インターン

【インターンシップで夏休みに差をつける】参加するメリットを紹介

夏休みはインターンシップに参加しよう

就活を有利に進めるには、夏休みの期間をいかに有効活用するかが大切です。特に2回生から3回生の夏休みの過ごし方は重要で、ここで何をするかで就活の進み方が違ってくるといっても過言ではありません。少しでも就活を有利に進めたいなら、夏休みの自由な時間を使ってインターンシップに参加するのがおすすめです。

インターンシップが必須なわけではありませんが、参加することで得られるものは非常に多いです。選考で有利になるケースも少なくないため、できるだけ積極的に参加したほうがいいでしょう。夏休み期間を上手に活用する方法を知り、インターンシップで有意義な時間を過ごすことが就活突破の第一歩となります。

インターンシップとは

インターンシップに参加するなら、これがそもそもどのようなものなのか、基本的な理解を深めておかなければなりません。就活が近づいてくるにつれて、インターンシップという言葉は耳にする機会も増えますが、言葉だけが先行して、実際にどのようなものか知らない人は多いです。概要を正しく知らないままだと、いざ参加しようとした時に、スムーズに進められない可能性があります。インターンシップの基本を理解して、どのようなイベントなのか把握しておきましょう。

短期インターンシップの概要

インターンシップは企業によって実施期間が異なり、数日から1週間程度の短い期間でおこなう場合があります。これは短期インターンシップと呼ばれるものであり、さらに短く1日で終わるものは1DAYインターンシップと呼ばれたりします。

1DAYや短期インターンシップは、企業説明会の延長であったり、そこにグループワークが加わったりすることが多いです。仕事の体験はあくまで模擬的なものであり、成果物の作成やグループでのディスカッションなどを通じて、最終的な発表に至ることが多いです。短期インターンシップは拘束期間が短いため、比較的気軽に参加しやすいことも魅力でしょう。ひとつひとつのウエイトがそれほど大きくないため、複数社参加する人も多いです。

長期インターンシップの概要

1週間程度で終わる短期に対して、1ヶ月以上おこなうものを長期インターンシップと呼びます。長期インターンシップは実務を任されることが多く、実際のその企業の社員と一緒に働くことで、仕事への理解を深められます。

すべての企業ではありませんが、実際に仕事をしているため、給料が出る場合も少なくありません。インターンシップという体験的な学習の中でも特に実践的であり、参加倍率は高いです。

また、拘束期間が長いため、参加するならスケジュールを念入りに調整しなければなりません。企業や仕事への理解を深められるのは大きなメリットですが、短期よりもハードになるため、高い意識を持って参加することが大切です。

インターンシップの開催時期

インターンシップの開催時期は明確に決まっているわけではなく、企業によって異なります。また、同じ企業でも募集するコースによって日程が違うこともあるため、自分が参加したいコースはいつ開催されるのか、チェックしておかなければなりません。

企業によって開催時期はばらばらですが、参加しやすさを考慮して8月や2月など、長期休暇の際に実施する場合が多いです。これらはサマーインターン、ウインターインターンと呼ばれるものであり、この周辺の時期に開催する企業が集中しやすいことは覚えておきましょう。

ただし、スプリングインターン、オータムインターンと呼ばれるものもあるため、年中通してインターンシップが開催されていることは、頭に入れておく必要があります。

夏休みにインターンシップに参加するメリット

夏休みにインターンシップに参加するメリット

夏休みにインターンシップへの参加を検討するなら、まずはそのメリットから理解を深めていきましょう。そもそもインターンシップは就活を有利に進めるための大切なイベントであり、時期に関係なく参加すること自体にメリットがあります。なぜ夏休み期間でのインターンシップの参加が特におすすめなのか、特有のメリットから理由を把握していきましょう。

スケジュールを自由に組みやすい

夏休みは時間を自由に使うことができ、インターンシップのスケジュールも組みやすいです。インターンシップに参加するには、まず志望先を選定し、応募、その後選考を経て合格者のみ参加となります。そもそも参加するには選考に合格するというハードルがありますが、それだけではなく、大前提として予定を合わせなければなりません。インターンシップは自分だけが参加するわけではなく、他にも数多くの学生が参加します。

そのため、自分の都合で日程をずらしてもらうことはできず、定められた期間に参加できないなら諦めるしかありません。他の時期だと予定を調整するだけでも困難になりやすいですが、夏休みは自由な時間が多いため、参加の制限も少なく気軽に挑戦しやすいでしょう。

本格化する就活に向けて準備できる

就活をする上では事前準備が大切であり、インターンシップもその一環です。就活の情報解禁は4回生の3月、経団連の指針に従う企業は6月から面接解禁と、ある程度のスケジュールは決まっています。これらのスケジュールをクリアするには、その前から動き出さなければならず、3回生の冬になるとやるべきことが一気に増えます。

年末から年始にかけて焦ってしまう学生は多く、準備が完了しないままに就活解禁を向けてしまうことも少なくありません。夏休みから動き出すことで事前準備を早めに始めることができ、余裕を持って就活解禁を迎えられます。どのタイミングから就活の準備を始めるべきか分からないという人は、夏休みのインターンシップからスタートしてみましょう。

一部採用直結の場合もある

夏休み期間のインターンシップは、企業を知ってもらうことを前提に開催されているものが多いです。冬に向けて本格化する就活に備えて応募者を獲得するために、知名度を高める目的でインターンシップを開催する企業がほとんどです。しかし、一部企業では宣伝目的だけではなく、夏休みのインターンシップから、採用活動に乗り出している場合もあります。

インターンシップ中の働きをみて評価を決め、場合によっては就活解禁前に内々に内定をもらえる可能性すらあります。インターンシップから得られる情報、経験によって就活を有利に進めやすくなりますが、メリットはそれだけではありません。採用が決まって就活を終えられる可能性があることも大きなメリットです。

夏休みのインターンシップを成功させるコツ

null

夏休みに開催されるインターンシップに参加するメリットは多いため、チャレンジするだけでもプラスになるでしょう。しかし、漠然とした思いで参加するだけではなく、成功させるためには何が大切かを意識して取り組むことも重要です。インターンシップは、参加するだけで必ずしもプラスになるとは限りません。失敗する可能性もあるため、メリットを最大化するためにも成功のコツを知り、意識を高く持って臨みましょう。

短期と長期のどちらに参加するか決める

インターンシップには、短期と長期の区分があるため、まずはどちらに参加するのかを決めましょう。短いものだと1日単位でおこなわれるものから、長くても数週間程度です。長期の場合は最短で1ヶ月程度、長いと1年に及ぶものもあります。夏休み期間に合わせたものだと、2〜3ヶ月程度のものも存在し、インターンシップに多くの時間を割けるため、普段は参加しづらい長期を狙うのもおすすめです。

もちろん、短期で開催されるものを中心に回り、1社長期のものに参加すると混合して選択肢を選んでも構いません。短期と長期では、参加のハードルだけではなく、実施内容や参加するメリットまで異なります。そのため、より自分のためになりそうなのはどちらかを考えて参加することが大切です。

インターンシップから得たいものを明確にする

インターンシップを成功させるには、そこから何を得たいかを考えることも大切です。インターンシップから得られるものは複数ありますが、何を求めるかは人によって違います。また、求めるものによって参加すべき企業や期間も違ってくるでしょう。単に選択肢を広げて多くの企業のことを知りたいなら、短期を中心に複数企業に参加するのがおすすめです。

さらに企業への理解を深め、実際に仕事も経験したいなら長期に参加しましょう。企業ごとの細かな違いはありますが、短期は企業説明やワーク形式で実施、長期は実務を担当する形で実施となることが多いです。インターンシップは自分から成長しようとする意欲が必要であるため、何を求めてどのように成長したいかを考えることは大切です。

夏休みのインターンシップは何社参加する?

夏休みのインターンシップでは、何社参加すべきかも悩みやすいポイントでしょう。多くの企業に参加することで、得られるものは多くなるとイメージする人は多いでしょうが、必ずしもそうとは限りません。複数社参加することにはメリットもありますが、反面デメリットもあります。また、数を絞って参加するのも、メリット・デメリットの両面があることは理解しておきましょう。参加する企業数も、求めるものや自分が処理できる範囲内で決めることが大切です。

複数社参加して視野を広げる

志望先が明確でなく、やりたいことがまだみつかっていないなら、できるだけ多く参加することがおすすめです。複数社参加することで視野を広げることができ、多くの企業をみることで、自分が何をやりたいのか、どのような企業に就職したいのかをみつけ出すヒントになるでしょう。

何社参加すべきという明確な指標はありませんが、視野を広げる目的なら、少なくとも3社以上は参加するのがおすすめです。志望先の選定も重要で、違う業界の企業を選ぶとより見識を広げやすいでしょう。自分の興味を探すことが目的なら、短期での参加がおすすめです。短期の中でも時間的拘束が短い、1DAYを中心に参加するといいでしょう。

1社集中もおすすめ

やりたいことや志望企業が明確に決まっているなら、1社に集中して取り組むのもおすすめです。1社集中で参加するなら長期を選び、その企業だけに専念してしっかり仕事をやり遂げましょう。1社に絞り込むことで視野を広げることはできなくなりますが、その分参加する企業への理解はぐっと深められます。

そもそも志望先が明確に決まっているなら、無理に視野を広げる必要はありません。もちろん、インターンシップを経て自分には合わないと感じたなら、視野を広げるべく短期のものに参加するのも大切です。夏休みは特にインターンシップに時間を割きやすいため、1社に集中して、そこで内定獲得を目指してもいいでしょう。

夏休みのインターンシップに参加するには

夏休みのインターンシップに参加するには、夏休み前から行動を始めなければなりません。夏休みに入ってから参加を迷っていると遅く、募集が終わってチャレンジすらできない可能性もあります。せっかく参加する意思があっても、企業の募集に間に合わないと参加できず、夏休み期間を有効活用するのが難しくなるのです。

早めに行動する

夏休みにインターンシップに参加したいなら、とにかく早めに行動することを心がけましょう。企業によって細かなスケジュールは違いますが、インターンシップの募集情報が解禁になるのは3〜4月頃です。その後6〜8月でエントリー時期を迎えて選考と進みます。早い企業だと6月から7月中に選考を終えて、すぐさまインターンシップ開始となる場合もあります。

確実に参加を決めることはもちろん、インターンシップで有意義な時間を過ごすためには前もって準備をしておく必要があります。3回生の夏休みに参加するなら、2回生の年末あたりから少しずつインターンシップを意識し、参加企業の選定を始めることが大切です。募集をみてすぐに応募先を決められるように、あらかじめ業界や企業はある程度絞り込んでおかなければなりません。

インターンシップ説明会もおすすめ

どの企業に参加すべきかよく分からない場合は、インターンシップ説明会への参加がおすすめです。インターンシップ説明会は、大きな会場に複数企業が集まり、各ブースに分かれてインターンシップについての説明をおこないます。企業についてやインターンシップの詳細部分まで説明を受けられるため、志望先の選定にも役立つでしょう。

説明会ではその場で応募することもでき、複数社一斉にエントリーをかけることが可能です。企業の選定から応募までのプロセスを一気に進められるため、よりスムーズに参加を決めやすいでしょう。その後選考に合格しなければならない点は通常と同じですが、志望先を見極めやすいという意味では、説明会への参加はおすすめです。

インターンシップの選考対策をしておく

インターンシップは申し込むだけで参加できるわけではなく、選考を受けてそれに合格しなければなりません。そのため、選考の対策は必須であり、履歴書などの応募書類の作成や、面接の練習は事前にやっておきましょう。

選考で特に重要視されるのは志望動機のため、これをきちんと練り上げておかなければなりません。そもそもインターンシップは学生の成長を目的としたものであり、実際に仕事を任せる想定ではないため、就活の選考とは評価基準が異なります。

インターンシップは、いかにやる気があり、自社への興味が強いか、インターンシップで成長したいと思っているかが重要視されています。もちろん、長期の場合は能力がみられることもありますが、基本的にはやる気と成長意欲が評価のポイントになることは理解しておきましょう。

関連記事
【夏のインターンに参加するメリット】服装や申し込み方法を解説

夏休みはインターンシップに参加してみよう

就活を有利にできるかどうかは事前準備にかかっており、解禁日を迎えるまでに念入りな準備をしておくことが大切です。きちんと準備ができていないと、解禁と同時に出遅れてしまい、チャンスを逃すことも少なくありません。また、就活が始まると忙しく動き回らなければならず、多忙に振り回されて後手後手に回ってしまうことも多いです。

万全の状態で準備を終わらせて就活を有利に進めるには、夏休みから動き出しておくことが大切です。夏休みの自由な時間を使ってインターンシップに参加することで、就活準備を一気に進めることができ、余裕を持って解禁日を迎えられます。夏休みのインターンシップで有意義な時間を過ごすことで、内定の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ