面接対策

【就職試験の面接徹底ガイド】マナーやよくある質問などを紹介

就職試験を突破するには面接対策が重要

就職試験を突破し、内定を獲得するには面接への対策が重要です。面接は、就職試験の結果を左右する大きなポイントとなりますので、しっかりと準備をして本番に臨みましょう。企業によって面接内容はさまざまで、当日になってみないと、どのような質問がされるかは分かりません。しかし、事前にマナーを身に付けて、よくある質問に対しての回答を考えておくことで、面接を有利に進めることができます。

企業が面接で就活生のどのような点をチェックしているのか、質問の意図は何かなどを考えてみると、効果的なアピールのヒントがみつかるはずです。ここでは、就職試験の面接対策として知っておきたいマナーや、よくある質問と回答のポイントなどを詳しく解説していきます。

面接試験前の準備

面接試験前は、早めに準備を進め本番に臨みましょう。面接では、質問の受け答えだけでなく、マナーが守れているかも重要なチェックポイントになります。これから社会人として企業で仕事をしていくうえでは、ビジネスに必要な最低限のマナーを身に付けておかなければなりません。

能力やスキルはもちろんですが、面接官の抱く印象によっても試験結果は大きく左右されます。服装や髪型など、ビジネスシーンに相応しい身だしなみを心掛けましょう。

就活に適した身だしなみを確認しておく

就職試験は、社会人としてのマナーが求められます。ビジネスシーンに適した身だしなみを心掛け、面接官にマイナスイメージを持たれないように注意しましょう。面接を受ける時には、男性・女性問わずリクルートスーツが基本です。

紺や黒、グレーなどシンプルで落ち着いた色のスーツを選びましょう。カバンや靴などの小物もスーツに合わせて、茶色や黒などにします。派手な色や柄が入ったもの、過度な装飾が付いたものは就職試験にはふさわしくありません。

人の第一印象はとても重要で、初めて相手に持ったイメージを変えるのは難しいといわれています。服装や髪型などの外見は、第一印象を決める大きな要因となります。面接官に好印象を与えられるよう、清潔感を意識して身だしなみを整えましょう。

男性の服装と髪型

リクルートスーツは上下セットにして、就職試験の際はジャケットを着用しましょう。ネクタイは、派手な色や柄が入ったものは避け、スーツに合う紺や薄いブルーなど、落ち着いた色を選んでください。

カバンは、A4サイズの書類を折らずに入れられる大きさを選びましょう。自立できると、面接の際に椅子の横に置いておけます。靴は、茶色や黒の革靴が人気となっています。

髪型は短く切りそろえ、顔周りがスッキリとしたスタイルがベストです。ワックスで軽く整えると清潔感が出ます。ただし、ツンツンと髪の毛を立たせたり、固めたりするのは避けた方がよいでしょう。髪を染めて明るくするのも基本的にはNGです。

女性の服装と髪型

スーツの色は紺や黒、グレーなどシンプルなものを選びましょう。スカートの場合は必ずストッキングを着用します。就活では長い時間歩くこともありますので、歩きやすい靴がよいでしょう。

高すぎるヒールやラメの入った素材は避けてください。カバンはA4サイズの書類が入る大きめのもので、自立するタイプがおすすめです。ショルダーバックやリュックはカジュアルな印象になりますので、シンプルなビジネタイプを選んでみてください。

髪が長い場合は後ろにひとつに束ねるなど、顔がみえるヘアスタイルにしましょう。面接ではお辞儀をしますので、下を向いた時に髪の毛が邪魔にならないかチェックしてみてください。横や前の髪が長い時には、ピンを使って留めておくとよいでしょう。

面接に必要な持ち物をチェックする

面接の前には持ち物をチェックして、忘れ物がないか確認してください。筆記用具、携帯電話、メモ帳、手帳、ハンカチ、ティッシュ、必要な書類などは、あらかじめカバンに入れておきましょう。そのほかにも、モバイルバッテリーや水筒、タオルなど季節やその時の状況に合わせて必要なものを揃えます。

場所と日時は、当日にもう一度確かめておきましょう。会場に行く際にアプリを使う人も多いですが、バッテリーがなくなって使えなくなる可能性がありますので、紙の地図も持っておくと安心です。持ち物チェックリストを作り、面接に行く前に全て持ったか確認してみてください。時間に余裕をもって、早めに家を出るようにしましょう。

面接試験の流れとマナー

企業によって当日におこなわれることは異なりますが、ここでは面接試験の基本的な流れと、知っておきたいマナーについて紹介します。事前にチェックしておくと、当日もスムーズに対応できます。

面接室で担当者と話している時だけではなく、企業に着いてから、面接が終わって建物を出るまでが試験だと思って行動しましょう。受付、待機中、入室、退室とそれぞれの場面において大切となるポイントを解説していきます。

受付

面接会場へ到着するのは、面接予定時刻の10分前くらいを目安にします。早すぎると失礼になりますし、遅刻は厳禁です。交通機関のトラブルや、道に迷う可能性がありますので、余裕をもって到着できるように出発してください。もし着くのが早すぎてしまったら、近くで待機して、時間になったら会場に入るようにします。

企業へ入ったら、まずは受付をおこないます。担当者にあいさつしてから、大学名と氏名を告げ、面接を受けに来たことを伝えましょう。受付担当者は採用に直接関わることはないかもしれませんが、気を抜かず失礼のないように心掛けてください。

話す時の表情や声の大きさも意識しましょう。最近では受付が無人の企業もありますが、入口に内線用の電話がありますので、案内に従ってください。

待機

待合室で待機する際は、静かに落ち着いて過ごしましょう。他の人と大きな声で話をしたり、携帯電話をさわるはNGです。配布された資料などがあれば、一通り目を通しておきます。カバンは座った椅子の横に置き、コートなどの上着を着用している場合は脱いで軽くたたみましょう。

これから面接が始まると思うと緊張してしまいますが、キョロキョロと周りを見たり、体を動かしていると、落ち着きがないと感じられます。ゆったりとした気持ちで、なるべくリラックスできるように心掛けましょう。鏡で身だしなみをチェックするのはマナー違反です。どうしても気になる場合は、トイレに行くようにしてください。待機中も採用担当者がみている可能性がありますので、気を抜かず行動しましょう。

入室

入室する際にはドアの前に立ち、ゆっくりと3回ノックします。中から「どうぞ、お入りください」と指示があったら「失礼します」といって、ゆっくりとドアを開けましょう。部屋に入り、ドアの方へ体を向けてドアを閉めます。面接官の方を向いたまま後ろ手でドアを閉めるのはマナー違反になりますので、注意してください。

ドアを閉めたら、前へ向き直り一礼して「よろしくお願いいたします」と挨拶しましょう。椅子の横まで歩いていき「〇〇大学〇〇学部の〇〇です。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」といい、深くお辞儀します。

「どうぞ」といわれたら「失礼いたします」といってから着席となります。カバンは椅子の横に置き、姿勢を正して座りましょう。深く腰掛けたり、背もたれに寄りかかったりせずに、背筋を伸ばし手をひざの上にのせます。

退室

面接が終わったら、椅子から立ち上がり「本日はお忙しいなか、お時間をいただきましてありがとうございました」とお礼をいって深く一礼します。その後、ドアの手前まで歩いていき、面接官の方へ体を向けて「失礼いたします」といいもう一度礼をしましょう。最後のお辞儀をして顔を上げた時に、面接官とアイコンタクトがとれると好印象です。

ドアを開けて、ゆっくりと閉め退室となります。ドアを閉める際は、入室の時と同じく後ろ手にならないように注意します。部屋から出ると一気に緊張が緩みますが、建物を出るまでは気を抜かないように心掛けましょう。すぐに携帯電話をチェックしたり、飲食したりせずに、そのまま出口に向かいます。

面接試験で気を付けるポイント

面接試験では、質問に対する回答はもちろん、マナーや身だしなみもチェックされています。短い時間のなかでも、だらしない態度や、やる気のないしぐさなどは目につきやすく、マイナスの評価になる可能性がありますので、細かな部分まで気を配り、面接官によい印象を与えられるようにしましょう。

表情や姿勢、声のトーン、話し方などでもあなたの人柄が伝わります。効果的なアピールをするために、話す内容だけでなく、相手に与える印象についても注意してみましょう。

面接中の姿勢にも気を配る

採用担当者は、面接中の姿勢もチェックしています。猫背で背中が丸まっていたり、椅子に浅く腰掛けて後ろにもたれていると、だらしない印象を与えてしまいます。入室や移動中、椅子に座っている間は、姿勢にも気を配りましょう。背筋は真っすぐに伸ばしてあごを引きます。天井から頭が引っ張られているように意識すると、綺麗にみえます。

姿勢は、無意識のうちに普段のクセがでるものです。面接中だけよい姿勢を保つのは難しいため、日頃からの練習が必要になります。よい姿勢は好印象を与えるだけでなく、自信があるように感じられますので、普段から正しい姿勢を意識して行動してみましょう。よい姿勢を身に付ければ、面接中も自然に振る舞うことができます。

自然な笑顔で明るさをアピールする

面接で受け答えをする際は、自然な笑顔で明るさをアピールしましょう。緊張すると表情が固くなり、目線が定まらなくなってしまうことがよくありますが、笑顔がないと暗い印象になってしまいます。無理に笑おうとするとかえって不自然になりますので、少し口角を上げるように意識するとよいでしょう。

うつむいていたり、小さい声でボソボソと話したりしては、効果的なアピールはできません。面接は誰でも緊張するものと思い、面接官とコミュニケーションが取れるように心掛けましょう。相手の目を見て、笑顔で話すことができれば、それだけで印象はよくなります。友人や家族に協力してもらい、笑顔で会話ができるように練習しておくのもおすすめです。

あいさつで声が小さくならないように注意

あいさつは、第一印象を決める大切なポイントのひとつです。相手の方を向き、ハキハキと聞き取りやすい声で話すようにしましょう。あいさつの声が小さいと、やる気がない、コミュニケーション能力が低い、などと思われてしまう可能性があります。普段の会話よりも少し大きめの声で話すようにすると聞きやすくなります。

最初のあいさつでマイナスイメージを与えてしまうと、その後の面接全体の流れに影響することも考えられます。よい雰囲気で面接を始めるためにも、明るいあいさつを心掛けましょう。

また、入室のあいさつはできていても、面接が終わった安堵感から、退室のあいさつを忘れてしまう人も多くなっています。最後まで気を抜かずに、面接に臨みましょう。

面接試験でよくある質問と回答のコツ

面接試験ではよく聞かれる定番の質問があります。面接対策として、それぞれの質問に対する回答を事前に準備しておくと、本番でスムーズに答えることができます。企業によって質問内容はさまざまですが、全ての質問には企業側の意図があります。

企業は質問を通してあなたの能力やスキル、人柄、仕事に対しての考え方などを知りたいと思っています。なぜその質問をするのか、企業の立場になって考えることでアピールするポイントがみえてきます。ここでは、面接試験でよくある質問と、回答のコツを紹介していきます。

自己紹介

面接の冒頭に、自己紹介を求められることがあります。自己紹介は企業へ自分の経歴や強みを簡潔に伝えるためにおこないます。自己PRと混同されがちですが、自己紹介と自己PRは違いますので注意しましょう。

自己紹介は大学名、氏名など基本的な情報に加えて、学生時代に何に力を入れたのかを述べます。時間は60秒以内におさまるようにしてみてください。ゼミやサークル、アルバイトなど、これまで特に力を入れてきた活動をひとつ加えましょう。趣味や特技などでも構いません。自己紹介は自己PRのように長く話す必要はありませんが、短い文章のなかであなたの人柄をしっかりアピールできるような自己紹介文を作成してみましょう。

志望動機

志望動機は、就職試験でよく聞かれる質問です。企業は「なぜ他ではなく、この企業に入社したいと思ったのか」を知るために志望動機を聞いています。また、入社の意欲や熱意、やる気もチェックしています。志望動機を作成する際は、この企業でなければいけない明確な理由を伝えて、入社したい気持ちをアピールしましょう。

文章を作成する時のポイントは、まず最初に結論を述べ、その後に理由となる具体的なエピソードを添えることです。就職試験のほかの質問にも有効な方法になりますので、基本的な構成として覚えておきましょう。

エピソードでは、その時の状況や、感じたことなど、できるだけ具体的にすることが大切です。企業の特徴や強みを深く理解し、自分がどのような点を魅力に感じたかを、分かりやすく伝えられるように工夫してみてください。

自己PR

自己PRで自分の強みや長所を、企業へしっかりアピールしましょう。採用担当者は、自己PRであなたが何に力を入れてきたのか、企業で活かせる能力があるのか、入社の意欲はあるかなどを判断します。自己PRと聞くと、何か特別な経験がないといけないと思うかもしれませんが、日常生活のなかでも効果的に自分の強みを伝えられる出来事はたくさんあります。

学校生活やゼミ、アルバイトなどで印象に残っているエピソードをひとつ選び出し、努力した過程が分かるように文章を作成してみましょう。また、自己PRは、どのように仕事で活かせるかを述べることが重要です。優れた能力を持っていても、企業で活かせなければ意味がありません。入社後、どのように企業に貢献できるかをアピールしましょう。

逆質問

面接の最後によく聞かれるのが「何か質問はありますか」という逆質問です。何を聞くべきか迷ってしまう人も多いですが、逆質問を通して企業は何をチェックしているかを考えてみましょう。逆質問の意図は、入社への意欲や、あなたのコミュニケーション能力、企業との相性などをみることだといわれています。

自由度が高く答えを前もって準備できる逆質問は、企業へアピールできる貴重なチャンスですので、しっかり活用しましょう。質問が思いつかないからと「特にありません」と答えるのは、せっかくの機会を無駄にしてしまいます。

まずは、逆質問で企業に何を伝えたいのかという目的を明確にしましょう。そこから、どのように聞けば効果的にアピールできるのかを考えてみてください。

面接でよくある質問一覧

・あなたの長所・短所を教えてください
・将来のキャリアプランはありますか
・就活の軸は何ですか
・周りの人はあなたをどう評価していますか
・志望企業を選ぶ基準は何ですか
・これまでの挫折・失敗の経験を教えてください
・学生時代に一番力を入れたことは何ですか
・5年後はどうなっていると思いますか
・ここは第一志望ですか
・最近気になるニュースはありましたか
・趣味は何ですか
・好きな言葉・座右の銘は何ですか
・自分を物にたとえると何だと思いますか
・自分のキャッチフレーズを教えてください

就職試験の面接では、企業によってさまざまな質問をされます。予想外のことを聞かれると戸惑ってしまいますが、焦らず落ち着いて自分の意見をはっきりと伝えましょう。「企業はこの質問で何を知りたいのか」を考えると、回答のヒントがみえてきます。よくある質問をチェックして、面接の準備をしておきましょう。

面接マナーを知り就職試験を突破しよう

面接は、就職試験の結果を左右する重要な場面です。企業が面接でチェックしているポイントを確認して、対策を立てていきましょう。面接では、質問に対する回答だけでなく、社会人としてマナーを理解し実践することも大切になります。

注意するべき細かな点が多く、覚えるのが大変かもしれませんが、ビジネスマナーは社会人になってからも役立ちますので、この機会にしっかりと身に付けておきましょう。身だしなみは清潔感を意識し、第一印象でよいイメージを与えられるようにします。服装や髪型などにも注意しましょう。

また、入室や退室などの適切なマナーは、すぐにできるものではありません。面接本番でスムーズに行動できるように、あらかじめ何度も練習しておきましょう。面接の質問は企業の意図を理解し、どのような点をアピールするべきか考えると効果的です。面接マナーを知り、就活試験を有利に進めましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ