面接対策

【面接と面談の違いとは?】異なる定義や注意すべきポイントなど

面接と面談に違いはある?

就活の選考では、「面接」と「面談」の2種類に遭遇することがあります。一般的には面接を実施する企業が多いですが、面談をおこなう企業もあるため注意しなければなりません。

それぞれ言葉が似ていて、イメージされる内容も近いだけに同じだと思われがちですが、実は細かい違いがあります。面接と面談の違いを正しく把握していないと、思わぬところで失敗する可能性もあるため、注意しなければなりません。

就活をスムーズに攻略するには、自身が今どのようなことに取り組んでいるのか、明確に理解することが大切です。面接と面談にはどのような違いがあるのか、またそれぞれいかなる特徴を持っているのかを把握して、就活のスムーズな攻略を目指しましょう。

面接と面談の定義の違い

そもそも面接と面談は、言葉の定義から違っています。辞書的な意味を確認するのも大切ですが、ここでは就活においてのニュアンスの違いを把握しておきましょう。基礎となる定義の違いを把握しておくことで、面接と面談の違いをより細部まで理解できます。

就活では聞きなれない言葉、知らない言葉が出てくることも多いですが、これらは雰囲気で理解せず、きちんと本質的な定義を知ることが大切です。それぞれ就活でも頻出のワードのため、違いも含めて理解を深めておきましょう。

面接は応募者を見極める

面接は選考の一環として取り入れられており、主に応募者を見極めるために実施されます。「見極める」の内容は企業によって違いますが、自社との相性や就職してからの成長性、将来性、社会人としての一般常識が挙げられるでしょう。

質疑応答を通してこれらを判断し、自社の基準を満たすなら採用、届かないなら不採用とするのが面接です。通常の選考段階でおこなわれる、いわゆる「一次選考」、「二次選考」あるいは「一次面接」などと呼ばれるものは、すべてこれに該当します。

細部までチェックされ、能力や人柄を見極められているからこそ、徹底した事前準備をしておかなければなりません。面接は評価面での意味合いが強く、いわば企業に試されていると考えてもよいでしょう。

面談は応募者との対話

面接とは打って変わって、面談は応募者との対話を意味します。面接官からの質問によって応募者の本質を見極める面接とは違い、対話形式でお互いの理解を深めようとするものが面談であると考えましょう。

そのため、面接とは違って双方向でのやり取りも多く、応募者から採用担当者に対して質問をすることも少なくありません。企業は自社への不明点や不満、就職するにあたっての不安を解消したいと考え、面談をおこなっています。

コミュニケーションをとって就職や仕事に関する認識をすり合わせ、相互理解を持った上で就職に進むのが、面談の役割です。そのため、面談は選考の一部でもありますが、それだけではなく選考外の部分で機能することもあります。

面接の種類による違い

面接といっても種類があるため、その違いにも注意しなければなりません。企業によって細かいスタイルの違いはありますが、大きく分けると「集団面接」と「個人面接」があります。

同じ面接でもそれぞれ特徴が違い、見られているポイントやマナーも異なるため注意しなければなりません。一方の対策をしただけでは、面接前の事前準備は不十分です。集団と個人、両方の対策を念入りにおこない、面接本番に臨みましょう。

集団面接

集団面接は文字通り集団、複数人でおこなう面接です。面接官の人数はその時々で変わりますが、ポイントは就活生が複数人いるということです。就活生の数も場合によって違いますが、2~4人程度が多く、場合によっては5人以上という大人数でおこなうこともあります。

質問に対して回答するという点は通常の面接と同じですが、端から順番に当てられたり、挙手制での回答を求められたりと、通常の面接とは勝手が違うため注意が必要です。また、他の就活生も同じ質問に回答するため、内容を比較されやすくもあります。

集団面接は絶対評価のため、他の就活生を気にし過ぎる必要はありませんが、比較対象次第では印象が変わりやすいことは理解しておきましょう。

個人面接

面接と聞いてもっともイメージされやすいのが個人面接です。個人面接は就活生1人に対して、面接官1人、あるいは複数人という構図になります。面接官の数は企業によって増減しますが、個人面接である以上、就活生の人数に変動はありません。

個人面接も質疑応答の形式で進みますが、質問ひとつに対してかけられる時間が、集団面接よりも長いです。そのため、細部までじっくり観察されており、まさに面接の定義通り「見極められる」という意味合いが強いでしょう。

個人面接ではひとつの質問や事柄に対して深掘りされることも多いため、アピール内容は念入りに考えておかなければなりません。練り込んだ内容を用意しておかないと、準備不足がバレて悪印象になる可能性もあるため注意が必要です。

面談の種類による違い

面接に複数の種類があるように、面談にも種類があります。面談も種類によって特徴や意味合いが異なるため、それぞれの違いを理解しておかなければなりません。ただし、細かな特徴が違うとは言え、「就活生との対話を目的にしている」という点は共通しています。

面談はコミュニケーションの場として企業が用意しているもののため、この大前提は忘れてはいけません。前提の特徴を頭に入れた上で、種類ごとの細かい違いを知っていくことが大切です。

カジュアル面談とリクルーター面談

選考の一環としておこなわれる面談には、「カジュアル面談」と「リクルーター面談」があります。カジュアル面談は言葉通り、よりカジュアルに話し合い、相互理解を深めることを目的としています。

面接のような緊張感はなく、穏やかな雰囲気で進むことも多いです。世間話の延長から仕事に対しての認識や価値観を引き出し、お互いの理解を深めていくことが多く、採用担当者主導での話し合いになりやすいでしょう。

リクルーター面談は、企業から選ばれたリクルーターが、就活生をピックアップしておこなう面談です。0次面接といわれることもあり、リクルーター面談での振る舞い次第で、その後の選考に影響を及ぼすこともあります。それぞれ面接よりは穏やかな雰囲気で進みますが、就活の一環であることを忘れず、気持ちを引き締めなければなりません。

内定後の内定者面談

面談の場合は、内定が決まった後におこなわれることもあります。内定後の面談は「内定者面談」や「就職前面談」といわれ、新社会人に向けて準備の意味合いを込めて、実施する企業が多いです。

内定が決まったからといって、必ずしもその企業に就職するとは限らず、内定を辞退するケースもあります。企業は内定を出した以上、就職してほしいと考えているため、内定者が抱える疑問や不安を、面談を通して解決することで囲い込みをしようと考えています。

もちろん、無理に引き止められるケースは少なく、基本的には就職や新社会人に向けての悩み相談くらいに考えておくとよいでしょう。内定後の面談はいわばフォローアップのためであり、就職後スムーズに仕事を始めるための準備としておこなわれています。

面談を受ける際の注意点

面接よりも全体的にカジュアルなイメージのある面談は、就活生としても気楽に受けやすいでしょう。企業としても就活生の本音を引き出し、理解を深めたいと考えているため、リラックスして臨むことは大切です。

しかし、面接よりも簡単と油断していると、思わぬ失敗を生むことも少なくありません。面談で失敗して就活に悪影響を及ぼさないためにも、注意点を知って、面談の機会を上手に活かしましょう。

評価に影響しないとは限らない

面談の案内では、多くの場合「選考での評価には関係しません」としていることが多いです。実際に面談の内容は一切考慮せず、面接やその他選考での評価のみで内定を決める企業もありますが、全てがそうではないため注意が必要です。

面談でのやり取りを選考での評価に加える企業はあり、評価には関係しないとしていても、実際には影響することもあります。就活の一環としておこなわれている以上、面談も選考と考え、油断せずに気を引き締めて臨まなければなりません。

また、内定後であってもこれは同じで、面談での振る舞い次第では印象が悪くなり、就職後の評価に影響する可能性もあります。すべての面談は評価に関係するという意識を持ち、ひとつひとつ真剣に取り組むことが大切です。

小さな疑問点も確実に解消する

面談はすべての企業が実施しているわけではありません。実施する企業は限られており、いわば企業から就活生に与えられた、疑問を解決するためのチャンスともいえます。面談では普段はなかなか聞けないことも質問できるため、細かい疑問点までしっかりぶつけて、悩みを解消しておくことが大切です。

面談後にまで疑問を残してしまうと、せっかくの機会を無駄にすることになり、選考の攻略の足止めになってしまう可能性もあります。就活をスムーズに攻略するには、有益な情報を集め、正しく取捨選択をすることが大切です。

面談は情報収集ができる重要な場です。面談は一度しかおこなわないという企業もあるため、限られた機会を無駄にしないためにも、疑問点は確実に解消しておきましょう。

面談をスムーズに終えるには

面接と比較すると、面談は実施する企業が少ないため、慣れていない人も多いでしょう。そのため、いきなり面談の実施となり、どのように振る舞うべきか分からず困る人も少なくありません。

面談はそれほど難しいものではなく、いくつかポイントを押さえるだけでスムーズに進められます。選考の一環としておこなわれ、評価にプラスされる場合もあるからこそ、面談も面接同様にスムーズな攻略を目指さなければなりません。

聞きたいことをリストアップしよう

面談は対話で進み、就活生から質問できることも多いです。質問できるタイミングやチャンスを逃さないためにも、事前に聞きたいことのリストを作っておき、頭に入れておくとよいでしょう。

リストを作って質問内容を確認しておくと、当日もスムーズに質問でき、聞き逃すリスクが減ります。また、万が一ど忘れしてしまった場合でも、採用担当者に断って質問リストを出しても構いません。

面談はカジュアルな雰囲気で進むため、面接ほどの縛りはなく、質問リストを出したり、その他メモを取ったりといった行動も認められることが多いです。何を聞くか考えないままに臨むと、本当に聞きたいことを忘れてしまう可能性があるため、質問内容は一度あらためて整理しておきましょう。

面接と同じ引き締まった気持ちで臨もう

面談も面接と同じように、合否が決まるつもりで気持ちを引き締めて臨むことが大切です。場の雰囲気が和やかになりやすいだけに面談は油断してしまいやすく、そこからマイナス評価を受けることも少なくありません。

企業が面談をどのように設定しているかは異なりますが、評価には関係しないといっていても、裏ではしっかり評価を取っていることもあります。最初から評価されているつもりで気持ちを引き締めて臨んでいるなら、本当に評価対象となっていても困ることはありません。

また、本当に評価に関係しない場合でも、誠心誠意取り組んでいる分にはマイナスにはならず、少なくとも悪影響はないでしょう。真面目に取り組んで悪いことはないため、面談でも油断せずに臨むことが大切です。

面接と面談は求められているものに違いがある

面接と面談は言葉こそ似ているものの、内容は異なるため注意しなければなりません。細かい違いは多数ありますが、本質的に違っているのは求められるものです。面接は就活生を見極める目的でおこなわれるため、就活生の能力、本質的な人柄、企業との相性が求められています。

対して面談は対話を通した相互理解が目的のため、企業や仕事に対してどのようなイメージを持っているか、仕事や就職に対しての不安や不満がないかが見られています。面接は実務をおこなう上での能力、面談は実務に望むための気持ちの部分が観られているともいえます。

それぞれの違いを把握し、シーンごとに求められているものを正しく提示して、就活の突破を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ