就活その他

【就職に失敗する人の5つの特徴】挽回方法や失敗しないための予防策

就職に失敗する人は意外に多い

人生のイベントの中でも重要度が高い「就職」ですが、実はこれに失敗する人は少なくありません。就職に失敗したと後悔する人は多く、失敗をずるずる引きずって社会人生活が上手くいかないということもあるため注意が必要です。

就職に関する失敗には多様な形があり、人によって何を失敗と感じるかは異なります。また失敗したからといって、そこですべてが終わるわけではありません。挽回する方法も当然あり、失敗から立て直して成功を勝ち取れる人もいます。

就職を成功させたいなら、なぜ失敗するのか、失敗しないためには何をすべきか知ることが大切です。就活への正しい取り組み方を理解することで、失敗を防ぎ就職の成功を目指しましょう。

就職に失敗するとはどのような状態なのか

就職に失敗しないためにはまず、就職に失敗するとはどのような状態なのかを明確にしておく必要があります。失敗という状態を明確にすることで、対策を講じることができるからです。就職には明確な失敗の形があるわけではなく、何が失敗と一概に決まっているわけではありません。そのため何を失敗と感じるかは、個人によって違います。自分なりの失敗するという状態を明確にしておきましょう。

人によって失敗の感じ方は違いますが、代表的な3つの例に分けて解説します。3つの失敗の形を知って、どのような状態を避けるべきなのか知っておきましょう。

1.第一志望に落ちた

単に選考で不合格になっただけで就職に失敗したというのは大げさですが、第一志望の企業に落ちたとなると話は別です。昔から憧れを持っていたり、どうしてもそこに就職したいという企業があったりした場合は、第一志望の企業に落ちると失敗したと感じやすいでしょう。

第一志望ではない企業に進む選択肢は多数あるが、落ちたショックのあまり他の可能性が目に入らないということも少なくありません。また就職のモチベーション自体がなくなってしまい、そのまま就活をやめてしまう人もいます。

理想とする企業があり、憧れが強い場合ほど、第一志望に落ちただけで就職全体が失敗したと感じやすいです。第一志望ではない企業に就職しても、働き始めるとその仕事の魅力に気づけることもあるため、簡単に就活を投げ出さないことが大切です。

以下の記事では一度落ちた企業に再応募できるパターンや注意点を詳しく解説しています。合わせて確認してみてください。

2.進路が決まらないまま卒業を迎えた

不合格になり続け内定が出なかったり、途中で就活を諦めた場合は、進路が決まらないまま卒業を迎えてしまいます。卒業後に就職する未来がないことで失敗と感じる人は多く、特に正社員での就職にこだわる人は少なくありません。

単に仕事をするだけなら、正社員以外でも派遣やアルバイトという選択肢もあり、お金を稼いでいる限り生活することはできます。しかし、生活はできても正社員でないということを負い目に感じる人も多く、周囲の多くの就活生と同じように就活を進められなかったことで、失敗を感じる人も多いです。

選考に落ち続ける場合だけではなく、内定を断ったために進路が決まらない人もおり、同じタイプでも内情が異なるといえるでしょう。

また時には将来に対する不安から、就活に絶望する瞬間もあるでしょう。以下の記事では、絶望したときの対処法と絶望する理由を詳しく解説しています。併せて確認してみてください。

3.就職先での仕事に不満がある

内定が決まり無事入社できたからといって、それが必ずしも就職の成功といえるわけではありません。たとえ正社員で就職したとしても仕事に不満があり、すぐにでも辞めたいと感じるならその就職は失敗といえるでしょう。
例えば、大企業や有名企業に就職できたとしても、仕事に不満を感じるなら失敗といえるため注意しなければなりません。

実際に働いてみるまで分からないことも多いですが、ある程度企業との相性は事前準備や選考の雰囲気で判断できます。憧れの企業でも実は自分に合わないということもあり、第一志望に就職できても失敗の可能性があることは理解しておきましょう。

以下の記事では大手病についての解説と対処法を紹介しています。併せて確認してみてください。

就職に失敗する人の5つの特徴

就活は難しく、成功するのは簡単なことではありません。しかし全員が就職に失敗するわけではなく、上手に就活を進めて成功を掴み取る人もいます。就職で成功する人と失敗する人の違いを知り、自分はどちらに該当するかチェックすることが大切です。

失敗する人には共通した特徴があり、大きく5つに分けられます。複数の特徴に当てはまる人ほど就職で失敗する可能性が高いため、当てはまる項目が多い場合は改善が必要でしょう。

また就活に失敗する別の要因としては面接対策が不十分なことも挙げられます。以下の記事では面接で落ちる理由と対処法を解説しているので、併せて確認してみてください。

1.準備が遅くて就活に出遅れた

就活を計画的に進めるには事前の準備が必要であり、準備不足で望むと失敗することが多いです。就活がスタートしてから準備することもできますが、実際に始まると過密したスケジュールに追われて準備不足になることも多いでしょう。

就活を進めながら準備をするのは非常に難しいため、計画的に攻略するには解禁までにしっかり準備を終わらせることが大切です。就活は3月に情報解禁、6月に面接解禁となっていますが、実際にはこれよりも早く選考がスタートします。

情報解禁の3月以降、すぐに選考をスタートする企業も多く、数日で面接ということも少なくありません。6月まで余裕があると油断していると、順次スタートする選考に準備が間に合わず、失敗する可能性が高いです。

2.やりたいことが明確になっていない

やりたいことが明確になっていないことも、失敗する人に多く見られる特徴のひとつです。新卒では一部の専門職を除いて、ほぼすべての職業にチャレンジできます。選択肢の豊富さは新卒ならではの魅力ですが、だからこそどれがよいか悩み、志望先を決めるだけでも苦労することは少なくありません。

やみくもに選考を受けていると、志望度の低さが見透かされてしまい不合格になることも多いです。またそもそもやりたいことが明確でないと、何が自分にあっているかも見抜くことができません。

運が悪いと適性のない相性の悪い企業ばかりに応募することになり、選考でも不利になりやすいです。広すぎる選択肢の中からベストの業界・企業を選ぶのは難しく選択肢を絞り切れていないと失敗しやすいでしょう。

3.大手ばかりを受けている

志望先が明確であっても、就職難易度が高い企業ばかりを選んでいると失敗することも多いです。特に大手ばかり受けていると不合格になりやすく、全滅することも少なくありません。大手ばかりを受けることを大手病と呼び、就職に失敗する大きな原因となるため注意が必要です。

大手病にかかる主な原因は、親からの期待から大手にしか就職できない状況や、他人に就職先を自慢できるかといった基準で企業を選んでいることが上げられます。もちろん理想を高く持って大手を目指すのはよいことですが、選択肢をそれだけに絞ってしまうと視野が狭くなります。そのため就活の難易度は格段に上がります。

ただでさえ就活を攻略するのは難しいため、あえて難関な企業だけに限定してさらに難易度を高めるのは得策とはいえません。厳しい環境に自分を追い込み成功を目指すという方法もありますが、失敗のリスクが高いことは理解しておきましょう。

大手病にかかってしまった際の対処法は就活の軸を見直すことや、やりたいことを明確にすることです。一度立ち止まって就活を見直すことで、視野が広がることや志望動機が明確になります。大手病にかかっていないか一度見直すとよいでしょう。

4.受ける企業を絞りすぎている

膨大な選択肢を絞り込めていないと就職の失敗を招きやすいですが、反対に絞り過ぎも失敗に繋がるため注意しなければなりません。志望先を限定し過ぎると自身の可能性を狭めてしまい、せっかくの就職のチャンスを逃してしまうこともあります。

志望する企業を絞ることは悪いことではありませんが、すべての企業に不合格だった場合に次に受ける企業がなくなる恐れがあります。そのため失敗したと感じるのです。例えばA社とB社のみに受ける企業を絞っていた場合、A社、B社ともに不合格となった場合に次に受ける企業がありません。そうすると卒業後の将来への漠然とした不安から就活に失敗したと感じる可能性があります。

内定獲得までのペースは人によって違いますが、何十社受けてようやく1社からもらえるかどうかということも多いです。志望先を絞り込み過ぎて選考を受ける絶対数が減ると、それだけ内定獲得の確率が下がってしまうことは理解しておきましょう。

5.情報収集が足りていない

就活に失敗する人は、企業情報の収集が足りない可能性があります。企業情報の収集が正しくできていないと、選考の情報を逃したり、面接などの対策がきちんとできないことも少なくありません。就活は情報戦になることも多く、情報を持っていると志望先へ就職できる可能性も上がります。

反対に企業情報の収集ができていないと、仮に就職できても自分に合った企業ではなかったと就職してから不満を感じてしまうこともあるでしょう。おすすめの企業情報の集め方は、ネットで企業の情報を検索するだけではなく、企業説明会やインターンに参加するのがおすすめです。また就活生同士の人脈を広げることでも、有益な情報を得やすくなるでしょう。是非実践してみてください。

就職の失敗から挽回するには

就職に失敗を感じると落ち込む人も多いでしょう。しかし一度失敗したからといって、そこで終わりではありません。失敗しても挽回は可能であり、諦めない限り、常に可能性は残されています。

就職の成功は難易度が高いため、失敗するのは特別なことではありません。大切なのは失敗した時にいかに挽回できるかです。挽回の方法を知ることで、失敗してもめげずに巻き返せるよう準備をしておきましょう。

以下の記事では就活がつらい方に向けた対処法を紹介しています。併せて確認してみてください。

就活のやり方を1から見直す

就職に失敗したと思ったなら、就活のやり方を根本的な部分から見直すことが大切です。つまり自己分析から見直しましょう。自己分析から就活の軸を定め、就活の軸を基準にエントリーする企業を選んできた方も多いでしょう。つまり失敗した原因を明確にするためには、根本である自己分析を見直す必要があるのです。

また就活に失敗した原因は何かを特定することで、対策を講じることができます。自己分析の方法は正しかったか。自分のなりたい姿や理想の自分に引っ張られていなかったかと見直すことで企業を選ぶ軸や志望理由が明確ではなかったことに気づき、挽回に向けて対策することができます。

自己分析を見直すおすすめの方法は3つの視点から見直すことです。1つ目に志望していた業界や企業の視野は広げられないかという視点。2つ目に友人や家族に自己分析結果を伝え、意見をもらう第三者視点。3つ目にこれまでの面接の結果から不合格原因が自己分析にあったかという視点です。この3つの視点から自己分析を見直すことで失敗した原因を特定する近道になります。是非行ってみてください。

以下の記事では自己分析について解説した記事を見ることができます。確認して是非参考にしてみてください。

就職以外の道を考える

就職に失敗すると、何とか巻き返しを測らなければと焦る人も多いでしょう。しかしそもそも就職だけにこだわる必要はありません。就職以外にも選択肢は多数あり、例えば就職留年して翌年もう一度最初から就活にトライしたり、進学したりという方法もあります。

また卒業してとりあえずはアルバイトや派遣として働くという方法もあり、就職以外の選択肢は無数にあります。就職しなければならないと思い込んでしまうと、それがプレッシャーになり失敗に繋がることも多いです。

反対に就職以外にも選択肢があると気楽に考えることで、プレッシャーから解放され就活がスムーズに動き出すこともあります。実際に別の選択肢を選ぶかどうかは別にしても、就職だけが絶対的な道ではないことは頭に入れておきましょう。

以下の記事では就活留年をするメリット・デメリットを解説しています。就活留年をすることも選択肢の一つととらえてみてはいかがでしょうか。是非参考にしてみてください。

就職以外の選択肢

卒業する際には、就職先が決まっていることが一般的です。しかし就職することだけがすべてではなく、他にも選択肢はさまざまあります。就活が上手くいかなかったり、就職先が決まらなかったりする場合は無理に就職を考えず、別の道を目指すことも方法のひとつでしょう。

就職以外の選択肢はさまざまあるため、自分に合った道を選ぶのがおすすめです。卒業後の選択肢を把握して、就職以外にどのような道があるのかを知っておきましょう。

就職留年する

就活が上手くいかないなら、就職留年する方法もあります。就職留年とは、一度留年して学生のまま就活を続けることを指します。大学に籍を置いて就職先を探すことで、新卒として就活ができる点が魅力です

いわば就活のやり直しができる状態であり、就職先が決まった場合でも納得がいかないなら就職留年してもよいでしょう。就職留年をする際は半期で単位を取得できる場合、春学期で卒業して秋から就職ということも可能です。

もちろん秋学期まで在籍して、翌年の春から就職することも可能です。ただし就職留年をする場合は学費が半期、あるいは1年分かかるため費用が高くなってしまう点には注意しなければなりません。

以下の記事では就活留年した場合の影響と面接での答え方を解説しています。是非参考にしてみてください。

既卒として就活する

学費を捻出することが難しい場合は、一度卒業して既卒として就活をする方法もあります。既卒で就活をする場合は、新卒とは別の採用枠になることもあります。しかし既卒の場合でも新卒と同様と捉えられることも多く、新卒と同じ条件で就活ができることも少なくありません。

既卒の就活の場合は時間的な余裕ができるため、就活に集中しやすいでしょう。新卒の場合は学生生活との両立が必要であり、授業が多い場合は時間のやりくりが難しくなることも多いです。ただし既卒で就活をする場合も生活費が必要になり、アルバイトで時間を割かれることも多いでしょう。

また早く就職しなければならないと焦ってしまうこともあるため、就活において心理的な余裕ができなくなってしまうこともあるため注意が必要です。

以下の記事では既卒として就活を進めるメリットとデメリットを解説しています。是非参考にしてみてください。

起業する

卒業後の進路としては就職するだけではなく、起業して自分で仕事を見つけるという方法もあります。起業といってもいきなり法人化して企業を持つだけではなく、フリーランスとして仕事をする方法もあります。自分で仕事を見つけることは大変ですが、軌道に乗るならそのまま独立して社会人生活を送ることも可能です。

フリーランスとして活動する方法は、友人や知人・家族などから仕事を紹介してもらったり、クラウドソーシングなどのサービスを利用したりする方法があげられます。起業によって仕事をすることは簡単ではありませんが、就職せずとも仕事をする道もあります。

ただし起業する場合はすべて自己責任となるため、一度社会人経験を積んだほうが、スムーズに仕事を進めやすいことは理解しておきましょう。

以下の記事ではベンチャー企業への就職について詳しく解説しています。起業する場合の参考にもなるのでぜひ確認してみてください。

フリーターとして働く

卒業後に働くといっても、正社員として就職する以外にも方法はあります。卒業後はフリーターとして働き資金を得るという方法もあるため、正社員として就職できないからといって必ずしも失敗とは限りません。

自分がどのような仕事をしたいのかがまだ決まっていない場合は、フリーターとして働きながら本当にやりたいことを探してもよいでしょう。またフリーター以外でも派遣などで働くことも可能であり、働くという選択肢だけを考えるなら他にも道はあるでしょう。

ただしフリーターとして働きすぎると、それだけで生活費を十分に捻出できてしまいます。そのため就職しようとする意志が下がってしまうことも少なくありません。フリーターになる場合は、どれくらいの期間で働くのかを決めておくとよいでしょう。

以下の記事では自分に合った仕事の見つけ方を解説しています。併せて確認してみてください。

就職で失敗しないためにやるべきこと4つ

就職で失敗したなら挽回を考えることが大切ですが、そもそも失敗しないために準備をするのも大切なことです。失敗を未然に防げるなら挽回にエネルギーを注ぐ必要もなく、よりスムーズに就活を終えられます。

結果もよい方向に向かいやすく、就職の成功を目指すためにも失敗しない方法を考えることは大切でしょう。失敗を防ぐためにやるべきことは、大きく4つに分けられます。それぞれのポイントを把握して、事前対策をしっかりおこないましょう。

1.徹底した自己分析

自己分析のフロー

就職で失敗しないためには、徹底した自己分析をおこなうことが大切です。自己分析は自分の過去を深掘りし、仕事に対する価値観を明確にするために行います。自己分析のやり方は人によって違いますが、基本的には過去の経験を遡って印象的な出来事を抜き出すのが基本のやり方です。

印象的な出来事の中で自分はどのような役割を担っていたか、そこでどのような能力を発揮したかを考えましょう。過去の経験から自身の長所や短所、価値観明確にすることで、どのような仕事が向いているかが分かります。

ポイントは具体的なエピソードとともに面接官に伝える練習をしておくことです。自己分析から強みが明確になったとしても、面接でうまく伝えることができなければ自己分析ができていても不合格になる可能性があります。面接官に伝える練習をしておきましょう。また就活を進める中で価値観が変わることもあるため、行き詰まりを感じるたびに自己分析はやり直しておきましょう。

2.念入りな業界・企業研究

計画的に就職を進め、成功させるには念入りな業界・企業研究をおこなうことが重要です。業界と企業は両方の観点から情報を集めることが大切で、どちらか一方が欠けてしまうと、計画的に進められなくなるため注意しなければなりません。

業界研究は業界に関する情報や知識であり、企業研究は企業の情報です。志望度の高さをアピールするには企業情報の細部まで情報を収集する必要がありますが、それを理解するには業界全体の大まかな知識を持っておかなければなりません。おすすめの方法は、まず業界研究にて業界への理解を進め、その後企業研究に進むと企業への理解が深まります。企業への理解が深まると、志望度の高さをアピールする材料を増やすことができます。是非行ってみてください。

また業界・企業研究はネットで情報を検索するだけではなく、説明会やインターンなどを通じておこなうことが大切です。ネットの情報だけでは知識が不足することも多いため、生の情報を手に入れながら研究を進めていきましょう。

3.選考の対策も重要

就職の失敗を防ぐには、まずは内定を獲得することが大切です。確実に内定を獲得するには、念入りな選考の対策をしておかなければなりません。選考の内容は企業によって違いますが、書類選考と面接はマストでおこなわれます。

応募書類の記載内容を考えたり、面接でのマナーを身につけたりは、必須の事前準備といえます。企業によっては適性検査を実施したり、グループワークやディスカッションを設けたりすることもあるため注意が必要です。

応募書類の作成と面接の対策だけで攻略できるほど、就活は甘いものではありません。選考は幅広い形式でおこなわれるため、事前対策でもできるだけ広い範囲でカバーしておくことが大切です。

4.就活エージェントを利用する

新卒で就活をする場合は就職ナビサイトを利用するだけではなく、就活エージェントを使う方法もあります。エージェントは転職の際に用いられることが多いですが、実は新卒でも利用できます。

就職エージェントとナビサイトの違いは、自分に合った就職先を探してもらえたり、エントリーシートや履歴書の作成などを手伝ってもらえたりする点が異なります。ナビサイトでは自分で求人情報を見つけなければならず、企業へのエントリーやその後企業とのやり取りなども、すべて自分でおこなわなければなりません。

エージェントの場合は自分で求人を探すほかに、エージェントにも探してもらえるため効率的に就職先を見つけられるでしょう。選考対策サポートも充実しているため、就活のやり方に迷った場合にもおすすめです。

就活に失敗してもなんとかなる

就活は今後の人生を決める重要なイベントであることは確かであり、これに失敗すると深く落ち込んでしまう人は多いでしょう。しかし就活に失敗したからといって、その後の人生まで失敗になってしまうわけではありません。

たとえ就活に失敗してもその後自分が望む道を進んだり、失敗したことでかえってよい選択ができたりする人もいます。就活に失敗してもそこで全てが終わるわけではなく、なんとかなるケースも多いため落ち込まずに前向きな気持ちで将来を考えることが大切です。

第一志望の企業に就職できないことはある

そもそも第一志望の企業に就職できる人はごくわずかであり、多くの人は第二志望以降の企業に就職しています。それでも長く続けていたり、楽しく働いていたりする人は多く、第一志望の企業=絶対に自分に合ったよい職場とは限らないことは理解しておきましょう。

第二志望以降の企業でも就職してみると楽しさを見つけられたり、居心地がよいと感じたりすることは少なくありません。働くうちにやりがいを見つけて、数年・数十年後にはその企業に就職してよかったと心から思える人もいるでしょう。

反対に第一志望の企業に就職したはよいものの、実際に入ってみると想像と違い仕事が嫌になるというケースもあります。第一志望に就職することだけが全てではないため、選択肢は豊富に持って本当に自分に合った仕事をみつけることが大切です。

失敗した経験を今後に活かすことが大事

就活に失敗してしまったのなら、きちんと結果を受け止めて次に活かす方法を考えることが大切です。なぜ失敗したのか原因を明確にすることが大切であり、反省点を見つけることで今後の成長に繋がります。

就活の失敗は誰もが経験することではなく、考え方次第では他の人が経験できなかった貴重な体験といえます。ただしそれを貴重な体験とできるかどうかはその後の行動次第です。反省せず次に活かす方法を考えないと、ただの失敗で終ってしまうため注意が必要です。

失敗は反省して改善に努めることで、翌年就活を続ける場合の助けになります。また就活以外の道を選ぶ場合でも、失敗から学ぶことは多いでしょう。どのような道を選んだとしても失敗から学んだことは無駄にはならないでしょう。

就職に失敗してもいくらでも挽回できる

就職に失敗して悩む人は多いですが、失敗したからといって挽回できないわけではありません。努力次第で挽回はいくらでも可能なため、すぐに諦めないことが大切です。悪い環境に留まっていると、さらに悪循環を招いてよくない結果が生まれてしまうこともあるため注意が必要です。

また失敗しないために事前対策をおこなうことも大切です。最初から失敗しなければ、挽回しなければと思い悩む必要もありません。まずは失敗しないための準備をすること、それでも失敗した時に挽回する方法を考えることが大切です。

就職の失敗は誰にでもあるもので対処方法やその後の選択肢は数多くありますので、よい結果が出るまで諦めずに取り組みを続けましょう。

以下の記事では内定ゼロから逆転するための方法を詳しく解説しています。併せて確認してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ