面接対策

【就活における面接の流れ】基本のマナーと気を付けるポイント

就活の面接の流れは事前に把握しておく必要がある

就活を有利に進めるには、選考の中心となる面接の対策が必須です。面接の対策としてやっておくべきことは多数ありますが、まずは面接がどのような流れで進むのかを知っておきましょう。

面接の流れを把握しておくことで、どのような点に気をつけるべきか、次に何をすべきかなどがわかります。就活の面接では緊張することも多いため、流れを把握して次にやるべきことを把握しておくことが大切です。

流れが理解できていないと、面接中だけではなく、面接開始前や終了後などに失敗してしまうことも少なくありません。面接はピンポイントで評価が決まるわけではなく、全体をみて評価されます。流れを把握して適切な行動、振る舞いをすることで、面接全体の評価アップを目指しましょう。

就活における面接の基本的な流れ

まずは就活における面接の、基本的な流れを把握しておくことが大切です。面接では入室してから退室するまでチェックされているだけではなく、受付時点や面接前の待機時点も評価されています。

そのため、企業に到着してから面接終了まで、常に評価の対象となっていることは理解しておかなければなりません。それぞれのステップでどのような点に気をつけるべきなのか、面接全体の流れとあわせて把握しておくことが大切です。

受付・待機

面接をおこなう際には、まずは企業で受付をしなければなりません。受付の形態は企業によって異なりますが、面接に来た旨を伝えて、案内をしてもらう点は共通しています。受付に人がいる場合は、あいさつをしてから「本日〇時より面接のお約束を頂いております、○○大学の○○と申します」と伝えましょう。

企業によっては受付に電話が置いてあることもあり、この場合は内線で連絡して、同様の内容を伝えます。受付では元気よく、礼儀正しく振る舞うことを心がけましょう。受付を通ると待合室に案内され、面接まで待機となります。

待機の際にはスマホをいじったり、他の就活生と話したりせず、気持ちを落ち着けながら静かに待ちましょう。待機中の様子も評価に含まれることがあるため、この時点でも油断は禁物です。

入室

待合室で待機し、自分の順番が来ると面接をおこなう部屋に案内されます。入室して面接が本格的にスタートとなりますが、この際にも細かな点がチェックされているため、注意しなければなりません。入室の際の細部の流れを把握していないと、第一印象が悪くなってしまう可能性があります。

第一印象は評価を左右する重要なポイントです。第一印象がよいと面接での評価もよくなりやすいですが、最初に悪印象を与えてしまうと、不利になりやすいことは覚えておきましょう。

入室する瞬間から面接は始まっており、最初にいかに好印象を与えられるかが重要です。入室時点で失敗しないためにも、詳細な流れを把握して、それぞれのチェックポイントを理解しておく必要があります。

ドアをノックして入室する

入室する際には、ドアをノックして入室許可をもらう必要があります。ノックをせずに入室すると、マナー違反となって印象が悪くなるため注意しなければなりません。ノックは3回が基本であり、2回はトイレノックとされているため、回数を間違えないようにしましょう。

ノックはゆっくり大きくすることが大切であり、これも頭に入れておく必要があります。ノックをした後は、「失礼します」と声をかけましょう。中から「どうぞお入りください」などの声がかかってから、ドアを開けて入室します。

ノックをしたからといって、すぐに入室してよいわけではありません。必ず中の人に声をかけ、入室の許可をもらってからドアを開けるようにしましょう。

椅子の横に立って名前を述べる

企業によって面接のスタイルは異なりますが、基本的には面接官の前に椅子が用意されており、そこに座って面接を受けることが多いです。椅子が用意されているなら、入室後はその横に立ち、次の指示を待ちましょう。

立つ場所は椅子の左横が基本であり、この位置なら入室からスムーズに椅子の横に立つことができます。企業によってはその場で自己紹介を求められることがあるため、名前や自己紹介などを求められた場合はこれに答えましょう。ただし、着席してから名前をいったり、自己紹介をしたりするケースがあることも覚えておかなければなりません。

最初のあいさつや発言は面接官からの指示を待っておこないます。そのため、入室後は椅子の横に立ち、面接官からの指示を待つと考えておきましょう。

「どうぞ」といわれてから着席する

椅子の横に立った後は、あいさつや自己紹介などをしますが、この際に勝手に着席するのはマナー違反です。着席するのは面接官から「どうぞお座りください」などの声がかかってからであり、この前に座らないように注意しなければなりません。

着席する際には、「失礼します」と声をかけることがマナーです。面接官から「どうぞ」といわれても、声をかけずに着席すると印象が悪くなるため、注意しなければなりません。着席のマナーは面接に限らず、社会人でも同じことがいえます。

目上の人が相手の場合は、相手に椅子を進められてから「失礼します」と断って着席することが基本のマナーです。面接だけではなく、今後の社会人生活でも必要なマナーであるため頭に入れておきましょう。

退室

面接では入室から面接中だけではなく、退室時の様子もチェックされています。退室の流れにも細かなマナーがあるため、これを把握しておかなければなりません。退室のマナーが守れていないと、面接で好印象を与えていても最後に評価を落としてしまいます。

場合によっては、これが原因で不合格になることもあるため注意が必要です。面接が終了すると緊張も解け、油断してしまうことは少なくありません。入室の際には意識的にできていたことが、退室時にはできないことも多いため、最後まで気を抜かないことが大切です。

退室の流れはもちろん、その際の細かなマナーもきちんと把握して、最後まで好印象を与えるにはどのような点を意識すべきかを知っておきましょう。

椅子から立ってお礼を述べる

面接官から「本日の面接は以上です」などの声がかかると、面接は終了です。面接終了の合図を受けたなら、まずはその場で「本日はありがとうございました」などお礼の言葉を述べておきましょう。その後立ち上がってから、もう一度お礼を述べます。

立ち上がってお礼を述べる際には、言葉と動作が一緒にならないように注意しましょう。立ち上がったり会釈したりしながら感謝の言葉を伝えてしまうと、適当な印象を与えてしまう可能性があります。

動作と言葉をきちんと区切るよう意識しましょう。面接官は貴重な時間を割いて面接をしてくれているため、そのことに対する感謝は念入りに述べておくことが大切です。

ドアの前で一礼してから退室する

立ち上がった後は荷物を持ち、出口へと向かいます。退室する際には、そのまま外に出ず、ドアの前で振り返って一礼をし、再度感謝の気持ちを伝えておきましょう。

退室前に感謝の気持ちを伝えたり、一礼をしたりすることで、より丁寧な印象を与えられます。何もいわずに退室すると、失礼に思われることもあるため、注意しなければなりません。退室時にドアが閉まっていたなら、部屋を出る際には開けたドアを音がしないようにゆっくり閉めましょう。

大きな音でドアを閉めると、がさつに思われマイナスの印象を与えてしまうことがあるため、注意が必要です。また、ドアが最初から開いている場合は、「閉めますか?」などの声掛けをし、面接官の指示に従いましょう。

面接において気をつけるポイント

就活の面接では全体の流れを把握しておくことはもちろん、面接中の振る舞いやどのような発言をすべきかなども理解しておく必要があります。入室から退室までも評価に含まれますが、特に重要なのは面接の最中です。

全体の流れが完璧でも、肝心の面接中に悪印象を与えてしまうと、評価が下がってしまうこともあります。面接中にはどのようなことに気をつけるべきかを知り、念入りな対策をして高評価の獲得を目指しましょう。

座っている時も正しい姿勢を心掛ける

面接は着席して受けることが基本であり、この際には姿勢にも気をつけなければなりません。座っているときの姿勢が悪いと、だらしない印象を与えてしまい、評価が下がる場合があります。

そのため、好印象を与えるためには背筋を伸ばすことを意識しましょう。椅子に深く腰掛け、背もたれにもたれないように背筋を伸ばすことが大切です。背もたれを使ってしまうと、だらしない印象を与えてしまいやすいため注意しましょう。

姿勢は印象を左右する重要なポイントです。姿勢が悪いとだらしないだけではなく、暗い印象を与えてしまうこともあります。もし元気のよさや明るさなどをアピールしていても、姿勢が悪いと発言の信頼性が下がってしまうこともあるため、この点も頭に入れて背筋を伸ばすことを意識しましょう。

声の大きさや表情にも気を配る

面接ではどのような内容で質問に答えるかはもちろん、発言時の声の大きさや表情などにも気を配る必要があります。ぼそぼそと小さい声で話したり、こわばった表情をしていたりすると、マイナスの印象を与えてしまいやすいため、注意しなければなりません。

好印象を与えるには、大きな声ではきはき話すことを心がけ、表情も笑顔を意識しておきましょう。まったく同じ内容を話していても表情や声の大きさが違うと、与えられる印象も異なります。

大きな声ではきはき話すことで、アピール内容が伝わりやすく、発言にも自信があると判断され、好印象を与えやすいです。また、笑顔を意識することで明るい人間性が伝わり、これも好印象につながりやすいでしょう。

よくある質問の回答を事前に考えておく

面接で何を聞かれるかは、業界や企業によって異なります。しかし、どの業界・企業でも共通して聞かれやすい質問はあるため、それらについては事前に回答内容を考えておきましょう。例えば自己紹介や志望動機、自己PRや学生時代に力を入れたことなどは、面接では定番の質問です。

他にも学業で頑張ったこと、学業以外で力を入れたこと、長所や短所なども聞かれやすいため、回答を考えておきましょう。よくある質問にスムーズに回答できないと、面接の対策を怠っていると判断される可能性があります。

準備不足は就活への意識の甘さや、企業への志望度の低さと捉えられることもあるため注意が必要です。よく聞かれるということは、それだけ企業も重要視している証拠といえるため、回答はあらかじめ考えておかなければなりません。

就活の面接の流れをチェックしてから本番に臨もう

就活の面接を有利に進めるには、事前の対策を徹底しておこなうことが大切です。面接の対策としてやっておくべきことは、質問への回答内容を考えたり、面接時の注意点を把握しておいたりするだけではありません。

面接全体の流れを把握して、何をどのようにすべきかを理解しておくことも、重要な面接対策のひとつです。面接の流れが把握できていないと、受付や待機、入退室の際に何をすべきかがわからなくなってしまいます。

面接本番以外の部分でマイナスの印象を与えてしまうこともあるため、流れを把握しておくことは重要です。受付を通って待機し会場に入室して退室するまで、一連の流れを正しく理解して就活の面接を有利に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ