インターン

【インターンシップの内容とは】3つのプログラムと参加方法を解説

インターンシップを正しく理解して参加しよう

就活の時期が近づくと、インターンシップという言葉を耳にする機会が多くなります。インターンシップという言葉は知っているけれど、何をするのかよくわからない、そもそもインターンシップは就活に必要なのかと思う就活生もいるかもしれません。

インターンシップは就活を進める上で非常に重要な機会です。しかし、内容を理解せず「なんとなくみんながやっているから」というあいまいな理由では参加する意味がありません

ここでは内定獲得というゴールにたどり着くための重要なポイントとなる「インターンシップ」を詳しくご紹介します。インターンシップを正しく理解し、これからの就活に役立てていきましょう。

Wait a minute! 就活偏差値をチェック

20万人が利用する診断ツールで、あなたの就活偏差値を測ってみよう!

就活偏差値診断ツールの「就活力診断」を使えば、簡単な質問に答えるだけで、就活マナーや企業理解がどの程度進んでいるかグラフで分かります。

質問は全て選択式でサクサク進められるので、ぜひ一度試してみてください。

インターンシップとは

そもそもインターンシップとはどういうものなのでしょうか。何のためにどんな活動をするのか、分からない就活生も多いのではないでしょうか。

インターンシップとは、学生が興味のある企業で実際に働いたりする「職業体験」のことを指します。略称として「インターン」ともよく言われています。実際に業務を行い、働く環境や社風に触れることで、説明会では分からなかった企業のことを良く知ることができるのです。

仕事を経験するという部分では、アルバイトとほとんど同じでは?と考える就活生もいるかもしれません。アルバイトでもある程度の仕事は経験できるかもしれませんが、募集がある仕事内容には限りがあります。
一方でインターンは、企業が学生に対して会社を紹介するために開催するので、普段あまり触れることのない仕事にも挑戦できる機会があります。実際に仕事や、そこで働いている社員の方と触れることでより企業理解を深めることができるのです。

インターンシップは大きく分けて「短期インターンシップ」と「長期インターンシップ」の2種類があります。それぞれインターンを行う期間が異なります。正確な日数が決まっているわけではありませんが、3日~1週間程度のものを短期インターンシップと呼び、1か月以上のものを長期インターンシップと呼びます。

学生という立場ではなく、一人の社員として働くことで、社会人レベルのスキルと知識を得ることができるのがインターンシップです。

インターンシップが開催される理由

インターンは学生にとってたくさんのメリットがあることが分かりました。しかし、それだけではありません。企業にとってもインターンを開催する上で多くののメリットがあります

ここからは短期インターンと長期インターンを企業が開催する理由を確認しておきましょう。どんな意図でインターンが開催されているのか、企業側の意見を知ることで、自分が参加する目的も明確にすることができます。

同じインターンシップでも、短期インターンと長期インターンでは開催する意図が異なります。それぞれ分けて解説するので、皆さんの中でもしっかりと区別して理解しておきましょう。

短期インターンシップ

短期インターンシップが開催される理由としては「自社の認知度を上げたい」からです。大手で有名な企業とは異なり、学生の間であまり知られていない企業は、就職活動でも募集人数に達さないことが多く、企業の大きな問題点となっています。

そのため、就職活動が本格的に始まる前に短期インターンを開催することで、少しでも学生間での認知度を向上させたいといった狙いから開催します。いわば、採用のための広報活動の一環として短期インターンを行う場合があるのです。

また、毎年多くの学生が応募するような企業でも短期インターンシップを開催するケースもあります。その理由は「学生に自社を正しく理解してもらいたい」からです。

学生が、企業についてよく知らない状態で今後就活で選考を受けるのは、業務で忙しい企業にとっても、就活で忙しい学生にとっても、リスクとなります。
新卒を採用するのは、どの企業にとってもリスクを伴うものではあります。新卒採用は育成や配属など、時間もコストもかかりますが、その上数年のうちに辞めてしまうなんてこともよくあるのです。

そのようなことを防ぐためにも、企業は学生が仕事内容や会社の社風を正しく理解した上で今後の選考を受けるのか考えて欲しいという思いが込められています。入社後のミスマッチを防止も企業と学生双方にとってとても大切なことのなのです。

長期インターンシップ

長期インターンシップは「即戦力」として学生を集め、インターンシップを開催することが多いです。まだ社会を知らない学生だからこそ、会社の中に社員として受け入れることで、社内にも新しい風が吹きます。既存の社員のモチベーションもアップしたり、刺激を与えられて活気が生まれることも期待できるのです。

また即戦力としては、新しいアイディアを学生からもらえることも期待できます。社会人からしたら当たり前とされていることが、学生目線では初めての経験ばかりです。不思議に思ったことや、疑問に思ったこと発信してもらうことで、社員の「考えてもみなかったこと」が明確になります。そこから業務を効率化できたり、コストを削減できたということもあります。

長期インターンシップでは、そのインターン生が参加していた企業に内定ということも稀にあります。長期インターンシップには、就活に対して前向きな学生が多いことから、優秀であれば早いうちから採用するのです。入社後も誰よりも早いスピードで会社に貢献してくれる可能性が高いことから、長期インターンシップを企業は開催します。

インターンシップが開催される時期

インターンシップの開催時期を表した図

インターンシップは一年中行われているわけではありません。企業によって開催される時期は異なりますが、だいたい6月~2月の間で行われることが多いです。インターンに参加するために面接が何回かある企業もあるため、その場合は事前に準備をすることが必要になります。

ここでは、短期インターンシップと長期インターンシップが開催される時期をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。全ての企業が当てはまるわけではないため、参加してみたい企業がある方は、実際に企業のホームページからインターンの情報を探してみると良いでしょう。

短期インターンシップ

短期インターンシップは、主に大学3年向けに開催されます。学業に影響が出ないように、長期休暇中に行う企業が多いですが、それ以外の時期でもインターンシップを受け入れる企業もあります。業界によって、忙しい時期が異なるため、インターン生を受け入れる時期にも違いがあるのです。

学生の長期休暇に合わせると8~9月、12~2月にインターンシップを実施する企業がもっとも一般的です。中でも夏におこなわれるサマーインターンシップは、これから始める就活の第一歩として就活生にとても人気です。

長期インターンシップ

長期インターンシップは募集する時期が決まっていない企業がほとんどです。短期インターンシップのように募集の締め切りが決まっていることも少なく、ナビサイトを通じての募集もわれていたり、「今年はインターン生を募集しない」と年ごとに変わる企業もあります。

長期インターンシップは、就活生向けに開催されているのはなく、参加できる対象は大学1年~4年と幅が広いのが特徴です。長期インターンシップは募集人数も少ないため、参加してみたい人は募集を見つけたら早めにチャレンジすることがおすすめです。

インターンシップの内容

インターンシップの内容は、企業によって様々な工夫がしてあります。中でも代表的なコンテンツとしては、「事業内容の説明」「仕事体験」「座談会」の3つです。

ここでは、短期インターンシップと長期インターンシップの場合に分けて、どのようにこのコンテンツが行われるのか紹介していきます。また、その中でなぜその内容を企業がインターンシップとして開催しているのかその意図も考えてみましょう。

インターンは理由もなく参加するのでは意味がなく、なぜ参加するのかという理由や目的がとても重要です。企業がそのプログラムを設定する理由と、就活生がそのインターンに参加することで学ぶことができるものを一緒に考えていきましょう。

事業内容の説明

インターンシップの内容である事業内容の説明の違いをを長期と短期別に比較した図

1つ目は事業内容の説明です。まずは会社のことを理解してもらうために、セミナーのような形で会社の概要を説明します。どんな事業を展開して、どのようなサービスや商品を提供しているのかなど詳しく会社説明をします。ウェブサイトには乗っていない情報や、ここでしか学べない企業の情報などもあるため、必見です。

事業内容を理解せずにインターンシップに参加しても、就活生は将来その企業で働くイメージをつかめないまま、ただの職場体験になってしまいます。
会社の魅力や社風をよく感じるためにも、まずは事業内容の説明を行うのが一般的でなのです。

短期インターンシップの場合

短期インターンシップの場合は、事業内容の説明として2つのパターンがあります。多くのインターン生がひとつの部屋に集まり、事業内容の説明を受ける場合と、事業内容の説明と社内見学を同時に行うパターンです。

短期インターンシップでは時間を多くかけずにいかに会社のことを良く知ってもらうかを企業も考えています。そのため社内見学をしながら事業説明を行う企業も多いのです。

短期インターンシップは時間が短いだけに、その事業内容について深く理解しきれない部分もあるかもしれません。気が付いたことはすぐにメモを取ったり、積極的に質問したりしてその場で解決できるようにしましょう。ただの会社説明会ではなく、インターンだからこそ、現場の声を聞くことができるのは大きなメリットです。

長期インターンシップの場合

長期インターンシップでは、事業内容の説明はインターン中に行わず、選考中に行われることが多いです。

長期インターンに参加する場合、募集は職種として学生を集めることがほとんどです。例えば営業、事務、ライター、エンジニア、マーケティング、デザイナーのようにどの部署でインターをするのかに分けて選考が行われます。
そのため、企業の事業内容を理解したうえで選考が行われ、インターンに参加することになります。
インターン中はその現場で仕事を行うため、短期インターンに比べより社員の方と近い距離で事業内容を理解することができます

仕事の体験

インターンシップの内容である仕事体験の違いをを長期と短期別に比較した図

インターンに参加する多くの学生はこの仕事体験をしてみたいと考えているでしょう。この仕事体験を通して、初めて社会人として働くということを学びます。

インターンのコンテンツとして企業が仕事体験を盛り込む理由としては、就活生と仕事のミスマッチをなくすためです。昨今では若者の離職率が約30%を超えることが問題視されています。(新規学卒者の離職状況 - 厚生労働省)10人入社してもそのうちの3人はたったの3年以内に会社から去ってしまうのです。会社にとっては採用に時間やコストをかけているにもかかわらず、すぐにやめられてしまうのは大きな打撃になりますし、何より大事な社員を失うことはとても悲しいことです。

そこで企業に興味を持ってくれた就活生に対して仕事の内容を実際に体験してもらうことで、入社する前に会社とのミスマッチを防ぐことができるのです。

自分やりたい仕事を行うのか、適性のある仕事をするべきなのか、就活中は悩むことも多いでしょう。インターンの仕事体験を通して、その悩みを解決できるかもしれません。

短期インターンシップの場合

短期インターンシップの場合は、仕事体験としてグループワークを行うことがあります。参加した就活生同士でいくつかのグループに分かれ、ひとつのテーマが与えられます。そのテーマについて議論したり、課題解決の方法を導き出したりして、グループごとに発表を行います。

このグループワークでは、実際に会社の中で行われる業務やMTGのように、情報の共有、アイデアの提供、ひとつの答えを導き出すプロセスが必要となります。その中で、自分の役割や立ち振る舞いを学ぶことができるのです。

まだ知り合って間もない同じ就活生と入社後の疑似体験をすることで、働くことのイメージもつきやすくなります。テーマは実務に関連のある内容であることから、企業理解もより深くできるでしょう。

長期インターンシップの場合

長期インターンシップでは先ほども説明したように、職種ごとにインターン生として参加しています。そのため、仕事も社員さながらのものを実際に行われることが多いです。

例えば、営業としてインターンをしている場合は、実際に電話でアポイントメントを取ったり、ライターとしてインターンをしていれば記事を作成することもあるでしょう。

このように社員として働くことで、仕事体験をします。長期インターンシップは、短期よりも期間が長い分、それだけ深く仕事に携わることができます。先輩社員と共に働くことでビジネススキルや専門知識も磨くこともできます。

一方で、インターン生とはいえ社員として働くため、責任やプレッシャーもありますが、途中で仕事を投げ出すことはできません。自分にあっていないと判断したとしても最後までやり抜く覚悟が必要です。

先輩社員との座談会

インターンシップの内容である座談会の違いをを長期と短期別に比較した図

座談会とは社員と学生がお話をする場です。 説明会で聞き逃したことやよく理解できなかったことを質問したり、先輩社員に聞きたいことを会話形式で質問することができます。1対1で行うこともあれば、何人かのインターン生と先輩社員数名など形式は様々です。

先輩社員とコミュニケーションを取れる貴重なイベントであり、またその会社で働く先輩社員の方からよりリアルな情報を得られるため、インターンのコンテンツの中でもとても人気があります。

短期インターンシップの場合

短期インターンシップのコンテンツの中で座談会は、普段なかなか関わることのない社員の方と直接話せる貴重な時間であることから、とても人気があります。そのため、質問したいことは事前に考えておきましょう。せっかく現場のリアルな声を聞くことができる機会に、質問が思い出せなかったり、なにも浮かばないのはとてももったいないことです。

企業によっては私たちと年齢の近い1年目~3年目の若手社員の方や、実績を残している社員、またレアなケースではありますが社長や副社長などの役員クラスの方とお話しできる機会もあります。事前に質問を考えておくとスムーズでしょう。

質問の内容としては、調べてわかることではなくその現場ならではのこと、また就活全般に関することなど、企業の社員さんという立場だけでなく、社会人の先輩として様々なことを聞いてみましょう。

座談会質問の例

・主な仕事内容と平均的な1日のスケジュールを教えてください
・入社前と入社後で会社への印象が変わった点はありますか?もし、あるとすれば、どんな点ですか?
・仕事をする中で一番大事にしている心構えは何ですか?
・就職活動の際、数ある会社の中でなぜ御社を選ばれたのですか?理由を教えて下さい
・会社・仕事を選ぶ際に、どんなことを重視されていましたか?またその想いは会社で叶えられていると想いますか?

長期インターンシップの場合

長期インターンシップでは「座談会」として開催されることはあまりないかもしれません。その代わり、インターン生と働く際は一緒に仕事を行う担当の社員さんが必ずつくため、質問できる機会はたくさんあるといえます。

長期インターンシップでは、実際に実務を行うため、同じ社会人という立場でスキルやノウハウの質問もできることでしょう。また一緒に仕事をする中で、どのような社会人ライフを過ごしているのか、自分はどのような社会人になりたいのかといった具体的な質問を考えることができるのは長期インターンシップならではのメリットです。

インターンシップの参加方法

基本的に、企業はインターンシップ開催日の1~2ヶ月前からエントリーの受け付けを始めます。申し込みの時期が近づくと、企業のホームページにもインターンシップ募集の専用ページが開設されます。気になる企業がある人はこまめにチェックして応募期間を必ずチェックしておきましょう。

インターンシップは応募したら必ず参加できるとは限りません。エントリーのみで参加できる場合もありますが、面接などの選考やエントリーシートが必要な企業もあります。詳しいプロセスはサイトに掲載されていますので、しっかり確認してみましょう。一年を通して短期インターンシップを募集している企業もあるため、情報収集してみるとよいでしょう。

まだどんなインターンシップに参加していいのか分からないという方は、以下の2つの方法で自分に合ったインターンシップを探してみてください。

ナビサイトを活用する

まず、一番取りかかりやすいのはナビサイトを活用する方法です。マイナビ、リクナビだけでなく多くのナビサイトがあります。昨今では長期インターンシップ限定のナビサイトから、地方に特化したナビサイト、理系体育会系に特化したナビサイトなど様々なものも存在します。

ナビサイトでは、自分が指定した条件から探すことができたり、以前参加したことのある学生の口コミや、企業からのメッセージをみたりして決めることができます。口コミではインターンの内容や感想も数多くあるので企業選びにとても役立つでしょう。

多くの情報の中から一つの企業を見つけることができたということは、その企業でインターンをしたいという想いがより明確になっているとも捉えられます。そのため、その後の選考や面談でも「この企業でインターンをしたいと思った理由」を伝えることができます。

大学のキャリアセンターから情報を集める

そして2つ目は大学のキャリアセンターから情報を集める方法です。キャリアセンターとは、大学が学生の就活支援を目的に設置している施設のことです。その大学に所属している学生であれば、誰でも利用することができ、就活情報を掲示したりやキャリア相談を行っています。

インターンシップ情報もこのキャリアセンターでよく紹介されています。大学という機関を通していることで信頼性もあり、「ナビサイトでは情報が多すぎて無理」という方にはおすすめです。過去の自分の大学の先輩が参加していた企業、また現在先輩が働いている企業からの求人もあるため、参加できれば交流も深めやすいでしょう。

まだキャリアセンターを利用したことがない方はぜひ活用してみるとよいでしょう。

目的意識をもってインターンに参加しよう

インターンシップに参加することで得られるものはたくさんあります。しかし、それは「こんなものを得たい」「こんなことを知りたい」と考えている人だけです。
インターンシップに応募すること、参加することは同じでも、得られるものは就活生それぞれ求めている目的によって全く違います。

インターンシップに参加しようと思ったら、まずは「参加してどんなことを学びたいか」といった目的を考えてみましょう。まずはざっくりと漠然としたもので構いません。

ただ何の目的もなく参加するのは、忙しい就活生にとって時間の浪費を意味します。目的があれば、必ずそのインターンであなたは成長と視野の拡張ができるでしょう。参加するのは少し勇気がいることかもしれません。それでも、インターンをしてみたいという気持ちを大切に、これからの就活に向けてぜひ参加してみましょう

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ