職種研究

【アートディレクターになるには】仕事内容と未経験から目指す方法

アートディレクターになりたい場合の就活とは


デザイン関係の仕事への就職を目指している中で、アートディレクターという言葉を聞いたことがある就活生もいるはずです。中には、アートディレクターになりたい就活生もいるでしょう。

アートディレクターは、広告やwebサイトなどのさまざまなビジュアルデザインの指揮を取る、クリエイティブチームの責任者という立場にあたる仕事です。その立場を踏まえると、就職してすぐにそうそう就くことのできない仕事でもあるといえるでしょう。

ですので、アートディレクターになりたいのであれば、そのためのステップをしっかりと踏める仕事に就くことが重要です。そんなアートディレクターの仕事や、実際にアートディレクターを目指す場合の就活方法について、詳しく解説していきます。

アートディレクターの仕事内容

アートディレクターは、クリエイティブな作業をおこなうスタッフの総責任者としての立場があります。そのため、仕事内容も各スタッフに作業指示を出したり、進捗状況や作品の確認・管理をおこなうのが基本的と思っていいでしょう。

アートディレクターはまずクライアントからの要望を確認した上で、実現するための視覚表現を考えるのが仕事の第一歩です。そこで協議された企画コンセプトを、実際に制作をおこなうデザイナーやコピーライターに伝え、期日までに制作に取り掛かってもらう形となるようです。

アートディレクターの仕事はデザイナーのときとは違い、実際に現場で手を動かす比率は多くありません。それに対して、ディレクションやマネジメントに関わる業務内容が多くなってくるのです。

アートディレクターに求められる能力

実際にアートディレクターになるにあたって、どういった能力が必要になるのか知りたい人も多いでしょう。上記で説明したようにデザインの技術などがあることが基本ですが、それ以外の能力の方がむしろ重要になってくるのが、アートディレクターの仕事と思っていいでしょう。

特に将来的にアートディレクターになった時に必要になる能力について、ここでは詳しく解説していきます。アートディレクターを目指す場合、これらの能力もしっかりと身に付けておくようにしましょう。

コミュニケーション能力

アートディレクターとして仕事をする場合、個人ではなくチームのメンバーと共に仕事をしたり、外部の方との共同作業となる場合が多いです。それに伴ってスタッフだけでなく、クライアントや外部制作会社など社内外問わずさまざまな人との関わりが発生することもあり、基本的なコミュニケーション能力が必要でしょう。

具体的に必要な能力としては。相手の要望を正しく聞き入れ、それを参加スタッフに説明することができなければなりません。また、スムーズな進捗達成のためにも、チーム内の関係を取り持つことも、アートディレクターにとって大事な仕事のひとつです。

そのためにもそれぞれの要望や相談などに応じる機会が増えてくるため、コミュニケーション能力が求められることになります。

デザインに関するセンスと知識

実質的なデザインにこそ関わることは少ないものの、アートディレクターはデザインに関するセンスと知識が求められます。そのため、アートディレクターになるには、デザイナーとしてのキャリアを十分に積むことが大事になってくるのです。

デザイナーとしてのデザインセンスだけでなく、webや色彩・写真・映像などについての幅広い知識も、アートディレクターには必要となってくる要素です。これらの知識がなければ、チームスタッフにどういった指示を出せばいいか、曖昧なものになってしまうでしょう。

デザインに関する様々な知識は、デザイナーとして経験を積む中で身に付けていく必要があります。

アートディレクターに必要な資格は特にない

アートディレクター自体に、必要とされる資格は特にないようです。デザイナーとして経験やキャリアを得る過程で専門的な資格を取得することはありますが、仕事の上で必ず必要になるわけではありません。

ある程度デザイナーに求められるスキルや資格を取得しておくことは基本といえますが、それよりも経験やそれに基づいた実力が求められます。資格を持っていなくても専用のソフトを扱えたり、デザインに対する知識があれば問題ないでしょう。

資格は知識やスキルを深める手段でしかない

アートディレクターとして改めて資格を手に入れる場合もあるかもしれませんが、それらは元々持っている知識やスキルを深めるための手段にしかなりません。より仕事の幅を広げたいと思った場合に、状況に応じて新たに資格を取得する形で問題ないでしょう。

アートディレクターになるためには、基本的なデザイナーとしてのスキルや技術が求められます。その過程で、デザイナーの仕事に関わる資格を取る場合はあるでしょう。

デザイナーとしての経験を積むのに合わせて、技術関連の資格が今後も必要だと思った場合に、積極的に取得するのが一番いいでしょう。デザインの現場で求められる資格には、以下のようなものがあります。

Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験は、クリエイターやデザイナーとなるにあたって基本的な技術でもある、Photoshopについてどの程度使えるかを測る資格です。

Photoshopは、デザインの仕事に関わる場合に使用することになる、一般的なデザイン用ソフトです。カメラマンなども使用しているソフトであることを考えると、アートディレクターになった後も知識があって損をすることはありません。

Photoshopクリエイター能力認定試験では、試験の種類として基礎だけでなく応用能力についても用意されています。今後のキャリアアップのためにも、受験しておきたい資格になるでしょう。

Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験も、デザイナーとしてのキャリアを積んでいくのであれば重要な資格といえるでしょう。IllustratorもPhotoshopと同様に、デザインの場で多く活用されるメジャーなソフトです。基本的にデザインに関わりたいと思っているのであれば、この2つのソフトを扱えるようにしておけば問題ないといわれています。

Photoshopの試験と同様に、こちらも基礎と応用の2つの種類が存在しています。とはいえPhotoshopに関する知識や技術の方が比較的活用の幅があると考えられるので、経験を積むにあたってこちらの試験にも追々挑戦する、という形でもいいでしょう。

未経験の新卒がアートディレクターになるのは難しい

新卒の状態からアートディレクターになるのは難しいでしょう。基本的にアートディレクターは、ある程度デザインに関する経験や知識があって初めてなれる職種です。新卒の場合、未経験状態から始めることになるため、アートディレクターとして初めから募集していることはほとんどありません。

そのことを理解した上で、将来的にアートディレクターになるための準備を就職する時点から始めることが大事になってくるでしょう。

グラフィックデザイナーとしての経験が必要

アートディレクターになりたいのであれば、やはり実際にデザインに関係する経験が重要になります。そのため、まずはグラフィックデザイナーとしてデザインの知識や経験をしっかりと積み重ねていくところから始めるべきでしょう。

グラフィックデザイナーとして実際に仕事をおこない、多くの経験を積み重ねることで、自然とデザインについての幅広い知識や技術も磨き上げられていきます。その過程で、必要な知識や能力があると判断された時に、初めてアートディレクターになる道が拓けるのです。

まずは様々な仕事にグラフィックデザイナーとして関わっていくことが、アートディレクターになるための最初の一歩といえるでしょう。

まずはデザイン事務所や広告制作会社でキャリアを積む

アートディレクターになるために大事なのが、デザインに関する能力を高めたり、デザイナーとしてキャリアを積むことです。そのために、まずはデザイン事務所や広告制作会社へ就職し、そこでデザイナーとしての経験を得るところから始めるようにしましょう。

実際に仕事に関わっていく中で、デザインを生み出す上でどんな技術や能力が重要なのか、自然と理解していくことができます。また、アートディレクターがどういった仕事をおこない指示を出すのかについても、実際に指示をもらう側として学ぶことができるのも大事なことです。

こういったデザイナーとして得られた経験が、後にアートディレクターになった際に大事なのだと考えておきましょう。

アートディレクターになるためにはまずグラフィックデザイナーを目指そう

将来的にアートディレクターになりたいと思う場合、まず新卒では就職できないということは頭に入れておきましょう。最初はグラフィックデザイナーとしてデザインの経験を積み、キャリアアップをしていった上で、初めてアートディレクターになることができるのです。

グラフィックデザイナーとしてさまざまな仕事に関わるようになれば、デザインに関する知識や技術も増えて経験を積めるようになり、スキルアップにもつながります。

アートディレクターを目指す就活生は、まずグラフィックデザイナーとして基本的な能力や知識を身に付け、自身をスキルアップさせることを中心に行動すると心がけてみましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ