自己PR

【自分の特技はどのように見つける?】アピールのポイントと注意点

就活では自分の特技を売り込むことが大切

就活では自己PRの一環として、特技のアピールを求められることが多いです。業界や企業に関係なく問われやすい頻出の質問ですが、自分の特技が何なのか分からず、アピールに悩む人は少なくありません。

単に何を特技としてアピールすべきか分からないだけではなく、そもそも特技を持っていないと悩む人もいるでしょう。自分の特技は何かと問われてぱっと答えられる人はそうおらず、多くの人が悩みやすいポイントともいえます。

悩む人が多いからこそ、上手に答えられると他の就活生との差別化ができ、選考も有利に進められます。自分の特技を問われた場合にどのように売り込むべきか、アピールの方法から特技を見つけるポイントまで知り、対策を進めていきましょう。

企業が特技を求める2つの理由

自分の特技を上手にアピールするには、まずはなぜ就活でそれが問われるのか理解しなければなりません。選考時には幅広い質問をされますが、全てに必ず何らかの意図が隠れています。特技を問う質問も同様であり、何が見られているか、何のために聞かれているのか知っておくことが大切です。

特技を聞かれる理由を知っておくことで、評価されるポイントが把握できます。どのようなアピールが求められているのか知り、何を伝えると高評価になるか考えていきましょう。

①その人の人柄・能力を知るため

企業が特技を求めるのは、人柄や能力を細部まで知りたいためです。そもそも選考は就活生について知るためにおこなわれており、企業側からしてみるとどのような人間か知り、自社に合うか見極めるために特技を聞いています。

つまり、提示した特技が企業と相性のいいものか、あるいはそこから伺える人間性や能力が、企業に適しているかがみられると考えましょう。特技とはいわばその人の一番のストロングポイントであり、個性を色濃く反映している部分です。

もっとも個性が強く出る部分から、企業との相性がチェックされているため、何を題材にするかは念入りに考えなければなりません。提示する内容次第で、アピールできる人柄や能力は変わるため注意が必要です。

②自己分析ができているか見るため

自分の特技を提示するためには、まずは自身のことを正しく理解しなければなりません。特技を上手に提示できているかどうかで、自己分析の程度をみている企業は多いです。自己分析は就活全般に関わる重要な作業であり、就活の基礎を作るものといっても過言ではありません。

つまり、自己分析ができていない=基礎ができておらず、就活への意欲が低いと判断されるため注意が必要です。特技を問われて上手に答えられないと、間接的に自己分析ができていないと判断され、悪印象を与えてしまいます。

得意に思っていることは、自分では当たり前になっている場合も多く、しっかり自己分析しないとみつけられない場合も多いです。特技を提示できるかどうかの時点もチェックされているため、念入りに対策をしておかなければなりません。

自分の特技を見つける3つの方法

特技のアピールで特に困りやすいのが、そもそも何を題材にすべきか分からない、アピールできる特技が見つからないということです。特に自分には特技がないと諦めてしまう人も多いですが、しっかり探すと誰でもひとつくらいは特技が見つけられます。

特技が見つけられないのは、単に探し方を間違えているだけの場合が多いです。自分の特技を見つけるには何をすべきか、3つの方法を参考にして、アピールできる題材を発見していきましょう。

①まずは徹底した自己分析

特技を提示できるかどうかで自己分析の程度がみられているように、アピールポイントを見つけるには自己分析は欠かせません。自己分析を徹底することで特技が見つかるケースは多いため、まずはこれを念入りにおこないましょう。自己分析の方法は複数ありますが、もっともスタンダードなのは自身の経験を棚卸する方法です。

過去を振り返り、印象的な出来事を紙に書き出していくとよいでしょう。基本的には大学時代を振り返って印象的な出来事を抜き出していきますが、情報が不足しているならさらに過去にまで遡っても構いません。どのようなことに熱心に取り組んだか、印象的な出来事の中で、発揮した能力やスキルはなかったか思い出すと、特技もみつけやすいでしょう。

他己分析もおすすめ

自己分析は自身を客観的に見つめ直すことで進めますが、どうしても主観的になってしまい、上手くできないこともあります。客観視するのが難しいなら、他人の意見を参考にするのもおすすめです。自己分析と同様に、他己分析にも取り組んでみましょう。

他己分析は、簡単に言えば自己分析を第三者にやってもらう方法で、その人から見た自分像を教えてもらう分析方法です。他己分析なら、完全に客観的な視点から自身を見つめ直すことができるため、自分では見つけられなかったことが見つかる場合もあるでしょう。

特技は自分では当たり前になっていて、すごいと思えないこともあります。自分にとっての当たり前が人にとっては特別な場合もあるため、第三者の視点も活用して自分の特技を見極めていきましょう。

②好きなことや趣味から考える

特技と考えると、レベルの高いもの、優れたスキルを発揮できるものをイメージする人も多いでしょう。確かにハイレベルな能力や優れたスキルを提示できるなら、評価にも繋がりやすいですが、アピールできる内容はそれだけではありません。単に好きなことや趣味であっても、特技として提示することは可能です。アピール次第で高評価も得られます。

そもそも、特技は能力値自体が重要視されているわけではありません。自分で自信を持って特技とアピールできることが重要であり、スキルや実績、習熟度は関係しないと考えましょう。好きなことは何か、趣味としてどのようなことに取り組んでいるのかをヒントに、ハードルを下げて考えると、アピールできる特技の題材も見つけやすくなります。

③就活用に特技を作るのもひとつの方法

どうしても特技が見つけられない場合は、就活用に作るのもひとつの手です。特技は長年やってきたことでなければならないわけではなく、取り組んでいた期間は関係ありません。就活用に新たに作った特技でも、上手にアピールできるなら高評価の獲得は可能です。

特技を作りたいなら、好きなことや興味のあることを軸にするのがおすすめです。まずは自分が何に興味を持っているか考え、そこから能力を伸ばして特技にしていくとよいでしょう。就活用に特技を作る場合は、志望先の業界や企業の特徴から考えるのもおすすめです。

仕事に直結することを特技に設定しておくと、選考でも有利になりやすく、就職して仕事を進める上でもプラスに働くでしょう。

自分の特技をアピールするポイント3つ

特技を見つけたなら、それをいかにアピールするか考えなければなりません。アピールできる自分の特技を見つけた段階では、まだスタートラインに立った状態です。特技を持っているだけでは評価の対象にはならず、いかに上手に伝えられるかが重要と考えましょう。

同じ特技を持っていても、伝え方次第で印象はよくも悪くも変わります。自分の特技を少しでも魅力的に伝えるためにも、アピール時のポイントは細部まで理解を深めておくことが大切です。

①何が得意なのか結論から提示する

特技をアピールする際には、まずは何が得意なのか結論を最初に提示することが大切です。「私の特技は○○です」と冒頭で述べておくと、その後のアピールがしやすくなり、かつ印象的なアピールにもなるでしょう。

最初に結論を述べることで、今から何についてアピールしようとしているのかが明確に伝わります。極端に言えば冒頭部分を聞いただけでアピールしたいことが伝わり、そこだけで評価してもらえる場合もあるでしょう。

また、最初に結論を提示することで、先入観を与えてアピールに進むことができ、簡潔に述べていることでインパクトも出ます。分かりやすく印象に残りやすいアピールをするためには、一番最初に結論を提示して、アピール内容を理解してもらうことが大切です。

②なぜそれが特技として身についたかを述べる

結論を提示した後は、それが特技として身についた理由、根拠を述べましょう。「私の特技は○○」と言うだけなら誰にでもでき、嘘をつくのも簡単です。企業もこれは承知しており、嘘をつく可能性も考慮に入れて評価しています。

アピール内容が嘘だと思われないためには、特技が身についた経緯を詳細に伝えて、より具体的なアピールに繋げることが大切です。また、経緯だけではなく、特技を発揮して活躍した経験を伝えても、本当に身についていることが証明できます。

アピール内容の信頼度を高めるのは非常に重要であり、ここで失敗するとどのような内容でもマイナス評価に繋がります。根拠部分を意識して、説得力のあるアピールを心がけましょう。

③最終的に仕事へ繋げてアピールする

特技のアピールに限ったことではありませんが、最終的な着地点は仕事での再現性に繋げなければなりません。どれだけ素晴らしい特技であっても、仕事での再現性が提示されていないと、高評価の獲得は難しくなるため注意が必要です。

企業はただ能力の高い人材、魅力的な特技や個性を持った人材を探しているわけではありません。企業が求めるのは自社で活躍できる人材であり、持っている能力を活かして企業の利益に貢献できる人材です。

仮に仕事で活かせる特技が提示できていても、再現性に言及していないと印象は悪くなります。特技を活かしてどのように活躍するか、具体的なイメージを持たせることを意識して、アピールしましょう。

自分の特技をアピールする際の注意点2つ

特技のアピールは上手におこなうポイントだけではなく、失敗しないための注意点もあります。注意点が守れていないと上手にアピールできないどころか、マイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

高評価を獲得するには、いかに評価してもらうかだけではなく、いかに評価を下げないかも考えなければなりません。自分の特技をアピールする際の注意点を把握し、ミスのない確実に評価される内容を考えていきましょう。

①企業に関係する内容を提示する

大前提として就活でのアピールは、全て企業に関係すること、仕事に関係することが大切です。どれだけ魅力的、印象的に特技を提示できても、企業とは全く無関係だと高評価の獲得はできないため注意が必要です。

企業と無関係の内容でアピールしてしまうと、企業研究ができておらず、志望度が低いと判断される可能性もあるため、注意しなければなりません。特技と言えるからといって、何でもアピールしてよいわけではなく、志望先で評価されるか、仕事で本当に活かせるかを軸にして考えることが大切です。

どのような特技が評価されるか知るためにも、業界・企業研究を徹底し、求められる人材像を把握する必要があります。企業との関係性の深い特技を提示することが、高評価を得る第一歩と考えましょう。

②特技がないと答えるのはNG

志望先の企業に関係ない特技をアピールするだけではなく、そもそも特技がないといってしまうのもNGです。誰しもひとつくらいは特技を持っているはずであり、ないといってしまうと、自己分析ができていない印象を与えてしまいます。

また、自身を売り込む意欲に欠けると評価され、就活そのものへの熱意や就職意欲も低いと判断されるでしょう。特技は何かと求められている以上、何らかの内容は提示してアピールしなければなりません。求められているものを提示できないと、評価の土俵にすら立つことができず、大幅なマイナスとなってしまうため注意が必要です。探し方次第、考え方次第で特技は必ず見つけられるため、簡単にアピールを諦めないことが大切です。

自分の特技をアピールする例文

自分の特技を上手にアピールするには、例文を参考にしてさらに理解を深めておくことが大切です。実際に面接で特技を問われた場合、どのように答えるべきか回答例から知っておきましょう。例文はOK例文とNG例文の2つがあります。それぞれの良いところ、悪いところをチェックし、自身のアピール内容と比較してさらなるブラッシュアップを図ることが大切です。

OK例文

私の特技はパソコンで、遊びながら触っているうちにオフィス系のソフトは一通り使えるようになりました。パソコンに興味を持ったのは小学生の時で、父が使っていたパソコンを譲ってもらい、探り探りで触りながら学んでいきました。ワードで文章を作成したり、エクセルでお小遣い帳を付けたり、パワーポイントで面白半分に友達に見せるスライドを作ったりしているうちに、基本が身につきました。
御社では事務職として働き、パソコンスキルを活かしながらスムーズかつ確実に事務処理をおこない、利益に貢献したいと思います。

OK例文では、パソコンが得意でオフィス系のソフトは一通り扱えるとしています。単にパソコンが得意とするだけではなく、何ができるか詳しく提示できている点が、評価されるポイントです。パソコンに興味を持ったきっかけも語られており、仕事への再現性に繋げられている点も評価できるでしょう。

NG例文

私は小学校の頃から将棋が大好きで、祖父に教えてもらいルールを覚えました。最初は祖父や父と対局するだけでしたが、次第に町内の集まりにも参加するようになりました。最初は負け続きでしたが、次第に勝てるようになり、町内の大会でも優勝できました。
将棋を教えてもらった祖父にも、今はハンデありでも勝てます。将棋では戦術を学ぶだけではなく、相手の心理を読むことも覚えました。単なるボードゲームとして楽しむだけではなく、戦略的に取り組み洞察力を身につけることで、私の特技となりました。

NG例文では、将棋を特技として提示しています。将棋が特技であるということ自体は問題ありませんが、それが最初に提示されていないこと、仕事での再現性に繋げられていないことが問題です。アピールの構成を変え、身につけた洞察力や戦略を組み立てるための論理的思考を仕事に繋げて述べられると、評価されるようになるでしょう。

自分の特技から自分らしさを売り込もう

自分の特技は何かしっかり見つめ直すことは大切で、就活で聞かれても困らないように、アピール内容はある程度考えておかなければなりません。特技を上手に売り込むためには、志望先の企業がどのような人材像、能力を求めているか知り、それに合わせてアピール内容を変えることが大切です。

好き勝手にアピールしてしまうと、志望先と全く合わず、相性が悪いと判断される可能性も少なくありません。特技を提示するのは大切ですが、内容次第ではマイナスに働く場合もあるため注意が必要です。高評価を獲得するには、志望先に合った特技を提示し、自分らしさを売り込むことが大切です。まずは何がアピールできるかよく考え、志望先の企業が求める人材像と照らし合わせて、特技を売り込んでいきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ