インターン

インターンシップで得られる学生と企業側のメリット|期間別もご紹介

インターンシップは本当にメリットがある?

null

就活準備ですべきことは数多くあり、就活関連のイベントへの参加もその中のひとつです。代表的なものには企業説明会やOB訪問、インターンシップなどがあります。特にインターンシップは毎年参加者も増えており、注目度は上がっています。インターンシップに参加することで就活を有利に進められるというのはよく聞く話ですが、実際にどれだけメリットがあるのか疑問視する人も多いでしょう。

インターンシップは強制参加ではないだけに、参加を躊躇してしまう人も少なくありません。しかし、参加することでメリットを得られるのは事実であり、上手に活用することで就活をよりスムーズかつ有利に進められます。インターンシップには本当にメリットがあるのか、実態を詳しく知って理解を深めましょう。

学生と企業別のインターンシップのメリット

インターンシップのメリットについて理解を深めるには、学生と企業それぞれのメリットを知ることが大切です。インターンシップ=学生向けのイベントとイメージされるため、企業側にはメリットはないのではないかと考える人も多いでしょう。しかし、実際はそうではなく、企業にもメリットがあるからこそ実施されています。学生と企業では、それぞれ感じているメリットが違うため、両者の違いを把握してインターンシップへの基本的な理解を深めましょう。

学生のメリット

インターンシップに参加する学生のメリットは、主に就活に活かせる点にあります。インターンシップでの経験は就活に活用できるものが多く、社会人生活をスムーズにスタートさせるためにも、役立てられるものが多いでしょう。もちろん、インターンシップへの参加は必須ではないため、すべての学生が参加しているわけではありません。

インターンシップに参加せずとも内定を獲得し、就職している学生もいます。しかし、よりスムーズな就活の攻略と考えると、インターンシップへの参加は大きな武器になるのです。必須ではないものの、必要であることは理解し、メリットをさらに細部まで知って参加への意欲を高めることが大切です。

業界・企業研究ができる

インターンシップでは、業界や企業について詳しく知ることができるため、より深い業界・企業研究ができます。実際に企業と密接に関わりながら情報を収集することで、他では得られない情報が手に入ることもあり、参加していない学生と大きく差をつけることもできるでしょう。

また、企業によってはインターンシップ参加者を対象に、選考の情報を先に通知するケースもあります。就活は情報戦になることが多いため、少しでも早く情報を得て、動き出すのは大切なことです。業界・企業研究も早い段階から進めることができ、かつ就活関連の情報も手に入れやすいことがインターンシップの魅力です。早期から情報収集を始め、万全の状態で就活をスタートさせたい人には、特におすすめでしょう。

仕事の経験が積める

入社前に仕事の経験が積めることも、インターンシップに参加するメリットのひとつです。企業によってインターンシップの実施内容は違うため、必ずしも仕事が経験できるとは限りませんが、何らかの形で仕事に触れられることは多いです。実務経験が積めない場合でも、ワークを通して仕事を疑似的に体験できることも多く、参加することで少しでも社会人経験を積めるという点は確かでしょう。

経験を積むことで参加企業の仕事への理解を深められることはもちろん、社会人全般のスキルを身につけられることも多いです。社会人と同じ空間で過ごすことで、スキルや知識、マナーなどを身につけられる場合が多く、どの業界・企業でも得られるものはあります。

企業のメリット

インターンシップへの理解を深めるためには、企業のメリットを知ることも大切です。インターンシップはすべての企業がおこなっているわけではなく、一部に限られています。これは、実施にはお金や時間などのコストがかかるためです。

インターンシップの実施にはコストがかかりますが、その分メリットがあるため、積極的におこなう企業は増えています。インターンシップによって企業が得られるメリットも、基本的には採用に関係することです。企業がインターンシップで何を期待しているのか、何を得ているのかを知ることで参加する意味がさらに理解でき、学生側もよりメリットを感じやすくなるでしょう。

自社のアピールになる

企業がインターンシップをおこなうのは、自社のアピールのためです。インターンシップをおこなうことで、積極的に教育する風土があることをアピールでき、学生だけではなく世間的にも好印象を得ることができます。企業にとって自社のアピールは非常に重要なものであり、知名度や好感度が利益に強く影響することも少なくありません。

インターンシップの実施にはコストがかかるものの、自社をより多くの人に売り込めることで、結果的にコスト回収に繋がることから、積極的な実施を試みる企業は多いです。また、自社の存在を広くアピールすることで応募者の増加も期待でき、よりスムーズに人材を確保しやすくなることも企業が得られるメリットのひとつです。

優秀な人材を見つけられる

優秀な人材を見つけられることも、企業がインターンシップをおこなうメリットのひとつでしょう。就活の解禁は時期が決められているため、外資系や特殊なケースを除き一斉に採用活動をスタートさせなければなりません。特に経団連に加盟している企業なら、指針に従って6月まで採用活動を本格的に始動させられないため、他の企業から出遅れると人材を取り逃してしまうことも多いです。

インターンシップ中に優秀な学生を見つけることで、早期に囲い込みをおこなうことができ、他の企業に取られないうちに、内々で採用活動が進められます。インターンシップの段階では採用が本決まりではありませんが、早い段階で目をつけてアプローチができるため、通常よりも人材を確保しやすいことは確かです。

短期と長期で違うインターンシップのメリット

null

インターンシップは大きく短期と長期の2種類に分けられます。短期は数日から1週間程度で、短いものなら1日単位でおこなうものもあります。長期は数週間以上が目安で、数ヶ月単位でおこなうものが多いです。それぞれ参加することで得られものは数多くありますが、期間によって得られるメリットが異なるため、注意しなければなりません。インターンシップを上手に活用するためにも、短期と長期それぞれのメリットの違いを知り、どちらが自分に合っているか考えてみましょう。

短期は数がこなせる

短期は短い場合で1日、長くても1週間程度のため、数がこなせるのがメリットです。インターンシップの参加企業は1社に絞る必要はなく、複数社同時に応募し、参加することも可能です。しかし、長期の場合だと同時並行してインターンシップをおこなうのは難しく、スケジュールの都合上どうしても参加できない場合もあります。

短期ならスケジュールの調整もしやすく、組み方次第では連日別の企業のインターンシップに参加することが可能です。幅広い業界、企業を見ることができるため、就職の選択肢を広げるのにも最適でしょう。まだ志望先が明確に決まっていない場合に、選択肢を絞り込むために複数参加し、フィーリングを確かめるのもおすすめです。

長期は実務経験ができる

長期インターンシップは、ワーク形式がメインの短期と違って、実務経験を積めることがメリットです。数ヶ月単位になることがほとんどため、実際に現場社員がおこなう仕事も経験できるでしょう。実務経験を積めることで、企業での仕事について、さらに詳細まで理解を深めることができ、かつ仕事のスキルも身につけられます。

社会人に囲まれて仕事をすることで、就職後のビジョンも掴みやすく、社会人になる意識も持ちやすくなるでしょう。加えて実務を任される場合は、インターンシップでも給料をもらえることが多いです。仕事の経験を積んで勉強しながら、同時にお金ももらえるため、アルバイトをするより得られるものは多くメリットも大きいでしょう。

インターンシップのデメリットにも注意

null

インターンシップに参加するメリットは数多く存在しますが、同時にデメリットもあるため、注意しなければなりません。デメリットを正しく把握できていないと、参加しても得られるものが何もなく、場合によっては損をする可能性もあります。インターンシップは参加が必須でないだけに、損をするのは非常にもったいないです。デメリットも正しく把握して、詳細まで理解を深めた上で、参加するかどうかを決めましょう。

短期は実務経験が積めない

短期インターンシップは参加のハードルが低く、複数企業に参加できることが魅力ですが、反面実務経験が積めないというデメリットがあります。ワーク形式でおこなう場合でも、あくまで疑似体験であり、本当の仕事ではないことは理解しておかなければなりません。疑似体験でもある程度仕事への理解を深めることはできますが、実務を経験した場合と比べると、天と地ほどの差があります。

ワークの場合は企業側も学生に仕事の楽しさを知ってもらおうと考えている場合が多いため、楽しく取り組めるよう工夫されている場合も多いです。ワークを経験して楽しいと思って就職すると、実際の仕事は勝手が違い、楽しいと感じられずにやめてしまうケースも少なくありません。ワークはあくまで仕事の一部であり、全部ではないことは覚えておきましょう。

長期は学業との両立が大変

長期インターンシップな実務を経験できるため、より詳細まで仕事への理解を深められますが、学業と両立が大変になることがデメリットです。長期の場合は数ヶ月単位がほとんどのため、時期によっては授業やテストと重なることも少なくありません。また、実務を任されるため責任は重大であり、インターンシップの仕事をこなすだけでいっぱいいっぱいになることも多いです。

インターンシップばかりに目がいってしまい、勉強が疎かになることも多いため、注意しなければなりません。学業が疎かになると、卒業に影響し、結果的に就活にも悪影響を及ぼすこともあります。就活を有利に進めるためのインターンシップで、悪影響を及ぼすのは本末転倒のため、厳しいスケジュールになりやすいことは理解しておきましょう。

インターンシップのメリットを最大限に活かすには

インターンシップのメリットを最大限に活かすには

インターンシップを就活に活用するには、メリットの最大化を考えることが大切です。目的意識を持って参加するだけでも少なからず得られるものはありますが、それだけでは小さい成果しか上げられないことも多いです。大切なのは何らかのメリットを得ることではなく、いかに大きなメリットを勝ち得て、就活に活かせるかだということは理解しておきましょう。

インターンシップのメリットを最大限に活かすには、取り組み方を工夫することが大切です。ただ与えられたことをこなすだけではなく、自身で考え、積極的に取り組んで成長する姿勢が求められることは、理解しておきましょう。

事前準備は必須

業界・企業研究の一環としてインターンシップに参加する人も多いでしょうが、さらにメリットを高めるには事前にある程度情報を集めておくことが大切です。業界や企業についての予備知識を持っていると、インターンシップ中に得られる情報も理解しやすく、さらに深堀りしたことまで引き出せる場合があります。

予備知識がないと、表面的なことを理解するだけで終わってしまう可能性が高いため、注意しなければなりません。事前に研究を進めておき理解が深まっていることをアピールできると、志望度や意欲の高さも伝えることができ、好印象も与えやすいでしょう。

採用に繋がることを意識する

企業によってインターンシップの位置づけは違いますが、基本的には採用に強く関係することが多いです。そのため、採用に繋がることを意識し、就活の一環と考えて真面目に取り組みましょう。インターンシップでの働きぶりを見て、採用を決める企業は少なくありません。

仮にその場で採用が決まらなくても、別枠で選考を設けたり、リクルーターつけたりして、優遇措置を取ることも多いです。また、これらの優遇がなくても、インターンシップに参加した経験があることで、本選考で評価をプラスしてもらえる可能性もあります。企業ごとに扱いの違いはあるものの、参加がマイナスになることはないため、採用を意識して評価を高められる振る舞いを心がけましょう。

インターンシップに参加するメリットは多い

null

インターンシップは必須ではないだけに、参加しようか悩む人は多いでしょう。どの企業のインターンシップに参加するかで得られるものは異なりますが、基本的にはどこでもメリットはあると考えましょう。インターンシップ参加で得られるメリットは多く、上手に活用することで就活を有利に進められます。

もちろん、ただ参加するだけでメリットが得られるわけではなく、積極的に取り組み、学ぼうとする意欲を持つことは大切です。目的意識さえ持って真面目に取り組んでいるなら、どの企業のインターンシップからでも得られるものはあります。参加するメリットの多さを知り、就活に大いに役立つことを理解して積極的に挑戦しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ