就活のマナー

【就活マナー徹底ガイド】知っておきたい服装や入退室の決まり

就活マナーを知ることで面接での不安を取り除ける

就活にはさまざまなマナーがあり、面接におけるマナーは細部にわたります。細かなマナーを知っておくことは、面接で高評価を獲得するために重要であり、きちんとマナーを身につけておくことで、内定を獲得しやすくなるでしょう。

反対にマナーができていないと、面接での評価に影響することも少なくありません。面接では自分をいかに魅力的にアピールできるかが重要ですが、評価の基準はアピール内容だけではないためマナーにも気を配る必要があります。

就活マナーは立ち居振る舞いから言葉遣い、服装など多岐にわたり、男女で異なる部分もあります。就活マナーを知っておくことで、面接の不安を取り除くことができるため、詳細まで身につけておきましょう。

就活マナーを身に付けたほうがいい理由

就活マナーを身につけておいたほうがいい理由ですが、これは大きく2つ挙げられます。マナーを身につけていないと面接で失敗するだけではなく、その後の社会人生活に影響することもあります。

選考の対策としてマナーを覚えることは重要です。なぜマナーを身につけておかなければならないのか、就活中はもちろん、その後の社会人生活にも目を向けて考えてみましょう。

好印象を与えられる

就活マナーは面接での評価に影響し、正しいマナーが身についていないと、マイナス評価を受けてしまうことも少なくありません。面接でいかに自分を魅力的にアピールできていたとしても、マナーの部分でマイナスの印象を与えてしまうと、結果的に評価が下がり、不採用になってしまうこともあります。

正しいマナーが身についていると、面接で好印象を与えやすく、これが評価につながることも多いです。特にマナーは第一印象を左右しやすい部分であり、マナー違反をしてしまうと面接でマイナス印象を持たれやすくなってしまいます。

悪い先入観を与えてしまうと、面接での評価も下がりやすいため、マナーを身につけておくことは非常に大切であるといえます。

社会人になってからも役に立つ

就活マナーを身につけておくことで、社会人になってからも役に立つことが多いです。就活マナーは社会人では当たり前のマナーやルールであるため、正しく身につけておくと、就職後の不安も取り除けるでしょう。

社会人になるとマナーが身についているのは最低限と考えられており、これができていないだけで信用してもらえないことも多いです。ビジネスにおいては信用は非常に重要なものであり、仕事を円滑に進めるには必須のものといえます。

また、マナーができていないと社外での付き合いに影響するだけではなく、社内での人間関係や人事評価に関係してしまうこともあります。社会人はマナーが身に付いているのは当たり前と考えられるため、就職後のことを考えても就活中に身に付けておいたほうがよいでしょう。

就活マナーは合否にはあまり関係ない

面接で評価されるにはマナーを身につけておくことが大切ですが、実はマナーができているかどうかは合否に大きく関係するわけではありません。マナーが正しく身についていないからといって、それだけですぐに不採用になるわけではなく、その他の部分できちんとアピールできているなら問題ないこともあります。

これは企業は学生に完璧なマナーを求めているわけではなく、多少のことは大目にみてもらえるためです。詳細なマナーについては就職後に自社で教育すればよいと考えている企業もあるため、マナーで失敗したからといって面接を諦めないようにしましょう。ただし、マナーが身に付いていないよりは、身に付いているほうが好印象になりやすいです。

知っておきたい基本の就活マナー

就活で覚えておきたいマナーはさまざまありますが、特に覚えておきたいのは基本のマナーです。細部のマナーについては身についているとプラス評価、できていなくても大目にみてもらえることは多いです。

しかし、基本のマナーについては、身についていないとそれだけでマイナス評価になってしまうことも少なくありません。面接で評価されるには、最低限基本のマナーを身につけておく必要があるため、選考の対策として頭に入れておきましょう。

身だしなみ:男性編

身だしなみは第一印象を左右する重要な部分であるため、基本のマナーは特に押さえておかなければなりません。特に男性と女性で細部のマナーが異なるため、この点にも注意が必要です。男性ならではの身だしなみのポイントはなにか、どのような点に気をつけるべきなのかを知っておくことで、面接でも好印象を与えやすくなります。

身だしなみとして気をつけたいのは、服装や髪型が挙げられます。服装についてはスーツを着用しているかどうかだけではなく、どのような小物を使用しているかもみられています。身だしなみは細部までチェックされているため、基本のマナーを知って、好印象を与えられるようになりましょう。

スーツ

就活ではスーツ着用が基本であり、企業からの指定がある場合を除いては、私服の着用はNGです。就活で着用するスーツは黒色か濃いグレー、紺色などがおすすめであり、すべて無地のものを選びましょう。

これらの色味でも、柄入りのものを選んでしまうとそれだけでカジュアルにみえてしまい、印象が悪くなってしまうことも少なくありません。スーツはダークカラーで、かつ華美にみえないものを選ぶことが大切であり、パーティスーツではなく、ビジネススーツを選びましょう。

スーツは、リクルートスーツと呼ばれるフォーマルなものがおすすめです。購入する際には店員さんに尋ねておすすめを紹介してもらうとよいでしょう。スーツは一度試着し、大きすぎ、あるいは小さすぎないようにサイズを合わせることが大切です。

ネクタイ

男性はスーツ着用時にネクタイを締めることがマナーであるため、必ず着用しておきましょう。ネクタイはビジネスで使用できるものを選び、材質にも注意が必要です。例えばデニムやタオル地などの材質だと、どのような色味や柄でもカジュアルにみえてしまうため選ばないようにしましょう。

就活やビジネスの場で使用するなら、シルクなどの材質がおすすめです。色味は原色系などを避け、青色や赤色などを選ぶとよいでしょう。無地のものはカジュアルにみえてしまうため、ストライプやドットなど、派手になりすぎないデザインを選ぶのがおすすめです。

また、白色や黒色のネクタイは冠婚葬祭を想起させるためNGです。ネクタイは派手にならないよう注意し、スーツに合うものを選びましょう。

カバン

就活で使用するカバンは革製のものがおすすめであり、書類が入るように大きめのサイズを選びましょう。企業説明会や面接などで書類を受け取ることも多いため、A4サイズが入るカバンを選ぶのがおすすめです。

色は黒色の無地がおすすめであり、その他の色味やデザインだとカジュアルにみえて悪印象になるため注意しなければなりません。また、黒色のカバンでも革製以外だとカジュアルな印象を与えてしまいます。

トートバッグやリュックなどは悪印象になりやすいため、手持ちのものを選ぶとよいでしょう。カバンは面接時には床に置くことが多いです。そのため、底板がついた自立するタイプがおすすめであり、床に置いても倒れないものを選ぶとよいでしょう。

身だしなみとしては靴もチェックされており、スーツとトータルでみられています。就活で着用する靴は革靴が基本であり、就活だと黒色のひも靴を選ぶとよいでしょう。革靴でも茶色などはカジュアルな印象を与えてしまう恐れがあるため、選ばないほうが無難です。

また、ひも靴以外だとこれもカジュアルにみえるためNGです。黒色の革靴といってもさまざまなデザインがありますが、プレーントゥなどのシンプルなものを選ぶとよいでしょう。プレーントゥはつま先がやや丸まっており、無地のデザインであるためフォーマルさが求められる就活にも適しています。

つま先が尖っている靴だとカジュアルな印象を与えてしまい、身だしなみの面でマイナス評価を受けてしまう可能性があるため注意が必要です。

髪型

男性の場合は黒髪の短髪がおすすめです。長髪だと清潔感がないと思われてしまい、マイナスの印象を与えてしまうことも少なくありません。また、落ち着いた色味であっても、染めているとそれだけで悪印象になってしまうこともあるため注意しましょう。

清潔感を出すには、目や耳などのパーツを出すのがおすすめです。前髪が目にかかっていたり、髪で耳が隠れていたりすると、やぼったい印象や暗いイメージを持たれてしまうことがあります。

清潔感を出すには刈り上げやツーブロックなどがおすすめですが、場合によっては奇抜な髪型と思われることもあるため注意が必要です。ツーブロックにする場合は、刈り上げの位置を高くしすぎないように注意し、派手な印象を与えないようにしましょう。

身だしなみ:女性編

就活の身だしなみのマナーは男女で異なるため、女性ならではのポイントを知っておくことも大切です。服装や持ち物など細部までみられる点は男性と変わりませんが、細かいマナーの違いがあることは理解しておきましょう。

また、男性とは髪型の規定が違ったり、メイクなど女性だからこそのポイントがあったりする点にも注意が必要です。男性とは違うからこそ気をつけなければならないこともありますが、女性だからこそOKとされているマナーもあります。

そのため、すべての規定が厳しく設定されているわけではないことは覚えておきましょう。マナーはいわば就活生として、社会人として覚えておきたい最低限の部分であるため、それほど難しいものではありません。

スーツ

女性はスーツといってもパンツスーツとスカートの2種類があり、それぞれでマナーが異なります。パンツスーツの場合は、裾を引きずらないことが大切であり、長すぎるとすぐにスーツが傷んでしまいます。

また、ボロボロになっていると見た目の印象としても悪いため注意しましょう。反対に短すぎてもよくないため、靴に少しかかるくらいの長さを目安にするのがおすすめです。スカートの場合は、丈の長さに注意が必要です。スカート丈は長すぎても短すぎてもよくありません。ちょうどよいのはひざ丈程度であるため、これも試着して選ぶことが大切です。

パンツスーツとスカートはどちらを着用しても構いませんが、パンツは活発な印象、スカートは清楚な印象を与えやすいことは覚えておきましょう。

カバン

就活で使用するカバンは、黒色で無地の革製のものがおすすめです。手持ちタイプはもちろん、ショルダーバッグでもよいため、使いやすいほうを選びましょう。就活では荷物が多くなることも多いため、できるだけ大きめのサイズを選ぶと使い勝手がよいです。

A4サイズの書類が入るだけではなく、折り畳みの傘や予備のストッキング、メイク直しの道具などを入れてもパンパンにならないサイズを選びましょう。また、カバンが自立するかどうかも重要であり、面接時に床に置くことを考えて自立するタイプを選ぶのがおすすめです。

男性と同様にリュックやトートバックなどはカジュアルな印象を与えてしまい、マイナス評価につながる可能性が高いため、避けたほうが無難です。

就活で着用する靴は、黒色で華美なデザインのないものがおすすめです。女性の場合はパンプスであり、似たデザインでもローファーではカジュアルな印象を与えてしまうため避けたほうがよいでしょう。

パンプスを選ぶ際には、ストラップの有無やデザイン、ヒールの高さをチェックしておく必要があります。ストラップ付きのものは脱げにくく、歩きやすいため便利ですが、このデザイン性が高いとカジュアルにみえてしまいます。

そのため、よりフォーマルなものを選ぶなら、ストラップなしのほうがよいですが、派手にならないならストラップ付きを選んでもよいでしょう。ヒールの高さは2~3cm程度がおすすめであり、ゴム製で衝撃を吸収するタイプだと、長時間歩いても疲れにくく、フォーマルな印象も与えられます。

メイク

就活ではメイクをすることもマナーのひとつであり、すっぴんで面接や説明会に参加すると、マナー違反となってしまうため注意が必要です。ただし、メイクをしているならそれでよいわけではなく、フォーマルさを意識して控えめなメイクにしなければなりません。

濃い目のメイクや流行を取り入れたメイクだと、派手でカジュアルな印象を与えてしまい、就活の場にそぐわないと判断されます。また、メイクをしていてもしていないようにみえるすっぴん風メイクも、就活には適さないため注意しましょう。

チークやアイシャドウ、アイラインなどはナチュラルな色味のものを選ぶことがおすすめであり、原色系は避けたほうがよいです。自分の肌の色に近いものを選び、派手になりすぎないように注意しましょう。

髪型

女性の場合、男性とは違って髪型は必ずしも短髪である必要はありません。ショートカットやセミロングはもちろん、ロングであってもマナー違反にはならないと考えましょう。ただし、セミロングやロングの場合は、髪が邪魔にならないようにくくるなどしてまとめておく必要があります。

髪留めを使用する際には、黒色や茶色など、目立たないヘアゴムを使うとよいでしょう。また、ヘアピンも目立たない色味のものを選ぶ必要があります。

女性の場合は髪を多少染めても問題ないとすることも多いですが、身だしなみに厳しい企業ではNGとすることもあります。染めていることでプラスになることはないため、黒髪のほうが無難でしょう。

面接の入退室

面接は受付を通り、待合室で待機してから会場に案内されるケースがほとんどです。そのため、面接を開始する際には待合室から会場に入室し、終了後に退室します。面接中にも細かい点はみられますが、実は入退室の際にもチェックされている部分は多いため、注意しなければなりません。

入室時のマナーができていないと、第一印象が悪くなります。退室時のマナーができていないと、最後の評価に影響することも少なくありません。印象や評価を決める上では、両方とも重要であることは覚えておきましょう。

最初でつまづいても、最後で失敗しても、面接の評価に悪影響を及ぼしてしまうことに違いはありません。それぞれの細部のマナーまで知り、入退室まで完璧におこないましょう。

入室

面接会場に入室する際には、扉があるかどうか、閉まっているかどうかでマナーが異なります。扉があり閉まっている場合は、ノックをして中の人に声をかけてから入室します。ノックは3回が基本であり、ゆっくり大きく3回ノックをしてから、「失礼します」と声をかけましょう。

中から「お入りください」などの声がかかってから入室します。扉があってすでに開いている場合は、外から声をかけて入室許可をもらいます。扉がない場合も同様であり、壁などをノックする必要はありません。入室の際には、扉を開けてから再度「失礼します」と声をかけ、会釈をします。

その後、面接官に背中を向けないように半身になって扉を閉めましょう。椅子が用意されているならそこに向かい、面接官にすすめられてから「失礼します」と声をかけ着席します。

退室

面接が終了した後は、お礼をいってから席を立ちます。面接官から「本日の面接は以上です」のように声掛けがあったなら、着席したまま「本日はありがとうございました」と述べてお辞儀をしましょう。

その後、立ち上がって荷物を持ち、会釈をしてから扉へと向かいます。扉を開け、退室する前にもう一度お礼を述べてお辞儀をすることが大切です。会釈やお辞儀をする際には、動作と言葉が一緒にならないように注意し、きちんとお礼の言葉を述べてから動作に移りましょう。

退室する際には、面接官からの指示がない限り扉を閉める必要があります。扉を閉める際には大きな音がしないように、ゆっくりと閉めることが大切です。勢いよく閉めて大きな音を出すと、がさつな印象を与えてしまいマナーとしても失礼になるため注意しましょう。

上座・下座

就活マナーとして覚えておきたいものとして、座席の座り位置に関係する上座と下座があります。基本的に上座は入り口から遠いところであり、近い場所が下座となります。上座は目上の人が座る場所であるため、就活生は下座に座ると考えましょう。

面接の際にはすでに面接官が着席していて、空いている席に通されるパターンが多いです。座席が指定される場合は、上座や下座に関係なく着席して構いません。面接官と一緒に入室する場合は、間違って上座に座らないように注意しましょう。

また、面接までの待合室でも座る位置がチェックされていることがあるため、この場合も下座に座るのがおすすめです。ただ他の就活生がすでにいて、下座が埋まっている場合は上座に座っても問題ないと考えましょう。

言葉遣い

面接では身だしなみや入退室の作法だけではなく、言葉遣いもチェックされています。どれだけ魅力的なアピールができていたとしても、言葉遣いのマナーができていないと、マイナスの印象を与えてしまうことも少なくありません。

言葉遣いは一朝一夕で身につくものではないため、就活期間中は普段から気をつけておくことが大切です。ふとした時の言葉は、普段から意識していないとスムーズには出てこないため、常に意識しておく必要があるでしょう。

また、言葉遣いは就職してからもつまづきやすいポイントのひとつです。社会人になってからも言葉遣いは重要であるため、就活期間中に正しいマナーを身につけておくとよいでしょう。

貴社と御社の使い分け

就活中に企業に呼びかける際には、「貴社」や「御社」という言葉を使います。これらは企業に対する敬称ですが、それぞれで使い時が違うため、間違えないようにしましょう。

「貴社」は書類など文面で使用する言葉であり、面接では用いません。履歴書やエントリーシートで使用する言葉であり、応募書類で就職意欲を示す際には、「貴社を志望したのは~」といった表現になります。

対して「御社」は、口頭で使用する言葉であり、面接で使います。同じ内容を伝える場合でも、それが書面なのか口頭なのかで「貴社」と「御社」は使いわけなければならないため、間違えないようにしましょう。また、銀行の場合は「貴行」や「御行」、病院は「貴院」や「御院」となるため、志望先によって使いわけることも大切です。

丁寧語の使い方

面接で好印象を与えるには、丁寧語を使用することがおすすめです。同じことをいっていても、丁寧語を使っているかどうかで印象は大きく違ってきます。例えば自分を呼ぶ際には、僕や俺よりも「私」のほうがよいです。

「私」は「わたし」か「わたくし」といい、「わたくし」のほうがより丁寧な印象を与えやすいでしょう。他にも「少しお待ちください」は「少々お待ちください」、「後で行きます」は「後ほど伺います」といった表現にしたほうが、丁寧に聞こえます。

丁寧語は必ずしも使わなければならないわけではありませんが、使ったほうが好印象になりやすいでしょう。同じ言葉でも少し表現を変えるだけで印象は大きく変わるため、就活中はできるだけ丁寧な言葉遣いをすることが大切です。

クッション言葉

より柔らかい印象を与えるには、クッション言葉を使うのがおすすめです。クッション言葉は「恐れいりますが」や「大変恐縮ではございますが」、「差し支えなければ」や「申し訳ございませんが」などがあります。

例えばなにかをお願いする際には、「恐れいりますが、面接の日程の変更は可能でしょうか」や「大変恐縮ではございますが、日程の変更は可能でしょうか」となります。「差し支えなければ」は「差し支えなければ、○○についてさらに詳しくお聞かせいただけますでしょうか」といった使い方ができるでしょう。

企業に対して謝罪する、あるいはなにかをお願いする際には「申し訳ございませんが、その日はゼミでの研究発表があり~」といった表現が使えます。

就活ではマナーを身に付けて好印象を獲得しよう

就活ではどのように自分をアピールするかも重要ですが、マイナスの印象を与えないようにマナーに気を配ることも大切です。正しいマナーが身についていると、好印象を与えやすくなり、面接でも評価されやすくなるでしょう。

もちろん、マナーが身についているからといって、それだけで採用されるとは限りません。きちんと自分の魅力を伝え、企業に採用メリットがあると感じてもらう必要はありますが、マナーができているほど、好印象になりやすいことは確かです。

どれだけアピールが上手くいっても、基本的なマナーが身についていないと、評価を下げられることも少なくありません。就活のマナーは細部まで理解し、少しでも好印象を与えて高評価を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ