企業研究

ホワイト企業とは|特徴や見分け方を把握して就職に役立てよう

ホワイト企業に就職したい

null

就活は就職先を決める重要なイベントであり、どの企業に就職するにしても、納得のいく形で終えることが大切です。人によってやりたいこと、就職したい企業は違いますが、少しでも条件がよく、働きやすい企業に就職したいと考える人は多いでしょう。好条件の仕事と考えるとホワイト企業がイメージされやすく、漠然とホワイト企業に就職したいと考える人も少なくありません。

ホワイト企業は優れた就職先のひとつであり、就職満足度も高いでしょう。しかし、ホワイト企業への就職は難易度が高く、かつ見つけるだけでも一苦労です。また、ホワイト企業に就職=就活の成功とも限りません。多くの人がホワイト企業への就職を目指しますが、その実態はどのようなものなのか、就活のポイントを含めて理解していきましょう。

ホワイト企業の特徴

ホワイト企業の特徴

ホワイト企業への就職を目指すなら、企業の特徴を知り、選択肢を絞り込むことも大切です。就活は膨大な選択肢の中から志望する企業を選ばなければならず、応募企業の選定だけでも労力を使います。ホワイト企業の特徴を理解していないと、そもそもどの企業が自分にとって好条件と呼べるのかが分からず、応募段階で困るため注意しなければなりません。ホワイト企業の特徴を知って、どのような企業が優良と呼ばれているのか、知っておきましょう。

給料が高い

ホワイト企業の多くは給料が高いことが多く、同業界で比べても水準は高い傾向にあります。これは仕事に対して正当な対価が支払われているという証拠であり、社員を大切にする良い企業ともいえるでしょう。もちろん、給料が高い=必ずしもホワイト企業とは限りませんが、その可能性は頭に入れておくことが大切です。

企業ごとに仕事の内容は違いますが、同じ業界、職種だとある程度似ていることは多いです。ほとんど同じ仕事をしていても、企業によって給料の水準は異なるため、少しでも給料が高いホワイト企業を目指すのは重要といえます。給料が高いと仕事への満足度も高く、より充実感を味わいやすくなるため、楽しみながら仕事にも取り組みやすいでしょう。

昇給・ボーナスがある

昇給やボーナスは当たり前にあると考える人も多いでしょうが、必ずしもそうとは限りません。これらの制度を採用していても、実際に適用していない企業は数多く存在します。ホワイト企業は昇給やボーナスの制度を確実に採用し、高い確率で適用させています。

これは、社員を大切にする風土と業績が安定しているからこそできることです。昇給がない、ボーナスがカットされる場合は、企業の経営状態が悪い可能性も高いため、注意しなければなりません。経営状態が悪いと、最悪の場合倒産して、個人の意思に関係なく仕事を失う危険性もあります。昇給やボーナスがあるのは、単に経済的なメリットになるだけではなく、安定した雇用を実現するためにも重要な要素だと考えましょう。

残業が少ない

企業ごとに定時の時間は決められていますが、必ずしもその通りに仕事を終えられるとは限りません。残業が発生するのはホワイト企業でも同じですが、他の企業と比べると残業が少ないこともホワイト企業ならではの特徴です。ホワイト企業の場合、良好な経営が続いていることが多いため、仕事の割り振りやサポートの体制が整っていることが多いです。

つまり、誰もがスムーズに仕事を進め、決められた時間内に終わりやすい環境が整えられているため、残業が発生すること自体も少ないでしょう。残業がないのが当たり前で、特別に仕事がある場合のみ残業をするのが、ホワイト企業の考え方です。残業は本来そうあるべきものですが、実際に体現できている企業は少なく、それができているのはホワイト企業ならではといえるでしょう。

離職率が低い

離職率が低いことも、ホワイト企業の特徴です。ホワイト企業は働きやすい環境にあるため、退職者が非常に少ないです。もちろん、退職者がゼロなわけではありませんが、他の企業に比べると数は少なく、入社して3年以内の離職率は特に低いと言えます。企業の離職率を見る際には、入社3年以内の離職者数、割合を見ることが大切です。

ブラック企業の場合、社員を使い捨てにしていることが多いため、3年以内の離職率は非常に高いです。反面ホワイト企業は、採用した社員を大切に備える環境が整っているため、3年でやめてしまう人はかなり少ないでしょう。入社3年以内の離職率は、ホワイト企業とその他企業では圧倒的に違うため、選択肢を絞り込む際には参考にするのがおすすめです。

風通しがいい

ホワイト企業は風通しが良いことも多く、社員がのびのび働ける環境にあります。これは企業の風土、職場内での考え方はもちろん、在籍する社員の年齢層も関係することが多いです。風通しが良い企業の場合、年齢や性別に偏りがなく、多様な人材がバランス良く配置されている傾向にあります。

対して風通しが悪く、昔からの風習に縛られている企業は、男女比が極端だったり、年齢層が固まっていたりする場合が多いです。多様な人材を受け入れ、お互いを尊重する風土にある企業ほど、風通しが良く、自由に意見を述べやすい環境にある場合が多いでしょう。ホワイト企業の多くは風通しが良いために適度な距離感で良好な人間関係を築けることが多く、トラブルに発展することも少ないです。

ホワイト企業の見分け方

null

ホワイト企業に就職するには、本当にホワイトと言えるのか、きちんと見分けなければなりません。ホワイト企業ならではの特徴は数多くありますが、すべて当てはまる企業は非常に少ないです。また、本当に当てはまっているのかを正しく判断するためには、見分け方を知ることが大切です。数ある選択肢の中から、本当のホワイト企業を見つけるにはどのような点に注目すべきか、見分け方の方法を含めて知っておきましょう。

業界から分析

ホワイト企業を見分けるには、まずは業界単位で分析して、大まかに選択肢を絞り込むのがおすすめです。業界ごとの環境の違いは大きく、どの業界を志望するかで得られるメリットは異なります。例えば安定を求めるなら、公務員や金融業界、給料の高さを求めるなら、メーカーや商社、安定した需要を求めるなら、インフラや医療、介護の業界がおすすめです。

業界内でも企業によって詳細な条件は異なりますが、ある程度の傾向は掴めるため、選択肢が多すぎて絞り込めない際には、大枠で捉えて考えることが大切です。業界によっては、業種が複数存在する場合もあるため、業界・業種両方の特徴を把握して、ホワイト企業の選択肢を限定していきましょう。

企業単位で分析

業界を分析してある程度志望先が固まった後は、企業単位で分析して、さらに詳細な情報を集めます。同じ業界でも企業によって採用の条件は異なり、給料や福利厚生、採用している制度は違います。企業での仕事の内容もチェックしながら、同時に仕事の条件を探ることが大切です。

この時、募集要項だけではなく、企業の決算報告書や四季報なども頼りに、業績、離職率をチェックするのもおすすめです。ひとつの要素だけで見てしまうと、実際には違っていても、ホワイト企業と勘違いしてしまうことがあります。ブラック企業の中には、あるひとつの特徴だけが突出しており、一見魅力的に見えることもあるため、選択肢を誤らないためにも、必ず複数の要素から分析しましょう。

口コミ情報も参考にする

ホワイト企業かどうかは、基本的にはデータを参考に分析しますが、口コミ情報を参考にして評判を探るのもおすすめです。ネット上には数多くの口コミサイトがあるため、それらもよくチェックして、志望先が本当にホワイト企業と言えるのか確認してみましょう。口コミサイトは選考を受けた学生による評価を記したものや、実際にその企業で働いている、あるいは働いていた人からの評価を記したものなど、さまざまです。

ネットの情報はすべて本当とは限らないため、間違った情報を掴まないためにもできるだけ多くの情報源をチェックして、真偽を精査することが大切です。ネットの情報はあくまで参考程度のため、口コミを確認しながらも、説明会やOB訪問、インターンに参加して、より確実な情報を得ることも心がけましょう。

ホワイト企業を探す際の注意点

null

ホワイト企業を探す際には注意点もあり、これが守れていないと就職先選びで失敗する可能性があります。好条件で働ける企業を探し求めていたはずが、いざ就職してみると悪条件で、すぐにやめてしまうというケースもあるため注意しなければなりません。注意点も把握して、正しい方法でホワイト企業を見つけましょう。

大企業=ホワイトではない

ホワイト企業=大企業と考える人も多いでしょうが、これは間違いです。確かに大企業は世間的なイメージもあるため、良好な環境が用意されている場合が多く、実際にホワイト企業も数多く存在します。しかし、世間的な評判は良くても、実態はブラック企業の場合もあるため、注意しなければなりません。

ネームバリューだけで就職先を決めると、望んだ条件で働けない危険性があることは理解しておきましょう。また、これは反対に言えば中小企業=ブラック企業とは限らないとも言えます。大企業はホワイト、中小企業はブラックと考える人も多いですが、実際はそうではありません。中小企業でも優れた企業は数多く存在するため、視野を広げることが大切です。

給料が高いとは限らない

ホワイト企業のイメージでは、高給取りというものもありますが、これも必ずしもそうとは限りません。給料が安定している場合でも、高い水準で支払われるとは限らないことは理解しておきましょう。そもそも給料が高いことと、給料が安定していることは別物です。

昇給やボーナスの制度は整っているものの、もともとの給料自体が安いため、低い水準で安定している場合もあります。また、月給は高いものの、変動が激しく、昇給やボーナス制度が一律で固定されていないこともあるため注意が必要です。月給が高くても安定していない場合は、ホワイト企業とは呼べません。安定と水準の高さは別物と考え、それぞれが揃った企業を見つけることが大切です。

自分にとってのホワイトの基準を決める

ホワイト企業の基準は明確ではないため、自分なりの基準を決めて選択肢を絞り込むことが大切です。一般的にホワイト企業と呼ばれるところに就職しても、求めるものによっては不満を感じてしまい、早期に退職するケースもゼロではありません。就活は良い企業、優れた企業に就職することが目的ではなく、自分に合った企業に就職することが目的です。

いかに好条件でも、自分に合っていないと本当の意味でホワイト企業とは言えないため、注意しなければなりません。これだけは譲れないという基準を作り、まずはそれを満たす企業を選定することが大切です。その上でその他の条件も優れた企業を見つけ、自分にとってのベストなホワイト企業を見つけましょう。

ホワイト企業の選択肢は豊富

null

ひとくちにホワイト企業といっても幅は広く、人によって何を重要な条件と考えるかは異なります。一般的にはホワイト企業でも、自分にとってはホワイトとは言えない場合もあるため、就職先は慎重に選ばなければなりません。また、一般的には違っていても、自分が求める環境や条件が完璧に揃っているなら、そこは自分にとってのホワイト企業と言えます。

ホワイト企業はあくまで満足して働ける環境を指した言葉とし、人によって形は変わると考えることが大切です。就活の目的は単に就職を決めること、世間的な評価の高い企業に就職を決めることではありません。自分が納得できる企業に就職を決めることが重要なため、自分なりのホワイト企業を見つけて、ベストな企業への就職を果たしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ