筆記試験

採用試験で実施される適性検査とは|選考の特徴や対策方法を解説

採用試験の適性検査対策に悩む就活生は多い

null

就活の採用試験では、適性検査を実施する企業が多いですが、ここでつまづいて次の選考に進めない学生は多いです。適性検査は書類選考と同時、あるいは選考でも初期段階におこなわれることが多いため、早めに準備しておかなければなりません。就活解禁までに対策を終えていないと、忙しいスケジュールに追われてまともに対策の時間が取れず、失敗することも多いでしょう。

ただし、やり方次第では就活解禁後も対策はでき、試験直前に少しやるだけでも結果は違ってきます。大切なのは、全くの未対策では望まず、少しでも対策をしてから取り組むということです。採用試験の適性検査はどのような特徴を持っているのか、対策方法も含め把握し、スムーズな攻略を目指しましょう。

適性検査の内容

適性検査の内容

適性検査を攻略するには、基本的な内容を把握することが大切です。企業によって実施する内容の細部は異なりますが、大別すると「能力検査」と「性格検査」の2つです。適性検査では両方の検査結果を総合して合否を決定するため、どちらか一方が抜きん出ていても、もう一方があまりにも悪いと不合格になりかねません。両方ともバランスよく高評価を得る必要があるため、それぞれの特徴の違いを把握し、基本的な理解を深めておきましょう。

能力検査

能力検査は「言語」と「非言語」の2分野に分けられることが多いです。簡単に言えば言語は国語、非言語は算数や数学の問題から出題されます。企業によっては、これに英語や社会、一般教養といった分野を加えることもありますが、基本的には言語と非言語の2分野と考えましょう。

実際の採用試験では、言語と非言語それぞれで時間が区切られており、評価の際にも点数は別々に付けられます。それぞれの結果から判断して合否を決定するため、両方ともバランスよく得点しなければなりません。また、企業の性質によっては、言語、非言語どちらか一方の点数をより重要視するということもあるため、苦手分野がある人は注意が必要です。

性格検査

性格検査は質問に対して選択肢で答える問題です。直感で答えていくだけのため、難しいことはなく、知識がなくても解答できます。事前準備が必須な適性検査において、性格検査は唯一事前準備なしでも解答できる問題といえ、能力検査とは大きく違っています。しかし、対策なしでも解答できるからといって、簡単に高評価が得られるとは限りません。

性格診断はそもそも明確な正解のない問題であり、企業ごとにどのような解答を評価するかも異なります。そのため、全く同じ解答でもA社では高評価、B社では低評価ということもあり得るため注意が必要です。また、問題数が多い場合もあり、時間内にかなりのスピードで解答しなければならないこともあります。全問解答していないと、結果が正しく表示されず、その時点で不合格になるケースもあります。

採用試験で実施される適性検査の種類

採用試験で実施される適性検査は種類が豊富で、企業によってどれを使用するのかは異なります。種類は無数にありますが、メジャーなものだと次のようなものがあります。

・SPI
・玉手箱
・ENG
・CAB
・TG-WEB

特にメジャーなのはSPIや玉手箱であり、これらは適性検査のスタンダードともいえます。両者とも問題の難易度自体はそれほど高くありませんが、出題数が多く、制限時間が短いことが特徴です。そのため、全問解答する前に時間切れとなり、結果高得点に至らないということも少なくありません。

難しいもので有名なのは、ENGやCAB、TG-WEBでしょう。これらは問題の難易度自体が高いため、事前対策なしではほとんど解けないことも多いです。種類ごとに難易度や出題の形式まで異なるため、志望先が何を実施するか、事前に調べておくことが大切でしょう。

採用試験の適性検査を攻略するには

null

適性検査を攻略するには事前対策が必須であり、未対策で臨むとほとんどの場合で不合格になるでしょう。しかし、事前対策の重要性は把握していても、どのように対策すべきか分からず、困る人も少なくありません。難易度自体は簡単なものが多いですが、出題範囲は幅広いため、闇雲に勉強しても効率的に対策は進められないでしょう。時間をかけず、効率的に対策してスムーズな攻略を目指すには、何をすべきかを明確にして、やるべきことに集中して対策に取り組むことが大切です。

問題集を使って勉強

適性検査全体の対策をするなら、問題集の活用がおすすめです。問題集はネットや書店で販売されており、メジャーなものなら数も非常に多いです。ネット上には無料の問題も転がっているため、それらを使って勉強する方法もありますが、いちいちネットで調べるのは面倒で、数も限られているのがデメリットでしょう。

問題集なら必要な問題がピックアップされており、問題数も多いため、よりスムーズかつ充実した対策がおこなえます。また、問題集によっては能力検査だけではなく、性格検査の問題も収録している場合があります。適性検査の対策を幅広くおこないたいなら断然問題集がおすすめで、持ち運びに便利なポケット版を選ぶと、空き時間も無駄なく対策に取り組めます。

1冊を繰り返し勉強するのがおすすめ

問題集購入の上でネックになりやすいのが、何冊も買うとお金がかかるという点でしょう。確かに複数冊の購入には負担がありますが、適性検査の対策では実は問題集は1冊だけで十分です。適性検査の対策は何度も繰り返しおこなうことが大切で、反復練習が高得点獲得の一番の近道です。

反復練習をおこなうことで、問題の形式や答えの導き方を頭に叩き込むことができ、初見の問題でもスムーズに解答できるでしょう。新しい問題集を買って、やったことのない問題に取り組んでも構いませんが、パターン認識を深めるという意味では、同じものを反復したほうが効果は高いです。購入するのは1冊だけでコスト負担もそれほど大きくないため、お試しで1冊だけ買ってみても良いでしょう。

苦手分野をなくす

能力検査の対策では、反復練習だけではなく、苦手分野を徹底して潰すことも考えましょう。得意分野を伸ばして得点率を上げるのも大切ですが、そもそも得意分野はそれほど熱心に勉強しなくても、正解できる場合が多いです。種類によって難易度は違いますが、メジャーなSPIや玉手箱なら、基本的な難易度は中高生レベルです。

ある程度実力のある人なら、対策なしでもそれなりの点数は取れます。しかし、難易度が低いといっても、苦手意識を持っているとスムーズに進められず、結果的に点数が低くなることも多いです。得意分野を伸ばすよりも、苦手分野をなくしたほうが得点率は高くなるため、より合格にも近づきやすくなるでしょう。

解答スピードを意識する

問題の難易度自体が簡単でも攻略が難しい最大の理由は、問題数の多さ、そして制限時間の短さにあります。実際に適性検査に取り組んでみると、時間との戦いになることが多く、どれだけ確実な正解を導き出せても、時間がかかり過ぎると最終的に点数が低くなることも多いです。

高得点を獲得するには、素早く解答するのはマストであるため、練習時点から解答スピードを意識しておきましょう。時間で区切って勉強したり、ひとつの単元を終えるまでに何分かかったかを計測したりすることで、時間感覚がある程度身につきます。高得点を獲得するには、制限時間内に全問解答できることが最低条件のため、少なくとも未回答の問題が出ない程度には、スピードを高めておきましょう。

性格検査は正直に解答する

事前対策が難しい性格検査は、実は全くの未対策でも問題はありません。大切なのは当日どのように答えるかであり、正直な解答を意識するだけで問題なく合格できるケースは多いです。性格検査で失敗しやすいのは、自分をよく見せようとするあまり、嘘をついていると判断され、評価を落としてしまう点にあります。

どのような業界、企業でも嘘は絶対に御法度であり、疑わしいだけでも評価を下げられることは多いです。また、性格検査の中には「ライスケール」と呼ばれる嘘を見抜く指標があり、企業も学生が嘘をつく可能性があると考慮していることは理解しておきましょう。性格検査の結果は、後の面接でも参考にされることが多く、そこで食い違いが見つかってもマイナス評価になるため注意しなければなりません。

採用試験の適性検査は事前対策が大切

null

適性検査は採用試験でも関門となりやすいポイントのひとつで、ここで不合格になる人は少なくありません。ひとくちに適性検査といっても、種類は豊富で企業によってどれを採用しているかは異なります。種類ごとに特徴は違い、それぞれに合わせた対策が必要なことも理解しておきましょう。

スムーズに攻略するには徹底した事前対策が必須で、念入りに対策をした分、合格率を高められます。能力検査と性格検査の両方から評価は決定しますが、特に能力検査は一定水準に達していないと足切りになる可能性もあるため注意が必要です。対策さえきちんとおこなっているなら、少なくも足切りに引っかかる心配はないでしょう。油断せずに取り組み、より確実な合格を目指すことが大切です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ