インターン

【インターンシップの面接対策】服装やマナーについて徹底解説

インターンシップの面接は就活の一環

多くの大学生は、就活が本格化する前の時間があるうちに、興味のある企業のインターンシップに参加するでしょう。ここで注意してほしいのが、インターンシップも就活の一環であり、そのインターンシップの面接もまた然り、ということです。

インターンシップやその前の面接で印象が特に良ければ、人事担当者の記憶に残りますし、逆に態度や印象が悪ければ、それを就活本番で覆すのは至難の業です。全てではありませんが、インターンシップの評価がその後の選考に影響する「インターン優遇」をおこなっている企業もあります。

インターンシップに参加する就活生は、インターンシップの面接から就活が始まっているのだ、という意識をもって、インターンシップや面接に臨みましょう。

インターンシップの面接に適した服装と持ち物

インターンシップの面接に際して、どのような服装や持ち物で行けばいいのか悩む人は多いでしょう。特に、就活が本格化する前であれば、就活セミナーなどもまだ始まっていない可能性が高いです。

そのため、インターンシップの面接には、就活本やインターネット、先輩から得た知識をもとに、独学で準備を進めるほかありません。そこで、インターンシップの面接に際して、悩みの種になりがちな服装と持ち物について、詳しく解説していきます。

基本はスーツ

前述した通り、インターンシップの面接も就活の一環です。そのため、基本の服装はスーツ姿となります。一般的に「リクルートスーツ」と呼ばれる黒や紺のオーソドックスなスーツを選びましょう。ストライプなどの柄があるものは、企業や人によって賛否が分かれるため、迷ったら無地のものを選ぶのが無難です。

シャツやブラウスは、男女ともに清潔感のある白が好印象です。色や柄のあるシャツはオシャレですが、就活の場では避けましょう。靴に関しては、男性は黒の革靴がおすすめです。茶色やこげ茶の革靴もありますが、就活では黒を選びましょう。

女性は基本的に黒のパンプスですが、男性よりもデザインに幅があります。ヒールが高すぎたり細すぎたりするものは避け、「ビジネス向き」などと書かれているものを選ぶようにしましょう。パンプスを履き慣れていない人は、ストラップつきのものを選ぶと、脱げにくく、歩きやすいです。

私服の場合はオフィスカジュアル

企業によっては、スーツではなく私服を指定されることもあります。これは、実際にその企業で働く社員がスーツでない場合などにみられ、「面接時の服装でそのまま仕事ができるか」という判断基準が暗に設けられている可能性もあります。そのため、「ジーパンとパーカー」のような完全な私服ではなく、オフィスカジュアルを心がけましょう。

具体的に挙げるなら、男性はジャケット、インナー(できれば襟付き)、チノパンのスタイル、女性はジャケット、ブラウス、スカートまたはパンツのスタイルがおすすめです。色は黒、白、グレー、紺、ベージュといった落ち着いた色味が無難です。

オフィスカジュアルの基準は企業によってまちまちですが、基本的には「スーツ姿と並んで浮かない服装」と思っておきましょう。

A4サイズの書類が入る鞄

インターンシップの面接には履歴書などを持参しますし、場合によっては企業側から資料や書類を配布されるかもしれません。そのため、一般的な「A4サイズの書類」を折り曲げずに入れられるサイズの鞄を持参しましょう。

鞄はできれば黒のビジネスバッグが望ましいです。面接の最中にパタパタと倒れると困るので、きちんと自立するかも確認して購入しましょう。スーツの量販店では、鞄や靴などのビジネス用品はひと通り揃えられるようになっているため、困ったらそこで相談してみるといいでしょう。

いくらA4サイズが入る黒いカバンとはいえ、リュックやトートバッグはカジュアルすぎてスーツには合いません。また、ロゴが目立つ高級ブランドのバッグなども避けましょう。

腕時計

最近ではスマートフォンで事足りてしまうため、腕時計を使わない人も多いかもしれません。しかし、社会人にとって腕時計は必須アイテムです。持っていない人はこの機会に購入しておくことをおすすめします。仕事中にスマートフォンなどで時間を確認すると、「スマホアプリで遊んでいる」などと疑われかねません。

もちろん、職業によっては「水仕事が多い」「製品や商品を傷つける」といった事情から腕時計の着用が禁止されているところもありますが、一般社会人の多くは腕時計を着用しています。

腕時計のデザインに関しては好みもありますが、オモチャのように派手なもの、アクセサリー感の強いオシャレすぎるものなどは悪目立ちします。ベーシックなデザインの、文字盤が見やすい腕時計を就活・仕事用に用意しましょう。

筆記用具・手帳

面接の際、インターンシップの内容や今後の予定について説明をされる場合もあります。あるいは、こちらから面接官に質問をする機会もあるかも知れません。そんなときは、忘れないようにメモを取りましょう。

一般的に、面接の時にはメモは使いません。面接中は会話に集中すべきであり、必要な連絡事項などは書類に記載して渡されることが多いためです。しかし、場合によっては、面接官からスケジュールの確認を求められることもありますし、口頭では覚えきれないと感じることもあるでしょう。そういったときは面接官の了解を得て、メモを取ります。

そのために、インターンシップの面接には筆記用具とスケジュール帳兼メモ帳を持参し、サッと出せるようにしておきましょう。

インターンシップの面接で押さえておくべきマナー

インターンシップの時期には、まだ就活セミナーなどがおこなわれていないことが多いため、面接のマナーなどについて知らない就活生も多いでしょう。学生が参加するインターンシップとはいえ、主催しているのは企業であり、相手は社会人です。

学生気分のままではインターンシップの面接で合格はできませんし、何より面接官にも失礼です。そこで、インターンシップの面接に際して、事前に押さえておくべきマナーについてご紹介しましょう。

遅刻は厳禁

まず、当然ですがインターンシップの面接に遅刻は厳禁です。事前に面接会場やルート、移動手段について調べ、交通機関の混雑や遅れも加味して、早め早めの行動を心がけましょう。とはいえ、あまりにも早くに到着してしまっては、面接官に迷惑が掛かってしまいます。目安としては、面接の10分前くらいに面接会場に到着するようにしましょう。

一方で、どんなに用心しても不測の事態というのは起こってしまうものです。悪天候や事故などで、どうしても面接の時間に間に合わないと感じたら、すぐに担当者に電話をしましょう。

たとえ自分に原因がなくても、面接に遅れることに対して謝罪します。そして、遅れても面接をさせてもらえるのか、後日やり直しになるのか、それとも不合格扱いになるのか、今後の指示を仰ぎましょう。

入退室のマナー

面接には、入退室時のマナーがあります。入室時は、「次の方」のように呼ばれたら、返事をしてドアの前まで行きます。ゆっくりと3回ノックし、中からの返答を待って、「失礼します」と声をかけてドアを開けます。

ビジネスシーンでの正式なノックは4回ですが、「くどい」「急かされている」と感じる人もいるため、現在では3回に省略されることが多いようです。部屋に入ったらドアを閉め、「○○大学の○○です。本日はよろしくお願いします。」のように軽く自己紹介をして一礼します。すぐには椅子に座らず、面接官に促されてから座りましょう。

退室時は、まず座ったまま「ありがとうございました」と一礼し、立ち上がって荷物を持ち、再度「本日はありがとうございました」と一礼します。その後、ドアの前で面接官に向き直り、「失礼します」と一礼してからドアを開け、出たら静かにドアを閉めます。

挨拶と自己紹介

面接のはじめには、「まずは自己紹介をお願いします」といわれることが多いです。準備不足の就活生の大半は、まずここでつまずきます。これまでの人生で「自己紹介」というと、クラス替え後などに「名前、出身校、趣味か特技、ひと言」のように項目を指定されることが多かったためです。しかし、面接ではそんなことはいわれません。そのため、自分で自己紹介の文章を考えておく必要があるのです。

一般的には、まず大学名と氏名までが必須事項で、あとは個人の自由です。専攻やサークル活動について触れたり、あるいは、このインターンシップに応募したきっかけなどについて軽く触れたりするとよいでしょう。ここであまり詳しく話しすぎると後で話すことが無くなってしまうため、注意が必要です。

インターンシップの面接でよく聞かれる質問

就活では、面接で聞かれる可能性の高い質問については、答えを用意しておくのがセオリーです。緊張した状態で不測の事態に対処するのは、誰にとっても難しいことです。逆に考えると、予想していた事態であれば、対処できるということです。そのため、面接に臨む際には面接官の質問を予測し、事前に準備しておくのです。

では、インターンシップの面接でよく聞かれる質問について、面接官の意図や答え方のポイントなども交えながら、解説していきます。

志望動機

まず「志望動機」はインターンシップの面接でも、高確率で聞かれる質問です。企業はインターンシップを実施するにあたって、決して少なくない人員や時間、資金を割いています。それらを無駄にしないためにも、より熱意や意欲のある学生をインターンシップに受け入れたいのです。

もしも「職場体験みたいなもの」と軽い気持ちで応募すると、その油断はこの質問でバレます。なぜこの業界に興味をもったのか、その中でなぜこの企業なのか、このインターンシップを通して何を得たいのかなど、志望動機として挙げられることはいくらでもあります。インターンシップに参加するのであれば、しっかりと企業について下調べをして、志望動機を考えましょう。

自己PR

続いて「自己PR」も非常に重要な質問です。就活生は、自分のことを企業に知ってもらうために、自己PRをおこないます。企業は、応募してきた就活生の経験や人となりについて知ることを目的として自己PRをするように指示します。

インターンシップは、与えられるだけ、教えてもらうだけの職場体験などとは異なります。特に長期のインターンシップであれば、入社前の試用期間としての意味合いを含むこともあり、「自分が企業にどう貢献できるか」を述べる必要があります。自己PRでは、インターンシップが長期か短期かに関わらず、「自分がどんな人間か」だけでなく、「自分がこのインターンシップの活動にどう貢献できるか」を伝えられるようにしましょう。

学生時代に力を入れたこと

この場合の「学生時代」というのは、「大学で」という意味で受け取りましょう。インターンシップには、早くて2年生から参加する人もいます。そのため、過去形に限らず、「学生である今、力を入れていること」でも構いません。

当然ですが、「特にない」はNGです。何も考えずに大学に通うだけの学生が、インターンシップで何かを得られるとは、企業側も考えないでしょう。勉学やサークル活動、アルバイト、ボランティア活動、資格や英語の自主学習、留学など、人によって力を入れたことは違いますし、特別なことである必要はありません。

大切なのは何をしたかだけではなく、どんなことに興味を持ち、考え、そこから何を得たかです。「何に」「なぜ」力を入れたのか、そこから「何を得たのか」などを文章にして伝えられるようにしておきましょう。

強み・弱み

自分の強みや弱みと向き合うことは、就活においては欠かせません。面接とは、自分という商品を企業に売り込む営業のようなものです。自分がどんな人間かをきちんと分析して、「自分の強みは○○で、サークル活動の~~で活かされました。」「自分の弱みは○○で、改善しようと~~しています。」のように、きちんと答えられるようにしておきましょう。

強みや弱みについて面接官が尋ねるのは、主に人となりを知るためです。人と話すのが好き、協調性がある、など、相手の良さについて知ることは大切なことです。弱みに関しては、その改善のためにどんなアプローチをするか、によって問題に対する姿勢などをうかがい知ることができるのです。

面接で逆質問をするときのポイント

就活本番でもインターンシップ前でも、面接では逆質問の機会は少なからずあります。多くの面接官は、面接の最後に「そちらから何か聞きたいことはありますか?」と尋ねてきます。これに対して、「特にありません」と答える人は多いですが、非常にもったいないです。質問がないということは、「私は御社にはあまり興味がありません」と言っているようなもので、かえってマイナス評価に繋がりかねません。

逆質問をする企業の意図

①就活生から質問があるならこの機会に答えておきたい
②企業に対する意欲や積極性を逆質問の内容から読み取りたい
③就活生の興味・関心の矛先がどこなのか知りたい

逆質問をする企業側の意図は大きく3つに分けられます。①は、単に質疑応答の時間、といった認識です。質問があれば答えるし、なければそれでも構わない、という事務的な意図で、評価にはプラスもマイナスもなさそうです。②は、この質問でも就活生の意欲を推しはかろうとしていて、「特になし」がマイナス評価になり得るケースといえます。

③は、企業としても情報収集の意味合いがあるのでしょう。企業の募集HPや今後の説明会の資料などに活かしたい、外部から見た企業の魅力がどこにあるのかを知りたい、といった意図があるようです。

逆質問の例

・合否はいつ頃、どのような形でご連絡いただけますか?
・インターンシップ当日までに何か勉強しておくことはありますか?
・御社の○○という事業に興味があるのですが、短期インターンでも関わることができますか?
・インターン中の1日の流れがどのようなものか、大まかに教えていただけますか?
・○○さん(面接官の名前)がこの仕事をしていて、やりがいを感じたことはなんですか?

逆質問では、純粋に疑問に思ったことを聞いたり、質問の形で自分の意欲を伝えたり、面接官を「社員のひとり」と位置付けて、やりがいや楽しさについて尋ねたりと、さまざまなパターンがあります。これらのどれもが間違いではないのですが、無理にプラス評価に繋げようとして、背伸びした質問をすると、計算高く見られてしまいます。素直に、自分の知りたいことが何かを考え、事前にまとめておきましょう。

ただし、NGな質問もあります。「企業の経営理念」のように調べればわかることや、給与・休日に関する質問などは控えましょう。

面接後にお礼メールを送るなら当日中

インターンシップの面接後に、お礼メールを送るべきか迷う人もいるでしょう。結論から言うと、どちらでも構いません。インターンシップ本番ではなくまだ面接の段階なので、そこまで気を遣わなくとも、企業側は気にしません。ただ、お礼メールを送ったほうが礼儀正しさのアピールにはなりますし、送ったからと言ってマイナス評価になることはあまりないため、迷うのなら送ったほうがよいでしょう。

ただし、お礼メールを送るのなら必ず当日中、最低でも翌日の朝には送るようにしましょう。それ以上遅れると、選考結果がすでに社内で出てしまっている可能性があり、「今更?」と思われるかもしれません。そのため、遅れるくらいならお礼メールは出さない、と考えておきましょう。

準備を整えてインターンシップの面接に臨もう

インターンシップというと、多くの学生は職場体験の延長のように、軽く考えがちです。企業によってはそれもあながち間違いではありませんが、それよりも「就活に繋がる前段階」「プレ就活」と考えておいた方がよいでしょう。面接時に求められるマナーも、質問される内容も、実際の就活と大差ない企業が多いです。

企業によっては、インターンシップへの参加・不参加や参加時の態度や取り組み、評価などが合否に影響する、いわゆる「インターン優遇」をおこなっているところも多々あります。そのため、就活が本格化してから後悔しないよう、今の内から本気で取り組む必要があります。身だしなみや準備物、面接対策など、しっかりと準備してインターンシップの面接に臨みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ