面接対策

【集団面接の流れを徹底ガイド】入退室のマナーと気を付けるポイント

集団面接の流れと手順を知っておくと安心

就活では就活生が複数人で一緒に面接を受ける、集団面接が実施されることがあります。同じ面接でも、個人と集団では異なる点も多いため、違いを把握しておくことが大切です。集団面接を有利に進めるには、どのような流れで進行していくのかを知っておくとよいでしょう。

全体の流れを把握しておくことで、次になにをすべきかがわかり、取るべき行動がみえてきます。面接で評価されるには、事前の対策が重要であり、これをいかに徹底できるかによって、結果が違ってくるといっても過言ではありません。

集団面接の合格を目指すには、これに合わせた対策をする必要があります。集団面接ならではのポイントや注意点を把握して、高評価の獲得を目指しましょう。

集団面接の流れと入退室マナー

まずは集団面接の全体の流れとマナーを把握しておきましょう。集団面接と個人面接では、全体の流れが少し異なります。そのため、個人面接と同じ感覚で臨んでしまうと、失敗する可能性があります。

また、基本的なマナーは共通していますが、集団面接ならではのマナーがあることも覚えておきましょう。受付から入室、面接の実施から退室まで、詳細な流れとそれぞれで必要なマナーを把握しておくことが、高評価を得るための秘訣です。

受付:あいさつをして面接を受けに来たと伝える

企業に到着したら、受付であいさつをして、面接を受けに来たことを伝えます。企業によって受付の形式はさまざまであり、受付に人がいる場合もあれば、電話が置いてあり、内線で企業の人を呼び出すという場合もあります。

どちらの場合にしても、元気よく挨拶をすることが大切です。あいさつをする際には、「お世話になっております。○○大学○○学部の○○です」などと伝えましょう。このとき声のトーンや大きさを意識し、笑顔で明るい印象を与えることが大切です。

あいさつをした後は、どのような要件で来社したのかを伝えます。「〇時より面接のお約束を頂いております」のように要件は簡潔に述べましょう。要件を伝えると、担当者を呼び出してもらえたり、待合室まで案内してもらえたりします。

待機:スマホは触らず正しい姿勢で待つ

受付を通った後は、すぐに面接開始とはならず、一度待合室に通されて待機となることが多いです。待機をする際には、うるさくせず、姿勢を正して静かに待ちましょう。このときスマホを触っていると印象が悪いため、注意が必要です。

面接中に音が鳴ることも避けるべきであり、企業に入る前にはマナーモードにするか、電源を切っておくとよいでしょう。静かにしていても、スマホを触っているとだらしない印象を与えてしまい、面接前から評価を下げられてしまう可能性があります。

また、集団面接だと他の就活生も待合室で同席していることが多いです。簡単にあいさつをする程度なら問題はありませんが、うるさくしてしまうと印象が悪く、企業にも迷惑がかかるため、過度にコミュニケーションを取るのはやめましょう。

入室:先頭になったらノックをしてドアを開ける

待合室で待機していると、担当者から面接に呼ばれます。集団面接の場合は、同時に面接を受ける人全員が一度に呼ばれ、列になって部屋に向かいます。このとき先頭にいる人が扉を開けますが、部屋に入る前にはノックが必須です。

ノックをせずに入室してしまうと、失礼な印象を与えてしまうため注意しなければなりません。ゆっくり大きく3回ノックすることがポイントです。ノックをして「失礼します」と声をかけると、中から「どうぞお入りください」などの声をかけられます。入室許可が出たら、再度「失礼します」と声をかけ、入室しましょう。お辞儀をして中へと進みますが、次の人が入室するまで扉を押さえておいてあげると、好印象を持ってもらいやすくなります。

2番目以降に入室する場合は前の人の動きをみて対応する

集団面接で2番目以降に入室する人は、前の人の動きをみて対応しましょう。2番目の人は、先頭の人の行動を見て真似するなら、基本的に失敗はありません。ただし、2番目に入室する人はノックは不要であるため、1番目の人に続いて入室すると考えましょう。

3番目や4番目も同様であり、前の人にならって行動すれば、失敗することはまずありません。一番最後に入室する人は、少しだけやることが異なるため注意しましょう。最初と最後以外の人は、前の人に合わせて動くことでスムーズに入室できます。入室時の印象は第一印象を左右する重要なポイントであるため、流れやマナーは詳細まで把握しておきましょう。

最後に入室する場合はドアを閉めて一礼する

一番最後に入室する人は、扉を閉めて一礼をしてから席へと向かいます。扉を開けっぱなしにしてしまうと、がさつな印象を与えてしまい、評価を下げられる可能性があるため注意しなければなりません。

企業によっては、換気などの理由で開けっ放しにすることがありますが、このような指示がない限りは、必ず扉は閉める必要があります。扉を閉める際には、大きな音が鳴らないように、ゆっくり丁寧に閉めましょう。

勢いよく閉めてしまうと、気遣いができないなどの印象を与えてしまい、これもマイナス評価につながる可能性があります。扉を閉めた後は立ち止まって一礼し、その後席へと向かいます。扉を閉めながら礼をするとだらしない印象を与えてしまうため注意が必要です。

集団面接:他の就活生の話も聞いておく

全員が入室して席についた後は、集団面接が始まります。集団面接だからといって、質問内容などは個人面接とはそれほど違いがなく、聞かれる質問は一般的なものが多いです。しかし、ひとつの質問に対して就活生それぞれが答えるという点は集団面接ならではの特徴といえ、この際には他の就活生の話も聞いておくことが大切です。

自分のアピールばかり熱心にして他の就活生の話を聞いていないと、自分勝手な印象を持たれてしまい、評価を下げられる可能性があります。また、場合によっては他の就活生の話について、面接官から意見を求められることもあります。集団面接ではどのような流れで話題が回ってくるかわからないため、周りの人の話も聞いておきましょう。

退室:面接が終わってからも立ち振る舞いに気を付ける

面接が終了しても、退室の仕方や退室時の様子をみられて、評価が変わることもあるため注意が必要です。面接が終了したなら、まずはその場であいさつをします。立ち上がってからも面接についてのお礼をいい、その後出口に近い人から順次退室しましょう。

席配置によって異なりますが、基本的には最後に入室した人が退室時には先頭となり、最初に入った人が最後となることが多いです。退室の際には、扉の前で振り返り、お礼を述べてから一礼しましょう。その後扉を開けて退室しますが、後の人がお礼を述べている間は、扉を抑えておいてあげると親切です。退室後はおしゃべりをせず、静かに速やかに面接会場を後にしましょう。

集団面接で気を付けるポイント

集団面接で高評価を得るには、気をつけておきたいポイントがいくつかあります。注意点が守れていないと、マイナス評価になってしまう可能性があります。面接で合格するためには、高評価を獲得することはもちろん、いかにマイナスの評価を避けるかも重要です。

せっかく評価されても、他のところで評価を下げられてしまうと、不合格になる可能性があります。集団面接で失敗しないためにも、気をつけるべきポイントは正しく把握しておきましょう。

身だしなみは清潔感を意識する

面接では発言の内容だけではなく、身だしなみもみられています。そのため、悪印象を与えないためには身だしなみを意識しておくことが大切であり、清潔感が評価されるポイントなります。

清潔感を出すには、スーツを正しく着用し、しわや汚れがないようにしておきましょう。また、髪型や髪色も重要であり、男性なら短髪で、女性なら長い場合はまとめておくことが大切です。基本的には黒髪のほうが印象がよく、暗い色でも染めているとマイナスの印象を与えてしまいやすいため注意しなければなりません。

髪型は派手になりすぎないようにし、顔のパーツがすべて出るようにしておくと、清潔感を与えやすいです。他にも靴やカバンなども重要であり、小物も細部までチェックされることは理解しておきましょう。

敬語など社会人として適切な言葉遣いを心掛ける

言葉遣いもチェックされているポイントであり、敬語などが正しく使えているかどうかもみられています。アピール内容が同じであっても、敬語ができているかどうかによって、評価が大きく違ってくるため注意しなければなりません。

言葉遣いは尊敬語や謙譲語を正しく使うことに加えて、丁寧語やクッション言葉などを使用することも意識しましょう。例えば面接官がなにを言っているのか聞き取れなかった場合は、「恐れいりますが、もう一度お願いしてもよろしいでしょうか」のように聞くと、丁寧な印象を与えられます。

また、流行り言葉やいわゆる若者言葉を使ったりすることもNGです。社会人らしい言葉遣いをすることが大切であるため、就活中は普段からフォーマルな言葉を使う意識を持っておきましょう。

面接で長時間話し続けるなど独りよがりなアピールはNG

集団面接では、就活生が複数人いるため、ひとりあたりの回答時間は個人面接よりも少ないです。そのため、ひとりで長々と話してしまうと、独りよがりな印象を与えてしまうため、注意しなければなりません。

自分をアピールすることは大切ですが、それ以上の他の人の邪魔をしないように注意が必要です。周囲の人に気を遣えていないと、チームプレーができていないなどの悪い印象を与えてしまいやすいです。

他の人の話を聞いていなかったり、独りよがりなアピールをしたりすることは、集団面接では避けなければなりません。自分をアピールする意識を持ちつつも、他の就活生にも気を遣いながら、自分ひとりで長く時間を使いすぎないようにしましょう。

集団面接の流れを把握して本番で焦らないようにしよう

)

集団面接は個人面接とは流れやマナーが違うため、集団面接ならではの特徴を把握しておくことが大切です。全体の流れを把握しておくことで、本番でも焦らずに対応でき、より本来の実力を発揮しやすくなるでしょう。

面接では緊張によって失敗してしまうことが多く、実力がある人でも本来の力を出せずに不採用になってしまうことがあります。まずは全力を出し切れるように事前の準備をしておくことが大切であり、そのためには流れやマナーを把握しておくことが重要でしょう。

流れを知り、マナーを把握しておくことで、正しい振る舞いができるようになり、好印象も与えやすいです。集団面接だからこそのポイントを知り、事前の準備を徹底して、高評価の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ