身だしなみ

【スーツの就活における選び方を徹底解説】正しい着こなしも紹介

就活でスーツは必須アイテム

スーツは就活には欠かせないアイテムで、必ず用意しておかなければなりません。一部業界では完全私服でOKということもありますが、これらは例外であり、基本はスーツ着用となるでしょう。

しかし、単にスーツを着ているなら、それだけでいいわけではありません。スーツは選び方や着こなしも重要で、トータルで身だしなみが評価されると考えましょう。身だしなみは第一印象を決める重要なものであり、ここでいかなる評価を受けるかによって、選考での有利・不利は大きく違ってきます。

せっかく面接で上手に振る舞えていても、身だしなみが整えられておらず、マイナス評価を受けてしまうことすらあります。就活をスムーズに進めるためにも、スーツについて正しく理解しておきましょう。

就活用のスーツの選び方の基本

就活を攻略するには、まずはスーツを購入しなければなりません。しかし、ひとくちにスーツといっても種類は非常に多いです。スーツ売り場でも就活応援フェアをやっているところは多いですが、販売されているスーツの種類も多く、どれを選ぶべきか悩む人は少なくありません。

就活用として売り出されている場合でも、必ずしも高評価を得られるとは限らないため注意が必要です。スーツ選びで失敗しないためにも、選び方の基本を知っておきましょう。

リクルートスーツを選ぶ

就活用のスーツで選ぶべきなのは、「リクルートスーツ」とされているものです。これは明確な決まりがあるわけではありませんが、就活時や入社して数年程度着るものと考えられており、スーツの中でも特にフォーマルなものです。

スーツはリクルートスーツ以外にも、パーティースーツやビジネススーツといったものがあります。スーツである以上、ある程度のフォーマルさはありますが、それぞれで度合いは異なるため注意しなければなりません。

パーティースーツを選ぶのは基本的にNGで、ビジネススーツも企業によっては悪印象を与える可能性があります。少しでも華美にみえるとよくないため、購入時は販売員にリクルートスーツはどれか尋ねてから、選択肢を絞り込むとよいでしょう。

就活は二つボタンのスーツを着用する

リクルートスーツは二つボタンが主流です。一つボタンや三つボタンや四つボタンなど、数が違うものには注意しましょう。一つボタンは礼服で使用されることが多く、やや形式ばっています。就活の場で使用するには適さないため、避けたほうがよいでしょう。

また、カジュアルなジャケットで一つボタンのデザインも増えているため、これも選ばないほうが無難です。同じくカジュアルな印象を与えるものとして四つボタンがあり、ファッション性が高くなってしまうため、就活には不向きといえます。

三つボタンは伝統的なスーツであり、就活で使用しても問題はありません。ただし、クラシックで現在の主流とは外れてしまうため、二つボタンを選んだほうが無難です。

色は黒や紺のダークカラーで無地

スーツを購入する際には、色や柄に注目しなければなりません。色はダークカラー、柄は無地が基本で、ここから外れるとカジュアルな印象を与えてしまうため注意が必要です。ダークカラーに該当するのは、黒色、紺色、グレーです。

グレーの場合はライトグレーはNGで、チャーコールグレーやダークグレーといった、黒色に近いものを選びましょう。これらならどれを選んでも問題はありませんが、色によって与える印象は異なります。

黒色は真面目、紺色は爽やか、グレーは黒色と紺色の中間的な印象を与えやすいでしょう。柄は目立たないものでも入っていないほうがよく、無地のほうが使い勝手はいいです。ダークカラーでも柄の主張が強いと、カジュアルと判断されるため注意しましょう。

自分の体にジャストフィットするサイズがよい

スーツはサイズ感も重要で、小さすぎ、あるいは大きすぎはNGです。ジャストフィットするサイズを選ぶ必要があり、購入時は必ず試着しておきましょう。ただし、ジャストで購入するのは男性の場合で、女性はほんの少しだけゆとりを持たせるのがおすすめです。

ジャストサイズで購入すると、胸元が苦しくなったり、全体的に窮屈な印象を与えたりすることも多いです。動きづらくなる場合もあるため、完全にぴったりにならないよう、細かい調整が必要でしょう。

全く同じスーツを着ていても、サイズ感の違いで見た目の印象は大きく異なります。一方は高評価、一方はマイナス評価ということもあり得るため、自分の体に合ったベストなサイズを選ばなければなりません。

就活用スーツは複数着持っておくのがおすすめ

スーツは1着でも持っているなら就活に臨めますが、実際には複数着持っておいたほうが便利です。就活中は連日活動することも多く、1着だと傷むのが早いです。スーツは綺麗な状態で着ることも大切で、ボロボロになっているとそれだけで印象が悪くなります。

また、新卒の就活はスケジュール的にどうしても春から夏にかけて、暑い期間での活動が中心となります。そのため、連日同じものを着ていると、汗臭くなってこれも悪印象に繋がるでしょう。

スーツは簡単に洗濯、クリーニングはできないものの、複数着持って使いまわすことで、臭いのケアはできます。最低でも2着以上、可能なら3着程度持っておくと、着回しがしやすく、より快適に就活を進められるでしょう。

就活用スーツに合わせた小物もチェック

就活ではスーツだけではなく、その他小物も用意しなければなりません。スーツ以外の小物も含め、身だしなみとして評価されます。そのため、細部まで気を配ることが大切で、いかに徹底して整えられるかで、合否にも影響するでしょう。

小物を選ぶ際には、「スーツに合うか」を考えることが大切です。スーツ同様、小物もフォーマルさが求められます。就活にふさわしい小物を選び、細部から身だしなみを整えていきましょう。

ワイシャツは白の無地

ジャケットの下に着るワイシャツは、白色で無地のものがもっともおすすめです。白色で無地はフォーマルなデザインであり、業界や企業に関係なく着用できます。薄いストライプなど、多少なら柄があっても問題なしとする場合もありますが、身だしなみに厳しい企業では認められないこともあるため、注意しなければなりません。

また、薄い青色やピンク色など、社会人がジャケットの下に着用しているものもありますが、これも就活には不向きです。色付きのシャツはややカジュアルな印象があり、フォーマルさを重視する就活にはふさわしくないでしょう。

余計な印象を与えない白色のほうが使い勝手はよく、無地ならどこでも使えるためおすすめ度は高いです。

襟の形はレギュラーカラーがおすすめ

ワイシャツにはレギュラーカラーとワイドカラーの2種類がありますが、基本的にはレギュラーカラーがおすすめです。レギュラーカラーはもっとも一般的な襟の形をしており、余計な印象を与えることがないため、就活で着用する場合に適しています。

対してワイドカラーは襟がやや広めであり、首回りががっしりしている人におすすめです。普通体型だとワイドカラーは似合わないことも多いため、がっしりとした体格以外の人は、レギュラーカラーを選びましょう。

また、女性の場合もレギュラーカラーに該当するシャツカラーと胸元が開いたスキッパーカラーがあります。よりベーシックなのはシャツカラーであるため、迷ったときにはこちらを選んだほうが無難です。

インナーは白または肌色

シャツの中に着るインナーにも気を配ることが大切であり、インナーは白色か肌色を選ぶのがおすすめです。白色のインナーなら白いシャツを着ても透けにくく、悪い印象を与えずに済みます。

肌色も同じであり、インナーが透けにくいため、余計な印象を与えたくない人にはおすすめでしょう。色付きのインナーや柄付きのものだと、シャツから透けてしまい、派手な印象を与えてしまうことも少なくありません。

仮にスーツやシャツの着こなしが完璧であっても、インナーの色や柄が透けて派手にみえると、それだけでカジュアルな印象を持たれてしまいます。就活時に着用するインナーは無難なものを選ぶことが大切であるため、白色や肌色で無地のものを選びましょう。

ネクタイの色は与えたい印象で使い分ける

ネクタイの色は、大きく青系と赤系、黄色系などがおすすめであり、どれを着用しても構いません。色によって与えられる印象が少しずつ変わるため、自分のイメージに合ったものを選ぶのがおすすめです。

青系のネクタイは冷静なイメージや、落ち着いた印象を与えられます。赤系はエネルギッシュな印象を与えやすく、活発な印象を与えたい人におすすめです。黄色系も赤系と似ている部分があり、エネルギッシュなイメージがつきやすいでしょう。

また、青系や赤系を選ぶ人が多いため、黄色系のネクタイなら少し目立ちやすく、柔らかい印象を与えられることもあります。白色や黒色の無地、その他派手な色は悪目立ちすることも多いため、基本の3色から選ぶのがおすすめです。

靴は黒の革靴が基本

就活では黒色の革靴が基本であり、他の色やデザインは選ばないようにしましょう。革靴なら何でもよいわけではなく、茶色や紺色などのものはカジュアルなイメージを与えてしまうこともあるため、注意しなければなりません。

また、ローファーやスニーカーなどは、デザイン自体がカジュアルであるため、これも就活には不向きでしょう。黒色の革靴ならスーツの色やその他小物とも合わせやすく、就職してからも長く使えます。

ビジネスシーンに限らず、冠婚葬祭でも幅広く使えるため、一足持っておくと便利です。身だしなみはトータルコーディネートでみられているため、他のものとの相性がよい黒色の革靴を着用しているなら、間違いはありません。

カバンは黒のブリーフバッグやトートバッグが使いやすい

就活で使用するカバンは黒色が基本であり、ブリーフバッグやトートバッグが使いやすいでしょう。トートバッグといっても布製のカジュアルなものではなく、合成皮革など革製のものを選ぶ必要があります。デザイン性もさることながら機能性も重視する必要があり、口が大きく開き、収納力が高いものがおすすめです。

目安としては、A4サイズの書類がおらずに入る大きさが望ましいです。就活では企業から書類や資料をもらったり、自身の履歴書を持ち運んだりすることが少なくありません。これらの書類はA4サイズが基本であるため、このサイズを目安にすると使い勝手がよいです。スーツにも合う革製で黒色のカバンが基本であるため、色や柄など余計なデザインのついたものは避けましょう。

コートはシンプルなデザインを選ぶ

冬場の就活ではコートが必要であり、このデザインは悪目立ちしないシンプルなものを選びましょう。男性ならステンカラーコートやチェスターコートなどがおすすめであり、女性ならさらにトレンチコートという選択肢もあります。

コートは会社に入る前に脱ぎますが、着ているところをみられることもあり、その時点で身だしなみを評価されることも少なくありません。また、手に持っている際にコートをチェックされることもあり、どこでみられているかわからないため、デザインはシンプルで余計な印象を与えないものがよいでしょう。

コートを選ぶ際にはデザインだけではなく色にも注意が必要であり、男性なら黒色、女性なら黒色かベージュなどがおすすめです。

就活時のスーツの着こなしは?

スーツは何を着るかはもちろん、どのように着るかも重要です。せっかく適切なスーツが選べていても、着こなしが間違っていると評価は一気に悪くなるため注意しなければなりません。

正しいスーツを正しく着こなせてこそ、身だしなみから高評価が獲得できます。スーツの正しい着こなしは、就職してからも求められます。就活のうちから基本の着こなし方を知り、身だしなみの意識をさらに高めておきましょう。

ボタンは一番上まで留める

シャツのボタンは一番上まで留めるのが基本で、原則開けるのは禁止されています。第一ボタンを開けていると、それだけでカジュアルな印象を与えてしまいかねないため注意が必要です。

これはネクタイをする男性も同じです。ネクタイをしっかり上まで上げていると、ボタンを留めていなくても分かりづらいですが、何かの拍子に緩んでしまうこともあります。シャツのボタンは一番上まで留め、その状態でネクタイを締めることが基本とされているため、これにならって身だしなみを整えましょう。

ただし、スキッパーシャツのように、もともと胸元が開いた作りになっているものは、無理に首元まで留める必要はありません。第一ボタンに該当するシャツの一番上のボタンを留めているなら、正しい着こなしとして認められます。

ジャケットはボタンやフラップをチェック

ジャケットの着こなしも重要で、細部までチェックしておきましょう。特に注意すべきなのは、ボタンとフラップです。ジャケットのボタンは2つの場合上だけ留めるのが基本で、下は外すのが正しい着こなしです。

一見全て留めるのが正しく思われがちですが、実は違うことは覚えておきましょう。また、座る時は一番上のボタンも外すのがマナーですが、立ち上がる時に留めるのを忘れることも多いです。そのため、基本的には一番上のみ留め、触らないようにしても構いません。

フラップとは、ジャケットの外ポケットについているヒラヒラしたものです。これは外では出し、室内ではポケットの中に入れるのが基本です。これも出し入れを忘れやすいため、室内での選考に合わせて、入れっぱなしにしておいてもよいでしょう。

髪型や髪色にも気を配る

スーツの着こなしは全体の統一感が重要視されており、髪型や髪色までみられています。就活時の髪型は男女ともに清潔感が重要で、特に男性は短髪が望ましいでしょう。女性はショートからロングまで選択肢が幅広くありますが、長い場合は綺麗にまとめることが大切です。

髪をまとめる時には、ゴムやヘアピンを使いますが、これもフォーマルな場にふさわしい、目立たないアイテムを選びましょう。髪色は黒色が基本で、多少でも染めるのは印象が悪いです。

企業によってはほとんど黒色に近いこげ茶程度ならOKとする場合もありますが、これも好印象に繋がるわけではありません。OKと許容される場合はあっても、それがプラスに繋がることはないため、染めているなら黒髪に戻すのがもっとも無難でしょう。

就活用スーツはフォーマルさを意識しよう

就活で必須のスーツは、選び方のポイントが複数あります。細部まで把握して正しいものを選ばなければなりませんが、最終的に大切なのは「フォーマルかどうか」です。就活の基本はリクルートスーツといわれていますが、これは明確にその型のスーツがあるわけではありません。

単に就活時に着用する、フォーマルなスーツを指してリクルートスーツといいます。また、スーツは着こなしまで含めて評価され、それ次第で印象はよくも悪くも変わります。正しくスーツを着こなし、身だしなみから好印象を与え、就活のスムーズな攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ