履歴書

【就活用の履歴書のサイズとは】A4とB5のどちらがいいのか解説

就活ではどのサイズの履歴書を使用すればいいのか

企業へのエントリーや、書類選考の際には履歴書を提出することになりますが、履歴書にもいくつかのサイズがあります。一般的に履歴書にはB5サイズとA4サイズがあり、用途に合わせて使われています。しかし、就活ではどのサイズが適切で、どちらを使用するべきか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

履歴書のサイズによって選考の結果が変わることはありませんが、社会人として必要なビジネスマナーのひとつとして、履歴書のサイズについても把握しておくとよいでしょう。ここでは就活に最適な履歴書のサイズについて、入手方法と合わせて詳しく解説していきます。就活で履歴書の提出の予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

履歴書のサイズにはB5とA4がある

販売されている履歴書をみると、A3・A4・B4・B5・A判・B判など、さまざまなサイズがあります。多くの種類があるようにみえますが、実は履歴書のサイズは2種類しかありません。同じサイズでも、企業によって呼び方が異なることがあるので注意しましょう。履歴書は、開くとA3サイズになる「A4判」と、開くとB4サイズになる「B5判」の2つがあります。

A4サイズの履歴書は縦297㎜・横210㎜で、日本標準規格のA4サイズを基準としています。開くとA3サイズになるため「A3判」「A判」とも呼ばれています。一方のB5サイズの履歴書は、縦257㎜・横182㎜で日本標準規格のB5サイズが基準です。A4サイズより一回り小さく、広げるとB4サイズとなるため「B4判」「B判」といわれることもあります。

就活ではA4サイズの履歴書を使う人が多い

履歴書は2種類のサイズがありますが、企業から指定がなければどちらのサイズを使っても間違いではありません。正社員・アルバイト・パートなどの雇用形態に関わらず、どのサイズの履歴書を使用してもOKです。ただ、一般的に就活ではA4サイズの履歴書がよく使われています。

A4サイズはB5サイズに比べて記入するスペースが大きく、項目が多いためより多くのアピールをすることができるというメリットがあります。また、字が大きく書けるため、みやすい履歴書になります。

ほかにも、ビジネスシーンで使われる書類はA4サイズがほとんどで、B5よりも企業が扱いやすいとも考えられます。どちらのサイズにするべきか迷った時には、A4サイズを選ぶのがおすすめです。

ただし履歴書のサイズが評価に影響する可能性は低い

就活ではA4サイズの履歴書を使う人が多いですが、B5サイズを使ったからと言っても選考に不利になる可能性は低いでしょう。履歴書のサイズによって評価が左右することは、まず考えられません。特に企業からサイズについて指示がない場合は、履歴書の記入欄や項目をチェックして、自分に合ったものを選んでください。

同じサイズでも、メーカーによって記入欄の内容は異なります。自己PR欄や長所・短所欄の有無、各スペースの大きさなど、それぞれの特徴をチェックしましょう。資格やこれまでの経歴をしっかりアピールしたい場合はA4サイズを選ぶ、資格などがなく余白が目立ってしまうようならB5サイズを使用するなど、記入内容をよく確認して、その時の状況に最適なサイズを選ぶことが大切です。

企業がサイズを指定している場合はその指示に従う

企業のなかには、履歴書のサイズを指定している場合があります。企業サイトの採用ページや募集要項に記載がないか、よく確認しましょう。指定と異なるサイズを使用すると「内容をよく読んでいない」「理解力がない」など、マイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

履歴書のサイズはA4かB5の2種類ですが、企業によって呼び方が異なることも考えられます。どちらのサイズを指しているのかしっかりチェックしましょう。A判・A4判・A3判と書かれている場合はA4サイズ(A3サイズの二つ折り)、B判・B5判・B4判とある場合はB5サイズ(B4サイズの二つ折り)となります。履歴書を用意する前に、もう一度企業の募集要項を確認してみてください。

履歴書を入手する方法

履歴書は書店や文房具店、ネット通販などで手に入れることができます。100円ショップやコンビニエンスストアでも販売しているため、必要な時にすぐ買えます。

しかし販売店によって、取り扱っている履歴書のサイズや種類が少なく、希望のものが買えない可能性もありますので、自分の欲しい履歴書がどこで入手できるのか事前に確認しておくと安心です。ここでは、履歴書の入手方法とそれぞれの特徴を紹介します。

書店や文房具店で購入する

)

履歴書を買う場所として一般的なのが、書店や文房具店です。売り場面積の大きい店舗では取り扱いの種類も豊富で、さまざまな履歴書を買うことができます。サイズもA4サイズとB5サイズの両方が置いてありますので、履歴書を買う時には書店や文具店に行けば確実に入手することができます。季節によって、就活フェアなどのイベントで履歴書だけでなく文具や名刺入れなど就職活動に必要なグッズを合わせて販売している書店もあります。

書店や文房具店では、履歴書を購入する時に実際に手にとって見ることができます。記入欄を細かくチェックして、自分の希望に合っているか確認できるのは大きなメリットといえるでしょう。種類がいくつかある場合は、見比べてから合ったものを選べます。

大学指定の履歴書を使用する

大学の購買部では、就活用に大学指定の履歴書が売られています。大学指定の履歴書は、ゼミの研究内容について記載するスペースがあるなど、大学生に合わせた内容になっているのが特徴です。どのような項目の履歴書を選ぶべきか迷う必要がなく、就活でアピールするべき項目が含まれているため、スペースを埋めるだけでも、効果的なアピールができます。

また、大学指定の履歴書は大学名が印刷されているため、企業へ提出した時にどの大学出身なのか一目で分かります。就活生らしさが出て、真面目な印象を与えることができるでしょう。学校内でいつでも買えるため、就活で必要な時にすぐ手に入る便利さもポイントです。

ネット通販で履歴書を注文する

効率よく時間を節約したいなら、ネット通販で履歴書を注文するのがおすすめです。多くの在庫のなかから、自分の希望のサイズや条件で検索できるので、欲しい履歴書をすぐに探すことができます。近くにお店がない、買い物にいく時間がない時にはネット通販を利用してみましょう。

ネット通販は、購入してから納品されるまで時間がかかることもありますので、必ず納期を確認して、余裕を持って買うようにしてください。ネットでの購入は、実際に手に取って確かめることができないため、サイズや記入するスペース、項目などはしっかりチェックする必要があります。届いてから希望のものと違ったと気付く可能性もありますので、商品の詳細を忘れずに確かめましょう。

コンビニでプリントする

インターネットのフォーマットを利用したり、自分で作成した履歴書を使う場合はコンビニでプリントアウトしましょう。家庭用のインクジェットプリンタは、ほとんどの場合A3サイズやB4サイズの出力ができません。

コンビニのプリントアウトは、インターネットで予約すると店舗ですぐに印刷が可能です。USBなどにファイルを保存して店頭のプリンタで読み込むこともできますが、ネットワークプリントサービスならパソコン上で手続きが簡単にできて、登録も不要です。

コンビニのレーザープリンタなら、さまざまなサイズに対応していますので、履歴書のA3やB4も印刷できます。店舗によってプリンタの操作方法が異なりますので、事前に確認しておくと安心です。

就活の履歴書のサイズはA4を使用するのが無難

履歴書のサイズはA4サイズとB5サイズの2種類があり、企業によって呼び方が異なることがあります。企業からサイズの指定がない場合は、どちらの履歴書を使っても間違いではありませんが、ビジネスシーンで取り扱う書類はほとんどがA4サイズのため、就活でもA4サイズの履歴書を使用する人が多くなっています。どちらのサイズか迷った時には、A4サイズを選ぶとよいでしょう。

履歴書は同じサイズでも、メーカーや販売店によって内容が異なります。記入欄をチェックして、自分に合ったものを用意しましょう。履歴書は、書店や文房具店、大学の購買部、ネット通販などで入手可能です。それぞれの店舗の特徴や違いをチェックし、適切な履歴書を購入しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ