、選考で不利になる可能性もあります。

同じ人が履歴書を作成する場合でも、使用する種類によってアピールできる内容や評価は違ってきます。種類ごとの違いを知り、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

JIS規格

null

JIS規格の履歴書は、経歴を記入する欄が多く、自己PRや志望動機を記入する欄が小さいです。過去の経歴をアピールしたい人に向いている形式であり、経験が豊富で、保有している資格やスキル、実績の多い人におすすめできます。

経歴から能力をアピールしやすいのが特徴であり、即戦力での採用を目指すなら、JIS規格の履歴書が向いています。経歴を持っている人はアピールしやすいですが、経験が浅く、資格や実績に乏しい人はアピールしづらいため、注意しなければなりません。

経歴が少ないと履歴書全体がすかすかになってしまい、魅力がないと思われてしまいます。必要事項はすべて記入していても、全体的に内容が薄いと志望度が低いと判断される可能性もあるため、注意しましょう。

一般用

一般用の履歴書は、JIS規格に比べると経歴を記入する欄が小さく、自己PRや志望動機の欄が大きいことが特徴です。経歴の記入欄が小さいといっても、最低限の経歴は記入できるため、それほど経験が多くないなら十分使えます。

経験豊富な人はアピールがしづらいですが、自己PRや志望動機で人柄、熱意を伝えやすいため、経験の浅い人に向いている形式といえるでしょう。過去の実績がなくても、現在の自身の魅力を提示してアピールできるため、内容次第で高評価も獲得できます。

また、自己PRや志望動機の書き方次第では、将来性を提示することも可能です。現在と将来の両方の自分をアピールできるため、ポテンシャルを買ってもらいたい人におすすめの履歴書です。

パート・アルバイト用

パート・アルバイト用の履歴書は、JIS規格と似ており、経歴の記入欄が大きいです。自己PRや志望動機などをアピールする欄もありますが、枠が小さく記入できる内容は限られています。

JIS規格と違うのは、通勤時間や配偶者の有無など、パートやアルバイトで働く際に必要な情報を記載する項目があることです。パート・アルバイト用と区分されている以上、新卒や転職など、正社員での就職を目指す場合には不向きな履歴書です。

記入できる内容による向き不向きもありますが、それだけではなく形式そのものが違っているため、間違って使っていると思われる可能性もあります。基本的にはどの履歴書を使っても問題ありませんが、パート・アルバイト用に関しては、使用すると印象が悪くなる可能性があるため注意が必要です。

大学指定

大学指定の履歴書は、大学ごとに詳細な内容は異なりますが、基本的には一般用と同じで自己PRや志望動機の欄が多く取られています。自身の人柄をアピールしやすく、学生時代に経験したこと、学んだことをアピールする欄が取られていることも多いです。

大学指定の履歴書の場合、大学の校章が記されているため、どこの学生かをアピールしやすいのも特徴です。学歴が評価されるかは企業によって異なりますが、偏差値が高い、あるいは知名度の高い大学なら、採用担当者の印象にも残りやすいでしょう。

大学指定は学校ごとに細部の内容は違いますが、どれも基本的な履歴書の形式を満たしているため、使用しても問題ありません。学校に用事の多い人なら入手しやすいため、就活中の通学状況によって、使用するかどうか考えても良いでしょう。

就活でおすすめの履歴書

就活でおすすめの履歴書

就活では基本的にはどの履歴書を使用しても問題はありませんが、履歴書の種類によってアピールがしやすいかどうかは異なります。少しでも選考を有利に進めるためには、アピールがしやすく、書きやすい履歴書を選ぶことが大切です。

使用する履歴書の種類を変えるだけでも、作成のスムーズさや評価が異なることは多いため、どれを使うかこだわることが大切です。就活でおすすめの履歴書を知り、どれがもっとも新卒の就活に適しているのかを知っておきましょう。

一般用か大学指定

新卒の就活で使用する履歴書なら、一般用か大学指定のどちらかがおすすめです。それぞれ細部の特徴は異なりますが、自己PRや志望動機を記入する欄が大きいことは共通しています。新卒の場合、社会人経験がないため、経歴や実績をアピールするのは難しいです。

JIS規格を使用しても、ほとんど書けないことが多く、すかすかになってアピール不足な印象を与えてしまいます。一般用や大学指定なら、経歴に関係なく人柄を伝えられるため、アピール不足な印象を与えることもありません。

もちろん、記入する量次第では、すかすかに見えてしまいますが、工夫次第でいくらでも文量は増やせるため、書きやすくもなるでしょう。JIS規格と同様にパート・アルバイト用も新卒では不向きなため、これらは避けて履歴書を選びましょう。

A4サイズを選ぼう

履歴書のサイズはA4(開いてA3)とB5(開いてB4)の2つに分けられ、おすすめなのはA4サイズです。サイズもどちらを使用しても問題はありませんが、一般的な書類のサイズがA4のため、提出する履歴書もこれに合わせたほうが良いでしょう。

履歴書はコピーを取ってまとめて保管することがほとんどのため、一般的な書類のサイズと大きさが異なっていると、保管がしづらくなります。A4の書類の中に1枚だけB5があると管理が面倒で、企業に手間をかけてしまうため注意が必要です。

また、B5の履歴書はコンパクトなため、記入できる内容も少なくなります。B5だとアピール量を増やすには字を小さくする必要があり、見づらくもなるため、ビジュアル面からもA4の履歴書がおすすめです。

販売先ではなく履歴書の種類に注目しよう

null

履歴書の販売先は複数ありますが、どこで購入したからといって、評価が変動するわけではありません。コンビニで買った履歴書も、文房具店で買った履歴書もそれ自体の評価は同じであり、どのような内容で書かれているかが重要視されています。

どこで購入しようと、内容さえ充実しているなら高評価、内容が悪いと低評価になることは覚えておきましょう。履歴書を購入する際には、販売先ではなく種類にこだわることが大切です。

履歴書の種類は複数あり、種類によってアピールしやすい内容や書きやすさは異なります。新卒なら自己PRや志望動機をアピールしやすい一般用か大学指定の履歴書がおすすめです。履歴書の種類に注目し、新卒に合ったものを選び、書類選考の突破を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ