身だしなみ

【就活に相応しいヘアースタイルとは】男性と女性の好印象な髪型

就活に相応しいヘアースタイルで好印象を与えることができる

就活では身だしなみも評価の一部であり、どのようなヘアースタイルをしているかによって、評価が変わることもあります。就活に向けてはヘアースタイルもフォーマルさを意識しておくことが大切であり、社会人らしい髪型とはどのようなものなのかを考えておきましょう。

就活にふさわしい、社会人らしいヘアースタイルにしておくことで、選考でも好印象を与えることができます。身だしなみの印象は選考時の第一印象になることが多く、ここで好印象を与えられているなら、選考も有利に進めやすくなるでしょう。

就活にふさわしいヘアースタイルは、男性と女性でポイントが異なります。それぞれの違いを知り、好印象を与えられる髪型で就活に臨みましょう。

就活のヘアースタイルで気を付けるポイント:男性編

まずは男性が就活時にヘアースタイルで気をつけておきたいポイントはなにかを知っておきましょう。男性の場合はヘアースタイル次第で印象が大きく変わることも少なくありません。

女性と比べると選択肢がやや少ないですが、就活に向いているヘアースタイルの中でも自分らしさを出すことはできます。まずは注意すべき点を知り、どのような点に気をつけるとよいのか、なにがチェックされているのか把握していきましょう。

まゆげが隠れるような髪型はNG

就活で好印象を与えるには顔のパーツをきちんと出しておくことが大切であり、特にまゆげはみえるようにしておかなければなりません。男性のヘアースタイルでまゆげがみえていない状態だと、印象が悪くなりやすいため注意が必要です。

まゆげが隠れてしまうと、表情が伝わりにくくなります。これによって、自分らしさをアピールしにくくなり、個性が上手く伝わらない可能性もあります。また、まゆげが隠れていると、目元に髪がかかってしまい暗くみえてしまうことも少なくありません。

印象として暗くみえるだけではなく、目元に髪がかかると影ができて、表情自体も暗くみえてしまうでしょう。まゆげは出すようにし、顔全体のパーツがみえるように意識することが大切です。

襟足やもみあげが長いのも避けるべき

男性の場合は基本的には短髪がおすすめであり、部分的にであっても長髪だと悪印象になりやすいです。特に襟足やもみあげなどには注意が必要であり、これらが長いと野暮ったい印象を与えてしまうでしょう。

就活のヘアースタイルで重要視されているのは清潔感であるため、野暮ったいと思われるとマイナス評価になりやすいです。髪型はすっきりさせておく必要があるため、サイドや後ろにボリュームを持たせないようにしましょう。

横と後ろが長いと、トップが短くても全体的にもっさりしてみえることも少なくありません。襟足ともみあげの長さは、全体の印象を左右しやすい部分であるため、清潔感を演出するなら短めにしておくのがおすすめです。

髪色は自然な黒髪がおすすめ

就活では髪型だけではなく、髪色もみられています。髪色は黒髪がおすすめであり、自然にみえることが重要だと考えましょう。そのため、黒髪であっても、黒染めしている場合だと印象が悪くなってしまう可能性もあります。

もちろん、茶色などに染めたまま選考に臨むよりは、黒染めのほうが印象がよいのは間違いありません。少なくとも黒髪に戻そうとしているほうが、就活に向き合う意識は高いと判断されやすいため、染めたまま就活に臨むことはやめたほうがよいでしょう。

企業によっては暗めの色なら多少染めていても、特に問題なしと判断することもあります。しかし、ほとんどの企業では髪を染めることはNGであり、染めていることで評価がプラスになることはないため、黒髪にしておいたほうが無難でしょう。

就活生の男性におすすめの髪型

実際に男性の就活生はどのような髪型がおすすめなのかを知っておくことも大切です。髪型を決める際には、ヘアースタイルごとの特徴を知り、自分に合うかどうかを考える必要があります。

男性の場合は基本的に短髪となるため、その中でも自分にはどのような髪型があるのかを考えておきましょう。自分に似合う髪型を選ぶことで、身だしなみの印象がよくなるだけではなく、プライベートでもおしゃれを楽しめます。

就活中は髪型が限定されるものの、その中でおしゃれもできます。男性の就活生におすすめなのは、ショートヘアーとアップバングです。それぞれの特徴の違いを知り、自分の場合はどちらが似合いそうかを考えて、就活時のヘアースタイルの参考にしてみましょう。

ショートヘアー

男性の場合のもっともスタンダードな髪型は、ショートヘアーです。ショートヘアーといっても髪型の詳細はさまざまですが、基本的には顔のパーツがすべて出ている状態であり、髪の長さは短めであると考えましょう。

例えば、耳回りや襟足などを刈り上げ、前髪をまゆげより上の位置で切って顔のパーツがすべてみえるにようにする髪型が、ショートヘアーの代表といえます。ショートヘアーでもある程度ボリュームを残すミディアムショートから、髪の量を減らし、長さも大幅に短くするベリーショートなどがあります。

ベリーショートだとより活発な印象が与えられるでしょう。ミディアムショートは清潔感があり、人当たりのよさそうな印象が与えられる場合もあります。

アップバング

ショートヘアーの中でも、前髪を上げておでこを出すヘアースタイルがアップバングです。アップバングはおでこまでみえているため、すっきりとした印象を与えやすく、活発なイメージも持ってもらいやすいでしょう。

元気よくみえやすいため、営業職など人と接することの多い職種では、好印象になりやすい髪型といえます。アップバングのスタイルは、カットの方法によって前髪を上げるだけではなく、自分でスタイリングしてアップバングにすることも可能です。

つまり、前髪を短めにしておくことで、スタイリング次第で前髪を残すショートヘアーにしたり、上げてアップバングにしたりもできるでしょう。前髪を上げるだけで完成するヘアースタイルのため、他の髪型からの応用もききやすいです。

就活のヘアースタイルで気を付けるポイント:女性編

女性の場合も、ヘアースタイルでは気をつけなければならないポイントがいくつかあります。男性に比べると、女性はヘアースタイルの選択肢も多く、就活中であってもおしゃれを楽しみやすいでしょう。

しかし、就活にふさわしい髪型は当然あり、これが守れていないとマイナスの印象を与えてしまいます。選択肢が多いからこそ、どのようなヘアースタイルが就活に適しているのかで迷ってしまうことも少なくありません。注意すべきポイントやおすすめの髪型を知り、就活用のヘアースタイルとはいかなるものなのか、理解を深めていきましょう。

まゆげと耳が見える髪型がおすすめ

男性と同じように、女性の髪型も顔のパーツがすべてみえるようにしておくことが大切です。特にまゆげと耳はチェックしておきたいポイントであり、これらがみえるヘアースタイルにしておきましょう。

まゆげが隠れてしまうと、目元に影が落ちやすく、暗い印象を与えてしまう可能性が高いです。また、耳が出ているかどうかで、全体のボリューム感は違ってきます。耳が隠れていると、ボリュームが多くみえ清潔感を与えにくくなります。耳を出すことですっきりとし、清潔感も演出しやすくなるでしょう。

礼をしても手で直す必要のない髪型にする

女性の場合は就活中でも髪型の選択肢は多数ありますが、選考時に邪魔にならないことを意識してヘアースタイルを決める必要があります。就活では採用担当者や面接官に礼をする機会が多く、このときに手で髪を直さなくてもよい髪型にしておくのがおすすめでしょう。

例えばロングヘアーをまとめずにいると、礼をしたときに髪がなびいてしまい、そのたびに手で直さなければなりません。手で直すという余計な動作があると、相手に不快な思いをさせてしまう可能性があるため、注意が必要です。

ロングヘアーが悪いわけではなく、まとめていて邪魔にならないなら問題はありません。必ずしも短くする必要はないため、邪魔にならないように注意しておくとよいでしょう。

就活生の女性におすすめの髪型

就活中の女性におすすめの髪型はさまざまあり、ショートからロングまで幅広い長さを楽しめるでしょう。選択肢が多いため、プライベートでもおしゃれをしやすく、自分に合った髪型も選びやすいです。

また、スタイリング次第で髪型を変えられることもあり、特にある程度の長さがあるなら、セットによって印象を変えられます。ショートからミディアム、ロングまで幅広い選択肢があるため、それぞれの長さごとのおすすめの髪型を知り、自分に似合うものをみつけましょう。

ショートヘアー

さっぱりとした印象を与えたいなら、ショートヘアーがおすすめです。ショートヘアーは活発な印象を与えやすく、元気がよい、清潔感があるなどのイメージもつきやすいです。はきはきとした人間性をアピールしやすくなり、営業職など人と接する機会の多い仕事では、好印象になりやすい髪型といえます。

ショートヘアーの選択肢はさまざまですが、基本的にはまゆげと耳がみえるようにしておきましょう。まゆげをみせるには前髪を短く切るだけではなく、横に流すという方法もあります。

前髪はあってもなくても構いませんが、眉上でぱっつんなど、幼くみえるヘアースタイルはやめましょう。就活ではフォーマルさが求められているため、スーツを着ていてもおかしくない髪型にすることが大切です。

ボブ・ミディアム

ミディアムの長さなら、ボブがおすすめです。ミディアムボブの場合は、柔らかい印象を与えやすく、温和な人間性がアピールできるでしょう。清楚や誠実、優しいなどのイメージがつきやすいため、自分がアピールしたい個性に合わせてこの髪型を選ぶこともおすすめです。

ミディアムの長さは便利であり、ショートヘアーのように癖がつきにくく、スタイリングをほとんどしなくてもまとまることが多いでしょう。そのため、スタイリングの手間を省きたい人にも、おすすめの髪型といえます。

ただし、ミディアムから少し伸びてくると、髪をまとめるかどうかで迷うこともあります。まとめるには短く、そのままにするには長いといった中途半端な状態になることもあるため、メンテナンス自体はこまめにしておく必要があるでしょう。

ハーフアップ・ひとつ結び

ロングヘアーの人は、髪をまとめてあげるハーフアップや、シンプルにひとつ結びにする髪型がおすすめです。女性はロングヘアーでも問題ありませんが、まとめていないと印象が悪くなります。ロングヘアーをなびかせたまま仕事をしている人はいないため、必ず邪魔にならないようにまとめておくようにしましょう。

ひとつ結びはシンプルなアレンジのため、ヘアゴムでくくるだけでできる簡単な髪型です。余計な印象を与えたくない場合や、スタイリングをする時間がない場合でも簡単にできるため、便利なヘアースタイルといえます。

ハーフアップはお団子にしたり、まとめて結んだりとスタイリングが必要です。しかし、慣れてしまえば簡単にできます。スプレーなどで固めると崩れにくいため、スタイリングの仕方を覚えておくと便利でしょう。

就活のヘアースタイルを好印象に仕上げるコツ

選考で好印象を与えるには、ヘアースタイルを就活に合った形で仕上げることが大切です。もともとの髪型はもちろん、その後どのようにスタイリングするかによって、与えられる印象は違ってきます。

同じ髪型でもスタイリングやセットの方法次第で印象はがらりと変わり、場合によっては身だしなみの評価に影響することもあるでしょう。好印象なヘアースタイルに仕上げるにはどのようなポイントがあるのかを知り、実践していくことが大切です。

ヘアーワックスは使用しても問題ない

就活ではカジュアルにならないように気をつけ、できるだけフォーマルなヘアースタイルになるように心がけますが、普段使っているヘアーワックスは使用可能です。ヘアーワックスを使っているからといって、それがマイナスの印象になるわけではないため、スタイリングの際には使用するとよいでしょう。

ヘアーワックスを使うことで髪型をまとめたり、崩れないようにキープしたりできます。ヘアーワックスを使っていないことで、髪がパサついてみえたり、セットをしていないことで身だしなみを整える意識がないと思われたりすることもあるでしょう。

基本的にはヘアーワックスを使って髪型を整えているほうが、印象はよくなりやすいです。ただし、ヘアーワックスの付けすぎは清潔感がなくなってしまうため、使いすぎに注意しましょう。

ツーブロックは企業によって印象が分かれるため注意

サイドや襟足を刈り上げるツーブロックは、さっぱりとした印象を与えやすく、おしゃれでもあるため、就活生に人気の髪型です。しかし、業界や企業によって与えられる印象は違い、場合によっては悪印象になってしまうこともあるため、注意しなければなりません。

公務員や金融業界など、硬い職業の場合は、ツーブロックだと悪印象になってしまう場合もあります。ツーブロックにする場合は、刈り上げの高さに注意が必要です。高い位置まで刈り上げてしまうと、カジュアルにみえやすくなり、奇抜な髪型と思われてしまいます。

就活からプライベートまで楽しめる便利な髪型ではありますが、志望先によっては印象が悪くなることもあるため、ツーブロックにする場合は慎重に決めましょう。

派手なヘアピンやヘアゴムの使用は避ける

髪をまとめる際には、ヘアピンやヘアゴムを使用して構いません。しかし、これらはなんでも使ってよいわけではなく、悪目立ちしないものを選ぶことが大切です。基本的には黒色や茶色など、髪の色になじみやすいものを使い、無地で余計なデザインがないものを選びましょう。

ワンポイントでもデザインが入っていると、それだけでカジュアルにみえてしまい、身だしなみが整えられていないと思われてしまいます。また、髪留めとしてはシュシュもありますが、これはデザインに関係なくカジュアルにみえる可能性が高いため、使わないほうが無難です。就活で使うならヘアピンやヘアゴムにし、無地で黒色のものを選ぶと失敗はありません。

くせ毛や天然パーマをストレートにする必要はない

カジュアルな髪型は悪印象になりやすいため、パーマは避けたほうが無難です。しかし、天然パーマやくせ毛などは無理に矯正する必要はなく、ストレートにせずとも問題はないと考えましょう。

もともとの髪質によって髪がうねったり、パーマになったりしている場合は、就活において悪印象を与えることはないでしょう。ただし、くせ毛や天然パーマの場合は、髪のボリュームが多くみえやすいため、ヘアースタイルには注意する必要があります。

特に髪の長さや量はきちんとコントロールしなくてはならず、定期的なメンテナンスが必要な場合も多いです。くせ毛や天然パーマ自体はそのままで問題ありませんが、清潔感をアピールできるように、こまめに髪を切っておきましょう。

就活で避けた方が無難な髪型

就活におすすめの髪型がある一方で、避けたほうが無難な髪型もあります。髪型ひとつで人の印象は大きく変わり、評価に影響を与えやすい第一印象を左右することも少なくありません。

印象が悪くなりやすい髪型にしていると、その後の選考も不利になってしまう可能性が高いです。見た目の印象からマイナス評価を受けてしまわないためにも、どのような髪型は避けたほうが無難なのかを知っておきましょう。

マッシュヘアー

マッシュヘアーは、就活では避けたほうが無難です。マッシュヘアーはボリュームがあるため、清潔感がないと判断されて悪印象になる可能性があります。また、まゆげや耳がみえない場合も多く、顔のパーツすべてが出ていない点でも就活生らしい爽やかな印象を与えることができません。

マッシュヘアー自体は世間的には知られるようになりましたが、社会人からみると暗い印象を感じてしまう人は少なくありません。伸ばしっぱなしでメンテナンスをしていない髪型と思われてしまうこともあり、身だしなみが整えられていないと判断される可能性があります。マッシュヘアは男女ともに悪印象になりやすいため、就活では避けたほうが無難でしょう。

男性の長髪

男性は短髪が基本であり、長髪だとそれだけでマイナスの印象になってしまう可能性があります。女性の場合はロングでもくくったり、へアゴムなどでまとめたりすることで清潔感をアピールできますが、男性の場合はこの限りではありません。

たとえ邪魔にならないようにまとめていたとしても、長髪であるというだけで清潔感がないとみなされる可能性があるため、注意しましょう。どの程度の長さを長髪とするかは人によって違いますが、肩にかかる長さがあるなら、ほとんどの企業で長髪とみなされると考えましょう。

また、前髪や襟足、もみあげなどが部分的に長い場合も長髪と判断され、印象が悪くなってしまうこともあるため注意しなければなりません。

サイドの髪を垂らした髪型

前髪や後ろでまとめた髪を、サイドに垂らすヘアースタイルも就活では避けたほうが無難です。顔の横にまとめた髪を垂らすことで、小顔効果が狙えますが、これはカジュアルなスタイリングであり、フォーマルさが求められる就活には不向きです。

サイドに垂らす髪型は「触覚」と呼ばれることもあります。就活では触覚を作ると幼くみえたり、カジュアルにみえたりするため、NGであると考えましょう。また、まとめた髪をサイドに垂らしていると、礼をしたときに髪を手で直さなければならない場合が多いです。

礼をするたびに髪の乱れを直す必要があり、邪魔になってしまうことも多いため、機能性を考えてもこの髪型は避けたほうが無難でしょう。

就活のヘアースタイルは清潔感を意識しよう

就活では、どのようなヘアースタイルにするかをよく考えておく必要があります。髪型ひとつで、採用担当者に与えられる印象は大きく変わります。ヘアースタイルは身だしなみの一部としてみられており、第一印象を決める重要なポイントです。第一印象は簡単には覆らず、ここで悪印象を与えてしまうと、選考でも不利になってしまうことが多いでしょう。

反対に第一印象で好印象をあたえられているなら、選考を有利に進めやすくなり、就活の成功も目指しやすいです。好印象を与えるには、清潔感を意識してヘアースタイルを決めることが大切です。新卒の若者らしいフレッシュさや元気のよさ、清潔感などをアピールできるのはどのような髪型なのかを考え、身だしなみを整えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ