履歴書

【履歴書には郵送する日付を記載しよう】書き方や注意点を紹介

履歴書の日付に悩む人は多い

履歴書には記載する項目が数多くあり、ひとつとして欠かさず書き込まなければなりません。少しでも不備があると規定を満たしていないと判断される場合があり、厳しい企業だとその時点で不合格になるでしょう。また、それほど厳密にみていない企業でも、間違いがあると一定程度評価を下げることは多いです。

作成時に注意すべき項目は複数ありますが、意外にも間違いやすいのが日付です。日付は単に記入するだけではなく、いつの日付を記入するかを考えなければなりません。履歴書に記入する日付の候補としては、作成日、郵送日、企業の提出期限日といったものが挙げられるでしょう。どれを選ぶかは非常に重要であり、細かい点までチェックされていることを意識しながら作成することが大切です。

履歴書に記載する日付は郵送する日?

いつの時点の日付を履歴書に記載すべきか悩み、郵送日に合わせようと考える人もいるでしょう。日付は些細な問題にも思えますが、小さなことだからこそ、チェックする企業は少なくありません。日付が正しく記入できているかによって、細かい部分まで気を遣える性格であるかをみている企業もあります。もちろん、すべての企業が日付まで細かくチェックしているとは限りませんが、みられている可能性はあるため、注意して記入しなければなりません。

投函日や持参日にする

履歴書の日付には、ポストへの投函日を記入するのが一般的です。つまり、郵送した日をベースに書くのが正しく、それ以外は間違いになると考えましょう。郵送した日といっても、ポストの投函日が基準のため、企業に届く日を逆算する必要はありません。履歴書の日付と、実際に企業に届く日付に相違があっても、その点は問題はなく、評価を下げられることもないでしょう。

また、ポスト投函の場合はもちろん、窓口受付の場合でも、当然提出したその日に日付を合わせるのが基本です。郵送の方法は普通郵便、速達が挙げられますが、送り方は普通郵便で構いません。方法に関係なく、日付は変わらないため、投函日が基準になることは覚えておきましょう。

データで提出する場合は提出日に合わせる

履歴書はまだまだ手書きで作成して郵送することが主流ですが、一部企業ではデータで提出ということもあるでしょう。データで作成する履歴書にも日付を記入する欄はあります。ここはデータの提出日に設定しましょう。企業によって受付の方法は違いますが、メールに添付して送る場合でも、企業のエントリーフォームから送る場合でも、提出日で統一するのは同じです。

パソコン作成の場合は、データの情報から最終更新日もチェックできるため、不安なら提出前に何らかの更新をして、これも日付を提出日に合わせるといいでしょう。また、企業によってはパソコンで作成したものを印刷し、郵送で提出を求める場合もあります。この場合は手書きと同じで、投函した日が履歴書に記載すべき日付となります。

履歴書の日付を書く際の注意点

日付ひとつとっても、履歴書はこだわって作成しなければなりません。より確実に高評価を獲得するには、正しい作成方法に加えて注意点を知っておくことも大切です。日付に関する注意点は意外にも多く、それらをひとつでも守れていないと、マイナスの印象に繋がる可能性があります。細部まで工夫し、小さなミスも上手に避けることが、高評価を獲得する秘訣です。注意点を理解して、履歴書の日付のミスをなくしましょう。

記載忘れに注意する

そもそも日付の記載は必須であり、記入漏れがあると印象が悪くなりやすいです。企業によって扱いは違いますが、日付もひとつの項目と考えられている場合は、大きく評価がマイナスになってしまうでしょう。日付は単に項目として存在するから書かなければならないわけではなく、いつ作成したのかを明確にするために必要です。

極端にいえば、日付が記載されていない=数ヶ月前に作成したものを使いまわしていると判断される場合もあります。少なくともマイナスの要素を含んでいるため注意しなければなりません。履歴書は完成後誤字脱字のチェックを含めて何度でも見直すことが大切で、日付も併せて確認しておきましょう。

事前作成したものも日付は提出日にする

就活中は忙しく動き回らなければならないため、空き時間をみつけて早めに履歴書を作成するということもあるでしょう。履歴書の事前作成自体は問題ありませんが、提出する際の日付は提出日を書かなければなりません。作成完了時点で日付を書いてしまうと、その日に提出しなければならないため注意が必要です。

間違った部分は二重線と訂正印を使って直せますが、いかに日付といえども訂正跡があるのは印象がよくありません。書き直しをしていないことで、企業への志望度が低いと思われる場合もあるため、日付の書き間違いのないよう注意が必要です。また、提出日に書こうと空けている場合、日付を書かずに提出してしまうこともあるため、事前作成のものを提出する際には、とくに気をつけましょう。

提出日と誕生日が近い場合は注意する

履歴書の提出日と誕生日が遠い場合はとくに問題ありませんが、近い場合は注意が必要です。とくに事前作成している場合、提出時点で誕生日を超えているかどうかで、記載する年齢が違ってきます。例えば5月3日が誕生日で、履歴書を5月1日に作成した場合、作成日時点で21歳なら、21歳と書いて間違いではありません。

しかし、誕生日の5月3日を超え、5月4日に提出する場合、年齢がひとつ上がって、22歳と書かないと間違いになります。提出日の時点で誕生日を迎えていないなら問題はありませんが、超えてしまうと書き直す必要があるため気をつけましょう。

西暦・和暦は履歴書内で統一する

履歴書には日付以外にも年月日を記載する項目が多数あり、西暦か和暦かの表記はすべて統一しなければなりません。西暦は20○○年といった数字の表記、和暦は平成や令和といった漢字の表記です。これらはどちらを使用しても構いませんが、項目ごとに表記のばらつきがあると間違いとみなされるため注意しましょう。

どちらを使用するかは好みですが、普段から使い慣れていて自然に書けるほう選ぶのがおすすめです。年月日の記載が必要なのは、日付と生年月日、学歴・職歴欄、資格・免許欄の取得状況などが挙げられます。また、元号を省略して書くのはNGです。平成をH、令和をRと書かないよう注意しましょう。統一していても、省略記号で書いている場合は間違いとみなされます。

間違えた場合は書き直す

履歴書では、日付に限らず間違えた場合は書き直すのが基本的なマナーです。修正テープや訂正印を使用していると、印象のよい履歴書とはいえません。日付を間違えたくらいで書き直さないといけないなんてあんまりだと思う人もいるでしょう。しかし、評価をする人によっては、日付であろうと修正テープや訂正印が使用されていることを良しとしないことがあります。そのため、書き直して訂正の跡がないものを提出する方が無難といえます。

日付がわずかにズレるくらいであれば、気にしない企業も多いでしょう。しかし、企業によって評価している部分が異なるため、日付のミスが致命傷にならないとは言い切れません。気になる人は、少しのミスでも書き直して完璧な状態のものを提出するようにしましょう。

送付状や封筒の裏にも同じ日付を記載する

履歴書を郵送で提出する場合は、封筒の裏や送付状にも日付を記載する必要があります。送付状や封筒にも、履歴書と同じポストへの投函日を記載するようにしましょう。そのときは、西暦・和暦も履歴書と統一する必要があります。また、封筒に記載するときは、縦書きの場合は日付を漢数字で書かなければならないため、注意しましょう。

履歴書と送付状、封筒はどれかひとつを先に用意しておくことも多いでしょう。しかし、それでは日付が誤ってズレてしまうことがあるため、日付だけでも投函日にまとめて記載する方が無難です。とくに送付状はパソコンで作成することになるため、日付が作成日になってしまっていないかをよく確認して提出しましょう。

履歴書の日付は郵送する日で統一しよう

履歴書の作成は就活を進める上で避けて取れない作業であるため、細かい部分まで慎重に書かなければなりません。見落としがちなのが日付で、郵送日や提出日以外を記載しないよう注意しましょう。日付を間違えてたからといって、必ずしも評価を下げられるとは限りませんが、企業によってはマイナスの印象を持たれる可能性もあります。

細部までこだわることで、選考の突破率は上がります。履歴書の日付はもちろん、添え状を作成するならその日付も統一が必要です。さらっと書き流しがちな日付もしっかりこだわり、隅々まで工夫した履歴書で高評価の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ